アモキシシリン。 アモキシシリン(サワシリン)は副鼻腔炎に適応はない?適応外使用と用量などの考察

歯科でのアモキシリン単回投与〜感染性心内膜炎(菌血症)の予防

アモキシシリン

アモキシシリン(サワシリン)には副鼻腔炎の適応はない サワシリンやワイドシリンなどアモキシシリン製剤は耳鼻科からもよく処方箋がきますよね。 中耳炎かな?って思って聞くと副鼻腔炎と言われたりする。 そもそもアモキシシリンって副鼻腔炎の適応あったっけ?となり、添付文書を見ると、適応症の欄に記載はなし。 〈適応症〉 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、びらん・潰瘍の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、淋菌感染症、梅毒、子宮内感染、子宮付属器炎、子宮旁結合織炎、涙嚢炎、麦粒腫、中耳炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、猩紅熱、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病・早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎 まぁ中耳炎はちゃんと適応あるし、割と原因が近い副鼻腔炎ならまぁ効果はあるはず。 急性副鼻腔炎の主な原因菌は肺炎球菌、インフルエンザ菌、モラクセラあたりだから、、、まぁ効くよなぁ、、、と思ったり。 しかし、薬歴に堂々と「副鼻腔炎」と書いて良いのか迷ったり。 副鼻腔炎の使用は適応外使用として認められている やっぱり有りました。 よかった、よかった。 アモキシシリンは適応外として「急性副鼻腔炎」の使用が認められているとのこと。 詳細な内容は社保の支払基金のサイトがわかりやすい()。 原則として、「アモキシシリン水和物【内服薬】」を「急性副鼻腔炎」に対して処方した場合、当該使用事例を審査上認める。 しかし、なぜ添付文書の適応に記載がないのか。 やっぱり臨床試験をちゃんとやっていないのが理由ですかね。 あまりに日常的でスルーしてしまいそうですが、アモキシシリンの副鼻腔炎への使用は適応外だけどレセプトは認められるというのが結論ですね。 ちなみにアモキシシリン配合製剤のオーグメンチンは同じく適応はなし、しかしなぜかクラバモックスは適応がある。 臨床試験をやっているかやっていないかの差なんですかね。。 より詳しい情報はポータルサイトでも 今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。 より詳しくまとまった情報は、薬剤師のポータルサイトを活用するのも選択肢です。 無料で使える大手の薬剤師ポータルサイトだと m3. comと 日経DIの2種類が有名どころですね。 comは業界ニュースの他にも、 薬剤師掲示板の機能があり、通常のネット検索では見つからないような情報、他の薬剤師の考えなども知ることができます。 閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。 上記は m3. comの薬剤師掲示板の一例です。 日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。 こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。 ちなみに登録完了までは、1〜2分かかるので、正直少し面倒くさいです。 勤務先とかも入力する必要があるので。 しかし、 今やらないと後ではもっとやる気にならないので、メリットを感じる場合は今、登録しても良いでしょう。 デメリットとしては、ニュースメールとかが来るようになります。 登録するメールアドレスはご注意ください。 勤務先情報を登録しますが、勤務先に電話とかがかかってきたり、本人確認が来ることはないでその点は安心してください。

