コーポレート カード と は。 法人カード(ビジネスカード・コーポレートカード)とは? 3分でわかる! 法人カードの特徴やメリット、個人カードとの違いを解説します!

ETCコーポレートカード徹底解説!高速料金割引の仕組みから作り方まで

コーポレート カード と は

コーポレートカードとは、法人向けに作られたクレジットカードです。 支払い口座に会社・個人事業名義(屋号つき)の口座を指定することができ、事業の経費決済などに使用します。 クレジットカードには、「会社決済型」と「個人決済型」の二種類があり、コーポレートカードは「会社決済型」です。 個人として使用しているクレジットカードは「個人決済型」と呼ばれ、支払いに個人の銀行口座を指定します。 普段、事業の経費決済に個人のクレジットカードを利用している方もいらっしゃるかもしれませんが、コーポレートカードを使用することで経理作業が簡素化されるというメリットがあります(経理の簡素化については、後ほど詳しくご紹介します)。 コーポレートカードの呼び名 個人事業主の場合、個人名義のクレジットカードで決済をすると、明細を見返して経費登録をしなければなりません。 店頭で決済した場合などは領収書がもらえますが、例えばオンラインストアでの購入やクラウドソフトの決済など、手元に領収書が残らないこともあります。 こういった場合は、経費登録の際に明細を参照する必要が出てくるでしょう。 意外とクレジットカード決済の機会は多く、しかも私的な支払いが混ざっていると、経理を煩雑にする原因の一つになります。 そんな時にコーポレートカードを持っていれば、事業に関わる支払いは全てそのカードに統一できるので便利です。 さらに、例えばではコーポレートカードと会計ソフトを連携し明細を自動で取り込むこともできます。 一つ一つ、明細を手入力する必要がないので大幅な効率化につながるでしょう。 中小企業の場合も、社員にコーポレートカードを発行し経費をカード払いにすることで、「誰が」「いつ」「どこで」「いくら」使ったのかが分かりやすくなり、現金での管理の必要も無くなります。 もちろん、会計ソフトと連携させれば経理作業自体も効率化されます。 国際ブランドはMasterCard。 年会費無料のfreee MasterCardライトと、年会費2,000円(初年度無料)のfreee MasterCardライト ゴールドがあります。 いずれの場合も、申し込みはWebで完結し、最短4営業日で発行可能。 決算書がなくても代表者の本人確認資料だけで申し込みでき、入会可能かをすることも可能です。 利用限度額はともに30~300万円、「クラウド会計ソフト freee」2,000円分ディスカウントクーポンや税理士・会計士などへの無料相談特典が付帯します。 ゴールドカードには、海外・国内旅行保険や国内空港ラウンジの無料利用サービスが付帯。 ライトカードにはポイントはつきませんが、ゴールドカードは1,000円につき1ポイントが貯まり、1,000ポイントでJCBギフト券5,000円分と交換可能です。 三井住友カードが発行する法人カード。 カードブランドは、シェアNo. 1国際ブランドのVISA。 freee VISAクラシックカードの年会費は初年度無料、次年度以降も前年度の利用額が50万円以上など条件を満たせば無料になります。 freee VISAゴールドカードの年会費は初年度無料、2年目以降は10,000円ですが、クラシックカード同様に条件を満たせば最大6,000円引きに。 こちらも決算書が不要となっており、代表者の本人確認資料だけで申し込み可能です。 利用限度額は50万円~150万円、「クラウド会計ソフト freee」2,000円分ディスカウントクーポンや税理士・会計士などへの無料相談特典に加え、国内外数千ヶ所の福利厚生サービスを割引料金で使えるなどの付帯サービスを提供しています。 ゴールドカードには、海外・国内旅行保険や国内空港ラウンジの無料利用サービスが付帯。 ゴールドカードは1,000円につき1ポイントが貯まる。 Apple Payや電子マネー「ID」も利用可能です。 セゾンカードとアメリカン・エキスプレスが提携・発行する、法人利用に対応したプラチナカード。 年会費は20,000円ですが、年間200万円以上のショッピング利用で翌年度年会費が10,000円に優遇されます。 特筆すべき点は、会計freeeのデータ活用によって利用可能額が柔軟に設定可能な点。 高額な広告宣伝費、サーバー費用、法人税の支払いなどにも対応可能です。 24時間365日対応のコンシェルジュサービス、1,200ヵ所以上の空港ラウンジが使えるプライオリティパスが無料など、付帯サービスも充実。 カードの利用で貯まる「永久不滅ポイント」には有効期限がなく、航空会社のマイルにも交換可能です。 コーポレートカードと資金繰り は、 会計freeeを利用する事業者の方全員が利用できるサービスです。 ) 融資のための膨大な資料を用意する必要はなく、資金繰り予測を見ながら利用可能な資金調達手段を選ぶだけです。 資金繰りの状況を自動で表示 オファー型融資、請求書ファイナンス、クレジットカードなど最適な資金調達方法を提案 オファー型融資:借りられる金融商品がわかる.

