どう したら いい です か 敬語。 「出来ましたら」の正しい敬語表現とその使い方

敬語 「それで良い」はどうなるの??

どう したら いい です か 敬語

「出来ましたら」の後に来るのは、大体の場合でお願いしたい事柄です。 ですから、「出来ましたら」という言葉を不躾ではない印象の敬語に変えるためには、同じような意味の言葉に言い換えてしまえばよいのです。 そして、「出来ましたら」と同じような意味でよく使われる敬語が、「差し支えなければ」です。 これは、意味的には出来たらと同じ意味になるので、「出来ましたら」の代用になります。 クッション言葉でやわらかな雰囲気になる 「差し支えなければ」は、クッション言葉と言われる言葉です。 クッション言葉とは、その後のお願いやお誘いなどをよりやわらかい雰囲気にして、相手に対して失礼な印象を与えない為の言葉なのです。 不躾な印象がある「出来ましたら」を使うのに比べて、「差し支えなければ」という敬語を使うことで、すごく印象が良くなるでしょう。 「出来ましたら」を「可能であれば」に言い換える 「出来ましたら」、が不躾に聞こえるのは、「出来ましたら」という言葉の響きがカジュアルに聞こえてしまうから、不躾に聞こえてしまうのでしょう。 では、「出来ましたら」からカジュアルな部分を取り除くとどういった敬語表現になるのでしょうか?「出来ましたら」からカジュアルさを取り除くと、「可能であれば」になりますので、それに言い換えるのもありでしょう。 「可能であれば」は強い印象になるため使い方に注意 「可能であれば」の言い方で、「出来ましたら」を敬語表現にしていくのであれば、可能の意味が強く聞こえないように注意が必要です。 可能とは、「出来ましたら」に比べて、より能力的な印象が強い言葉です。 ですから、可能であればという言い方は、能力があればに聞こえてもおかしくない言葉なのです。 このように聞こえないシーンでのみ使うなど、注意が必要です。 「出来ましたら」は「恐れ入りますが」に言い換えるのもあり 「出来ましたら何々をお願いします」は、「恐れ入りますが何々をお願いします」との表現に換えることもできます。 「恐れ入りますが何々をお願いします」は、「出来ましたら」に比べて、多少強制力の強い敬語表現になります。 目上の人に対して使うには、この言葉も不適切となる可能性が高いので注意が必要です。 何かをやってもらう前提のため使う相手に注意 「恐れ入りますが」の敬語表現は、すでに恐縮をした表した言葉です。 お願いの段階で既に恐縮をしているということは、「恐れ入りますが」の後に来るお願いに対して、やってもらうのが前提になっています。 やってもらうことが前提になるのは、目上の人に対して使うには失礼にもなります。 敬語として正しい表現ではありますが、使うシーンは限られるでしょう。 「出来ましたら」には「差し支えなければ」などの敬語表現があり場面・話す相手で使い分けよう 以上、「出来ましたら」を敬語で使う際の適切な言い方のご紹介でした。 「出来ましたら」を敬語で表現する際には、「差し支えなければ」、「可能であれば」、「恐れ入りますが」のいずれかの表現にするのが正解になります。 こういった敬語表現を活用し、不躾にならないような正しい敬語を使っていきましょう。

