オキシ クリーン 黄ばみ。 オキシクリーンでトイレをまるっと掃除!便器の黒ずみ・黄ばみはひと晩で真っ白!タンクも壁もピカピカ!

洗濯で落ちない衣類の黄ばみをオキシクリーンで綺麗にする方法とは?!

オキシ クリーン 黄ばみ

アメリカ製オキシクリーンの特徴• 界面活性剤、柔軟剤、香料入り• モコモコに泡立つ• 容器が大きい(コスパはいい) 一番大きな違いは 「界面活性剤」が入っているかどうかです。 アメリカ製は 青い粒状の界面活性剤と香料が入っていますが、 日本製は 真っ白で肌や環境に優しい仕様になっています。 「日本製は全然泡立たない」という意見もありますが、それは水と油を混ぜ合わせる働きを持っている「界面活性剤」が入っていないためで、 洗浄能力に違いはありません。 また、容器の大きさにも違いがあります。 日本製は丸型の容器に入っており、1,500gと試しやすい容量です。 サイズも コンパクトなので収納しやすく、あまりたくさん使わない一人暮らしの方にぴったりです。 一方、 アメリカ製は約5kgと大容量なので場所は取りますが、 長く使えてコスパはいいです。 日本製オキシクリーンの成分は「過炭酸ナトリウム」と、成分を安定させるための「補助剤」のみで とてもシンプルなので、泡立ちがあまりありません。 泡立ちがないので物足りなく感じるかもしれませんが、 泡立ちがない分、すすぎが簡単にすみます。 アメリカ製に比べ、日本製のオキシクリーンは 1回の使用量がかなり少ないのも違いのひとつ。 その分 パッケージもコンパクトになっていて収納が楽ちんです。 香料無添加なのでどんなところでも使いやすいのもポイントです。 香りの好き嫌い問わず使えますし、お部屋のアロマと混ざってしまうようなストレスがありません。 まとめると 日本製オキシクリーンは「添加物がなく扱いやすい」洗剤ということになります。 日本製オキシクリーンに向いている人• 肌の弱い方、添加物が苦手な方• 香りの強い洗剤が苦手な方• オキシクリーン初心者さん• 消費量の少ない一人暮らしの方• コンパクトに収納したい方 添加物が入っていないので、そういったものが気になったり 手肌が荒れやすいのであれば断然日本製をおすすめします。 また、初めて使うならいきなり約5㎏のオキシクリーンを使うのは少しリスクがあるので、とりあえずお試し感覚で使える1500mlの方がいいでしょう。 容量が少なくてコンパクトなので、自宅の収納スペースが少ない方、できるだけ嵩張らせたくない方、一人暮らしや掃除をする機会が少ない方も日本製の方が使いやすいです。 逆に、オキシクリーン愛用者で 香りも肌への影響も気にならず、長くたくさん使える方がいい! という方には アメリカ製がおすすめです。 そもそもオキシクリーンって何? 引用: ここまでオキシクリーンについて話してきましたが、 オキシクリーンとはなんぞや? と思った方も少なくないでしょう。 オキシクリーンとは、 元はアメリカで発売された粉末漂白剤のことです。 最初はアメリカ製のオキシクリーンだけが扱われていましたが、その後日本仕様に成分を変更した日本向けのオキシクリーンも扱われるようになりました。 主成分は「過炭酸ナトリウム」で、お湯に溶かすと汚れを分解する 酸素の泡が出てくるのが特徴。 この泡が衣類や食器、ファブリックの 汚れやシミを 浮き出させ、キレイに洗浄することができることから、 日本でもヒットしているというわけです。 また、 漬けおきをすることで汚れをしっかり浮き出すことができ、 嫌な臭いも取り除いてくれます。 洗濯の手順• 洗濯層に直接オキシクリーンを入れる• 洗濯用洗剤を入れる• 最後に衣類を入れて洗濯する オキシクリーンはもともと洗濯用の漂白剤だったというだけあって、 洗濯物の汚れを落とす力には威力があります。 普段の洗濯洗剤と合わせて使うとより仕上がりがよくなり、襟元や袖口の 黒ずみ、食べこぼしの 油シミまでキレイさっぱり落とします。 酸素系漂白剤は汚れだけに反応するので 色柄物にも安心して使えるのも魅力です。 普段から洗濯に混ぜておくと 汗の臭いなども予防できます。 instagram. ゴム手袋をする。 塩素系の漂白剤・洗剤などと混ぜない。 オキシクリーンを溶かした液(オキシ液)の作り置きはしない。 オキシクリーンを使用しても問題ない素材なのか確認する。 オキシクリーンは漂白剤なので、肌を守るために ゴム手袋をつけて使用しましょう。 比較的手肌に優しい日本製のものでも、素手で直接オキシクリーンに触れると肌荒れの原因になりかねません。 酸素系と塩素系の洗剤が混ざると、有毒なガスが発生する恐れがあります。 オキシクリーンは酸素系なので、 絶対に塩素系の洗剤と混ぜないように使用してください。 いつでもすぐ使えるようにオキシ液を作り置きしたくなりますが、オキシクリーンは 水に溶かしてから約6時間後には効果がなくなる性質があります。 また、初めて使用する素材の場合は、 目立たない一部分に使用してみて大丈夫なのか確認してから全体に使用しましょう。 オキシクリーンを使えない素材は以下に挙げているので参考にしてください。 手軽で簡単に使える洗剤だけど漂白剤だから最低限の注意はして掃除しないとね。 まとめ• 初心者さん、肌の弱い方、強い香りが苦手な方、消費量の少ない方、コンパクトに収納したい方には 日本製がおすすめ。 香りも肌への影響も気にならず、長くたくさん使える方がいいコスパ重視の方には アメリカ製がおすすめ。 オキシクリーンは あらゆる掃除に使える万能洗剤。 使用上の注意点はいくつかあるので確認が必要。 話題になるだけある とっても便利な洗剤ですね。 色々な用途で使えるので、ぜひ試してみてください。 初心者さんだったら まずは日本製を選ぶのが妥当かなと思います。 オキシクリーンで部屋中綺麗にし、快適な生活を送りましょう!

