次 亜 塩素 酸 水 噴霧。 空中噴霧ができる最強の感染予防!

「次亜塩素酸水」の空間噴霧について(NITE=製品評価技術基盤機構)

次 亜 塩素 酸 水 噴霧

感染予防や安全性、保証なく Q 品薄のアルコール消毒液に代わって、次亜塩素酸水を使う人が増えています。 消毒の効果はあるのでしょうか。 このため、独立行政法人の製品評価技術基盤機構が物に付いた新型コロナを消毒できるかどうかを調べています。 同機構消毒手法タスクフォースは「塩素濃度やpHで効果が違う可能性がある」としていますが、あくまで食器やドアノブなど身近な「物」への消毒効果を調べているだけです。 手指の消毒や噴霧の効果、人体への有害性は調べていません。 一方、実際には次亜塩素酸水の噴霧器を導入する飲食店やタクシー、幼稚園などが増えています。 学校や保育園、公共施設、コミュニティーバスの設置例もあります。 感染リスクを減らす目的ですが、厚生労働省の結核感染症課は「もし物に対する効果があるとしても、噴霧に効果はない」と効果を否定しています。 また「空中を漂う有効成分がウイルスと出合う確率は極めて低い」としたうえで、「感染予防に役立つ見込みがなく、濃度など条件次第では有害になりうるので使用はやめてほしい」と求めています。 病院での使用例も確認していないそうです。 次亜塩素酸水は食品の殺菌に使われ、食品添加物にも指定されています。 「それなら吸い込んでも安全では?」と思う人がいるかもしれませんが、独立行政法人・国民生活センターはこれを否定します。 食品安全委員会の行政文書の中でも「次亜塩素酸水は最終食品の完成前に除去すること」とし、「噴霧が(人体に)安全とはどこにもうたわれていません」(商品テスト部)と話しています。 【聞き手・尾崎修二】.

次の

次亜塩素酸ナトリウム液・次亜塩素酸水ミストを吸入してはいけない(2020/05/10) — elections.redeyechicago.com(apj) Lab

次 亜 塩素 酸 水 噴霧

「次亜塩素酸水は学校で噴霧しないでください」と文部科学省が書面を送っている次亜塩素酸水騒動。 別の記事では巷にあふれている次亜塩素水と政府の消毒に関して情報の整理不足感を指摘し、話題の「次亜塩素酸」の基本情報についてまとめた。 しかし、調べるほどに、なんだかよくわからなくなる「次亜塩素酸水」……。 そこでこの記事では、有効性ふくめて、消毒についてどう考えるべきかを理科の視点で検証する。 高校化学教科書なども手がけ、『もっと身近にあふれる「科学」が3時間でわかる本』などの著書がある理科教育 科学教育 、科学リテラシーの育成を専門家の左巻健男氏に話を伺った。 次亜塩素酸の有効性や消毒としての使用について、詳しく教えてもらおう。 「『学校で噴霧はしないで』文科省も発表した『次亜塩素酸水』問題点とその正体」という記事で「次亜塩素酸水」の基準が曖昧であることに少し触れた。 有効塩素が高ければ、酸化力も高いということになるので、殺菌力も高いという指標になります。 理科的に考えれば、次亜塩素酸水も次亜塩素酸ナトリウムも殺菌力は高いということになります。 でも、これは物質としての話。 現在流通している製品にどこまで効力があるかは、別の評価。 問題なのは、次亜塩素酸水と謳っているものの中に、どうやって作られたのか、何が入っているのか、表記が曖昧なものが多いと指摘されている点です」 左巻氏 ひとつめの記事でも触れたが、新型コロナウイルスでの消毒剤の有効性評価を調査担当している独立行政法人製品評価技術基盤機構 NITE は6月5日、経済産業省が作成した『「次亜塩素酸水」等の販売実態について ファクトシート 』 随時更新 を紹介している。 一言で説明すると、「次亜塩素酸水」と言ってもいろんな商品がありすぎるので、有効性検証のために、とりあえず、大きく2種類にカテゴライズしたという。 それが、下記の2種だ。 ところが、2種に分けたものの、電気分解したものなのか、そうでないものかのか明記してないものも多く、有効成分やどうやって次亜塩素酸水が出来たのか反応式も示してないもの多いと指摘している。 さらに、肝心な次亜塩素酸濃度を示してないもの、希釈している製品は、どうやって希釈したのかも書いてないものもあるという……。 こちらも、あれもないこれもないなんて言いたくないのだが、製造日や使用可能期間など基本的な情報すら明記していないものが多いとなると、残念だが、製品としての信頼性は考えてしまうところはある。 今回の有効性の評価にこんなにも時間がかかるのはおかしいというコメントをSNSで見かけるが、きちんと表記されないものが多ければ、有効性の評価はかなりしにくいのと思うのだ。 しかし、「長年使っていて有害という評価はない」「食品添加物として国で認めている」「次亜塩素酸ナトリウムのほうが危険」というネットにはこういった書き込みがいまだ続いている。