次の

[Ngữ pháp N4] ~たらいいですか/ たらどうですか

どう したら いい です か 敬語

「だったら」を敬語で表現したい場合、どのような使い方をするのが自然なのでしょうか。 まずは「だったら」を敬語に直した時の種類や使い方を解説していきます。 「だったら」の敬語に種類はある? 「だったら」を敬語に言い換えた場合、「でしたら」を使うのが一般的です。 目上の方に対して謙譲語を使いたい場合でも「でしたら」を使うことは問題ありません。 他にも「であれば」という言い方も「だったら」の敬語表現に使用することができますが、使い方を間違えてしまうと、相手が不快に感じる場合があります。 「であれば」の使いどころが分からない場合は「でしたら」を使うようにしましょう。 「だったら」の使い方は? 「だったら」の使い方は主に二つあります。 仮定の後に「~だったら」を付ける場合と、相手の話を引き継いで答える場合に「だったら」と会話の出だしで用います。 「だったらこっちが良い」といったように会話の出だしで「だったら」を敬語で表現するときは、「でしたらこちらがよろしい」でも問題ありません。 しかし、目上の方に失礼のないように伝えたい場合は「さようでしたら、こちらがよろしいかと存じます」と表現した方が、より丁寧な敬語の受け答えになります。 「さようでしたら」はとても丁寧な言い方になるので、会社の先輩と打ち合わせするような場面であれば、「であれば」・「でしたら」で問題ありません。 「だったら」のメールでの使い方 メールや手紙の場合は特に形に残ってしまうものなので「だったら」を敬語に直すように務めましょう。 また、メールや手紙は一方的に相手に伝える形になるため、会話で相手の言葉を引き継ぐ使い方である「だったらこっちが良い」というような言い方は、敬語表現であったとしても使用は避けましょう。 相手のメールの返事から引き継ぐ文章だった場合でも、相手の文章を抜粋して仮定の文に直した方が丁寧な文章になります。 また、きちんと言葉を繰り返すことで意思疎通がしっかりするので仮定を省かずに丁寧な文章になるように心がけましょう。 ビジネス会話での「だったら」 ビジネス会話で部下に仮定の話をする場合でも「~だったら」と表現するよりも「~であれば」と表現した方が、「だったら」を使うよりも丁寧さと大人なイメージを相手に与えることができます。 砕けた雰囲気を作りたいときは別ですが、仕事の話をしているときは、相手が部下であっても、こちらが言葉遣いに気を付けることで部下の外部への接し方や部下からのリスペクト具合に影響することも考えられるので気を付けて会話しましょう。 「~であれば」は敬語として使用できますが、使いどころによっては尊大な態度と取られる場合があります。 顧客など外部に対して丁寧な印象を与えたい場合は、「~でしたら」とした方がソフトな印象を与えることができます。 「だったら」を敬語表現するときの例文 「だったら」には二つの使い方があります。 そこで「だったら」を敬語で表現した時の例文をいくつか紹介してきます。 基本の「でしたら」 「ご入用でしたらフロントまでお申し付けください」 ホテルなどの案内で「必要なものがあれば場合に声をかけてください」と言う意味で使用します。 同じ読みと勘違いしてしまう言葉で「要用(ようよう)」という言葉がありますが、必要なものと言う意味で「ごいりよう」と使いたい場合は「ご入用」が正しいです。 「要用」は必要な用事という意味で現代ではあまり使われていない言葉です。 「もしだったら」 「こちらが原因でしたらよろしいのですが」 願望を敬語で表現したい場合に使用することができますが、感想を口にしているだけなので物事を報告するときなどに目上の方に対して使うのはおすすめできません。 仕事では何かを報告する場合は、願望を交えず事実を簡潔に伝えることが大切です。 接客などでは、相手の立場に立って一緒に悩むような場面では、相手に良い印象を与える可能性もあります。 また、ビジネス会話でも顧客と相談している時のやり取りでは使用されることもあります。 例文はその後に原因が他にあった場合などの説明を続ける必要があります。 この例文だけで言葉を止めてしまうと、他人事のように聞こえてしまうので対策などがない場合は不用意に使わないようにしましょう。 相手を励ましたいときの「だったらいいのに」 願望が相手を気遣っての事だった場合は、以下のような表現で伝えることができます。 