と うい めまい 症 と は。 女性に多い「めまい」の原因と予防対策

良性発作性頭位めまい症と似ている病気はありますか? 下を向いた時と

と うい めまい 症 と は

良性発作性頭位めまい症について ぐるぐるとまわるめまいの症状として• めまいで動けない• 歩くことができない• 吐き気がする このような身体状態は決して心地の良いものではありません。 めまいを起こす原因の1つとして脳血管性の疾患を疑う場合があります。 この場合は• しびれ、麻痺がある• 手足が動かしにくい• ろれつが回らない まっすぐ歩けない等の症状が顕著に出るので、救急搬送が必要となります。 ただ、脳血管性の病気の疑いもなく、耳鳴りもない場合はあまり心配することはありません。 では、良性発作性頭位めまい症の原因について探っていきます。 良性発作性頭位めまい症の原因はどこからくるのか? このめまいは 「耳」と関係しています。 頭の位置を変化させた時に起きるめまい症です。 原因は脳ではなく 「耳」の中にあります。 体のバランスは三半規管と耳石器でとっています。 加齢、頭部打撲、長く同じ姿勢で寝ている等が原因となって耳石器から耳石の破片が剥がれ落ちることがあります。 三半規管にこの耳石の破片が入り込み、動くことで刺激が起きます。 刺激を異常事態として感知するため、めまいとなって現れます。 このめまいの特徴は頭を動かすと起こるため、 ある一定の位置に頭を動かすとめまいが起こることが分かってきました。 良性発作性頭位めまい症の治療法• めまいによる吐き気を抑えるために服薬が開始されます。 内耳の血流を改善するための服薬が行われる場合もあります。 頭を動かすことで三半規管から耳石の破片を移動させ、リンパの流れを良くすることで、排泄できるよう促す方法をとることがあります。 三半規管を鍛えていく訓練は、めまいが起きる位置に頭を何度ももっていく訓練が行われます。 これをくり返すことで、だんだんとめまいが起きにくくなってきます。 日常生活で予防できることは? 長時間、同じ姿勢でいる生活を避ける デスクワーク等、同じで動作で作業を続ける際には、その場で簡単な体操をする等、意識的に身体を動かすことが大切です。 耳を下にするような動作を長時間行わないよう、心がける テレビを観る時に横になる等の姿勢は避けましょう。 頭を低くして眠らないようにする 三半規管を耳石よりも高い位置にしておく必要があるからです。 枕の高さを調節する等、工夫してみます。 自分でも頭を動かす運動を取りいれる 寝たままで頭を右、真上、左と動かすことも効果的です。 まとめ 良性発作性頭位めまい症は予防や治療できます。 しかし、冷静に考えてみると根底にあるのは生活習慣の改善ではないでしょうか? 運動不足や睡眠不足、肉体疲労や精神的ストレスもめまい症を起こす原因となっているのです。 私たちの生活はどんどん便利になっているため、ついつい身体を動かさずに過ごしてしまう傾向にあります。 暇さえあればタブレットやスマホを見続けているのも、同じ姿勢の原因となっています。 仕事ではスピードや効率を求められ、パソコンに1日中かじりついていた、休憩もとらずに作業に没頭していた、なんて人もいるのではないでしょうか? 仕事の合間の息抜きを上手にしたり、日頃から運動するように心がけてみましょう。 心配事を一人で抱え込まない、ストレス解消をする方法を自分なりに取り入れる等、日常生活の見直しをすることで症状が改善するかもしれませんね。