次の

次亜塩素酸ナトリウムをスプレーしてはいけないと聞きましたが、市販されて...

次 亜 塩素 酸 水 噴霧

おそらく次亜塩素酸ナトリウムを空間にスプレーしてはいけないと言う事だと思います。 次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ性の物が多く 中には炭酸や塩酸などで弱酸性にした物もある 空間にスプレーで噴霧した場合、それを吸い込んで体に害を及ぼす可能性が有るからだと思います。 基本的に次亜塩素酸ナトリウムの使用方法は次亜塩素酸ナトリウムで殺菌した後は濡れ布巾で拭き上げを行う事が基本になります。 又、スプレーなどに入っている製品の中には次亜塩素酸ナトリウムに酸性の物を入れて中性又は弱酸性に液性が調整されたものが多くハイターのような物から水を加えて作る強アルカリ性の次亜塩素酸ナトリウム消毒液とは違った性質の物だと思われます。 そのような製品には必ず液性が記載されていのすので、中性や弱酸性と書かれていればスプレーしてもさほど問題にはなりません。 又、次亜塩素酸ナトリウムも次亜塩素酸水も有機物にふりると分解をした酸化作用によって殺菌力を出しますので、布巾や雑巾に吹きかけてからテーブル等を拭いてしまっては効果はあまり期待できなくなりますので注意してください。 ただし、次亜塩素酸水でも次亜塩素酸ナトリウムでも物の表面が汚れていてはいくらスプレーをしても汚れの表面が殺菌されてしまうだけで、手などでそれを触れば汚れの内部のウイルスや菌が手に付いてしまいます。 次亜塩素酸で殺菌消毒をする場合はその場所の汚れや脂分をしっかり掃除してから使用しないと全く効果は有りませんのでご注意を! 次亜塩素酸は分子式HClO、 次亜塩素酸ナトリウムは分子式NaClO、の一文字違いなのだけれど、大きな違いが有ります。 次亜塩素酸水は、弱酸性です。 次亜塩素酸水は水で薄めて 50ppm程度まで 使っても殺菌効果を発揮します。 それに対して、次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ性です。 次亜塩素酸ナトリウムは高濃度 約1000ppm でなければ殺菌効果はありません。 ) また、高濃度の次亜塩素酸ナトリウムは皮膚などの蛋白質を侵し、皮膚をヌルーとさせてしまいます。 これを化学火傷といい、ひどい時は医師 整形外科 の治療が必要です。 次亜塩素酸ナトリウム製品としてはハイターやブリーチ等に成ります。 使用目的は、消毒と漂白になります。 塩素系の製品と混ざると、急激に反応して塩素ガスを発生させます。 塩素ガスはかってのナチスドイツがユダヤ人を大量虐殺した毒ガスです。

次の