参議院 選挙 投票 用紙。 最高裁判所裁判官国民審査

選挙の投票用紙

参議院 選挙 投票 用紙

投票用紙には何を書けばいいの? 候補者の氏名のみを記載しましょう(その際は間違わないように,正確に記載しましょう。 ただし,参議院(比例代表選出)議員選挙の場合は候補者の氏名または政党名を,衆議院(比例代表選出)議員選挙では政党名を記載しましょう。 候補者名を書く場合,正確な姓と名を書かないと無効なの? 姓だけあるいは名前だけ書いても,候補者を特定できる票なら有効です。 同じ姓,同じ名前の候補者が複数いる場合は,姓や名だけではどの候補者への投票かわかりません。 その場合は,各候補者の有効得票数に応じて票を按分します。 姓名を書き誤ったらどうするの? 書き誤った文字を二重線で消して,その横に正しい文字を記載してください。 消しゴムは使いません。 無効として取り扱われるのはどのように書いた投票用紙? 例えば,次のように書かれた投票用紙は,無効として取り扱われます。 投票用紙を故意に破ったときも無効として取り扱われます。 せっかくの投票が無効にならないためにも,気をつけましょう。

次の

選挙の投票の仕方をわかりやすく解説!衆議院・比例区の時はどうすればいいか

参議院 選挙 投票 用紙

参議院選挙のしくみとは? 参議院選挙のしくみって、難しそう でわからない…って、嘆いていませ んか? 簡単に参議院選挙のしくみについて、 書いていきますからね。 しくみ1: 参議院の任期は6年で、3年ごとに半分が改めて選挙されます。 しくみ2: 「選挙区選挙」と「比例代表選挙」からなっている。 しくみ3: 選挙区選挙は、「都道府県」で分けられています。 しくみ4: 比例代表選挙は、「非拘束名簿式」で行われる。 しくみ5: 重複して立候補することはできません。 入り口近くに設置されている、受付 に入場券を渡しましょう。 係の人に、本人かどうかの確認を 受けますよ。 そして、本人だと確認ができれば 投票用紙を渡してくれますよ。 投票用紙を受け取ったら、その紙に 書きますよ。 書くためには、書く場所へ移動しな ければなりませんが、大丈夫! どこへ行けば良いのか順路が支持 されています。 指示通りに進めば、投票記載所が ありそこには鉛筆が置いてありますよ。 正面には参議院選挙の 候補者の氏名(選挙区選挙) 政党の名称(比例代表選挙) が書いてある紙が貼り付けて あるので見ましょう。 1人で「選挙区選挙」と「比例代表選挙」 の2つを投票するのです。 そして、記載所には隣に見られない ようついたてが設置されています。 焦って誤字や脱字が無いように、 しっかりと確かめながら丁寧に正 確に書くようにしないと無効になっ てしまうかもしれませんよ。 書くことができたら、紙を半分に 折って投票箱に入れましょうね。 参議院の比例代表では、政党名を 書きますが「候補者の名前」を書く こともできますよ。 選挙後に多少上がったり・下がったり することもあるようですが、参議院選挙 と直接の繋がりがあるかどうかは不明 ですね。 参議院選挙は何時まで? 何時まで投票できるかというと、 「午後8時」までなんですよ。 参議院選挙の投票マッチングとは? 参議院選挙に参加したいけど、どこの 誰に投票したら良いかわからない人も いると思います。 そういう場合は、「投票マッチング」を 使えば最終的に政党と議員を紹介し てくれますよ。 そのためには、20個の質問に答える だけで良いんですよ。 さっそく、投票マッチングを試してどこ の誰と近い考えかを見てみたい人のた めに、URLを載せておきますね。 ドント方式というのは、議席数が10で あれば、それぞれ各政党の総得票数 を1から10までの数字で、割っていき ますよ。 そして単純に数字の大きい順番に 議席を割り当てていく方式のことです。 この方式を使っているのは、参議院と 衆議院の比例代表選挙です。 比例代表で、例えば青山繁晴なら 自由民主党に所属しており、今回 が初当選なんですよ。 同じく比例代表の足立敏之も自由 民主党に所属しており、今回が初 当選なんですよ。 今年2016年の参議院選挙は、 夏に終わってしまいましたね。 選挙区選挙の茨城県では、6人候補者 がいましたが、改めて選挙して当選した 人はその内の2人でしたよ。 岩手県では、3人候補者がいましたが、 改めて選挙して当選した人はその内 の1人でしたよ。 参議院一人区では、改めて選挙しての 席が1人なので小選挙区ということにな りますね。 参議院選挙の意味は、日本という国の 立法府である「国会」の内の上院の参 議院の国会議員を選ぶための選挙な んですよ。 普通任期が全て終わりによる、半分の 人を改めて選挙するんですがその選 挙のことを「参議院議員通常選挙」と いう名前です。 それ以外の選挙は、再選挙や補欠選挙 というものがあります。 参議院選挙に関して、文章だけでは ちょっと… という人のために、図を見て勉強して みるのも良いですよね。 2016年版なので、今のことを知るのが 一番大事だと思いますね。 過去のことを勉強するのも良いことです から、それはそれで勉強してくださいね。 でも、今から過去のまで勉強するのは… という人もいると思いますよ。 そういう人は、過去を勉強するよりも 今現在が最も必要なことですからね。 図を使って勉強をしてみたい人の ために、URLを載せておきますね。

