時候の挨拶 9月。 【時候の挨拶】9月上旬/中旬/下旬の季節の挨拶と季語は?手紙の書き出しも

pta文書、時候の挨拶 9月は?上旬 中旬 下旬編|オカンノミカタ

時候の挨拶 9月

手紙を書く上で大切な9月の季節感 時候の挨拶は、手紙の 前文にあたり、手紙に欠かすことができない大切な箇所です。 時候にあった挨拶を書き入れることで、季節感を伝える美しい習慣です。 夏から秋へと季節が変わる 9月は、上旬と下旬では気候が全く変わります。 さらに、手紙では体で感じる季節の以外にも二十四節気や年中行事といった暦上の季節感を使うことが多いことです。 9月上旬の季節感 9月の上旬は、日中はまだまだ暑いですが、 朝夕はかなり過ごしやすくなります。 また昔から台風などの自然災害が心配される時期ですので、手紙のお相手のお住まいの地域の状況にも気を配っていきましょう。 知人やお知らせなどの一般的な手紙 そんなに親しくない知人や、学校行事のお知らせなどで出す手紙は、一般的な時候の挨拶を使います。 漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 夏から秋へと季節の変わり目の9月は、手紙を出す時期によって挨拶を使い分ける必要があります。 時候の挨拶の後には、安否のおうかがいを続けますが、「お元気でしょうか」「お変わりありませんか」といった疑問形は親しみのある表現になるので使いません。 親しい人に出す手紙 親しい人に出す手紙では、暦の季節だけでなく、その時々の天候や自然、イベントなどを時候の挨拶に盛り込みます。 9月では、 新学期、台風一過、虫の音、コスモス、お彼岸、彼岸花、稲の収穫などなど。 形にとらわれずに、季節感あふれる時候の挨拶を楽しんでみてください。 では、ここまでの9月の季節感や時候の挨拶のTPOルールを踏まえて、9月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と例文を見ていきましょう。 9月上旬の時候の挨拶 9月の上旬は、 日中はまだまだ夏のような気候が続きますが、 朝夕は爽やかな風が吹く 秋の気候と、1日の中に2つの季節が共存します。 最近は、残暑が長引く傾向にありますから、• 9月に入って涼しくなったのか• 9月に入ったのにまだ暑いのか を 見極めて時候の挨拶を選ぶ必要があります。 また、心配されるのが 台風の襲来です。 立春から数えて210日目にあたる 「二百十日」は、昔から台風や大雨の被害が心配される日といわれており、9月1日ごろにあたります。 手紙のお相手がお住まいの地域によっては、台風の影響を受けることが想像されますので、 気遣いのある手紙を送るようにしましょう。 9月の上旬によく使われる時候の挨拶を手紙のTPO別にまとめたものが次の表です。 改まった時候の挨拶• 初秋の候、折、みぎり• 新秋の候、折、みぎり• 新涼の候、折、みぎり• 清涼の候、折、みぎり• 重陽の候、折、みぎり• 白露の候、折、みぎり• 涼風の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 九月に入り• 暑さの名残を感じますが• 残暑もようやく収まり 親しい人への時候の挨拶• 九月に入っても• 残暑が厳しいようですが• 残暑もようやく和わらぎ• 夏休みも終わり、 新学期など では、9月上旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 9月上旬の時候の挨拶の例文• 初秋の候、皆々様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 新秋快適の候、皆様にはますますご活躍のことと拝察いたしております。 重陽の候、貴会に置かれましては、ますますご隆盛の由、大慶の至りに存じます。 白露の候、貴店におかれましては、いよいよご発展の由、心からお喜び申し上げます。 涼風のみぎり、ご家族の皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 残暑もようやく和らぎ、しのぎ良い日が多くなりました。 夏のお疲れは出ていらっしゃいませんか。 今年はことさら残暑が厳しいようですが、お元気にお過ごしですか。 九月に入っても、夏を思わせるような暑い日が続いております。 お変わりございませんか。 初秋の涼風がさわやかに吹き抜ける季節となりました。 ご家族の皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか。 夏休みもようやく終わり、自分の時間が持てるようになりました。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 今日から新学期が始まり、やっと一息つけそうです。 その後、お変わりございませんか。 新学期が始まり通学の子供たちの元気な声が戻ってきました。 皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 9月中旬の時候の挨拶 9月の中旬は、日も短くなり暗くなるのが早くなっていることに気づかされる時期です。 時折、残暑がぶり返すことがあっても、日中も過ごしやすくなります。 うっかり窓を開けて寝ると寒くて風邪を引くなんてことになりかねないぐらい、 朝晩の気温も下がりだします。 また 秋雨前線の影響で、思いがけない 長雨が続くこともあります。 いずれにしても夏から秋への過渡期ですので、 9月中旬は日々の季節の変化に敏感にとらえた時候の挨拶を選びたいものです。 改まった時候の挨拶• 秋色の候、折、みぎり• 秋雨の候、折、みぎり• 秋雨の候、折、みぎり• 秋涼の候、折、みぎり• 秋霖の候、折、みぎり• 爽秋の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 風立ちぬ秋となり• 涼気が感じられるこの頃• 秋の気配が深まり 親しい人への時候の挨拶• 秋風が心地よい季節• 秋晴れの空に• 朝夕涼しくなり• 虫の音、 台風一過など では、9月中旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 9月中旬の時候の挨拶の例文• 涼やかな秋風が吹くようになり、朝夕は肌寒さが増してまいりました。