焼肉 ガスコンロ。 カセットガス スモークレス焼肉グリル

焼肉屋っぽい! カセットガスを使う焼肉グリル「やきまる」が気になって仕方ない

焼肉 ガスコンロ

焼肉を自宅で楽しみたいと思っても、煙に困るのでなかなかできないという人は多い。 そんな悩みを解決した「煙を出さない」という「カセットガス・スモークレス焼肉グリル 『やきまる』 CB-SLG-1」(以下、やきまる)が人気だ。 その仕組みは一体どうなっているのだろうか。 やきまるを発売したのは、カセットガスコンロでお馴染みの岩谷産業。 2016年8月に発売されてすぐに、主婦の間で口コミで話題となり、発売直後から年末までは品薄で買えない状況になっていた。 筆者も今年になって買うことができ、実際に家で焼肉を楽しんでいる。 やきまるで肉を焼くと、確かにほとんど煙が出ない。 今までは焼肉をするたびに火災報知器が鳴り、家中に焼肉のニオイがついてストレスだったが、そんな悩みも解消された。 不思議なのが、特に最新のテクノロジーを使っているようには見えないこと。 一通り中を確認してみても、ファンやセンサーが付いているわけでもなく、普通のカセットガスコンロなのだ。 なぜ、ここまで煙を抑えることができるのか? 同社の新商品開発担当の福士拡憲氏に、やきまるの企画書を見せてもらい、話を聞いた。 構造は非常にシンプルで、汎用カセットコンロと大差はない。 なぜこれで煙が抑えられるのか? 煙が出ないポイントは2つ やきまるは煙を抑える機構を備えたカセットガス式のコンロだ。 特徴は、約210~250度にプレートの温度をキープできる構造と、肉から出た脂に火がつかないよう、水皿に確実に落とす通り道を作っていること。 煙を出さないカセットコンロとして、特許を申請している。 煙が出ないだけでなく、美味しさにもこだわっている。 電気式のホットプレートと違い、直火で焼けるため、焼き面温度の立ち上がりが早く、肉をこんがり焼くことができる。 直火式でありながら煙を抑えられるということでSNSやブログ、口コミなどで評判となった。 1年の販売目標は3万台としていたが、2016年8月に発売してから2017年3月の予約受注分までで、既に6万台の販売台数を記録している。

次の

イワタニ「やきまる」はなぜ売れに売れているのか? 「煙の出ない焼肉グリル」の真偽を検証!!