次の

模擬選挙ダウンロード資料

参議院 選挙 投票 用紙

概要 [ ] 第2項及び第3項とに基づいている制度である。 最高裁判所裁判官は、任命後初めて行われるの際に国民審査を受け、その後は審査から10年を経過した後に行われる衆議院総選挙の際に再審査を受け、その後も同様とすると定められている(日本国憲法第79条第2項)。 実務的には、最高裁判所裁判官の定年は70歳であるのに対し、最高裁判所裁判官に任命される者はほとんどが60歳以上であるため、上記の日本国憲法第79条第2項の条件を満たして実際に国民審査の再審査を受けた最高裁判所裁判官は過去には6人であり、再審査を2度受けた裁判官はいない。 歴史 [ ] アメリカのいくつかの州には日本の国民審査制度とよく似た制度が存在する。 1930年代から制度の検討が始められ、1940年にで始められたものが最初とされるが、この審査制度はの裁判官には適用されていない。 この制度が日本国憲法に導入された経緯については、不明な点も多い。 もともとは終了後に日本の行政を監視・統制していたの提案により憲法改正案に導入されたものであるが、当時、憲法改正案を審議していたにおいて、元院長であり後に最高裁判所裁判官にもなった議員は「(国民審査を導入すると)裁判官は罷免を恐れて良心から出る裁判に影響を来す。 法律の判断は国民に容易に分かるものではないから、国民審査制度はぜひやめたい」と言って、国民審査の導入に強く反対した。 この反対に対し、元法学部長の議員は「(国民審査は)裁判官をして反省させるために必要である。 民主化するに伴い、国民も裁判に関心を持ち、裁判の当否を批判する力を持つに至る」と反論し、最高裁判所裁判官の権力の乱用を防ぐ手段としての国民審査の必要性を訴えた。 また、GHQ側は貴族院に対し、国民審査を導入しないのであれば最高裁判所裁判官の任命をアメリカの場合と同じくにすべきであると主張したが 、それでは最高裁判所が国会の支配下に置かれることになり、司法の独立を阻害される結果を招きかねないとして、最終的には霜山も不本意ながら国民審査の導入を認めたとされる。 ただ、国民審査制度の実効性については提案したGHQ側も懐疑的だったらしく、GHQの司法担当だったは1949年に書いた論文の中で、裁判官全員が信任された第1回国民審査の結果を踏まえて「最高裁の裁判官について多くの人が関心を持つようになることがあるのか、かなり疑問だ」と感想を述べ、「審査制度は裁判官の任命に関する実質的なチェックというより、国民主権の象徴的な制度と解釈したい」と記している。 なお、この他裁判官を罷免する制度はに基づくの制度があるが、現在までに最高裁判所裁判官が弾劾裁判の対象とされた事例はない。 投票 [ ] 通常 [ ] 国民審査の投票用紙には、審査の対象となる裁判官全員の氏名が記されている。 投票用紙に記載される裁判官の氏名の順序はで決められることになっている。 投票用紙にはを可とする際にのみ記入することになっているため、投票箱に別の投票用紙が入らないようにする措置として衆議院の投票用紙と国民審査の投票用紙が別々に渡されていたことも多かったの第4回までの時代は、国民審査の投票用紙が交付された後に記載所に向ったかどうかで、その人の投票行動が第三者にほぼ把握されかねないという問題が発生していた()(審査対象裁判官が複数人いる場合は誰に記入したかまでは不明だったが、特に第3回は審査対象裁判官が1人だったため、投票者の行動が自明となった)。 そこで、1960年の第5回からは中央選管の方針として混同を避けるための2つの用紙の差別化を図った上で衆議院の投票用紙と国民審査の投票用紙を同時に渡す方針を示すようになった。 1996年の第17回以降は比例代表の票と同時に渡すこととされている。 しかし、一部の自治体では依然として比例代表の票と別々に渡す運用がおこなわれていることが確認されており 、投票の秘密が守られていない現状がある。 投票の場合 [ ] 点字用の投票用紙は墨字で国民審査である旨を記す記述と選挙管理委員会の印影、そして点字で「コクミン シンサ」とだけ打たれた紙となっており、裁判官の氏名は書かれていない。 