敬具 かしこ。 手紙の文末の「かしこ」にはどんな意味がある?

手紙の文末の「かしこ」にはどんな意味がある?

敬具 かしこ

謹啓の読み方・意味・使い方 謹啓(きんけい)は「つつしんで申し上げます」を意味する頭語(手紙文の最初に書く言葉)です。 目上の相手やビジネスの取引先などに送る手紙で、とくに深く敬意や礼儀を示したいときに使います。 謹啓に対応する結語は? 結語とは、手紙の結びの挨拶にあたる言葉です。 頭語と結語は、手紙の内容や差出人の性別によって使える言葉が決まっており、対応するものをセットで用います。 改まった手紙で使われる主な頭語と結語は以下の通りです。 上の表の中の頭語と結語は、どのように組み合わせても問題ありません。 謹啓の結びに「敬具」は使える? 「敬具」は「拝啓」に対応する最も一般的な結語ですが、謹啓の結語としても多く使われています。 謹啓に対応する結びとしては「謹白」や「謹言」がよく用いられますが、「敬具」を使っても間違いではありません。 謹啓の結びに「かしこ」は使える? 「かしこ」は「畏し」(かしこし。 「恐れ多い」という意味)を語源とする女性用の結語で、謹啓を含むどの頭語に対しても使えます。 ただし「かしこ」は女性的なやわらかい印象を与える結語なので、実際の手紙で謹啓の結びに使われているのを目にすることはあまりありません。 一般的な用法に従うなら「謹白」「謹言」などを使うとよいでしょう。 「謹白」は結語? 頭語? 改まった手紙で使う結語「謹白」は頭語にも使える、という説明を見かけることがあります。 中には頭語に用いる人もいるかもしれませんが、この用法は一般的ではありません。 とくにこだわりがなければ、結語だけに使うことをおすすめします。 拝啓などの代わりに必ず謹啓を使う場面はある? 「拝啓」も謹啓と同じように「つつしんで申し上げます」を意味する頭語です。 改まった手紙では、謹啓もよく使われますが、拝啓や敬具などの一般的な頭語・結語を使うと失礼に当たるわけではありません。 はっきりとした使い分けのルールはないので、相手との関係や、文章のていねいさの度合いによって判断します。 謹啓はていねいな手紙で必ず使用しなければならないものではなく、一段深い敬意や礼儀を示すために使う言葉だと考えるとよいでしょう。 お詫びの手紙では謹啓を使うべき? お詫びの手紙に謹啓などのかしこまった頭語を使っても問題ありませんが、「前略」「急啓」などを用いて(または頭語も省いて)前文を省略する方が一般的です。 お詫び状では、謝罪の気持ちと用件をすみやかに伝えることに重点が置かれることから、ていねいな前文を書くよりも、すぐに本題に入る方が適切な場合が多いためです。 前略 本日はお約束していたご返済の期日につきまして、お詫びとお願いを申し上げたくご連絡差し上げます…… ていねいなメールには謹啓を使うべき? メールは略式の連絡手段です。 そのため、謹啓などの頭語をはじめ、手紙で用いる儀礼的な挨拶は基本的に必要ありません。 メールの文頭には最低限の挨拶のみを書き、すぐに本題に入るのが一般的です。 メール文で儀礼的な雰囲気を出したい場合には、書き出しのなどを少していねいに記すとよいでしょう。

