ヤニス マーシャル。 世界を股にかけるフランスのイケメンダンサーYanis Marshall(ヤニス・マーシャル)のヒールダンスが凄い‼︎

ヤニス・マーシャルのダンスで、パリ観光気分!

ヤニス マーシャル

ストレッチの最初はいつもバレエバンドから始めるそう。 1:22からケイシーがいつもやってるバレエバンドを使ったストレッチを見せてくれる。 毎回5分ずつやる。 お尻の向きに気を付ける。 2:45は悪い見本として、こうなっちゃうとあんまり意味ないよ的に見せてくれている。 片方が柔らかくて反対側をやりたくないって気持ちになるけど、両方同じくらいになるようにやってね、とケイシーは言ってる。 5:00からはケイシーの柔軟性のメインでもある背中のストレッチ。 5:18みたいなのを出来る人はそういないとは思うけど・・・w みんな怪我しないように!w ケイシー曰くダンスや何かスポーツをやっていなくてもストレッチは筋肉の緊張をほぐしてくれるんで、大事なんだって。 がフィリピンでワークショップをした際の筋トレの動画を見つけた。 ヤニス・マーシャルがやってると、この筋トレやりたくなるw.

次の

竹田純が有吉反省会でおねえとカミングアウト?彼氏はイケメン外国人? | ホットワードブログ

ヤニス マーシャル

母親がダンサーで気が付いたらダンスをしていた。 19歳のとき、ニューヨークに来てコンテンポラリーとジャズのレッスンを受けて、それが最初のジャズのレッスンでその時の先生がすごくてそれが自分が目覚めた時だった。 たった一人が人生を変えることがあるけど、その時の先生がそうだった。 それで自分の中に革命が起こって「僕はこれをやる運命だ、これをやらないと」と思った。 言葉を話すように踊る人だった。 他に影響を受けた人物としてブライアン・フリードマン Brian Friedman 、 ボビー・ニューベリー Bobby Newberry 、 マット・ケイディー Matt Cady の名前を挙げている。 ヒールを履いて踊ることについて ヒールを履かなくても踊れるし履かないで踊るのも好きだけど、僕はすごいダンサーになれない。 (goodにはなれるけどgreatにはなれないと本人は言っている)ヒールを履くと自信が出て僕を特別にしてくれる。 最初に履いたヒールはお母さんの物だったそう。 天才二人。 デジタル世界の向こう側だけど、二人の体から見えない何かが出てる感じするw 今、見るとくんがいるってことに気付いた。 (ちなみに第二期は今w) ブライアン:「プライド」とは子供の頃、僕が感じていたこととは正反対。 恥ずかしいと思って隠れて、自分以外の何かになろうとしてた。 僕がゲイだとカミングアウトしたから、たくさんの厚底の靴を17歳の時に履き始めた。 だけど、ヒールを履いて踊るなんてYouTubeのヤニスを見るまで思いもしなかったよ。 その時が僕たちの交流が始まったとき。 そして僕は本物のヒールを履いた。 手袋をはめた時みたいにフィットした。 これだって思った。 ヒールはステレオタイプ・ブレーカーだ。 ヒールを履いたらすぐに僕はいいダンサーになるし、より自信が出る。 ヒールはすごく大変だしテクニックもいる。 バレエ、ジャズ、ヒップホップ、ヒールみたいな。 危険でもある。 すごくカッコよく踊れるか、転ぶか。 ヒールそのものより、ヒールが表現するものが好きなんだ。 男が履くようには出来てないのが好きなんだ。 ブライアン:ヒールを履くことで自分自身を見つけることが出来る人もいる。 ヤニス:「プライド」は恥じることじゃない。 誰にも申し訳ないと思わないことだ。 ヒール自体のことだけじゃないと僕は思う。 それがヒールだとしても、「自分自身」についてだって思う。 — 2018年 5月月6日午前5時45分PDT ヤニス:「ヒール履いてるのに何で彼の方が背が高いの」 ついにスーパースターと共演したヤニス。 なんかアイドルのファンが売れない時期から応援して売れた時みたいな気持ちになる艶子w いや、ヤニス・マーシャル見つけた時はすでに動画はバズってたし、艶子がしたことと言えば再生回数をちょっと上げたくらいだけどさww( しかも離脱期間もあるしwww) 最後に ヤニス・マーシャルのインスタで艶子が好きな大人気連ドラ「」主演女優のエレン・ポンピオ Ellen Pompeo とドラッグクイーンのRuPaulと謎の企画を進めてるみたい!!ヤニス・マーシャルのインスタにエレン・ポンピオがいることにめっちゃテンションの上がる艶子。 RuPaulの男装バージョンが意外と男前だしw またまたスーパースターたちと共演を見れるのが楽しみ!.

次の

先生も生徒も有名人ばかり!!LA最大級のダンススタジオ!『Millennium Dance Complex(ミレニアム・ダンス・コンプレックス)』

ヤニス マーシャル

最近、話題のフランス人ダンサー、Yanis Marshall ヤニス・マーシャル さん。 センターで踊っている彼がそうです。 スパイス・ガールズの曲にのせて、パリのあちこちで華麗に踊りまくっているこの動画は見ていて、楽しそー、踊りたくなるー。 しかも凱旋門に、レピュブリック広場に、ポン・デ・ザールに、エッフェル塔に、ルーブル美術館に、サンマルタン運河など、不動のパリ名所がずらり! 以前、書いた記事の冒頭の映像もそうでしたが、パリの観光スポットがいろいろ出てくるのってトクした気分になり、テンション上がるんですよね。 ヒールをはいて踊ることから、ハイヒール男子とかおネエ系ダンサーとかいわれていますが、もともとお母様がダンス協会の関係者であったことから、幼いころからダンスを自然と身につける環境で育ち、踊りの基礎をしっかり身につけていらっしゃる方のようです。 今や彼の代名詞となったヒールダンスは留学したニューヨークで「恋に落ちた」んだとか。 現在24歳のヤニスさん。 ダンサーとしての活動の他、振付家やダンス教師などをされていて、パリやロンドンをはじめ、世界で活動されていらっしゃいます。 けれど、仕事で来日したことはないんじゃないかな? では、イタリア南部からパリに帰る途中に、この町に立ち寄っています。 ここはピカソが陶芸に夢中になった末、アトリエを構えた町。 この地にあるマドゥーラ窯はピカソがこの地で制作を行う縁を結び、今もピカソ作品のレプリカを製作・販売しています。 この陶器のギャラリーをはじめ、ピカソの壁画『戦争と平和』を所蔵する国立ピカソ美術館やピカソが贈ったブロンズ像『羊を抱く男』など、観光客ははずせないスポットも。 ヴァロリスは小さな町のようですが、見どころがいっぱいありそうです。 ところで、ヤニスさんのはいてるヒールってかなり高さがありますよね。 完ぺきにご自分のモノにされています。 5cmとか7. この高さのヒールをはいて歩くだけでも、内臓の位置がぐっと上がり、おなかに力が入り、からだがナントナク引き締まりそうな感じ。 さて、ヤニスさんの作品のなかでもとくに好きな作品がこちら。 Be Fabulous! おまけ。 グルーヴの渦にのまれそう!

次の