投票者はすべきだと思う裁判官をすべて フルネームで打つ(最高裁判所裁判官国民審査法第16条)。 無論、すべての裁判官を罷免したい場合は相当な時間がかかることになる上、紙面が足りなくなる可能性もある。 棄権 [ ] 衆議院総選挙の際に、国民審査に関心がない、あるいは判断ができないといった理由で審査を棄権したい場合には、投票用紙を受け取らないか、受け取った場合でも用紙を返却することが可能であり、投票所にはその旨を記した注意書きが掲示されている。 国民審査における棄権の自由は1955年の第3回国民審査から認められた(1949年の第1回及び1952年の第2回の国民審査では棄権は認められていないものの、実際に投票所で国民審査の投票用紙を受け取らなかった投票者を棄権として数えられている)。 国民審査で罷免されてから5年が経過していない者は最高裁判所裁判官となることができない(最高裁判所裁判官国民審査法第35条第2項)。 しかし、罷免されてから5年以内であっても最高裁判所裁判官以外の裁判官や最高裁判所事務総長等の裁判所職員や検察官や弁護士や公証人には法的要件を満たせばなることが可能である。 また、国民審査で罷免されても退職金は支払われる。 審査の効力に関し異議がある時は審査人又は罷免を可とされた裁判官は、中央選挙管理会を被告として審査結果告示日から30日内に東京高等裁判所に審査無効訴訟を提起することができる。 審査結果によって罷免を可とされた裁判官は中央選挙管理会を被告として審査結果告示日から30日内に東京高等裁判所に罷免無効訴訟を提起することができる。 裁判所は他の訴訟の順序にかかわらず、速かに審査無効訴訟又は罷免無効訴訟の審理を進めなければならない。 何も記入しない票は「 罷免を可としない票」と呼ばれる。 「罷免を可としない票」「罷免を可とする票」は一般に「信任票」「不信任票」と呼ばれることが多いが、法律上は「信任」「不信任」という用語は使われておらず、また本制度の趣旨が積極的な罷免の可否を有権者の投票に委ねるということであるから、いわゆる信任投票とは本質的に異なる。 告示と実施条件 [ ] 国民審査のは、のと同時に行われる。 告示後には、有権者投票の判断材料の一つとして、審査の対象となる裁判官の経歴や主な裁判の判決(最高裁判決の少数意見を含む)を簡単に記載した『審査公報』が発行される。 審査公報は長らく「審査に付される各裁判官につき、字数千を超えることはできない」と規定していたが、2003年7月24日に削除されて、2003年の第19回から字数制限は無くなった。 字数制限がない審査公報は原稿用紙の縦と横の長さから一人の原稿はおよそ1200~1300字程度となっている。 が行われても対象の期間に新たに任命された(または再審査の対象になる)裁判官がいない場合は、当然ながら国民審査は行われない。 日本国憲法施行後に行われた総選挙のうち、1953年(昭和28年)4月19日の ではこのため国民審査は行われていない。 が行われている時期に、衆議院が解散されてが行われることになり、衆議院選挙と参議院選挙の両方の選挙を同時に行うになった場合は、最高裁判所裁判官国民審査も含め3つの選挙・国民投票が同時に行われる。 最高裁判所裁判官国民審査法第25条の規定により、衆議院議員総選挙がとなっても審査対象の裁判官がいれば国民審査を行うことが規定されている(日本国憲法下で衆議院議員総選挙が無投票当選となった例はない)。 制度の問題点 [ ] 判断材料の少なさ [ ] 最高裁判所は昭和27年(1952年)2月20日の判決において、国民審査の制度を「解職の制度」と見なす判断を示している。 において、国民審査は衆議院議員総選挙(衆院選)と同時に行うことと定められている上、大手のは衆議院議員総選挙のニュースばかりを大きく報道していて、国民審査についての報道をすることは滅多にないため、国民審査の存在は衆議院議員総選挙のニュースの陰に隠れてほとんど注目されないのが現状である。 