次の

アモキシシリン:サワシリン

アモキシシリン

オーグメンチン&サワシリンを略して「オグサワ」処方と呼ぶことがあります。 処方の例としては、以下のようなものです。 オーグメンチン配合錠250RS 3錠 1日3回毎食後• サワシリンカプセル250 3カプセル 1日3回毎食後 この記事ではオグサワ処方について、以下の内容を中心にまとめます。 オーグメンチンとサワシリンを併用する2つの理由• オグサワ処方が使われる症例• レセプト上は問題ないのか? ちなみに、自分の親族にこの処方が出された際、投薬を担当した薬剤師にとても自信なさそうな上に具体的な説明をしてもらえず不安になって相談してきました。 アモキシシリンの重複もし、オグサワ処方のことを知らずにこの処方に出会うとオーグメンチン服用後にアモキシシリンを服用するのではないかと思ってしまうかもしれません。 その理由としては、それぞれの成分にあります。 サワシリンカプセル250:アモキシシリン水和物 250mg ご覧のとおりアモキシシリンが重複しており、通常はそれぞれ単独の抗生物質として使用します。 ですので、クラブラン酸カリウムを含むオーグメンチンを飲みきってから、アモキシシリン単独のサワシリンに切り替えるのではないかと考えてしまうかもしれません。 (それもおかしいですけどね) それぞれの用法・用量それぞれの薬剤の用法・用量は以下のとおりです。 引用: 当然ですが、どこにも両剤を併用する理由は記載されていません。 ここからはその理由について説明していこうと思います。 理由1:アモキシシリンの量が少ない日本国内でのアモキシシリンの使用量は添付文書上1日750mg~1,000mgとなっていますが、国際的に見るとこれはとても少ないです。 海外での使用量は1,500mg~2,000mgになっています。 日本国内においても、でインフルエンザ菌や肺炎球菌に対して、同様の用量が推奨されています。 pneumoniae(PC感受性)• influenzae(ABPC 感受性)• このことからも、いかに成人の用量が少なく設定されているかがわかると思います。 理由2:クラブラン酸カリウムの割合が多いもう一つの理由がクラブラン酸カリウムの比率の問題です。 クラブラン酸カリウムの役割ちょっと復習です。 クラブラン酸カリウムとアモキシシリンのバランス上に理由1としてアモキシシリンの少なさを挙げました。 クラブラン酸カリウムの量が増えてしまうと副作用である下痢や吐き気が出やすくなってしまうためです。 ですが、実は、この比率では副作用である消化器症状が起こりやすくなってしまいます。 最も強い効果をあげるための比率としてこの割合で開発が行われたようですが、菌種によってはCAVが少なくても効果は変わりません。 AMPCとCAVの比を改善したクラバモックスちなみに小児用にはこのバランスを改善した薬が発売されていますね。 クラバモックス1. 01gあたり、クラブラン酸カリウム 42. このことからも、CAVは少なくても効果が発揮できることがわかると思います。 アモキシシリンの用量を十分に効果が出るよう増やし、かつ、クラブラン酸カリウムの量は増やさず副作用は抑えることができるというわけです。 でも、オグパセともオグアモとも言いません。 オグサワ処方もしくはオグサワ療法です(笑) オグサワの使用例 ちなみに、この処方、肺炎や虫垂炎でよく見かける気がします。 抗生物質の処方一つにしても医師の考えが伝わってきて面白いですね。 肺炎と言ってもペニシリン系が効果を発揮する• 肺炎球菌• インフルエンザ菌 が原因の市中肺炎が対象です。 マイコプラズマ肺炎は対象となりません。 ペニシリン系が無効なので当然ですね。 個人的な考えですが、市中肺炎に対しては、オグサワ処方が効果を発揮しているのではなく、高用量のアモキシシリンが効果を発揮しているだけなのかもしれません。 インフルエンザ菌に有効ということで、中耳炎や副鼻腔炎にも有効ですね。 誤嚥性肺炎もそうです。 あとは咬傷なんかにも使われることがありますね。 レセプト上は問題ないのか?いくらガイドラインに記載されているからと言っても、承認されている用量を超しての使用ですからレセプトで切られる可能性はあります。 が、今のところ切られたケースにお目にかかったことはありません。 アモキシシリンを倍量投与が必要な理由をコメントにしっかり記載することで審査されるのをある程度回避できるのかもしれません。 それほど高い薬剤ではないことも関係しているかもしれませんが、こればっかりは審査の先生次第ですよね。 個別指導では確認しましたか?って聞かれそうな気がしますね。 なので疑義照会は必須なのかな? どうなんでしょう?個別指導では疑義照会したかどうかを問われるでしょうね。

次の

アモキシシリンカプセル250mgの副作用と効果について!

