原田 貴和子 半分 青い。 原田知世&松雪泰子が美しい 『半分、青い。』母親たちの輝かしき魅力|Real Sound|リアルサウンド 映画部

❞半分青い❞の『原田知世』永遠のアイドル!アラフィフでも風化せず

原田 貴和子 半分 青い

ヒロインが異例の胎児期からスタートしたNHKの連続テレビ小説『半分、青い。 そのため第1週「生まれたい!」の前半は主人公・楡野鈴愛役の永野芽郁と萩尾律役の佐藤健が胎児と赤ちゃんのナレーションとして参加し、4月4日放送の第3話から9歳の鈴愛を演じる矢崎由紗ら子役たちが活躍した。 『ひよっこ』を除き、朝ドラはヒロインの出演がほとんど第2週目以降になるため、第1週目は大人キャストの腕の見せどころ。 本作でも、鈴愛の母・晴を演じる松雪泰子と律の母・和子役の原田知世が朝から眩しすぎるほどの美しさ対決を披露している。 ふくろう商店街きっての美人おかみの座を二分している晴と和子。 『時をかける少女』で芳山和子(かずこ)を演じた原田に和子(わこ)という役を与えたのは脚本家・北川悦吏子の遊び心なのだろうか。 1983年に女子高生役だった彼女が、母親役として再び80年代を歩むことになったが、彼女の少女性は35年経った今でも色褪せていなかった。 和子は夫とともに写真館を営み、時間があるときはピアノを弾く優雅な日々を送っているが、死体の中のカセットテープが喋るという架空の海外ミステリー小説『バニーリバー最後の事件』を出産前に愛読し、助産師を苦笑いさせる一面もある癖のあるキャラクター。 作中でも楡野家と萩尾家との貧富の差が永野のナレーションにより説明されていたが、原田の少し赤らいだ無邪気な笑顔のせいか和子にはお金持ちの嫌味が微塵も感じられない。 北川が脚本を務めた『三つの月』(TBS系)でも夫婦役を務めた谷原と原田演じる萩野夫婦は、やはり声質に優しさが詰まっているように感じられる。 2人とも白いベールを一枚通したような柔らかさがあり、おてんばで慌ただしい楡野家のペースをもグッと引き込んでいく。 小花柄がよく似合う可憐な和子の空気に振り回されるキャストたちの姿が早くも想像できる。

次の

「半分、青い。」原田知世、“50歳とは思えぬ可愛さ”の秘訣とは

原田 貴和子 半分 青い

4月からスタートしたNHK連続テレビ小説「半分、青い。 「ヒロイン・鈴愛の運命を大きく左右する親友・律の母親を演じていますが、この回では松雪泰子演じる鈴愛の母を喫茶店に呼び出し、なんと1966年から67年にかけて放送された特撮ヒーロードラマ『マグマ大使』に登場する宇宙の帝王ゴアを真似して『私の名前は、ゴア、ゴア、ゴア(笑)。 これね、私の十八番なんです。 ゴアのマネ』と。 これには、放送直後から『めっっっちゃ可愛いいいーーー!!!』『原田知世可愛くて死ぬわ』といったコメントが殺到。 「原田は、脚本家・北川悦吏子作品の常連の一人。 2015年のスペシャルドラマ『三つの月』(CBCテレビ)では不貞妻を、2016年には連続ドラマ『運命に、似た恋』(NHK総合)では、斎藤工演じる若手一流デザイナーと境遇の違いを超えて恋に落ちるバツイチ女性を熱演しています。 原田の魅力について北川は『この年齢で、この可愛さ、少女のような透明感!嫌味のないのは奇跡』と称賛。 原田のモノマネは、『半分、青い。 50歳を迎えても衰えない若さと美貌にも関心が集まっている。 「若さの秘訣について、原田は以前『良いと言われていることをとりあえず試してみる』と話していました。 朝晩、白湯を飲む。 和食中心の食生活。 デビュー40周年に向かって、新たにブレイクの予感だ。 (窪田史朗).