もともと日本ではマスコミが最高裁判所裁判官についての報道をすること自体が稀で一般的な報道において国民が最高裁判事の名前を知る機会は刑事・民事それぞれの訴訟において自判するときのみに限られてしまうことが少なくないため、日本の一般国民の大部分は最高裁判所裁判官の名前さえ知ることもなく、投票所で初めて裁判官の名前を知る国民も多いという。 最高裁判所判事の経歴や業績が詳細に報道されるアメリカとは異なり 、日本の最高裁判所裁判官についての報道は新聞の片隅に小さく掲載されるだけの扱いであることが多く、国民審査の実施に先立って『審査公報』に掲載される裁判官の判決の情報でさえ、裁判官1人につき多くてもわずか5-6件程度で、判断材料が極めて少ない。 このため、国民審査の制度は完全に儀式化・形骸化していると言われるが、それでも国民審査は「伝家の宝刀」であり、存在することによって最高裁判所裁判官の権力の乱用を抑える一定の効果があるとする意見も強い。 元議員の一人で国民審査の導入に尽くした前述のは生前、国民審査の制度を「裁判官に対する最後の統制手段たる制」と表現していた。 再審査 [ ] 憲法上、国民審査には再審査制度が存在するが、国民審査で一度信任された最高裁判所裁判官は日本国憲法第79条第2項の規定により、審査を受けた日から10年経過した後の衆議院総選挙まで再審査にかけられることはない。 しかし、裁判所法第50条の規定により最高裁判所裁判官は70歳になると定年退官することになっているため、再審査を受けるには遅くとも50代で最高裁判所裁判官に就任しなければならない。 これらの条件を満たし、定年前に再審査を受けた最高裁判所裁判官は、初代の最高裁判所裁判官15人のうち5人および史上最年少で最高裁判所裁判官に任命されたの計6人のみで、実際に再審査が行われたのは1960年と1963年の2回のみであり、その後は現在に至るまで再審査は1度も行われていない。 50代で最高裁判所裁判官に任命されたのは1964年1月16日就任のが最後であり 、同年1月31日就任の以降の最高裁判所裁判官は全て60歳以上で任命されているため、現在では再審査を受ける最高裁判所裁判官は皆無になっている。 そのため、一度国民審査を通ってしまいさえすれば日本国民はその裁判官を国民審査で罷免票を投じる事ができない状態となっている。 審査の機会のタイミング [ ] 最高裁判所裁判官の就任直後に衆議院総選挙があると、その裁判官は最高裁判所裁判官としての実績がほとんどないため、判断材料の限られる状況で審査を受けることになってしまう。 具体的な例として、は1986年6月13日に最高裁判所裁判官に就任し、24日目の7月6日に国民審査を受けている。 逆に、任命されてから退官するまでの間に衆議院総選挙が行われなかった場合には、その裁判官は実績の有無に関わらず国民審査を受けることはない。 実際に国民審査を受けなかった最高裁判所裁判官は過去に2人存在する(就任後1年未満で依願退官したと、就任後2年余で在任中に死去した)。 衆議院総選挙後に66歳 以上で最高裁判所裁判官に任命された者は、次の衆議院総選挙が行われる前に70歳になって定年退官する可能性が有り得る。 具体的な可能性が存在した例としては、(定年退官日:1950年3月2日、衆院議員任期満了日:1951年4月24日)、(定年退官予定日:1951年5月9日 、衆院議員任期満了日:1951年4月24日)、穂積重遠(定年退官予定日:1953年4月10日 、衆院議員任期満了日:1953年1月22日)、(定年退官日:1967年9月19日、衆院議員任期満了日:1967年11月20日)、(定年退官日:1994年2月15日、衆院議員任期満了日:1994年2月17日)、(定年退官日:1994年2月6日、衆院議員任期満了日:1994年2月17日)、(定年退官日:2004年1月4日、衆院議員任期満了日:2004年6月24日)、(定年退官日:2012年12月26日、衆院議員任期満了日:2013年8月29日)、(定年予定退官日:2021年7月8日、衆院議員任期満了日:2021年10月21日)が該当する。 在任中に死亡した穂積と現在在任中の宮崎を除く7人はいずれも定年退官前に衆議院解散による衆議院総選挙とともに実施された国民審査を受けたことにより、最高裁判所裁判官が国民審査を受けることなく定年退官した例はまだない。 