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 風立ちぬ秋となり、しのぎやすい頃となりました。 皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 一雨ごとに秋の気配が深まりゆく昨今、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 夕刻ともなれば秋の気配も色濃い折、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 台風一過の空、ことのほか青く澄み、心地よい秋晴となりました。 その後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 初雁の姿に秋の訪れを感じる頃、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 虫の音にも深まる秋を感じる頃となりました。 皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 夕焼け空に赤とんぼが群れ飛ぶ季節になりました。 お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます• 秋風が心地よい季節となりました。 ご家族の皆様、お元気でいらっしゃいますか。 日暮れの時間の早まりに秋の気配を感じております。 ご家族の皆様にはお変わりございませんか。 秋の気配も次第に濃くなり、穏やかな好季節となってきました。 皆様お変わりございませんか。 見上げる秋晴れの空にいわし雲が浮かんでおります。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気でしょうか。 朝夕はめっきり涼しくなりましたが、ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 心配された台風も進路を外れ、やれやれと一安心しました。 お変わりございませんか。 台風一過の空はどこまでも澄み渡り青く広がっていますね。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 秋の夜長に虫の音が心地よい季節となりました。 皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 天高く澄みわたる今日この頃、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 コスモスの花が秋風に揺れる季節となりました。 十月が近づき、秋の気配がいっそう濃くなってまいりましたが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 中秋の名月も清かな秋の夜、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 彼岸花が咲き乱れるころとなりました。 お変わりなくお過ごしのことと存じます。 「天高く馬肥ゆる秋」と申しますように、豊かな実りの季節を迎えております。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 実りの秋を迎えた田に、麦わら帽子をかぶった案山子が立ち始めました。 お変わりなくお過ごしのことと存じます。 稲穂がしだいにこうべを垂れ、食欲の秋もいよいよ秋本番です。 ますますお元気と承り、何よりと存じます。 田の稲が金色に輝く季節となりました。 ますますご活躍の段、お喜び申し上げます。 秋の夜長の時節となりました。 皆様お元気でお過ごしのことと存じます。 秋空にいわし雲が浮かんでいます。 皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 空もようやく秋色を帯びてまいりました。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 コスモスが風にゆれ、秋の風情を感じるこの頃、お変わりございませんか。 「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、まだ日中は残暑が続いておりますね。 皆様、お変わりございませんか。 秋の訪れを告げるかのように、すすきが涼風に揺れております。 その後、いかがお過ごしでしょうか。 お月見の今日、子どもとお団子作りに挑戦してみました。 ご家族様にはお元気でいらっしゃいますでしょうか。 野に咲く撫子が風に揺れるころとなりました。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 スポーツの秋到来ですが、その後お元気ですか。 畦道の彼岸花が目に鮮やかです。 ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 実りの秋を迎え、食べ物がおいしい季節です。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 上旬は、 日中はまだまだ暑い日が多いですが、 朝夕はかなり過ごしやすくなります。 また昔から台風などの自然災害が心配される時期ですので、手紙のお相手のお住まいの地域の状況にも気を配っていきましょう。 中旬は、ふと気づけば 日の暮れるのも早くなっていて、 朝晩が肌寒くなる時期です。 秋雨の季節にも入り、一雨ごとに秋が深まっていきます。 下旬は、 「暑さ寒さも彼岸まで」と言われる 秋分を迎えます。 日中も過ごしやすく 爽やかな季節に入ります。 こうした季節感を表す 9月の代表的な時候の挨拶を手紙のTPO別で整理したものが次の表です。 9月 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶 上旬• 初秋の候、折、みぎり• 新秋の候、折、みぎり• 新涼の候、折、みぎり• 清涼の候、折、みぎり• 重陽の候、折、みぎり• 白露の候、折、みぎり• 涼風の候、折、みぎり.

