ドラコン 女子。 ドライビングディスタンス|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会

飛距離378ヤードのドラコン王に聞く飛ばしのコツ! ドラコン日本選手権、第12戦

ドラコン 女子

従来のドラコン(ロングドライブ競技)は、野球場のような広い場所で、ただ、1発の飛距離を競うものでした。 JPDAではそこに「フェアウェイ幅内に止まったボールのみ計測する(6球中3球以上をフェアウェイ幅内に止めること)」という大きなルールを追加しました。 通常のゴルフコンペのドラコンと同じ競技ルールですが、JPDAプロドラコンツアーは、6球中3球をフェアウェイキープしないと記録として有効になりません。 そう思われる方も多いと思います。 しかし、トップ選手のドライバーシャフトの硬さを見ると、そのヘッドスピードに対して、かなり柔らかいシャフトである事が分かります。 同じくA級プロで、JPDA 飛距離アップメソッド考案者の松谷伸次プロはこう言います。 「ドライバーを使って、球筋の打ち分けをしたいなら、シャフトのしなりが少なく、スイング通りの動きをする、硬いシャフトがいい」。 逆に「飛ばしたいなら、シャフトのしなり戻りを利用し、オートマチックに飛ばせる柔らかいシャフトがいい」と言います。 一昔前は、シャフトの硬さ表示は一種のステータスでもありましたが、現在はその表記自体に基準がなく、意味をなさない事から表示をも外す動きも一部ではあります。 ヘッド 飛距離と方向性を求められる、JPDAドラコンプロがよく選ぶヘッドメーカーはある程度絞られています。 ESTIVANT、NEXGEN、PRGR、GTD、Muziikなど。 この辺りのヘッドのチョイスは、ゴルフを楽しみたいアマチュアゴルファーには、とても参考になるはずです。 確かに、飛距離を求める上で、力や身長というのは欲しいところですし、実際に、力がある方が飛びますし、身長は高い方が有利です。 しかし、小さくても、細くても飛ばしている人はいます。 飛距離を伸ばす方法は、いろいろあるでしょうが、簡単に伸ばす方法となると、ミート率を上げることと、スイングスピードを上げることと、ギアを見直すということに尽きます。 ドライバーの長さ 普通とは違うドライバーを使っているのではないかと思われるかも知れませんが、ツアープロ競技と同じくSLA適合クラブ(60度法計測の48インチ以下)でなければなりません。 ドライバーは長くなるほどヘッドスピードが上がりやすくなります。 その反面、方向性にバラツキがでやすくなります。 そんな事から、昔のドラコンは「方向性無視の飛距離重視」であった為「マッチョのマン振り大会」「ゴルフスコアに繋がらない競技」と印象づいてしまったのは残念な歴史です。 しかし、当協会では「フェアウェイ幅内にボールを落とさなくてはならない」という世界的にも厳しく、日本のゴルフ場事情に合わせたルールとしました。 その為、各選手はコントロールを磨き、飛距離を求めた結果、最近では44. 5インチから46インチのドライバーを使うプロが増えています。 JPDAで行っていること ドラコンプロ向け業務 一般社団法人日本プロドラコン協会(JPDA)では、し、しています。 ドラコン大会では、年間通じてツアー形式で大会を行い、最終戦で日本一を決定します。 数は約380名となり、業界最多を誇ります。 アマチュアゴルファー向け業務 飛距離アップレッスン ドライバー飛距離アップのノウハウを活かして、の開催、ドライバー飛距離アップセミナーを開催を行っております。 ドライバー飛距離アップレッスンでは、とを行っており、パーソナルレッスンでは全額返金可能なヘッドスピードアップ保証を行っております。 飛距離を存分に楽しむイベント「」開催 「飛びゴル」イベントには以下のイベントを全て楽しむ事ができます。 ドラコンプロとスクランブル形式でラウンドする「スクランブルゴルフ」• アマチュア向けドラコン飛距離計測会(公式認定証発行)• プロのドラコン大会観戦• 安楽拓也プロのトークショー• 表彰式・プレゼント スクランブルゴルフでは、JDPAすることもでき、プロによってはゴルフのラウンドレッスンを受けることができる場合もあります。 レッスンプロ向け業務 飛距離アップレッスンの内容をレクチャーし、自らレッスンを行っていただける「ヘッドスピードトレーナー」認定講習を行っております。 また、スキルによってはJPDA主催のグループレッスンへ講師として参加することや、パーソナルレッスン依頼をJPDAから紹介を受けることができます。 レッスンプロとしての収入アップに繋げる事が可能になります。 ゴルフ業界販促サポート ドライバー飛距離アップノウハウと、様々なイベント開催ノウハウを併せて、ゴルフ場・スポーツショップ様にて、「ドライバー飛距離アップ」をテーマにした販売促進イベントを企画・開催しております。