次の

「敬具」の意味とは?使い方やメールでの注意点についても解説

敬具 かしこ

拝啓・かしこ・敬具の正しい意味に使い方!手紙の書き方や文例を紹介 「拝啓」の正しい意味として 最初に「拝啓」についてですけど 拝啓を訓読みしてみると 「おがみもうす」と読むことができます。 「拝」はおじぎで・・・謹んで 「啓」は述べるで・・・申し上げる となるので 「お辞儀をして申し上げる」 こういった意味合いになるわけですね。 日常的に誰かに会ったりする場合 まずは軽くお辞儀をして挨拶をするのが まあ常識的ですよね。 「拝啓」は手紙やメール上での頭語で お辞儀をして挨拶しているという 解釈になるわけです。 「敬具」の正しい意味として 次に敬具ですけど、訓読みすると 「うやうやしくととのえる」 といった読み方になり これは相手に敬意を表しつつ結ぶということで 誰かに会って一通り話をした後で 「それでは、また」 といった具合に言葉を交わすかと思いますが それを文面上で表しています。 「拝啓」と「敬具」は 1セットで使うようになっており 手紙を書く相手に礼儀や敬意を持って 挨拶しているという意味が含まれますので そのあたり意味を 理解しておきたいところでもあります。 「かしこ」の正しい意味って? では 「かしこ」って どういう意味になるんでしょうね。 一般的に「かしこ」は手紙の終わりに 女性の方が書く挨拶の用語になりますが どういった意味が含まれているのかといえば 「かしこ」 恐れ多いこと、恐縮です といった意味合いになり 「畏し(かしこし)」が 語幹になっているといいます。 あとは「かしく」と書くこともできるようで 「可祝(かしぐ)」と書いて 「これにて失礼します」といった 意味にもなります。 男性の場合は「恐惶謹言」といった具合に 漢字を用いるのに対して 女性の場合は平仮名となっているのには 文字としての形状も 漢字はどこかカクカクしていて 男性的なのに対して 平仮名は曲がっている部分もあれば 流麗にも見えるので女性的と 捉えられていたことから 古来より男性は漢字で 女性はひらがなを文章の最後の敬意を表す 用語として使っていたというわけですね。 そしてそれが現代いなっても ずーっと続いて今日に至る、というわけです。 こうして見ると「かしこ」の用語に そんな歴史があったのかーと ちょっと興味深くも感じます。 「拝啓」「かしこ」「敬具」それぞれの正しい使い方 「拝啓」「かしこ」「敬具」それぞれの 意味についてはだいたい 理解できたでしょうか。 では次にそれぞれの使い方について、です。 頭語と結語の組み合わせを間違えると 結局相手に対して失礼になってしまい トラブルの原因にもなりかねませんので ここは注意しておきましょう。 「拝啓」で始まり 「敬具」で結ぶ 「前略」で始まり 「草々」で結ぶ 一般的には上の2つが手紙などでの 挨拶文の書き出しと結語とされているようです。 あと送る相手が偉い人物 地位の高そうな人物の場合は より丁寧な使い方として 「謹啓」で始まり 「謹白」で結ぶ といった使い方もできます。 そして 「かしこ」についてですけど 先述したように 相手に敬意を表す用語となるので 女性が自分よりも目上の方に出す手紙に 「かしこ」と書くのが一般的とされています。 使い方としては「拝啓」で 始まった手紙の文末部分に 「かしこ」と書くのが一般的ですけど これは必ず セット使う必要はないといいます。 「かしこ」は他にも 「あらあらかしこ」 「あなかしこ」 「めでたくかしこ」 といった具合に色んな候補もあったりします。 「Sponsored link」 「拝啓」「かしこ」「敬具」それぞれの正しい書き方や例文 手紙での書き方 一般的に手紙やメールの場合は 以下のようにテンプレート化されているので 迷ったら以下にはてはめつつ 書いていくといいかと思います。 「1・頭語」 最初の「拝啓」「前略」といった 書き出し部分になります。 「2・前文」 ここははじめの挨拶の部分。 時候の挨拶の書き出し部分が この箇所です。 お互いに親しい間柄の場合は 省略されることも多いです。 「3・主文」 ここは手紙の中で伝えたい もっとも大事な部分でも ありますね。 書き出しの起語としては 「さて、この度は・・」 「さて、突然ですが・・」 「さて、先日は・・」 といった書き出しにすると 手紙の主文に自然と 入っていけます。 「4・末文」 手紙の締めくくりの文章ですね。 相手への気遣いの一文として ご自愛ください、などが ここに入ります。 「5・結語」 文の冒頭の「頭語」と 対になる用語をここに書きます。 「拝啓」なら「敬具」 「前略」なら「草々」 「謹啓」なら「謹白」 そして「かしこ」も ここに書きます。 「6・後付」 手紙を書いた 「日付」「署名」 「宛名」「脇付」となり 「いつ、誰が、誰に」 宛てたものなのか書く部分です。 「7・追伸」 最近の言葉でいうなら 「PS」ですね。 主文とは特に関係はないものの 追記したい内容があれば 書いておきましょう。 ・・・・・・ (主文省略) ・・・・・・ 徐々に暑くなっていきますので 末筆ながら、ご自愛のほど お祈り申し上げます。 今回のまとめ はい、今回はそんな感じで 「拝啓」「かしこ」「敬具」の それぞれの正しい意味や使い方 手紙での書き方や例文など 紹介してきました。 普段から意識していないとこういった知識って なかなか自分の中に根付かないものですけど 社会人になると年長者や 年配の方へ敬意を払い 互いに付き合っていく 必要も出てきますので こういった手紙の基本的な書き方は 覚えておいて損はないかと思いますよ。 「Sponsored link」.