アモキシシリン

効能・効果• 胃潰瘍のヘリコバクター・ピロリ感染症• 咽頭炎• 外傷の二次感染• 潰瘍の二次感染• 急性気管支炎• 喉頭炎• 子宮内感染• 骨髄炎• 歯冠周囲炎• 子宮付属器炎• 子宮旁結合織炎• 歯周組織炎• 十二指腸潰瘍のヘリコバクター・ピロリ感染症• 手術創の二次感染• 猩紅熱• 腎盂腎炎• 中耳炎• 特発性血小板減少性紫斑病のヘリコバクター・ピロリ感染症• 乳腺炎• 熱傷の二次感染• 麦粒腫• 糜爛の二次感染• 副睾丸炎• 扁桃炎• 膀胱炎• 慢性膿皮症• リンパ管炎• リンパ節炎• 涙嚢炎• 精巣上体炎• 深在性皮膚感染症• 表在性皮膚感染症• 慢性呼吸器病変の二次感染• 淋菌感染症• 前立腺炎<急性症>• 前立腺炎<慢性症>• 胃MALTリンパ腫のヘリコバクター・ピロリ感染症• 早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃のヘリコバクター・ピロリ感染症• ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎 用法・用量 (主なもの)• 1.ヘリコバクター・ピロリ感染を除く感染症:1).成人:アモキシシリン水和物として、1回250mg(力価)を1日3〜4回経口投与する• なお、年齢、症状により適宜増減する• 2.ヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎:1).ヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎でアモキシシリン水和物、クラリスロマイシン及びプロトンポンプインヒビター併用の場合:アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)、クラリスロマイシンとして1回200mg(力価)及びプロトンポンプインヒビターの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する• なお、クラリスロマイシンは、必要に応じて適宜増量することができる• 但し、1回400mg(力価)1日2回を上限とする• 効果・効能 (添付文書全文) 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管炎・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、糜爛・潰瘍の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、咽頭炎・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(前立腺炎<急性症>、前立腺炎<慢性症>)、精巣上体炎(副睾丸炎)、淋菌感染症、梅毒、子宮内感染、子宮付属器炎、子宮旁結合織炎、涙嚢炎、麦粒腫、中耳炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、猩紅熱、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病・早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎。 <効能・効果に関連する使用上の注意> 1.進行期胃MALTリンパ腫に対するヘリコバクター・ピロリ除菌治療の有効性は確立していない。 2.特発性血小板減少性紫斑病に対しては、ガイドライン等を参照し、ヘリコバクター・ピロリ除菌治療が適切と判断される症例にのみ除菌治療を行う。 3.早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃以外には、ヘリコバクター・ピロリ除菌治療による胃癌の発症抑制に対する有効性は確立していない。 4.ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いる際には、ヘリコバクター・ピロリが陽性であることを確認及び内視鏡検査によりヘリコバクター・ピロリ感染胃炎であることを確認する。 5.咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎への使用にあたっては、「抗微生物薬適正使用の手引き」を参照し、抗菌薬投与の必要性を判断した上で、本剤の投与が適切と判断される場合に投与する。 用法・用量 (添付文書全文) 1.ヘリコバクター・ピロリ感染を除く感染症: 1).成人:アモキシシリン水和物として、1回250mg(力価)を1日3〜4回経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 2.ヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎: 1).ヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎でアモキシシリン水和物、クラリスロマイシン及びプロトンポンプインヒビター併用の場合:アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)、クラリスロマイシンとして1回200mg(力価)及びプロトンポンプインヒビターの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。 なお、クラリスロマイシンは、必要に応じて適宜増量することができる。 但し、1回400mg(力価)1日2回を上限とする。 2).ヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎でアモキシシリン水和物、クラリスロマイシン及びプロトンポンプインヒビター併用によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合:アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)、メトロニダゾールとして1回250mg及びプロトンポンプインヒビターの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。 <用法・用量に関連する使用上の注意> 1.本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめる。 2.高度腎障害のある患者では、血中濃度が持続するので、腎障害の程度に応じて投与量を減量し、投与の間隔をあけて使用する。 3.本剤をヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いる場合、プロトンポンプインヒビターはランソプラゾールとして1回30mg、オメプラゾールとして1回20mg、ラベプラゾールナトリウムとして1回10mg、エソメプラゾールとして1回20mg又はボノプラザンとして1回20mgのいずれか1剤を選択する。 副作用 (添付文書全文) ヘリコバクター・ピロリ感染を除く感染症:本剤は、副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 ヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎: 1.胃潰瘍・十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ感染症: 1).アモキシシリン水和物、クラリスロマイシン及びプロトンポンプインヒビター(ランソプラゾール又はオメプラゾール)併用の場合:本剤は、副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 2).アモキシシリン水和物、クラリスロマイシン及びラベプラゾールナトリウム併用の場合:承認時までに国内で行われた試験では508例中205例(40. 3).アモキシシリン水和物、メトロニダゾール及びプロトンポンプインヒビター併用の場合:承認時までに国内において臨床試験等の副作用発現頻度が明確となる試験を実施していない。 2.胃MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病・早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎:本剤は、副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 1.