福島 銀行 sbi。 株式会社福島銀行との共同店舗運営の基本合意のお知らせ~SBIグループの「地方創生」プロジェクト~(SBI証券)|ニュースリリース|SBIホールディングス

株式会社福島銀行によるSBI損保の自動車保険取扱い開始のお知らせ:時事ドットコム

福島 銀行 sbi

は、 と金融商品仲介業に関する業務委託契約を締結し、 2018年5月14日(月)[予定]より、 福島銀行の顧客向けに国内株式をはじめとする金融商品・サービスの提供を開始すると発表した。 福島銀行は、 創業96年を迎える歴史ある金融機関で、 福島県内を中心に57の店舗を有している。 「真面目にがんばっている人を真面目に応援する真面目な銀行」を目指しており、 一般的な創業支援の取組みだけでなく、 倒産等の経験者の再チャレンジに特化した投資ファンド「福活(ふっかつ)ファンド」を設立するなど、 地域の活性化に資するさまざまな取組みを行っている。 また、 東北の地方銀行3行と提携し、 提携銀行のATMからの引出しを無料で行えるサービス「東北おむすび隊」を提供するなど、 顧客満足度の向上を図っている。 SBI証券の親会社であるSBIホールディングス株式会社は、 企業の先駆けとして培ってきたオンライン金融事業を中心とする知見を活かして地域金融機関との連携を推進している。 SBI証券も2017年3月から地域金融機関と提携を開始し、 SBIグループとして「地方創生」に積極的に取り組んでいる。 SBI証券は今回の提携について次のように述べている。 このたび開始いたします金融商品仲介業サービスでは、 福島銀行は、 同行のWEBサイトを介して当社証券総合口座開設の勧誘を行います。 これにより、 福島銀行のお客さまは、 当該WEBサイトを通じて証券総合口座を開設し、 当社の取扱うさまざまな金融商品・サービスを利用してご自身の投資プランに合わせた資産運用を行うことが可能となります。 このたびの福島銀行との提携により、 これまで以上に多くの新しい個人投資家の皆さまの資本市場への参加を促し、 ひいては当社の顧客基盤のさらなる拡大を実現できるものと期待しております。 0 人がこの記事を評価しています この記事は役に立ちましたか? この記事は役に立ちましたか? 0 人がこの記事を評価しています• Post navigation• 合わせて読みたい記事• SBI証券は、 2017年1月31日(火)より、 ウェルスナビ株式会社の提供するロボアドバイザー「WealthNavi」を同社の顧客向けにカスタマイズした「We• SBI証券は、 2018年1月15日(月)より、 ウェルスナビ株式会社及びSBIマネープラザ株式会社の3社間で業務提携し、 対面サービスを行うSBIマネープラザ• SBI証券は、 2018年3月1日(木)より、 ウェルスナビ株式会社及び株式会社Fanと業務提携し、 「WealthNavi for SBI証券」の対面サービス.

次の

地銀を束に「第4のメガバンク構想」始動…金融庁、SBIを公的資金注入の窓口化か

福島 銀行 sbi

SBIマネープラザ株式会社 金融商品仲介業者 登録番号:関東財務局長(金仲)第385号 所属金融商品取引業者: ・株式会社SBI証券(関東財務局長(金商)第44号)加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会 ・ウェルスナビ株式会社(関東財務局長(金商)第2884号)加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会 第二種金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第2893号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会 【注意事項】 当社が取扱う有価証券等及び保険商品は預金等ではなく、預金利息はつきません。 また、元本保証はされておらず、預金保険制度の対象ではありません。 お客様が行おうとする取引について支払う金額又は手数料等は、当社の所属金融商品取引業者により異なります。 各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、契約締結前交付書面等をご確認ください。 当社は、所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。 当社は、いかなる名目によるかを問わず、金融商品仲介業に関して、お客様から金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。 貸金業者 登録番号:東京都知事(1)第31636号 加入協会:日本貸金業協会 第005872号 【注意事項】 当社が取り扱う有価証券等及び保険商品は預金等ではなく、預金利息はつきません。 また、元本保証はされておらず、預金保険制度の対象ではありません。 (金融商品仲介業について) 当社は、所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。 当社は、いかなる名目によるかを問わず、金融商品仲介業に関して、お客様から金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。 お客様が行おうとする取引について支払う金額又は手数料等は、当社の所属金融商品取引業者により異なります。 (銀行代理業について) 当社は、銀行代理業に関してお客様から直接、金銭のお預かりをすることはありません。 (保険代理店業務について) 当社は、募集代理店として保険契約締結の媒介又は代理を行いますが、契約の相手方は当社ではなく、保険会社となります。 保険商品の内容については、必ず商品パンフレット・契約概要・注意喚起情報・ご契約のしおり・約款にてご確認ください。

次の

SBI、福島銀行に出資。共同店舗運営を検討

福島 銀行 sbi

総合FinTechソリューション企業であるSBI FinTech Solutions株式会社の子会社でバックオフィス支援サービスを提供するSBIビジネス・ソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:夏川 雅貴、以下「当社」)は、株式会社福島銀行(本店:福島県福島市、取締役社長:加藤 容啓、以下「福島銀行」)ならびに株式会社ふくぎんリース(本社:福島県福島市、取締役社長:高萩 文彦、以下「ふくぎんリース」)と、地域企業におけるIT活用支援の一環として、当社が提供するクラウド型ワークフローシステム「承認Time」を活用したバックオフィス業務支援を相互協力および連携のもと開始することとなりましたので、お知らせいたします。 このような状況のもと、SBIグループは地域金融機関との協業を通じて地方創生に貢献すべく、グループを挙げて様々な取り組みを進めております。 本取り組みの一環として、当社は地域企業と強固なネットワークを持つ福島銀行ならびにふくぎんリースと協業し、地域の中小企業向けに低コストかつ短期間で手軽に導入可能なクラウド型ワークフローシステム「承認Time」の導入を推進することで地域企業が抱える課題解決に寄与できると考え、業務提携に至りました。 本業務提携は、地域企業への「承認Time」の紹介のみにとどまらず、導入から積極活用・定着化まで、手厚いサポートができる体制を構築した点が特長であり、「働き方改革」の実行を後押しする取り組みとなります。 当社が提供する「承認Time」は、企業のあらゆる申請・回覧書類の電子化が可能であり、意思決定の迅速化やペーパーレス化が促進されますので、地域企業のさらなる生産性向上が期待できます。 当社は、このたびの業務提携を通じて、「承認Time」の普及・拡大を実現することにより、地域企業の活性化および地域の継続的な経済成長に貢献してまいります。 書式作成はテキストやリスト選択、チェックボックスといった項目を選択して直感的に設定できるため、システムに関する専門的な知識は不要で、誰でも手軽かつ短期間で導入することが可能です。 また、マルチブラウザ対応により、PCのみならずスマートフォンやタブレットでも利用可能で、外出中や出張先からでもWEB上で申請・承認が行えるため、滞りがちな承認作業の改善にもつながります。 さらに、承認状況の可視化を実現することにより、企業の迅速な意思決定と社内文書のペーパーレス化に貢献します。 その後、将来の製品改良などにより内容が予告無しに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

次の