「よい結果であることを祈っております」 こちらがお願いすることではなく、応援する言葉を贈りたい場合は積極的に使うことをおすすめします。 もちろん一緒にやっている仕事など、自分も関わっている場合は「他人事」と取られてしまう恐れがあるので、使用は避けましょう。 「だったら立たないと」 「でしたらお立ちになられた方がよろしいかと」 相手の話を聞いた上での敬語での丁寧な返答として使用できます。 相手の相談でアドバイスを返したいときに「だったら」ということで、相手の言葉を引き継ぐ形になります。 「でしたら」・「そうしましたら」と返答するようなやり取りは受付業務などでよく耳にすることが多いです。 「だったら」の別の敬語表現例 「だったら」は他の言い方があるのでしょうか。 そこで別の言葉で敬語表現に置き換えた例文を紹介します。 「そうしたら」・「そしたら」 「そういたしましたら、こちらの商品がおすすめです」 「そうしたら」・「そしたら」を敬語に直して「そういたしましたら」にすると丁寧な印象になります。 「だったら」の敬語である「でしたら」よりも、謙譲語も含んでおり丁寧で、少し柔らかい話し言葉になります。 しかし、「そうしたら」・「そしたら」は前に仮定の文を置くことができないため、話し言葉として相手の話を引き継いで使う形しか取れません。 ビジネスに置いては人によって会話で使うことはありますが、メールなど文章で使うことはほとんどありせん。 「それだったら」 「それでしたらこちらで承ります」 「そうしたら」・「そしたら」と同じように使用することができます。 「そういたしましたら」は謙譲語が含まれているので丁寧さは上がるのですが、個人の好みや会社の指導などでどちらとも同じように使われています。 「だったら」の類語・言い換えの敬語表現 次に、類語など「だったら」と似たような使い方をする他の表現方法の例文を敬語に直して紹介していきます。 「であれば」 「再発するようであれば、対応いたしますのでお手数ですがご連絡ください」 「であれば」はどちらかというと、相手に指示を出す場合などに用いられることが多いです。 顧客などに対して使う場合は「でしたら」を使う方が丁寧な印象を与えられます。 例文の言い方は顧客に対して使う方も多く居ます。 相手と常に連絡を取っているような間柄であればこのように伝えても不快感を感じる人は少ないでしょう。 文章的にも後半では「お手数ですが」や「ご連絡ください」と丁寧に伝えていますので失礼な言い方にはなりません。 「~であれば」の後半で敬語や気づかいの文が無いと、尊大な印象を与えてしまう恐れがあるので注意しましょう。 「できましたら明日までにご連絡いただければ助かります」 「できれば」は敬語に直して「できましたら」にすると丁寧な印象をになります。 「できれば」は「可能であれば」と同じような意味で使うことができます。 こちらも目上の方に対しては使用を避けましょう。 「可能であれば」と同じように「差支えなければ」に置き換えることをおすすめします。 「差支えなければ」 「できれば」と同じ例文で目上の方に同じような事を伝えたい場合は以下のように伝えることができます。 「差支えなければ明日までにご連絡いただければ幸いです」 「差支えなければ」は敬語としてはもちろん、目上の方に対して失礼のないように何かをお願いするときに使うことができます。 例文は目上の方からどうしても連絡をしてもらう必要がある場合に使用することができます。 ただし、目上の方から連絡をしてもらうこと頻繁に依頼するのは失礼に当たります。 できる範囲でこちらから連絡を取る形を取りましょう。 いつもの話し言葉で相手の気分を害さないように! 話しの内容に集中しすぎてつい「もし~だったら」と言ってしまわないように、仕事や目上の方に対して話をするときは注意しましょう。 もちろん目上の方であっても、普段からフランクに会話できる相手であれば、多少崩した言葉でも気にされない方もいます。 しかし、普段から気を付けることで、もっと目上の方や丁寧に話さなければいけない場面でついいつもの口調が出てしまう恐れも考えられます。 よほどかしこまった言い方をしなければ、敬語は相手にとって気分の悪くなる言い方にはなりません。 目上の方であれ部下であれ、相手に失礼にならないように普段から言い換えられるものはなるべく敬語に使っても差し支えのない言葉を選ぶように心がけましょう。