次の

時候の挨拶/結びの挨拶一覧 1月〜12月 文例集 by 直子の代筆

時候の挨拶 9月

ビジネスでも使える9月の時候の挨拶と結びの挨拶を例文付きで解説 ビジネスレターなどの手紙では、冒頭に「時候の挨拶」を置くのが通常です。 時候の挨拶とは、時節に応じた語を用いた挨拶のことですが、独特の言葉使いをすることもあり、慣れない人には書くのが難しい箇所となっています。 今回は9月に適したさまざまな時候の挨拶を紹介するとともに、結びの挨拶を加えた例文も紹介していますので、ビジネスレターを書く際の参考にしてみてください。 9月の漢語調の時候の挨拶 ビジネスでも使える9月の時候の挨拶、まずは漢語調の挨拶について見ていきましょう。 ここで言う漢語とは、中国から輸入された漢字を元に、日本で使われてきた言葉のことです。 漢語調の挨拶は格調が出るため、手紙で礼儀を示したい時などによく使われます。 「候」は「時期」「時節」などを表します。 処暑の候 使用時期:8月下旬~9月上旬 「処暑(しょしょ)」とは二十四節気の1つで、陽暦の8月23日ごろを指します。 そこから、同じく二十四節気の1つである「白露(はくろ)」(9月8日ごろ)の前日までが、「処暑の候」に当たります。 それでは、「処暑の候」を用いたビジネスレターの例文を以下に挙げてみましょう。 結びの挨拶も同時に紹介します。 <例文> 拝啓 処暑の候、貴社ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。 (本文) 貴社の一層のご発展を心よりお祈り申し上げております。 まずは略儀ながら書面にてご案内申し上げます。 敬具 白露の候 使用時期:9月中旬 ビジネスで使える9月の時候の挨拶、続いてご紹介する漢語調の挨拶は、「白露の候」です。 「白露(はくろ)」とは、上でも説明したように二十四節気の1つで、9月8日か9日を指します。 ここから9月23日ごろの「秋分」前日までは、「白露の候」と呼ばれるようになっています。 「白露」の名前が付いているのは、このころに夜間の気温が下がり、草葉に露が付くようになるためです。 それでは、「白露の候」を使用した時候の挨拶の例文を、以下でご紹介しましょう。 <例文> 謹啓 白露の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、心よりお礼申し上げます。 (本文) 今後ともご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。 謹白 仲秋の候 使用時期:9月中旬~10月上旬 ビジネスで使える9月の時候の挨拶、続いての漢語調の挨拶の例は、「仲秋の候」です。 「仲秋(ちゅうしゅう)」は「秋のなかごろ」といった意味の言葉で、暦の上では白露と秋分を合わせた期間を指します。 具体的には、大体9月の23日から10月7日ごろまでが、「仲秋の候」と呼ばれるようになっています。 ちなみに「ちゅうしゅうの名月」という場合は、「仲秋」よりも「中秋」の方が適切とされています。 「仲秋」は陰暦の8月全般を指すのに対し、「中秋」は陰暦の8月15日を指しているためです。 では、「仲秋の候」を使ったビジネスレターの例文について、以下で見てみましょう。 平素はひとかたならぬご厚情を賜り、感謝にたえません。 (本文) 今後も末永くお引き回しのほど、心よりお願い申し上げます。 まずは謹んで御礼かたがたご報告申し上げます。 敬具 9月の口語調の時候の挨拶 ビジネスで使える9月の時候の挨拶、漢語調の挨拶に続いては、口語調の挨拶の例について見ていきましょう。 上でも述べたように、漢語調の挨拶は礼儀を示す際に適していることから、ビジネスレターではよく使われる形式です。 しかし、相手に対し格式張る必要のない場合には、口語調の挨拶が使われることも多くなっています。 初秋の季節とはいえ暑い日が続きます 使用時期:8月中旬~9月上旬 こちらにご紹介する口語調の挨拶は、「初秋(しょしゅう)」の語句を用いたものです。 暦の上で言う「初秋」とは、8月上旬の「立秋」後から9月上旬の「白露」前日までを指しています。 ですので、こちらの挨拶はその期間について使うことができます。 暦の上で秋とは言っても、9月上旬はまだまだ暑さが残る時期ですから、そうした実際の気分を折り込んだ挨拶となっています。 では、こちらの口語調の挨拶を使ったビジネスレターの例文について、以下でご紹介しましょう。 やはり結びの挨拶も加えてあります。 いつも多大のお引き立てを賜り、まことにありがとうございます。 (本文) 残暑なお厳しき折、くれぐれもご自愛ください。 まずは取り急ぎお知らせまで。 