重大な副作用(頻度不明) 1).ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシー(呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹等)を起こすことがあるので、観察を十分に行い、不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、発汗等が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 3).顆粒球減少、血小板減少:顆粒球減少、血小板減少が現れることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 4).肝障害:黄疸、AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)等が現れることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 5).急性腎障害等の重篤な腎障害:急性腎障害等の重篤な腎障害が現れることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 6).偽膜性大腸炎、出血性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎:偽膜性大腸炎、出血性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎が現れることがあるので、腹痛、頻回の下痢が現れた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 7).間質性肺炎、好酸球性肺炎:間質性肺炎、好酸球性肺炎が現れることがあるので、咳嗽、呼吸困難、発熱等が認められた場合には、速やかに胸部X線、速やかに胸部CT等の検査を実施し、間質性肺炎、好酸球性肺炎が疑われた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。 8).無菌性髄膜炎:項部硬直、発熱、頭痛、悪心・嘔吐あるいは意識混濁等を伴う無菌性髄膜炎が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 2.その他の副作用 1).ヘリコバクター・ピロリ感染を除く感染症の場合 (1).過敏症(ヘリコバクター・ピロリ感染を除く感染症の場合):(頻度不明)発熱、発疹、蕁麻疹、そう痒[このような症状が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う]。 (2).血液(ヘリコバクター・ピロリ感染を除く感染症の場合):(頻度不明)好酸球増多、貧血。 (3).肝臓(ヘリコバクター・ピロリ感染を除く感染症の場合):(頻度不明)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)。 (4).消化器(ヘリコバクター・ピロリ感染を除く感染症の場合):(頻度不明)下痢、悪心、嘔吐、食欲不振、腹痛、黒毛舌。 (5).菌交代症(ヘリコバクター・ピロリ感染を除く感染症の場合):(頻度不明)口内炎、カンジダ症。 (6).ビタミン欠乏症(ヘリコバクター・ピロリ感染を除く感染症の場合):(頻度不明)ビタミンK欠乏症状(低プロトロンビン血症、出血傾向等)、ビタミンB群欠乏症状(舌炎、口内炎、食欲不振、神経炎等)。 (7).その他:(頻度不明)梅毒患者において、ヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応(発熱、全身倦怠感、頭痛等の発現、病変部増悪)が起こることがある。 2).ヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の場合 (1).消化器(ヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の場合):(頻度不明)軟便、下痢、便秘、腹痛、腹部膨満感、悪心、嘔吐、胃食道逆流、食欲不振、胸やけ、食道炎、十二指腸炎、口内炎、舌炎、口渇、味覚異常、痔核、黒毛舌。 (3).血液(ヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の場合):(頻度不明)好中球減少、好酸球増多、白血球増多、貧血[観察を十分に行い、このような異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う]。 (4).過敏症(ヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の場合):(頻度不明)発疹、そう痒[このような症状が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う]。 (5).精神神経系(ヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の場合):(頻度不明)頭痛、眠気、眩暈、不眠、しびれ感、うつ状態。 (6).その他(ヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の場合):(頻度不明)トリグリセリド上昇、尿酸上昇、総コレステロール上昇・総コレステロール低下、尿蛋白陽性、尿糖陽性、倦怠感、熱感、発熱、浮腫、動悸、血圧上昇、QT延長、カンジダ症、霧視。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 2.伝染性単核症の患者[発疹の発現頻度を高める恐れがある]。 (原則禁忌) ペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者。 (慎重投与) 1.セフェム系抗生物質に対し、過敏症の既往歴のある患者。 2.本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギー症状を起こしやすい体質を有する患者。 3.高度腎障害のある患者。 4.経口摂取の不良な患者又は非経口栄養の患者、全身状態の悪い患者[ビタミンK欠乏症状が現れることがあるので、観察を十分に行う]。 5.高齢者。 (重要な基本的注意) 1.ショックが現れる恐れがあるので、十分な問診を行う。 2.本剤をヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いる際には、除菌治療に用いられる他の薬剤の添付文書に記載されている禁忌、慎重投与、重大な副作用等の使用上の注意を必ず確認する。 (相互作用) 併用注意: 1.クマリン系抗凝血剤(ワルファリン)[ワルファリンの作用が増強される恐れがある(本剤は、腸内細菌叢を変化させ、ビタミンKの産生を抑制すると考えられる)]。 2.経口避妊薬[経口避妊薬の効果が減弱する恐れがある(本剤は、腸内細菌叢を変化させ、経口避妊薬の腸肝循環による再吸収を抑制すると考えられる)]。 3.プロベネシド[本剤の血中濃度を増加させる(本剤の尿細管分泌を阻害し、尿中排泄を低下させると考えられている)]。 (高齢者への投与) 次の点に注意し、用量並びに投与間隔に留意するなど患者の状態を観察しながら、慎重に投与する。 1.高齢者では生理機能が低下していることが多く、副作用が発現しやすい。 2.高齢者ではビタミンK欠乏による出血傾向が現れることがある。 2.授乳中の婦人への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は、授乳を避けさせる[母乳中へ移行することが報告されている]。 (小児等への投与) 低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤は、PTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 (保管上の注意) 遮光(開封後吸湿注意)。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の