ヤバイ 女 に 恋 した ネタバレ 最終 回。 その女、ジルバを無料で読む方法!5巻(最終回)ネタバレ感想も

バサラ(漫画)の結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

ヤバイ 女 に 恋 した ネタバレ 最終 回

漫画「ヤバい女に恋した僕の結末」ネタバレ 彼女との初情事前に現れた意外な男… マモルはべた惚れしている彼女、叶奏が自宅に来ると言うことでウキウキ。 もしかしたら今夜は童貞を捨てることができるかもしれない…なんて淡い期待も胸に膨らませています。 男と女が一つ屋根の下で二人きりなので当然、流れはソッチの方へ。 しかし、キス止まりでそれ以上の事はさせてもらえないマモル。 同時に自宅ではインターホンを連打する不可解な事態が…。 マモルはインターホンの鳴らし方から妹的存在である美波(みなみ)だと思い玄関ドアを開けると…。 「橘叶奏の夫だが!」 目の前に立っていたのはエリートサラリーマン風で叶奏の夫と名乗る者であった。 明かされていく魔性女の生態… 叶奏の夫と名乗る男は部屋に上がりこんでマモルと叶奏に暴力を振るっていきます。 マモルはこの男から叶奏の信じられない実態を聞くことに…。 「貴様はこの悪魔の愚かで憐れな5人目のオトコだっっ!」 サラリーマン男が暴露するまさかの叶奏ビッチ発言。 最初は嘘だと信じませんでしたが、叶奏が忘れたスマホの中を盗み見すると叶奏=何股もするクソ女説が現実味を帯びてきます。 そしてマモルは実際に叶奏と付き合っている男達と出会うことに。 一人は元プロボクサーの坂下。 もう一人はちょい悪ダンディな鷹野といった男。 ちなみに叶奏の夫と名乗るサラリーマンは本当に叶奏の夫であったのだ。 あと叶奏の夫の話によれば5人の男と付き合っている叶奏。 もう一人の男についてはベールに包まれたまま。 本当に複数人の男と付き合っていた事実を知るマモルは叶奏と距離を取ろうとするも身体を武器にして迫ってくる叶奏に翻弄されていく事に…。 監禁される事になる魔性女…!? 叶奏はマモルを利用して他の男達と縁を切ろうとしていた。 そんな事とは知らずに叶奏を信じて力になろうとするマモル。 お人好しも過ぎる男なのだ。 そして事態は急転。 坂下に呼び出され、叶奏は坂下と合流。 どうやら叶奏は坂下と会うのはこれが最後と別れ話も切り出していく。 坂下は「最後の思い出は最高級のホテルで…」と二人でタクシーに乗り込むが辿り着いた場所は坂下の住むアパートであった。 プロボクサーのボディブローを食らい気を失ってしまう叶奏。 目が覚めると手錠に繋がれていた叶奏。 目の前に坂下現れて… 「オレがやりたいプレイを全部やり終えるまで死ぬなよ!」 魔性女がまさかの大ピンチで1巻は幕引きとなります。 漫画「ヤバい女に恋した僕の結末」感想 ちょいちょい魔性女、叶奏の心情が描写される場面があるのだが、どうやらマモルの事は本当に好きらしい。 同時にちょい悪ダンディ親父の鷹野に対しても頬を赤らめる場面が多数あるので、異常な程、恋愛体質の女なのかもしれない。 そして 1巻冒頭ではマモルの末路が描かれている。 血だらけとなり、叶奏を欲しているマモル。 これはもう叶奏に翻弄されまくって最悪の結末を辿っていくのかもしれない…。