敬具 爽涼の秋となり、朝夕はめっきりとしのぎやすくなってまいりました 使用時期:9月中旬 ビジネスで使える9月の時候の挨拶、続いての口語調の挨拶の例は、「爽涼の秋」の語を用いたフレーズです。 「爽涼(そうりょう)」とは、文字通り「爽やかで涼しい」ことを表しています。 9月も半ばになると、日中の厳しい暑さも和らいで、ようやく涼しくなり出すころです。 この挨拶は、そうした過ごしやすさをアピールしたもので、ほっとした気分が相手に伝わる一文となっています。 では、こちらのフレーズを使用したビジネスレターの例文を、以下に挙げてみましょう。 <例文> 拝啓 爽涼の秋となり、朝夕はめっきりとしのぎやすくなってまいりました。 皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。 いつもひとかたならぬお力添えにあずかり、まことにありがとうございます。 (本文) 吹く風も心地よい好季節、ますますご活躍ください。 まずはご案内まで。 敬具 一雨ごとに秋気深まる今日この頃 使用時期:9月下旬 ビジネスで使える口語調の時候の挨拶、続いての例をご紹介しましょう。 「一雨ごとに秋気深まる今日この頃」というフレーズですが、「秋気」とは文字通り、「秋の気配」を意味しています。 9月も下旬になると、今までの暑さが一転し、急速に秋の気配が強まり始めます。 このころによく使われるのが、「一雨ごとに秋らしくなる」といった表現です。 こちらの挨拶は、そうした表現を丁寧に表したものになります。 では、こちらのフレーズを用いたビジネスレターの例文について、以下にご紹介しましょう。 <例文> 拝啓 一雨ごとに秋気深まる今日この頃、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。 いつもいろいろとお力添えいただき、まことにありがとうございます。 (本文) 今後とも変わらぬお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 取り急ぎお知らせまで。 敬具 9月の結びの挨拶 ビジネスに使える9月の時候の挨拶について見たあとは、結びの挨拶についても見ておきましょう。 ビジネスレターなどの手紙では、時候の挨拶と同じく大事な箇所になります。 残暑に関する結びの挨拶 まずご紹介するのは、残暑に関する結びの挨拶の例です。 8月上旬の「立秋」から9月の上旬にかけては、「残暑」と呼ばれる時期になります。 このころはまだ夏と言っていい時期で、暑さもほとんどゆるみません。 こうした未だに残る暑さについての話題も、結びの言葉としてよく使われます。 では、そうした結びの挨拶の例文を、以下でいくつか紹介していきましょう。 末筆ながら、いっそうのご躍進のほどご祈念申し上げます。 時節柄、ご自愛専一にてお願い申し上げます。 夏の疲れが出やすい時節、くれぐれも体調を崩されませぬようご自愛ください。 季節の変わり目でございます。 ご健康に留意され、ますますご活躍されますことを心よりお祈り申し上げます。 末筆ながら皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。 このところ天候不順が続いておりますが、くれぐれもご自愛ください。 秋に関する結びの挨拶 ビジネスで使える結びの挨拶、続いては、秋に関するものについて紹介しましょう。 前述のように、9月の中旬から下旬にかけては、秋の気配が次第に濃くなる時期です。 時候の挨拶同様、結びの挨拶でも、本格的な秋についての話題が取り上げられるようになってきます。 では、秋に関する結びの挨拶の例文を、いくつか以下に挙げてみましょう。 秋雨の季節、体調を崩されませんようご用心ください。 秋の涼風とともに、幸多き日々を迎えられますようお祈りいたします。 新秋の折、貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。 新秋快適の候、どうぞお健やかにお過ごしください。 皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 9月の時候の挨拶と結びの挨拶を使用する際の注意点 最後に、9月の時候の挨拶と結びの挨拶を使用する際の注意点について見ておきましょう。 これまで見て来たように、9月は夏が終わり、秋が始まる時期です。 季節の変わり目に当たることから、気候の状況も、日によって変化が激しくなります。 時候の挨拶や結びの挨拶を書く際は、こうした気候の変化を考慮することが大切です。 まだまだ暑さが続く時に、「めっきり涼しくなりました」などと書くことがないよう、十分注意しましょう。 時候の挨拶と結びの挨拶一覧.