次の

良性発作性頭位めまい症について

と うい めまい 症 と は

こんにちは。 マーケティング部門の高島です。 つい10日前。 『良性発作性頭位めまい症』という病にかかりました。 突然『目が回る!』 体が自然に傾き、立ってると危険なほどです。 これ、何年か前にNHKのためしてガッテンでも紹介されていた、耳の中の結石 耳石 が三半規管に入ってしまった時に起こるものだそうで、めまいの症状の中では一番多いケースなんだそうです。 耳には体の平衡を保っている水で満たされている所があって、ひょんな事からそこに石が入ってしまう。 体が動くことで石は泳ぎ、耳のお水はいつもとは違う揺れ方をする。 すると脳は『すごく揺れてるかも』と勘違いする。 そんな仕組みだそうです。 伝わります? この症状を治すのに薬はいりません。 必要なのは、頭を動かして三半規管に入った石を追い出す or 砕く or 体を慣らす ことなのだそう。 すなわち自ら積極的にめまいを起こす、という運動が必要です。 運動のやり方は耳石の入り方で人によって違うそうなので、お医者さんから療法を受けて実践してくださいね。 そして発症から4日め。 わざと目を回すトレーニングもなかなかツラいな…と思い始めたちょうどその日に、症状はなくなりました。 ふいに治った、という感じです。 頑張りのたまものなのか、偶然なのかわかりませんが、ともあれ短い期間ですんで幸いでした。 ・・・と、淡々とお伝えしましたが。 これ、初めてなった時はメチャクチャ動揺します!それはもう。 脳がどうにかなったのかと思いました。 何年か前に見たガッテンなんて忘れてますから! 朝、目が覚めて、さあ起~きよっ。 jp 民放オリンピック公式動画サイト これくらい目の前が回転そして落下する感じです。 でも起きなければなんともない。。 もう一回頭を起こしてみて。 『ぐわっっっ』 またバタン。 またダブルコーク1440?4回転を2度連続で決めたから金メダル確定か。 ちなみに読み方はダブルコーク・フォーティーン・フォーティーです 言いたいだけ この、起きるバタンを繰り返すこと4回。 もう、救急車呼ばないとだめかと思って心臓バクバクでしたよ!! でもこれを読んだ人はもう大丈夫。 朝に突然こんなことがあっても落ち着いて、まずは頭を動かさずにそ~っと起きてください。 そして歩ける&吐き気がなければ耳鼻科に行ってくださいね。 歩けないとか嘔吐がある場合は違う病気も考えられるし、救急車を呼んでもいいとの事でした。 というわけで、今は元気にピョンちゃんオリンピックをテレビ観戦などしております。 健康に感謝。 平野歩夢選手、ショーンホワイト選手、メダルおめでとう!メチャクチャカッコよかったよ!!! This entry was posted in on. Post navigation.