次の

【オキシクリーン】日本製とアメリカ製の違いとは?特徴と利点を解説!

オキシ クリーン 黄ばみ

このページの目次• オキシクリーンで靴の黄ばみを落とす方法 オキシクリーンを使って靴を洗う時は、まずは浸け置きから始めます。 泡立て器や、割り箸などで しっかりと泡立ててお湯にオキシクリーンを溶かしてください。 オキシクリーンを溶かした液(以後オキシクリーン液)に 2~6時間汚れた靴を浸け置きします。 汚れ具合によって時間は調節してください。 浸け置きした後に、歯ブラシや靴掃除用のブラシで汚れを落とします。 汚れを落とすときは生地を傷める原因になるので、 あまり力を入れすぎないように軽くこすってください。 汚れをとると キレイに黄ばみも落ちていますよ! 綺麗になったら、オキシクリーンが残らないようにしっかりすすいで脱水し、干してください。 手荒れの原因になるので、靴の汚れを落とす時はゴム手袋をして洗うようにしてくださいね。 オキシクリーンで靴の汚れもキレイに! 子供の運動靴、上履き、綿素材の白いスニーカーなどは 黄ばみや汚れを落とすのが大変です。 オキシクリーンを使うと 漬け置きしておくだけで黄ばみが漂白できます。 漂白すると同時に汚れを浮かせるため、軽く擦ると簡単に汚れが落ちます。 オキシクリーンに浸け置きするポイント オキシクリーンを使って浸け置きする時は、 必ず熱いお湯でオキシクリーンをよく溶かして泡立ててください。 お湯で 酵素を活性化させることによって、 汚れを分解する酵素が活発に働きます。 靴はしっかり全体が沈むように浸け込むようにしてください。 靴が沈まない場合は重しに石などを入れても大丈夫です。 オキシクリーンで靴を漂白するメリット オキシクリーンは酸素性漂白剤で、色物の靴も漂白できます。 塩素系と違い、 繊維の色まで落とすことはありません。 更に繊維を傷める心配も少ないため、安心して使うことができます。 オキシクリーンには殺菌・除菌効果もあります。 消臭効果もあるため、 靴の嫌な臭い対策にもオススメです。 なかなか嫌な臭いが取れない靴もオキシクリーンに浸け置き洗いで丸ごと洗うことができます。 最初からブラシで擦るよりも簡単に汚れが落とせるため、靴掃除にかける手間を大きく省けるのが最大のメリットです。 オキシクリーンが使えない素材 浸け置きするだけで汚れが落とせるオキシクリーンですが、相性の良くない素材もあります。 間違った素材の物を浸け置きすると、逆に黒ずんだり黄ばんだりします。 そうなると、取り返しがつかなくなるためオキシクリーンを使う素材には気をつけてください。 オキシクリーンが使えない素材は、• 革製品• 合成皮皮• ウール製品• シルク製品• 麻製品• 金属 です。 これらの素材は変色や変形、劣化の原因になります。 オキシクリーンでキレイにするのはやめてください。 合成皮革のスニーカーや、麻混素材の靴などは特に注意が必要です。

