タッチ パッド 無効 windows10。 Windows10でASUS製ノートのタッチパッドを無効にする。

Windows10でタッチパッドを無効化する方法(ノートPC)

タッチ パッド 無効 windows10

おっさんです。 お疲れ様です。 おっさんはASUSのk550CAというノートをメインにしようしています。 iqos画像の背景に見えるあの赤いPCですね。 以前のようにエンコとか良くしてた頃はハイスペックデスクトップ必須でしたが、最近はブログ更新とTwitterぐらいしかPCではしてないので必要十分なPCです。 金がありゃ新しいの買うけど。 さて最近のノートは以前のただアクティブな画面を操作するだけの無能なタッチパッドではなく、MacBookの影響か、案外出先でマウスなしでも快適に操作出来たりします。 その分タッチ感度も上がり撫でるだけで反応したりします。 ブログなどの長文を書く時は非常に鬱陶しかったりします。 おっさんは出先にノートが必要な時はマウスも持ち歩くからかなり邪魔でした。 だから設定でオフにしてたんですよ。 やり方は簡単。 デスクトップ画面でF9とfnキーを押すだけです。 1から無効化していて邪魔されることなく使ってました。 Windows10にしてしばらくしたら、たまに誤作動することが増えました。 長いこと無効化していた為にタッチパッドが利いているとは思ってませんでしたが 新規OSインストールに際してアンインストールしたASUS謹製ソフトが全部生き返ってました。 その中にタッチパッドも含まれていて無効化しようとfn+F9を押しましたが無効化出来ない。 困ったと思ってデバイスマネージャーで無効化しようにも無効がグレーになってクリック出来ない。 気になるととことん鬱陶しくなってきて検索してみると、Windowsのマウスの設定で無効化出来ると書いてありました。

次の

Windows 10 Pro で タッチパッドの無効化ができない。

タッチ パッド 無効 windows10

「コントロールパネル」を開く• 「コントロールパネル」の「マウス」を選択• 「デバイス設定」を無効にする 以下、順番に説明します。 1.「コントロールパネル」を開く まずは、「 コントロールパネル」を開きます。 キーボードで、「 Windowsマーク」+「 X(エックス)」を同時に押す。 すると、モニター画面左下の「Windows」スタートメニューが立ち上がるので、 「コントロールパネル」を選択します。 2.コントロールパネルの「マウス」を選択 コントロールパネルを開いたら、「 ハードウェアとサウンド」をクリック。 続いて、「 デバイスとプリンター」の項目から「 マウス」をクリック。 3.「デバイス設定」から「無効」をクリック 「 マウスのプロパティ」が開くので、上部のメニューから「 デバイス設定」を選択。 「Synaptics ClikPad V8. そして、「OK」をクリックするば、終了です。 以上の設定で、ノートパソコンのタッチパッド機能が無効になります。 タッチパッドを触っても、カーソルが動かなくなっているのを確かめて下さい。 逆に、タッチパッドを「有効」にしたい時は、 同じ手順で、「有効」ボタンをクリックすれば、機能が有効になります。 問題は、マウスのプロパティを開いたときに、「デバイス設定」が出ないケースがあります。 一時期、私も、このような状態に陥り、タッチパッドを無効にできずに困っていました。 しかし、解決方法が見つかったので、次回の記事で詳しく解説します。

次の

windows 10 タッチパット無効にできない

タッチ パッド 無効 windows10

バージョンが異なると若干手順や画面が異なる場合があります。 ご了承ください。 お使いのPCのWindows 10バージョンを確認するには、 を参照してください。 タスクバーの[スタート]ボタンをクリックします。 [スタート]メニューが表示されます。 [設定]をクリックします。 「設定」画面が表示されます。 [デバイス]をクリックします。 「デバイス」画面が表示されます。 [タッチパッド]をクリックします。 「タッチパッド」画面が表示されます。 ここからの操作は、搭載しているクリックパッド タッチパッド の種類によって異なります。 ご了承ください。 図6 b. 「マウスのプロパティ」画面が表示されます。 「デバイス設定」タブをクリックします。 図7 c. 「デバイス設定」タブ画面が表示されます。 ・クリックパッド タッチパッド を無効にする [無効 D ]ボタンをクリックします。 図8 「警告 唯一アクティブなSynapticsのポインティングデバイスを無効にしようとしています。 」画面が表示されます。 [OK]ボタンをクリックします。 図9 クリックパッド タッチパッド が無効になり、動作しなくなります。 ・クリックパッド タッチパッド を有効にする [有効 E ]ボタンをクリックします。 図10 クリックパッド タッチパッド が有効になり、動作するようになります。 [OK]ボタンをクリックします。 図11 e. に進みます。 他のモデルでは若干操作が異なる場合があります。 ご了承ください。 図12 b. 「マウスのプロパティ」画面が表示されます。 「拡張」タブをクリックします。 図13 c. 「拡張」タブ画面が表示されます。 ]ボタンをクリックします。 図14 d. 「拡張機能の設定」画面が表示されます。 「デバイス選択」タブをクリックします。 図15 e. 「デバイス選択」タブ画面が表示されます。 図17 f. [OK]ボタンをクリックします。 図18 g. 「拡張」タブ画面に戻り、クリックパッド タッチパッド が無効または有効になります。 [OK]ボタンをクリックします。 に進みます。 図20 b. 「マウスのプロパティ」画面が表示されます。 「ELAN」タブをクリックします。 図21 c. 「ELAN」タブ画面が表示されます。 ・クリックパッド タッチパッド を無効にする [デバイスを停止する]ボタンをクリックします。 図22 「警告 デバイスを無効にしますか?」画面が表示されます。 [はい Y ]ボタンをクリックします。 図23 クリックパッド タッチパッド が無効になり、動作しなくなります。 ・クリックパッド タッチパッド を有効にする [デバイスを有効にする]ボタンをクリックします。 図24 クリックパッド タッチパッド が有効になり、動作するようになります。 [OK]ボタンをクリックします。 図25 e. に進みます。 図26 クリックパッド タッチパッド が無効になり、動作しなくなります。 図27 クリックパッド タッチパッド が有効になり、動作するようになります。 に進みます。 関連情報• 操作方法については、以下のリンクを参照してください。 キーボードから文字を入力するときに、誤ってクリックパッド タッチパッド に触れてしまうことがあります。 クリックパッド タッチパッド が有効のとき、誤ってカーソルが動かないように、クリックが作動するまでの待ち時間 感度 を変更することができます。 詳しくは、以下のリンクを参照してください。 タップ機能が有効になっていると、クリックパッド タッチパッド 面を指で素早く触り、すぐに離す動作を行なうとマウスの左ボタンの操作ができます。 この機能を無効にしたい場合は、以下のリンクを参照してください。 クリックパッド タッチパッド の既定設定は右利き用になっています。 左利き用に変更したい場合は、以下のリンクを参照してください。 クリックパッド タッチパッド で行なう動作は、使いやすいようにカスタマイズすることができます。 既定の設定に戻したい場合は、以下のリンクを参照してください。

次の