次の

「どうしたらいいですか」に関連した英語例文の一覧と使い方

どう したら いい です か 敬語

「新しいスマホどう?」や「明日どう?」「これどうかな?」のような会話を交わしたことはありませんか。 「どう」は親しい関係、友達や後輩などとの会話に良く使われます。 相手の様子や状況を、気軽に聞いたり確認したりできる、便利な言葉です。 この「どう?」を「どうですか?」に言い換えてみます。 「新しいスマホはどうですか?」「明日どうですか?」「これどうですか?」になりますと、語尾は丁寧になりました。 しかし敬語として上司や取引先との会話に使うことは難しいです。 敬語としては少し足りない、敬意が足りない響きがありませんか。 それでは「どうですか」をどのように言い換えれば、敬語として、社会人の使う言葉としておかしくない表現になるのでしょうか。 今回は「どうですか」のビジネスシーンでの使い方や敬語としての使い方について、使用例を交えながらひとつづつ確認していきます。 「どうですか」の意味 「どうですか」の「どう」は「どんな具合ですか?」「予定は空いていますか?」「どう思いますか?」などを「どう」というひとつのことばで言い換えることができる、使いやすい言葉です。 「どう」だけで使うこともできますが、うしろに「ですか」がつくと、より丁寧な言い方に聞こえ、ぶっきらぼうな感じが減ったように感じます。 「どうですか」の意味についてですが、これは相手に質問をして、回答を求める言葉です。 たとえば相手がどういう状況かを尋ねるために使う「具合はどうですか。 」「体調はどうですか。 」、相手の今後の予定を確認するために使う「明日はどうですか。 」「この後どうですか。 」「親睦会は4日でどうですか」、相手に何かを提案するために使う「1割引でどうですか。 」「新システムの導入はどうですか。 」、相手に何か意見や感想を求めるために使う「先日のプレゼンはどうですか」などがあります。 丁寧語 上記のとおり、状況や感想を求める「どう」のあとに丁寧語の「ですか」をつけたものが「どうですか」です。 丁寧語がついているので、敬語かと思われがちですが、言葉の敬意を考えてみると、「まじっすか」や「やばいですね」などと大きな意味で同じです。 ですのでたとえ語尾が丁寧語である「です」「ます」の派生語が付いていたとしても、敬語として目上の人に使うことは適切ではないので避けましょう。 くだけた会話の中の敬語の位置づけです。 「どうですか」を社会人として使えるかどうかですが、これは同期生との会話や、親しくしている先輩との会話までとなります。 友達同士の子どもっぽい会話より1ランク上がったような言葉遣いです。 「です」「ます」を「どう」の後ろにくっつけただけの「どうですか」を、社会人として上司や取引先との会話に使ってしまうと、きちんとした敬語ではないため気まずい空気が流れるはずですので注意しましょう。 尊敬語 それでは、上司や取引先に対して状況や感想を聞きたい場合はどうしたらよいのでしょうか。 「です」「ます」をつけただけでは敬語にならないのであればどのような言葉をつかうのでしょう。 この場合は、「どう」を「いかが」に変換し、「ですか」を「でしょうか」に変えて「いかがでしょうか」を使います。 さらに丁寧に言うと「いかがでしたでしょうか」となります。 「いかがでしょうか」「いかがでしたでしょうか」であれば、状況や意向を伺う敬語として成立しており、ビジネスシーンで使える言葉となります。 たとえば、体調を気遣う時には「お体の具合はいかがでいらっしゃいますか。 」予定を確認する「この後のご予定はいかがでしたでしょうか。 」提案を行う「この金額でいかがでしょうか」などがあります。 「お体の具合」や「ご予定」など、前後につく言葉も敬語に合わせて丁寧になりますので、使分けができるようになりましょう。 