次の

【TPUの黄ばみ】取り方(ワイドハイター, オキシクリーン)や防止方法【原因は何?】

オキシ クリーン 黄ばみ

漂白剤は大きく塩素系と酵素系に分けられるのですが、 オキシクリーンは酵素系の漂白剤。 塩素系は漂白パワーが強いぶん衣服の色自体も脱色してしまう可能性があります。 対する酵素系漂白剤は漂白パワーが控えめなぶん、色柄物にも安心して使うことができます。 オキシクリーンは酵素系漂白剤で 色柄物でも使えるにもかかわらず漂白パワーに定評のある、まさにいいとこ取りな製品だそう。 パッケージにも「頑固な汚れ落しのスペシャリスト」と書かれていて頼もしい。 オキシクリーンを黄ばみ汚れに使ってみた というわけで黄ばみ汚れに効くという噂を実証すべく、手持ちのシャツに使ってみることにしました。 黄ばみ汚れが気になる白シャツ 今回オキシクリーンを使うのはMAISON KITSUNEの白のオックスフォードシャツ。 以前記事でも紹介しましたが、このシャツは本当にお気に入りの1枚。 ただ、購入して2年ほどヘビーに着回していると徐々に首回りに黄ばみ汚れが出てきました。 白いシャツなので割と黄ばみ汚れが目立ってしまうのが最近の悩み。 袖周りにもうっすらと黄ばみ汚れが。 もちろん着たら毎回洗濯していますが、数年着続けているとどうしてもこうした汚れは出てくるんですよね。 シャツをオキシ漬けする! オキシクリーンは普通に家庭用洗濯機に洗剤と一緒に入れて使うのですが、今回はかなり頑固な黄ばみ汚れだったので 最初につけ置きしてから洗濯を回そうと思います。 オキシクリーンは粉末状の漂白剤。 キャップで量を計測しながら使います。 これをお湯を張った洗面台に適量を投入。 洗面台から流れる一番熱い温度のお湯を使ったので、だいたい湯温は30度ちょっとくらいかと思います。 そしてオキシクリーンを入れたお湯にシャツをドブンと沈めて10分間つけ置き。 オキシクリーンユーザーの中ではこれを 「オキシ漬け」と呼ぶそう。 オキシクリーンは衣服だけでなく食器などにも使えるので、調べると食器をオキシ漬けしたりする人も見かけました。 洗濯機にもオキシクリーンを投入 10分間のオキシ漬けが終わったら、シャツを普通に洗濯にしていきます。 ただ今回はこのガンコ汚れを徹底的に落とすべく、洗濯時にもオキシクリーンを投入!オキシクリーンと黄ばみ汚れ、 絶対に負けられない戦いがここに始まりました。 落ちなかった黄ばみ汚れが、落ちた! 洗濯が終わったらシャツを引き上げて干してあげて、各種黄ばみ汚れの部分をチェック。 あの頑固な黄ばみ汚れが… きれいに落ちた!! まだ若干黄ばみが残っていて完全に真っ白というわけにはいきませんでしたが、それでも最初の写真と見比べると明らかにシャツに白さが蘇ってきたことが分かります。 実際にオキシクリーン前後で写真を見比べると変化がよく分かります。

次の