焼肉 ガスコンロ

イワタニのカセットコンロとイワタニの焼肉プレート こちらが購入したばかりのカセットコンロと焼肉プレート。 どちらもイワタニ製です。 コンロは見ての通りスリムなのでなかなかの軽さなのですが、焼肉プレートがめっちゃ軽い!! 溝が五徳に乗っかるので安定感抜群です。 この下皿部分に水をはり、その上にプレートを乗せて使用します。 真ん中の穴の空いていないところが一番火力が強く、肉がよく焼けます。 そして溝から穴の部分に油が流れ落ちる仕組み。 流れ落ちた油は火に触れず下皿にはった水の中に落ちるので、余計な煙も出ず手入れも楽チン。 中心部に比べると穴が空いているところの火力は落ちますが、焦げやすい野菜などを焼くには最適。 う〜うまい。 フッ素加工されて油やコゲが落としやすいのでお手入れも簡単です。 他の焼肉が出来る道具と比較してみる つい最近まではホットプレートを使っていましたが、それ以外にもいくつか試してみたことがあるので比較してみたいと思います。 イワタニカセットコンロ+焼肉プレート VS ホットプレート こちらが約7年つかった鍋もたこ焼きも焼肉もできるホットプレート。 イワタニカセットコンロ+焼肉プレート ホットプレート 美味しさ とても美味しい 悪くない 煙 普通 少ない 火力 強い 弱い 油 結構落ちる 油だらけ 重量 非常に軽い 重い 手入れのしやすさ 非常に簡単 非常に簡単 収納 あまり場所とらない そこそこ大きい 美味しさ比較 ホットプレートは鍋、たこ焼きも出来ますがあくまでも焼肉だけを比較すると、まあ焼けることは焼けるけど…. 美味しくはないという感じですね。 肉から出た脂がホットプレートに溜まるのでちょっと脂っこいしあがりになります。 対して、焼肉プレートの方は傾斜のついた中央部分から穴目指して脂が流れ落ちるので、ギトギト感はありません。 火力も影響しているのですが、単純に美味しさ比較でいうと明らかに焼肉プレートの方が美味しいと感じました。 煙の量を比較 煙に関してはホットプレートの方が圧倒的に少ないです。 焼肉プレートの方は物凄い煙が出るわけではないですが、まあ換気をちゃんとしないと部屋がちょっと霞がかるくらいには出ます。 換気が弱い場所では焼肉プレートはなかなか厳しいかもしれません。 火力を比較 火力はカセットコンロの圧勝。 体感ですが、ホットプレートの MAXで焼くのとカセットコンロの弱火〜中火が同程度に感じます。 実際、イワタニの焼肉プレートも中火以下で使用するよう注意書きが添えられていますので、火力に関しては段違いですね。 油の落ち具合、飛び跳ね比較 焼肉プレートはプレート部分についた溝と傾斜、たくさんの穴の効果で良い具合に油が下皿にはった水の中に流れてゆきます。 一方、ホットプレートは油は基本的には鉄板状に居座るのでどうしても食材も油っぽくなってしまいます。 また、周囲への油の飛び跳ね具合ですがホットプレートの方が広範囲に飛び散っているように感じました。 重量 イワタニの焼肉プレートはとにかく軽い!約800g。 そしてイワタニのカセットコンロは1. 2kgなので合わせて約2kg。 対して、テスコムのホットプレートは電気コンロ部分が重たく焼肉用のプレートと合わせると4kgくらいはあるはず(鍋、たこ焼き、焼肉、コンセント含めた総重量約4. 7kg) 断然、イワタニのセットの方が軽い!! 手入れのしやすさ 焼肉プレートは丸洗い、カセットコンロは五徳部分だけ外して洗える(軽い)ので手入れはとても簡単。 ホットプレートの方もプレートは丸洗いできるので手入れはとても簡単。 これだけみるとホットプレートの方が簡単なんですが、イワタニセットの方が周囲への油の飛び散りが少なく床やテーブルの掃除がちょっと楽だったので、イーブンといったところ。 収納 カセットコンロも焼肉プレートもスリムで場所を取らないし、分けて収納すればなおしまいやすい。 対して、ホットプレートは全てセットでしまうことになるが、かなりかさ張るので片付けるのがちょっと面倒。 冬の間はいつでも使えるようにと出しっ放しになっていたのは内緒…. 総評 ホットプレートは鍋、たこ焼き、焼肉の3役を1台でこなせるので優秀ではあるが、焼肉だけで比べた場合には美味しさ、火力、油、重量、収納と優っている部分が多いのでイワタニカセットコンロと焼肉プレートのセットに軍配があがる。 また、ホットプレートは災害時には役に立たない可能性が高いが、カセットコンロはガスボンベさえ切らさなければ災害時に非常に役に立つアイテムなので、その点も評価したい。 ということで、 どうしても火を使いたくない理由があるわけでないのならば焼肉はホットプレートよりカセットコンロと専用の焼肉プレートでやった方が良い! イワタニカセットコンロ+焼肉プレート VS イワタニカセットグリル こちらはイワタニのカセットグリル。 お店のような鉄板が特徴的なガスボベ式のグリルで、周囲3方向から火が出て焼肉ができる本格的なマシン。 こんな感じでつまみがある側以外の3面から火がでて焼肉を均等に焼いてくれる優れものです。 これは友人宅で焼肉をやるために購入し、今もその友人の家で使われています。 イワタニカセットコンロ+焼肉プレート イワタニカセットグリル 美味しさ とても美味しい とんでもなく美味しい 煙 普通 多い 火力 強い 強い 油 結構落ちる かなり落ちる 重量 非常に軽い 重い 手入れのしやすさ 非常に簡単 なかなか大変 収納 あまり場所とらない 普通だけど重い 美味しさ比較 焼肉プレートは前述の通りとても美味しいんですが、カセットグリルの方はさらに美味しいんです。 格子状になっており、隙間がたくさん空いているので油が落ちる穴が多く、均等に熱っせられるので余分な脂が落ちてめちゃくちゃ美味しい。 味は完全にイワタニカセットグリルの勝利! 煙の量を比較 焼肉プレートと比べると、煙はかなり多いです。 一応、受け皿に水を張ってそこに油が落ちるようにはなっているものの、火が当たる部分が多いのでジュージュー脂が燃えて煙がでまくります。 