「どうですか」の敬語での使い方 「どうですか」は敬語では無いため、敬語として使う場合はどのような場面なのか、どのような状況なのか、に合わせて言葉を選びます。 ごく親しい間で、丁寧な言葉を使いたい場合は「どうですか」がよいでしょう。 親しい間で「いかがでしょうか」を使うと逆に違和感が出る可能性があります。 状況や様子を尋ねる場合の「どうですか」を目上の人に対しての敬語にする場合は「いかがでしょうか」「いかがでしたでしょうか」を使います。 相手に感想や意見を求める場合の「どうですか」を目上の人に対しての敬語にする場合は、「ご意見はいかがでしょうか」ですと、何を聞きたいのかがはっきりしない、漠然とした言い方になってしまうため、別の言葉に置き換えます。 「お考えをお聞かせ願えますか」や「忌憚の無いご意見をお聞かせください。 」などであれば、意見を聞きたいという気持ちが伝わる敬語になります。 敬語の種類 敬語には尊敬語・謙譲語・丁寧語の3種類があります。 話し手から見て、相手を上げることで相対的に自分を下げ、敬う気持ちを表すのが尊敬語です。 また逆に、話し手から見て自分を下げて、相対的に相手を上げることで敬う気持ちを表すのが謙譲語です。 他に、語尾に「~です」「~ます」をつけて丁寧な文章にするのが丁寧語です。 誰が誰の話をしているのか、誰が誰に敬意を表しているのかを使う敬語によって判断しますので、尊敬語・謙譲語・丁寧語を使いこなすのが社会人としての第一歩になります。 また、どんなに丁寧語の「です」「ます」をつけたとしても、その言葉自体がビジネスシーンではふさわしくない言葉があります。 「どうですか」の「どう」は、目上の人に向けた言葉としては敬意が足りませんので、別の言葉に言い換える必要があります。 使い方 「どうですか」の敬語は「どう」を「いかが」に言い換えた「いかがですか」が該当します。 さらに敬意を表す場合は「いかがでしょうか」を使います。 もっと丁寧に言いたい場合は、「いかがでしたでしょうか」を使います。 「この後1杯どうですか。 」を敬語にすると「このあとのご予定はいかがでしょうか、もしよろしければご一緒にいかがですか。 」、「具合はどうですか。 」を敬語にすると「お体の具合はいかがでいらっしゃいますか。 」、「明日3時でどうですか。 」を敬語にすると「明日の3時のご予定はいかがでしたでしょうか。 」となります。 また、「いかがですか」と予定聞かれた時の返答方法ですが「大丈夫です」や「無理です」は敬語としては使えませんので気をつけましょう。 OKならば「ありがとうございます。 」や「差し支えありません。 」のように回答します。 メールでの使い方 「どうですか」をメールで使う場合に、気をつけなければならないのが、この言葉が同期や友達、親しい先輩などの気を使わない間柄で使う言葉であるということです。 そのような関係の中で、「来週金曜日の若手の集まりは、いつもの店でやろうと思うんですが、どうですか。 」など、普段の話し言葉を少し丁寧にしたメールのやりとりでは使うことができます。 一方で「どうですか」を仕事関係のメールの中で敬語で使う場合は、目上の人に対する表現の「いかがでしょうか」を使います。 たとえば取引相手に対して何か催促をする場合、その表現が「どうなっているのですか」では強すぎます。 無用なトラブルを引き起こさないためには、ビジネスメールで強い表現は避られることが多いです。 プロジェクトが今どういう状況になっているかを確認する「どうですか」や、プレゼンのその後を確認するを「どうですか」を表現する時に、敬語を使わなければならない時はどのように表現するのでしょうか。 進捗 仕事の進み具合を確認したいとき、親しい間柄であれば「あの仕事、どうなった。 」「どうなってる。 」で済みますがビジネスシーンで上司や取引先に、これらの言葉を使うことはできません。 同僚や親しい先輩と交わす言葉の「どうですか」を使う場合は「プロジェクトの状況はどうですか。 