次の

良性発作性頭位めまい症(良性頭位めまい)(りょうせいほっさせいとういめまいしょうりょうせいとういめまい)とは

と うい めまい 症 と は

良性発作性頭位めまい症の原因は「耳石」の移動 良性発作性頭位めまい症は、 実際にしている姿勢とは違う情報が神経を通じて脳に送られることで起こります。 たとえば、 体は起き上がっているのに、脳が体は横になっていると判断しているような状態です。 これは 本来なら「耳石器」にあるはずの小さな砂つぶのような「耳石」が、何らかの原因ではがれ落ち、半規管内へ入り込んでしまうことが原因です。 半規管は体のバランスをつかさどる器官で、3つの半円状のループから成り立っており、それぞれ前後・左右・上下の平衡感覚に関連しています。 耳石がいずれかの半規管に入り込み、体位により移動することで、中を満たしている内リンパ液が動き、神経の一部がその動きを感じて脳に伝え、めまいが起こるという場合と、クプラ(リンパの流れを感知する神経)に付着し、体位の変化により耳石が傾くことによりクプラを刺激することによりめまいが起こる場合があります。 これらは頭を強く打ったり、寝たきりだったりすることでも起こります。 澤選手のケースでは、プレイ中のヘディングの影響が大きかったといわれています。 また 更年期以降の女性に多いことから、加齢や女性ホルモンの低下も関連しているのではないかと考えられています。 良性発作性頭位めまい症のおもな症状は、回転性のめまいと吐き気 良性発作性頭位めまい症の症状は、 視界がぐるぐると回るようなめまいと吐き気や嘔吐が中心です。 めまいは 数秒〜長くても2、3分程度と短い時間ですが、何度も繰り返し、立っていられなくなるような場合も少なくありません。 めまいや吐き気、嘔吐の他に症状が出ることはあまりなく、難聴や耳鳴りなどはないことも特徴です。 つらい症状の場合も多いですが、 「良性」であるため悪化することは少なく、後遺症や命の危険性もありません。 めまいの他にこんな症状が出たら要注意 良性発作性頭位めまい症の他にも、めまいを誘発する疾患は多岐にわたります。 生命の危険も「悪性頭位めまい症」 めまい発作とともに次のような症状があらわれた場合は耳が原因ではなく、小脳の出血や梗塞、腫瘍などによる、脳が原因の「悪性頭位めまい症(中枢性めまい)」のケースがあります。 ろれつがまわらない• 手足に力が入りにくい• ものが二重になって見える• 麻痺やしびれをともなう• 激しい頭痛がある 生命の危険にもかかわるため、めまいとともにこのような症状がみられたら、すみやかに医療機関を受診しましょう。 良性発作性頭位めまい症の検査 良性発作性頭位めまい症ではおもに 眼振検査(眼球の動きを観察する検査)がおこなわれます。 眼球を拡大して診ることができるフレンツェル眼鏡をかけた、直接あるいは小型のCCDカメラを使ったりして眼球の動きを観察すると、耳石が半規管のどこに入り込んでいるのかを判断することができる場合もあり、診断の根拠となります。 また良性発作性頭位めまい症では難聴の症状がほとんどあらわれないため、 聴力の検査をおこない、他のめまい疾患ではないかどうか確認することもあります。 良性発作性頭位めまい症の治療法 良性発作性頭位めまい症は特別な治療をおこなわなくても、 数日から2週間ほどで症状が改善していく場合がほとんどです。 原因となる部位(左右およびどの半規管か)が明らかになった場合は、 移動した耳石を元の位置に戻す、耳石置換法と呼ばれる治療方法をおこなうことで、より早く症状を改善することができます。 これは 眼球の動きから耳石がどこに迷い込んでいるのかを判断し、患者の頭を上下や左右にゆっくりと動かして耳石を半規管から追い出す方法です。 ただし 首や腰に病気がある場合には、この方法で治療することはできないので注意が必要です。 また、平衡訓練やリハビリなどの理学療法が有効な場合もあります。 良性発作性頭位めまい症は耳石の移動という物理的な原因のため、薬物療法ではあまり効果がない場合もあります。 しかし 症状が強い・長期化しているといったケースでは、抗めまい剤や制吐剤など、症状を緩和する薬が処方されることも少なくありません。 良性発作性頭位めまい症の自宅でできる予防法 良性発作性頭位めまい症を起こさないためには、耳石が半規管に入ることを防ぐのが大切です。 そのためには日常生活のなかで、次のような点に注意しましょう。 いつも同じ方向で横にならない 寝るときなどいつも同じ方向を向いて横になっていると、下側の耳の半規管に耳石が入り込みやすくなってしまいます。 テレビを見る際も、横になりずっと同じ姿勢で見ることは避けるようにしましょう。 枕を高くして寝る 寝る際には高めの枕を使うと、耳石が半規管に入り込みにくくなるためおすすめです。 積極的に体を動かす 良性発作性頭位めまい症は、パソコン作業など同じ姿勢のままでいることや運動不足が原因の場合もあります。 そのため 頭を動かしたり、寝返りを繰り返す運動をしたりすることも効果的です。 運動不足を解消するために、積極的に体を動かしたいものですね。 まためまいが起こると恐怖心からじっとしてしまう場合が多いようですが、 耳石を半規管から追い出すためにも、無理のない程度にめまいのする方向に頭を傾けるとよいでしょう。 重度の良性発作性頭位めまい症の場合は手術も まれに1年以上再発を繰り返す、眼振(眼球の揺れ)が止まらないといった日常生活に強く影響を及ぼす難治性のケースもあり、その場合には手術を検討することもあります。 「半規管遮断法」という方法でおこなわれ、半規管のリンパの流れを遮断することで耳石が半規管の中を浮遊しないようにする手術です。 まとめ 良性発作性頭位めまい症は治療をおこないやすい病気ではありますが、重度のめまいを引き起こすこともあるつらい症状が特徴です。 自然治癒する場合も多いですが、つらいめまいや吐き気があるなら、耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。 また 一概にめまいとはいっても、さまざまな病気や脳が原因である悪性頭位めまい症の場合もあるため、自己判断は危険です。 気になる症状があれば、できるだけ早く医師に相談しましょう。

次の