次の

ETCコーポレートカードのメリット・デメリットとは

コーポレート カード と は

概要 コーポレートカード連携では、利用明細を申請者と管理権限の方の双方で確認ができるうえ、「経費明細に登録済」といったステータスの管理も可能です。 そのため「不正精算の抑制」や「小口現金・仮払金の運用にかかる工数の削減」に役立ちます。 コーポレートカードの画面では、お客様がカード会社と契約しているコーポレートカードとクラウド経費の連携設定を行います。 ご利用にあたっては、クレジットカード会社とのご契約と事前設定が必要となります。 事前設定やカード会社とのご契約、連携可能なコーポレートカードの種類に関しましては、をご参照ください。 対象ページ 対象ユーザー 管理権限の方 目次 手順 1. コーポレートカード連携一覧への追加 1. 「新規追加」をクリックします。 登録するコーポレートカード情報を入力し、「保存する」をクリックします。 カードブランド カード会社とご契約しているカードブランドを選択します。 会社ID カード会社からお客様へ発行されている固有のコードとなります。 詳細はカード会社へご確認ください。 デフォルト貸方科目 対象のコーポレートカードを利用した際の貸方科目の初期値を設定します。 コーポレートカードを利用した場合、従業員の方による立替は発生していないため、選択された貸方科目は精算の対象に含めない設定が必要となります。 にて「精算に含める」にチェックの入っていない科目を選択してください。 デフォルト貸方補助科目 対象のコーポレートカードを利用した際の貸方補助科目の初期値を設定します。 コーポレートカード用の補助科目を作成する場合は、「」をご参照ください。 登録したカード情報が一覧に表示されます。 ステータス 登録直後は「承認待ち」のステータスとなります。 入力いただいた情報とカード会社からの情報を元に弊社側で連携の確認作業を実施いたします。 確認作業には、カード会社から情報が連携されてから通常5営業日程度、情報不備等でよりお時間をいただく場合もございます。 弊社での連携確認が完了しますと、「データ連携済み」一覧にカード会社情報が表示されます。 カードごとの詳細設定 1. カードとマネーフォワード クラウド経費従業員を紐付けるため、紐付けを行うカードブランド名のタブをクリックし「従業員追加」をクリックします。 従業員情報を登録します。 カード情報と従業員が紐付きます。 クラウド会計• クラウド会計Plus• クラウド確定申告• クラウド会計・確定申告 (アプリ)• クラウド請求書• クラウド給与• クラウド社会保険• クラウドマイナンバー• クラウド経費• クラウド資金調達• クラウド勤怠• クラウドStore• 料金・契約• 会社設立•

次の

コーポレートカード

コーポレート カード と は

ETCコーポレートカードは、ETC割引の中でも最も大きい割引を受けることができるカードです。 こんな法人・企業さまにオススメ• NEXCO東日本・中日本・西日本が運営する高速道路を月額3万円以上利用している• 複数のドライバー・複数の車両を使っていて、運行管理が大変 ETCコーポレートカードとは ETCコーポレートカードは、以下の三社が発行し、利用者に貸与するカードです。 ・東日本高速道路株式会社 NEXCO東日本 ・中日本高速道路株式会社 NEXCO中日本 ・西日本高速道路株式会社 NEXCO西日本 ETCコーポレートカードを利用することで、様々な割引を受けたり、業務効率の向上を図ることができます。 車両番号の登録 ETCコーポレートカードを利用するには、カードごとに利用する契約者名義の車両を登録する必要があります。 それぞれのETCコーポレートカードには登録した車両の車両番号が記載されるため、それ以外の車両ではETCコーポレートカードが対象の割引制度 大口・多頻度割引 を利用することはできません。 従って、レンタカーや従業員所有の車を利用する場合は対象外となります。 メリット 1 大口・多頻度割引が利用できる ETCコーポレートカードを利用すると、特定の高速道路にて大口・多頻度割引が適用されます。 メリット 2 高速道路の利用状況が把握しやすくなる ETCコーポレートカードを利用すると、毎月の利用明細書にカード単位 車両単位 での利用状況が明記されます。 これにより車両ごとの高速道路の利用状況が簡単に把握できます。 高速道路の利用状況が把握できることで、• 配車管理• 運行管理• ドライバーの労務管理• 集配活動 などを効率化させることもできます。 そのため首都高や阪神高速を多く利用する場合、あまりそのメリットを受けることができません。 一方でETCコーポレートカードでは、首都高や阪神高速の利用に割引が適用されるため、首都高や阪神高速を多く利用する企業の場合はETCコーポレートカードを取得するとお得になるでしょう。 デメリット 1 たくさん利用しないといけない ETCコーポレートカードの割引恩恵を受けるためには、月間の利用額がそれなりでないといけません。 『NEXCOが指定する高速道路の月間利用金額が3万円を超えている』のであれば、ETCコーポレートカードを利用するとよいでしょう。 もしそうでなければ、『ETC法人カード』を利用したほうが良いと思われます。 デメリット 2 車両が限定される 1枚のETCコーポレートカードは、1台の特定の車両に対してのみ有効です。 この車両は発行時に登録をする必要があり、コーポレートカードにその車両番号が記載されます。 記載された車両番号以外の車両で、ETCコーポレートカードを利用しても割引は適用されないため、注意が必要です。 適用できないケースとしては• レンタカー• 社員従業員が所有している車 など、会社名義 契約者名義 ではない車を社用車として利用している場合などが考えられます。 デメリット 3 対象外の道路では大口・多頻度割引が利用できない 大口・多頻度割引が適用される高速道路はNEXCOが指定する高速道路のみとなります。 その他の高速道路 NEXCO三社以外が運営する高速道路 や、その他の一般有料道路も適用対象外となります。 普段どの高速道路をよく利用するかを確認してから、申し込みをしてください。 ETCコーポレートカードの大口・多頻度割引については ETCコーポレートカードを作るなら高速情報協同組合への加入がおすすめです! ETCコーポレートカードは個人や企業単位で取得することもできますが、それぞれで加入審査を受けなければならず、個人事業主や設立したばかりの新会社などではカードを作成できない場合があります。 一方で協同組合は個人事業主や小規模の会社でも簡単な審査で加入でき、ETCコーポレートカードを取得することができます。 また協同組合が煩雑な経理処理を代行してくれたり、利用料金を一括して後払いにできるため資金繰りも楽になります。 関連リンク NEXCO各社の大口・多頻度割引紹介ページはこちらをご覧ください。

次の