」「工事の進行状況はどうでしたか。 」となります。 催促する場合は強い言葉を使うとトラブルになりかねませんので、やわらかな言葉を使うようにします。 工事状況を確認する場合は「進行状況はいかがでしょうか。 」「進捗状況をお伝え願えませんでしょうか。 」「どのようになっておりますか。 」「いかがなさいましたか。 」などを使います。 また、その結果工程が非常に遅れているなど、対処が困難で相談が必要な場合は「いかが対処すべきか、ご指示いただけませんでしょうか」「どうすべきかご示唆いただけますか」「どのようにお考えでしょうか」などを使います。 その後 以前に会ったり話したりした時から、今までの間になにか決まったり変化があったりしたのかを確認する場合、親しい間柄であれば「その後どう?」「その後どうなった?」ですみますが、敬語の場合はどのように表現するのでしょうか。 同僚や親しい先輩との会話であれば、「仕様変更の話をしたけれども、その後どうですか。 」や「その後調子どうですか。 」などを使うでしょう。 しかし上司や取引先との会話であれば敬語が必須ですので、「どうですか」は使えません。 たとえば「先日お話した仕様の変更についてでございますが、その後いかがでしょうか、ご確認いただけますでしょうか。 」や「その後お体の調子はいかがでいらっしゃいますか。 」など、敬語をきちんと使うようにします。 「どうですか」の別の敬語表現例 そのままでは敬語として使うことが難しい「どうですか」を、失礼のないように言い換えます。 相手や意味によって使う言葉が変わってくることに注意しましょう。 どうでしょうか 「どうですか」の「です」を「でしょうか」に変化させて、少し丁寧にした表現です。 たとえば「明日の予定はどうでしょうか。 」や「そのアプリを利用したらどうでしょうか。 」「1時でどうでしょうか。 」は話しての意志がよりはっきりした表現になっています。 いかがでしょうか 「どうですか」をストレートに敬語にすると「いかがでしょうか」です。 状況や様子を相手に尋ねる丁寧な言葉として使えます。 「3月20日のプレゼンは14時からでいかがでしょうか。 」であれば、14時からを「提案」していることがわかります。 よろしかったでしょうか 「どうですか」「いかがですか」の使い分けは、誰と話をするのか、どんな内容の話をするのかによって決まります。 「どうですか」がふさわしい場面、「いかがですか」がふさわしい状況は異なりますので注意しましょう。 どうですか 「どうですか」は親しい関係の中で使う言葉です。 きちんとした敬語には足りないけれども、同級生どうしで交わす言葉よりも少し丁寧にしたい場合に使われます。 たとえば「このあと一緒にどうですか。 」「塩加減はどうですか。 」「調子はどうですか。 」は、どのような状況で話されるでしょうか。 まず、親しい先輩に後輩が話しかけている状況が考えられます。 他に、同級生どうしの会話であっても、その会話に目上の人も参加しているので言葉を崩せないような状況にある時です。 きちんとした言葉は必要だけれども、同級生どうしのため尊敬語や謙譲語を使うとおかしなことになる時に、丁寧語をつけた「どうですか」はふさわしいです。 いかがでしょうか 「いかがでしょうか」は目上の人に使う敬語表現です。 自分を下げる必要がある状況、たとえば上司や取引先との会話で使うことができます。 相手の状況を聞く「いかがでしょうか」には「工事の進行状況はいかがでしょうか」や「明日の予定はいかがでしょうか」などがあります。 また、「この靴であればこのバッグはいかがでしょうか。 」や「ご家族でご相談いただくのはいかがでしょうか。 」などやんわりと提案する状況にも使うことがあります。 逆に親しい間柄の会話で使うと、冷たい感じがしたり、壁を感じたりしてその場にそぐわない表現になりますので注意しましょう。 相手にあわせて「どうですか」を使いこなす.

次の