次の

9月の季語と時候の挨拶文<手紙の書き出しと結びの言葉>

時候の挨拶 9月

pta文書やおてがみを作成する回数が4月に続いて2番目に多い9月。 またプリントばっかり…提出面倒だなと思いますが、作る方は結構 大変なんですよね。 先生方へのチェックや修正と何度も学校へ行き…。 そうはいっても、夏休みは比較的活動が少なくなる傾向がありました。 学年ごとのキャンプや部活など、各方面で忙しくなるので、ptaの活動や 定例会議等は夏休みには実施されないことが多かったです。 そうなると…当然2学期が始まる9月に配布する資料が どっと増える学校が多いかもしれませんね。 実際私もそうでした。 秋になると涼しくなる分行事も増えますし、親子でレクレーションや イベントを開催する学校や幼稚園も多いです。 ざっと過去の学校のプリントや調べてみると 例として、こんなお手紙作成があります。 ptaの資料作成にふさわしい時候の挨拶を9月編として 上旬 中旬 下旬に紹介します。 是非活用して、さくっと資料作成に 役立ててくださいね。 一般的なビジネス文書用と、やわらかい表現と 2パターンを集めてみました。 pta 時候の挨拶 9月上旬編 初秋の候 新秋の候 さわやかな初秋の季節となり、 校内では子どもたちの元気な声が聞こえておりますが 二学期も始まり、学校に子どもたちの元気な声が戻ってきました。 二学期も始まり、久しぶりの子どもの制服姿に成長を感じるこの頃 日中はまだ暑い日が続きますが 朝夕は日ごとに涼しさの増すこの頃 さわやかな初秋の季節となりました 虫の音が、秋の深まりを感じさせるようでございます。 pta 時候の挨拶 9月中旬編 秋涼の候 新秋快適の候 吹く風もどことなく秋めいてまいりました。 日ごとに秋の気配が深くなります 秋の夜長の候と相なり 虫の音さえる季節となりました こおろぎの声が聞こえる今日この頃 pta 時候の挨拶 9月下旬編 白露の候 灯火親しむの候 新涼のみぎり めっきりと秋めいてまいりました 台風一過の秋晴れもすがすがしく 朝夕ようやくしのぎやすくなりました 暑かった夏もいつの間にか去り、すっかり秋の気配を感じるころとなりました。 9月の時候の挨拶と一緒に使いたい イラスト ptaのお便りやお手紙とえども、季節感のある イラストなどがあると見栄えもよくなります。 私もよく使っていた以下のイラストサイトは 無料で使えて、とてもセンスがいいのでオススメです。 ワードやエクセルで使うなら、JPEG形式かPNG形式(透過) を選んでダウンロードしてくださいね。 下のようなリスや、もみじの葉っぱなど、 秋のイラストもありますよ! 会員登録せずに使える イラストサイト EVENTs DESIGN さいごに ptaの文書で失敗したのは、前回作った書類に 文字や日付だけを差し替えて作成し、 〈よし!完璧!〉と思って教頭先生へ チェックして頂いたら、 おもいっきり前の月の時候の挨拶のまま プリントしていたこと…。 確認は必ず必要ですね。 〈あっすいません。 修正します。 〉とすぐに修正して 再提出したのでありました。 仕事をしながらのpta活動なのでうっかりミスも 多々ありますが、 一人でこなさずに、まわりの方々と連携して 楽しく役員を終えることが なによりです。 前年度はこうだった、ああだった、と文句を言う保護者も いらっしゃいますが、 文句を言う方は情報は知っていても だいたい協力してくれない人が多い…。 気にせずに その年のやり方で進めたらいいと思っています。

次の