次の

ドラコン日本一決定戦歴代優勝者一覧

ドラコン 女子

南出プロは、漫才師のオール阪神・巨人のオール巨人師匠の息子さんということでも有名ですよね。 そして、ドラコン世界記録はというと、 世界記録は551ヤードだそうです。 そのドラコン世界記録保持者 マイク・ドビンのスイング動画をご覧下さい。 スイングフォームはドラコン選手ですので、 トーナメントプロのように綺麗ではありませんが、 ポイントは左手のフックグリップです。 「手っ取り早く飛距離をアップする方法」という記事で紹介していますが、 飛距離アップにはグリップが重要です。 解説の人は「一般の男性はできない」と言っていますが、 真似できる部分はあります。 それは、 しっかり腕を振るということ! どういうことかというと、 「手を使わずにボディーターンで打つ」というのを 勘違いしてしまっている人が多いだけなんです。 「手は使っちゃいけない」 「右手は添えるだけ」 こんなことしてたら飛距離なんて出るわけないんです。 もちろん下半身リードでトップからダウンスイングを始動するのはいいんですが、 腕を振らなきゃヘッドが開いたまま戻らずにスライスしか出ません。 その「しっかり腕を振る」というスイングに慣れてきて、 意識しなくてもできるようになった時に、 「どうやったら飛距離アップしますか?」 「そうですね~手を使わずに下半身リードで素早く回転させることかなぁ・・・」 というイメージになるだけです。 最初からできる人はなかなかいません。 飛距離アップしたいならこの「しっかり腕を振る」 ということを実践してみてください。 これでフックが出てどうしようもないという方は、 体の回転不足です。 元々腕を振ることは出来ている方なので、 体の回転を上げてみましょう。 この体の回転と腕の振りのタイミングがつかめれば、 ドライバーだけでなくアイアンの飛距離もアップするでしょう。 先ほど紹介した世界記録保持者マイク・ドビンは、 2007年のドラコン世界選手権で優勝経験があります。 この時の決勝での記録は400ヤードより数ヤード手前でした。 残念ながら551ヤードの瞬間を撮影した動画は見当たりませんでした。 プロゴルフトーナメントで出した記録なので、 その時の風の状況や打ち下ろしなど、ドラコン専用の場所での記録ではないので、 正直あまり参考にならないかと思います。 ドラコン世界選手権では400ヤードを超えれば十分勝負になるのではないかと思いますが、 まだ日本人で優勝者はいません。 ちなみに2016年優勝者ジョー・ミラーのスイング動画はこちらです。 439ヤードはすごいですね。 コース右サイドに大きな木があるのでこれを撤去してほしいもんです。 まぁあそこまで飛ばせば優勝かなというのはありますが・・・。 ウィキペディアによると、 2010年に地元イングランドのコースで560ヤードという公式記録が残っているそうです。 こちらも風や打ち下ろしなどの詳細がないので、参考にはならないでしょうが、 ドラコン世界大会での優勝が彼のすごさを十分証明してます。 冒頭で紹介した日本記録保持者の南出仁寛プロが、 2014年のドラコン大会で優勝した時の動画もご覧ください。 決勝に残れず惜しくも3位になった永原総太郎選手が、 予選で最高425ヤードを記録していますね。 やはり、日本のドラコン選手も世界選手権の欧米人ほどではないですが、 みんなすごい筋肉してます。