友人宅では換気扇全開、窓全開で使用しました笑 火力を比較 火力は互角。 というのもどちらもMAXで使うことはないと思われるので。 肉がよく焼けます。 油の落ち具合、飛び跳ね比較 穴が多い分カセットグリルの方が油がよく落ちます。 周囲への飛び散りに関してもよく油が落ちる分、カセットグリルの方が少ないかも。 重量 カセットコンロと焼肉プレートがセットで約2kgなのに対し、カセットグリルは約4kgなのでかなり重く感じます。 鉄板が本格的で分厚いやつなので、重厚感がすごいです。 手入れのしやすさ カセットグリルは鉄板を外して洗うことができるものの、1回の使用でわりとこびりつくのでガシガシ洗わないと汚れが落ちませんでした。 そして、重い。 焼肉プレートやホットプレートに比べると手入れは大変な方だと思います。 収納 大きさはそれほどでもないので収納場所はそこまでとりません。 ただ、重いので高いところにしまうのは大変かも。 総評 イワタニのカセットグリルで焼肉をすると「まるでお店みたい!」っていうくらい本当に美味しいのでオススメです!が、煙が厄介なんですよね。 換気のよいお家や、周りが気にならない戸建なら問題ないと思います。 あと、アウトドアにいいかもしれませんね。 イワタニカセットコンロ+焼肉プレート VS 電気グリル的なもの その昔、我が家には電気の焼肉グリルがありました。 誰かにあげてしまって今はないのですが、これはなかなかの優れものでした。 ただ、これと同じものは当時も散々さがしたんですが見つけることができませんでした。 網のタイプがちょっと違いますが、こちらが近いです。 イワタニカセットコンロ+焼肉プレート イワタニカセットグリル 美味しさ とても美味しい とんでもなく美味しい 煙 普通 普通 火力 強い まあまあ強い 油 結構落ちる かなり落ちる 重量 非常に軽い 非常に軽い 手入れのしやすさ 非常に簡単 なかなか大変 収納 あまり場所とらない あまり場所とらない 美味しさ比較 遠赤外線でふっくらジューシーに焼き上がるのでおいしかったです。 網状というか、網なので余分な油がよく落ちて肉のしつこさをあまり感じません。 魚や貝もやけるのも高ポイント。 持っていたときは、サザエやハマグリなどをよく焼いていました。 煙の量を比較 煙はあらかじめ網に油を塗っておくとそこまで多く出ませんでした。 ただ、ヒーター部分に油がよく落ちるのですが、その時は煙もでるし、固まってこびりついたりするので徐々に煙が多くなってゆく印象でした。 火力を比較 ガス式のカセットコンロには及ばないながらも、ヒーターと網の距離もちかく熱を奪うものもないのでホットプレートに比べるとだいぶ強いです。 MAXだと焼けすぎるのでちょっと抑えて使うレベル。 油の落ち具合、飛び跳ね比較 焼肉プレートと比べると、油はよく落ちます。 周囲への飛び跳ねはそこまでなかったと記憶しています。 ただ、前述したとおりヒーターの上にも油が落ちるので、煙と汚れの原因にもなるのが玉に瑕。 重量 カセットコンロと焼肉プレートがセットで約2kgなのに対し、電気グリルは1. 6kgとさらに軽量。 手入れのしやすさ 網もヒーターも外せるのでほぼ丸洗いできます。 が、焼肉プレートやホットプレートのように簡単には掃除できませんでした。 ゴシゴシ洗う感じ。 収納 大きさはそれほどでもないので収納場所はそこまでとりません。 軽いのでしまいやすく取り出しやすいと思います。 総評 肉の美味しさだけなら焼肉プレートより上だと感じています。 魚介も焼けるので七輪的な位置付けにちょうどいいアイテムです。 ただ、焼く以外のことには使えず、鍋をやるためには別な道具が必要になるため、それでは数少ない収納スペースがもったいないので手放しました。 評価していて改めて思いましたが、焼くことに関してはかなり優れたアイテムです!(わたしが使っていたもの販売終了しているので参考まで) その他、検討したもの その他にも、セラミックグリルプレートや遠赤外線ロースターなども検討しましたが、 鍋をやるために別な道具をベット調達しなければならず収納の限界という理由で却下しました。 無限に収納スペースがあるなら色々試してみるんですけどね。 で、総合的に見てイワタニカセットコンロと焼肉プレートが最適だという結論に 美味しさでは、カセットグリルと電気グリル、利便性ではホットプレートに軍配があがったものの環境等もふまえた結果として「イワタニカセットコンロと焼肉プレートが我が家には最適」という結論に至りました。 鍋をのせたら鍋料理もできるし、たこ焼きプレートを買えばホットプレートのような情けない火力ではなく業火で たこ焼きも焼けるし、 防災グッズとしても役立つしもはやなんでも出来るきがしますね。 中華鍋に焼きを入れるときも重宝しそうです。 ホットプレートの焼肉に不満を感じている方、専用マシンが邪魔くさく感じてきた方にオススメのセットです。

次の

カセットコンロ+焼肉プレートで焼く家焼肉が最高だった

焼肉 ガスコンロ

下記の準備方法を参考にして取り除いてください。 新品ロストルの使用前の準備方法 1.ロストルを器具にセットし、換気扇、排気ファン等を運転してください。 ニオイが生じますので換気を行なってください。 2.バーナーに着火し、強火にして加熱してください。 ニオイがなくなれば、そのまま冷ましてください。 3.ロストルの表面を中性洗剤を付けた金属たわし等でしっかりとこすり洗いしてください。 4.すすぎ後、水分を拭きとってすぐに植物性油を塗布してください。 5.再度、器具で加熱してください。 油煙が発生したら火を止めて植物油を塗ってそのまま冷ましてください。 水気のない場所で保管してください。 ロストルの洗浄方法 1.焼肉プレートについた油かすや焦げ付き等は、ホームセンター等で販売されているスクレーパー(硬質の刃がついたへら)でかき取り、中性洗剤を付けた金属たわし等でこすり洗いしてください。 3.洗浄後はすぐに水分を拭きとって、植物性油を塗布して保管してください。 この部分は iframe 対応のブラウザで見てください。

次の