過去の国民審査 [ ] 過去の国民審査一覧 回 審査年月日 被審査 対象者数 [人] 投票率 [%] 備考 1 昭和24年 14 74. 04 2 昭和27年 5 76. 25 3 昭和30年 1 72. 21 4 昭和33年 5 76. 63 5 昭和35年 8 72. 30 6 昭和38年 9 70. 22 7 昭和42年 7 72. 53 8 昭和44年 4 66. 42 9 昭和47年 7 67. 61 10 昭和51年 10 70. 11 11 昭和54年 8 65. 67 12 昭和55年 4 72. 51 13 昭和58年 6 66. 39 14 昭和61年 10 70. 35 15 平成2年 8 70. 58 16 平成5年 9 64. 18 17 平成8年 9 57. 56 18 平成12年 9 60. 49 19 平成15年 9 58. 12 20 平成17年 6 65. 49 21 平成21年 9 66. 82 22 平成24年 10 57. 45 23 平成26年 5 50. 90 24 平成29年 7 53. 34 記録 [ ] 「罷免を可」とする比率が高かった裁判官 [ ] 位 裁判官 「罷免を可」とする票 総投票 「罷免を可」とする率 回(審査年月) 1 6,895,134 45,440,230 15. アメリカでは、最高裁判所の裁判官を任命する場合には全体の過半数の賛成による承認が必要とされている。 超党派的支持で承認される場合もあるが賛成52、反対48の僅差で承認されたこともある(1991年に承認されたクラレンス・トーマス判事)• 『月刊・お好み書き』2009年11月号によると、大阪市東淀川区における2009年の国民審査の点字投票で、9人全員の裁判官を実際に書き切れないケースが発生している。 いわゆる『』の時の総選挙である。 ちなみには1967年1月29日に審査を受けた後、定年前の1973年3月31日に依願退官したが、田中が再審査を受ける日は早くても1977年1月30日以後(実際にこの日以後で初めて衆議院総選挙が行われたのは1979年10月7日)であり、仮に彼が定年の1976年7月13日まで最高裁判所裁判官を務めた場合でもやはり再審査を受ける可能性はなかった。 厳密には公職選挙法第31条第2項により、衆議院議員任期満了から30日後に衆議院議員総選挙が行われる可能性もあるため、66歳に29日満たない日に就任しても次の衆議院総選挙が行われる前に70歳になって定年退官する可能性は有り得る。 実際には1951年2月14日に依願退官している。 実際には1951年7月29日に死去している。 全員が第1回国民審査の対象となった裁判官である。 当時は棄権が制度認められていなかったことと国民審査の認知度が現在よりもさらに低かったため、「罷免を可」とする票の数も少なかったと考えられる。 出典 [ ]• 西川伸一「最高裁裁判官国民審査の実証的研究」(五月書房)82-84頁• 西川伸一「最高裁裁判官国民審査の実証的研究」(五月書房)83・84頁• 西川伸一「最高裁裁判官国民審査の実証的研究」(五月書房)84・85頁• 2020年6月14日閲覧。 門田耕作「」『月刊・お好み焼き』第236号、2009年11月、 2017年11月3日閲覧。 , pp. 80-81• , p. 168• , p. , pp. 137-139• , p. , p. , pp. 139-140• , p. , pp. , pp. 165 参考文献・資料 [ ]• 『最高裁裁判官国民審査の実証的研究』、2012年、第1刷。 2017年9月20日閲覧。 『官報複合体 権力と一体化する新聞の大罪』、2012年、第1刷。 2014年4月4日閲覧。 牧野洋 2010年11月25日. 現代ビジネス. 講談社. 2010年11月28日閲覧。 『法廷に臨む』、2011年、第1刷。 2020年5月7日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の