次の

【14話無料】ヤバい女に恋した僕の結末

ヤバイ 女 に 恋 した ネタバレ 最終 回

漫画「ヤバい女に恋した僕の結末」は電子書籍ストア「eBookJapan」で無料試し読みも可能となっています。 漫画「ヤバい女に恋した僕の結末」ネタバレ 意外な来訪者の登場で事態は急展開へ! ホラー小説作家で童貞の主人公、マモル。 彼は虜になっている一人の女性がいる。 それがマモルの彼女である叶奏だ。 彼女との関係は恋人同士でもまだキス止まり。 そこから先はお預けされているのだ。 しかし、マモルの誕生日に叶奏が自宅を訪れることに。 マモルは脱童貞できるかもしれない…そんな淡い期待を膨らませていく。 部屋で良い感じになっていく二人。 キスをして遂に叶奏の身体に手を伸ばそうとすると…。 理由をつけてお預けにしてくる叶奏。 それと同時にインターホンが連打されていく。 マモルが玄関を開けるとスーツを来たサラリーマンが一人。 彼は自分を叶奏の夫だと言い、ズカズカとマモルの部屋に入っていく。 ヒロインはまさかの5股クソビッチ女だった…!? 叶奏の夫だと名乗るサラリーマン。 実際は本当に夫婦。 しかし、彼から語られる叶奏の本性はマモルを驚愕させるものであった。 サラリーマン男はマモルの事を5人目の男と言う。 どうやら叶奏は付き合う男に合わせて性格をかえ、翻弄する魔性女だったのだ。 夫に連れ出されていく叶奏はスマホを忘れていく。 そのスマホを盗み見るマモル。 知らない男からの連絡が入り、一気にサラリーマン男の発言が信憑性を帯びてくるのだ。 叶奏に呼び出されたマモルは待っている間、叶奏と付き合う二人の男性と遭遇。 まだ叶奏は純真無垢だと信じたいマモルであったが疑心暗鬼。 しかし、マモルの前では純情を貫く叶奏。 結局、叶奏を信じる事にして、頼み事にも協力するようになっていきます。 魔性女のヒロインが危機的状況!? この漫画では恐らく「悪」であろうヒロイン、叶奏。 恋人で元プロボクサー坂下と最後のデートをするも、坂下の自宅に監禁されてしまう状況へ。 手錠をつけられてパイプに繋がれ、身動きの取れない叶奏。 そこへ坂下が近づいてきて叶奏と最後の思い出を作ろうと牙を剥き出しにしていき、1巻は幕引きとなります。 漫画「ヤバい女に恋した僕の結末」感想 叶奏の性格がコロコロと変わるので、どれが本心かわからない作品。 1巻の感じではマモルと鷹野といったダンディなおじさんに本気で恋心を抱いている模様。 叶奏が超恋愛体質のビッチ女と言うことはわかったが、時折見せる本当の顔?があり、まだまだ 底知れぬ黒い部分を持っていそう。 なにはともあれ、魔性の女に翻弄される男達の末路を知りたくなってしまう作品。

次の

【14話無料】ヤバい女に恋した僕の結末

ヤバイ 女 に 恋 した ネタバレ 最終 回

漫画「ヤバい女に恋した僕の結末」ネタバレ 彼女との初情事前に現れた意外な男… マモルはべた惚れしている彼女、叶奏が自宅に来ると言うことでウキウキ。 もしかしたら今夜は童貞を捨てることができるかもしれない…なんて淡い期待も胸に膨らませています。 男と女が一つ屋根の下で二人きりなので当然、流れはソッチの方へ。 しかし、キス止まりでそれ以上の事はさせてもらえないマモル。 同時に自宅ではインターホンを連打する不可解な事態が…。 マモルはインターホンの鳴らし方から妹的存在である美波(みなみ)だと思い玄関ドアを開けると…。 「橘叶奏の夫だが!」 目の前に立っていたのはエリートサラリーマン風で叶奏の夫と名乗る者であった。 明かされていく魔性女の生態… 叶奏の夫と名乗る男は部屋に上がりこんでマモルと叶奏に暴力を振るっていきます。 マモルはこの男から叶奏の信じられない実態を聞くことに…。 「貴様はこの悪魔の愚かで憐れな5人目のオトコだっっ!」 サラリーマン男が暴露するまさかの叶奏ビッチ発言。 最初は嘘だと信じませんでしたが、叶奏が忘れたスマホの中を盗み見すると叶奏=何股もするクソ女説が現実味を帯びてきます。 そしてマモルは実際に叶奏と付き合っている男達と出会うことに。 一人は元プロボクサーの坂下。 もう一人はちょい悪ダンディな鷹野といった男。 ちなみに叶奏の夫と名乗るサラリーマンは本当に叶奏の夫であったのだ。 あと叶奏の夫の話によれば5人の男と付き合っている叶奏。 もう一人の男についてはベールに包まれたまま。 本当に複数人の男と付き合っていた事実を知るマモルは叶奏と距離を取ろうとするも身体を武器にして迫ってくる叶奏に翻弄されていく事に…。 監禁される事になる魔性女…!? 叶奏はマモルを利用して他の男達と縁を切ろうとしていた。 そんな事とは知らずに叶奏を信じて力になろうとするマモル。 お人好しも過ぎる男なのだ。 そして事態は急転。 坂下に呼び出され、叶奏は坂下と合流。 どうやら叶奏は坂下と会うのはこれが最後と別れ話も切り出していく。 坂下は「最後の思い出は最高級のホテルで…」と二人でタクシーに乗り込むが辿り着いた場所は坂下の住むアパートであった。 プロボクサーのボディブローを食らい気を失ってしまう叶奏。 目が覚めると手錠に繋がれていた叶奏。 目の前に坂下現れて… 「オレがやりたいプレイを全部やり終えるまで死ぬなよ!」 魔性女がまさかの大ピンチで1巻は幕引きとなります。 漫画「ヤバい女に恋した僕の結末」感想 ちょいちょい魔性女、叶奏の心情が描写される場面があるのだが、どうやらマモルの事は本当に好きらしい。 同時にちょい悪ダンディ親父の鷹野に対しても頬を赤らめる場面が多数あるので、異常な程、恋愛体質の女なのかもしれない。 そして 1巻冒頭ではマモルの末路が描かれている。 血だらけとなり、叶奏を欲しているマモル。 これはもう叶奏に翻弄されまくって最悪の結末を辿っていくのかもしれない…。

次の