次の

ドラコン日本一決定戦歴代優勝者一覧

ドラコン 女子

ドラコン選手が使用するドライバー 1ヤードでも前に飛ばしたい、そんなドラコン選手が使用するドライバーは、飛距離では負けたくないと強く思うゴルファーの参考になるはず。 ドラコン選手は並外れたヘッドスピードで桁外の飛距離を出しますが、ドライバーも一般の物とは違うため、ドラコン選手が使用するドライバーの特徴を掴んだドライバーを使用すれば、誰でも飛距離アップする事ができます。 (ミート率は落ちると思いますので、スコアにこだわりがある方にはおすすめできません。 ) ドラコン選手が使用するドライバーの5つの特徴 (1)シャフトの長さは48インチ ドラコン選手が使用するドライバーの大きな特徴としては、シャフトの長さが長いです。 ドラコン大会でのルールで48インチ以内と決められていますので、ほとんどの選手が48インチのドライバーを使用しています。 最近では48インチや47インチのクラブを販売するメーカーもありますので、ドラコン選手が使用するドライバーと長さは近づいてきたのかもしれません。 (2)シャフトの硬さはXから5Xで60グラム前後が多い 次の特徴としては、シャフトの硬さが硬い事です。 希にRシャフトのような柔らかいシャフトを使用する選手もいます。 シャフトのしなりを最大限利用して飛ばすのですが、タイミングや方向性に安定感が無いため、硬いシャフトを使用する選手がほとんどです。 シャフトの重量については、軽量の物(60g前後が多いです。 )海外の選手は70g〜80gが多いです。 (3)ロフト角も5度〜9度程度の低ロフト ロフトも5度から9度位の低ロフトの選手がほとんどです。 なるべくスピン量を低く抑えたい為に、低ロフトのクラブでアッパー軌道でスイングして、高弾道で低スピンのボールで飛距離を稼いでいます。 その為にドラコン選手のティーの高さは5〜8センチ位の高いティーを使用する選手がほとんどです。 (4)反発係数はルール適合 ドラコン選手が使用するドライバーのヘッドは、ルール適合のものでなければなりません。 試合で使用できるものは反発規制にクリアしたルール適合のヘッドのみとなっています。 使用するヘッドは、国内・海外メーカーなど様々です。 日本を代表する南出選手はキャロウェイのヘッドを使用しています。 ドラコン選手が使用するヘッドで使用率が高い国内メーカーは、ワークスゴルフ・フォーティーン・カムイなどです。 海外メーカーでは、アダムスやクランクゴルフ・BANGゴルフが使用率が高いです。 (5)ヘッド重量は190gから195gが多い 長尺ドライバーで200g以上のヘッド重量があると、クラブバランスがFを超えてしまう為に、一般人には「かなり」振りにくくなります。 基本的には、長尺でヘッド重量が重すぎるとヘッドスピードが上がらないどころか下がってしまいます。 逆にヘッド重量が軽すぎる(170g程度)と、ヘッドスピードは上がりますが、ボールの衝突のパワーが軽くなってしまい、ボールの初速は上がりません。 おすすめのヘッド重量は、190gから195gです。 48インチでE1程度のバランスです。 初めて長尺ドライバーを試す方は、重量調整ができるヘッド(弾道調整機能付きのヘッド)がおすすめです。 ドラコン選手が使用するドライバーのまとめ (1)シャフトの長さは48インチ シャフトの長さは、48インチが大半です。 初めて長尺に挑戦する方は、45インチと48インチの中間である46. 5インチがおすすめです。 5インチでも充分に長尺のメリットを感じることができます。 (2)シャフトの硬さと重量 リシャフで長尺ドライバーにする場合、1. 5インチでワンフレックス硬いシャフトを選ぶと、45インチのドライバーと同じ硬さのイメージでスイングすることができます。 シャフトの重量は「インチカット」しない為、45インチで使用している重量より10g程度軽いものがおすすめです。 (3)ロフトも5度から9度位の低ロフト 長尺にすると、ボール位置が45インチのドライバーより左になり、よりアッパー軌道で捕らえやすくなるので、ボールが想像より高く上がります。 個人的には1インチ伸ばすことにより、1度ロフトを小さくする方が、良い弾道になると感じました。 (4)ドライバーのヘッドはルール適合 高反発(ルール不適合)だから飛ぶと思われるのが嫌であれば、ルール適合のヘッドがおすすめです。 (5)ヘッド重量は少し軽め 長尺ドライバーのヘッド重量は、190g〜195gがベストです。 ヘッド重量は重すぎると振り切れないので、ヘッドスピードは上がりません。 軽すぎると、ヘッドスピードは上がりますが、ボール初速が出ません。 繰り返しますが、長尺ドライバーのヘッド重量は、「190g〜195g」がベストです。 (初めて長尺ドライバーを試す方は、重量調整ができるヘッドがおすすめです。 ) おすすめのドラコン選手が使用するドライバー ドラコン選手が使用するドライバー ドラコン選手が使用するドライバー ドラコン選手が使用するドライバー ドラコン選手が使用するドライバー ドラコン選手が使用するドライバー ドラコン選手が使用するドライバー ドラコン選手が使用するドライバー 購入者の感想や最新価格を確認する。 GDOで確認する。 ( 買取保証ならGDO) で確認する。 フェアウェイゴルフで確認する。 ( 激安輸入クラブ) で確認する。 ゴルフパートナーで価格を確認する。 ( 中古クラブ) で確認する。 楽天で確認する。 ( 最安値・翌日配達なら楽天!) で確認する。 Yahoo! ショッピングで確認する。 (Yahoo! ショッピングの登録店舗増えてます!) で確認する。 Amazonで確認する。 ( 翌日(当日)配達ならAmazon!) で確認する。

次の