次の

手紙を書く時、『敬具』『拝啓』『かしこ』等いろいろありま...

敬具 かしこ

「敬具」の意味とは 「敬具」とは目上の方へのお辞儀 改まった手紙などで見られる「拝啓」「敬具」には、相手に対する敬意の気持ちが含まれています。 特に「敬具」には相手に文章上でお辞儀をする意味が込められており、手紙の最後に「敬具」と書くことで相手への手紙をお辞儀と共に終える様子が表されます。 「拝啓」「敬具」はビジネスを始めとするさまざまな手紙で使われ、一般的な礼儀として広く知られています。 類語には「敬白」「早々」など 「敬具」の他にも文章を締めくくる言葉がいくつかあります。 「謹白(きんぱく)」は「敬具」よりも格式が高く、高い地位の方へ向けた手紙の締めとして使われます。 「謹白」で締める手紙は「謹啓」で始まることが決まっています。 反対に、比較的近しい間柄の方へ向けた手紙では「早々(そうそう)」が使われます。 「早々」で終わる手紙は「前略」で始まることが決まっています。 「敬具」の使い方 「敬具」の位置は次の行の下 手紙で「敬具」を使う場合は、敬具を書く位置に注意しましょう。 「敬具」は文章が終わった次の行に書きます。 つまり、文章が終わった行から数えて2行目です。 また、位置は便せんの1番下(横書きの場合は右端)となります。 これは「敬具」が頭を下げてお辞儀をしている様子を表すことから、目上の人には1歩下がって頭を下げるため、と考えられています。 ビジネスやお礼状でも「敬具」「拝啓」はセット 「敬具」はさまざまな手紙で使われる言葉ですが、使い方はどんな場面でも同じです。 必ず「拝啓」とセットで使われます。 これはビジネスの場でも変わりません。 前略で初めて敬具で終わる、謹啓で初めて敬具で終わる、などということはないので注意しましょう。 これは「お礼状」でも同じです。 相手へ御礼の気持ちを伝えるお礼状では、前略などよりも「拝啓」「敬具」を使った方が丁寧な印象となります。 女性なら「かしこ」でもOK 「敬具」は性別を問わず、誰でも使える言葉です。 しかし手紙の書き手が女性の場合は「かしこ」を選ぶこともできます。 「かしこ」は女性用の締め言葉で「敬具」と同じように、相手に対してお辞儀をする様子を伝えられます。 「かしこ」を使う場合でも、書き始めは「拝啓」で問題ありません。 「かしこ」を使うことでやわらかく、上品な印象を持った締め文とすることができます。 「敬具」の書き方と注意点 「敬具」を入れる位置は名前の前 手紙を終えるときは「締め文」「敬具」「名前」の順で書きます。 主に締め文には時節に合わせた、相手を気遣う言葉が使われ、その後に「敬具」です。 自分の名前は「敬具」と書いた後1行空けた1番下(または右端)に書くようにしましょう。 「敬具」は相手へのお辞儀なので、イメージとしてはお辞儀をした後に、改めて相手へ向けて名乗るということになります。 メールでは敬具なしが主流 「拝啓」「敬具」はフォーマルな手紙にも使える礼儀正しい言葉です。 相手が目上の方や取引先の方、場合によっては目下の方への御礼や親類への挨拶など、何にでも使うことができます。 しかしメールでは「敬具」は使わないのが一般的です。 メールで「拝啓」「敬具」を使ってはいけないということはありませんが、メールというツールの特色が「拝啓」や「敬具」にそぐわないためです。 メールでは「お世話になっております」などの挨拶が「拝啓」の代わりとなり、「何卒よろしくお願い申し上げます」などが「敬具」の役割をしています。 「記」「以上」と一緒には使わない 特にビジネスの場などでは、手紙や書面の内容が箇条書きになっているものや、案内内容を簡潔に記しているものなどもあります。 この場合によく使われるのが「記」や「以上」という表記です。 「敬具」や「拝啓」は基本的には「記」「以上」と同じ紙面で使われることはありません。 手紙には「拝啓」「敬具」を使い、同封する案内などに「記」「以上」が使われているというスタイルが多いでしょう。 「敬具」を使った例文.

次の