次の

『半分、青い。』和子(原田知世)の天然キャラ、律は赤ちゃん時代からイケメン-第2話

原田 貴和子 半分 青い

原田知世のプロフィール• 本名:原田 知世(はらだ ともよ)• 生年月日:1967年11月28日• 出身地:長崎県長崎市• 身長:160㎝• 血液型:A型• 兄弟:兄、姉、姉(原田貴和子)• 学歴:長崎市立岩屋中学校、日出(女子)高等学校卒業 久しぶりに見た原田知世さんが、相変わらず美しいということにまず驚いた。 あれ、時をかけてた少女だったのに、もしや時が止まってる? 原田知世さん、現在(2018年)なんと50歳です!奇跡の50歳だぁ。 美しいだけじゃなくて、この透明感ほんとすごいよね。 ワコさんのふわふわっとした感じ、ささやくようでいてスーッと耳に馴染むあの声。 どれをとっても素敵です。 おいたち。 4人兄弟の末っ子として育った そんな原田知世さんは、長崎県長崎市に生まれました。 4人兄弟の末っ子で、 14歳上の兄、10歳上の姉、2歳上の姉がいます。 2つ違いの姉・ 原田貴和子さんも女優として活動されてますね。 かつては「あまり似てないなぁ」と思ってたけど、こうしてみると似てるね。 先にデビューしていた原田知世さんは圧倒的人気があって、原田貴和子さんのほうはそこまでブレイクはしていなかったので気づかなかったけど、やはり美人ですね。 他の兄弟との年齢がはなれている分、2歳違いのこの姉妹は仲よかったのかなと想像してしまいます。 父は俳人・原田左斗志氏 父・聰さんは、建築会社を経営する一方で 「原田左斗志」という名で活動する俳人でもありました。 「天に滴る葡萄群」「葡萄群その後」「螢湧く」といった3冊の句集を出版しています(現在は絶版)。 原田知世さんはかつて父親のことをこう語っています。 俳句がまさにそうですけど、短く表現された言葉が、受けとめる人によって、ふわーっと膨らんだりしますよね。 (いっしょに)旅行に行ったりしたときに言葉の意味や使い方を教えてもらったり。 父は今も一番の相談相手です (引用:女性自身) 原田知世さんもご自身が歌う歌の詞を書いたりしてますよね。 こうしたお父さんの影響があったのだろうなと思います。 父・聰さんは、2017年のはじめに90歳でこの世を去りました。 その数年前には、10歳上のお兄さんも亡くなっています。 原田知世さんやご家族にとって、辛すぎる現実が重なりました。 スポンサーリンク デビュー。 姉・原田貴和子とともに上京 原田知世さんのデビューは1982年、14歳のときでした。 映画「伊賀忍法帖」にて、主役真田広之さんの相手役を募集するそのオーディション。 真田広之さんの大ファンだった原田知世さんは、家族に頼み込んで応募します。 「真田広之さんに一目会いたい!」そんな思いが発端でしたが、なんと 『角川映画大型新人募集』特別賞を受賞し芸能界入りします。 これをきっかけに、 母親と姉・貴和子さんとともに上京。 東京と長崎での家族離れ離れの生活がはじまります。 1982年7月、ドラマ「セーラー服と機関銃」で主演デビュー。 あれ?「セーラー服と機関銃」って薬師丸ひろ子さんじゃなかった?と思ったんですが、実は薬師丸ひろ子さんは映画版。 ドラマ版は原田知世さんだったんですね。 ドラマ版があるなんてそもそも知らなかったわ。 原田知世さんといえばなんといっても、映画「時をかける少女」ですよね。 この映画で大ブレイクしました。 当時は、薬師丸ひろ子さん・渡辺典子さんとともに『角川三人娘』と呼ばれていたという事実を知り、そういや渡辺典子さんはいずこ?と思ってしまいました。 結婚と離婚。 元夫エドツワキ氏とは? さてさて、デビューから35年が過ぎても透明感を失わない原田知世さんですが、プライベートはどうなのでしょうか。 2005年にイラストレーターのエドツワキさんと結婚しましたが、2013年に離婚。 エドツワキさん、以前は「エド・ツワキ」「エドワード津脇」という名前で活動されていましたが、本名は津脇栄彦さんという日本人です。 わっ、素敵夫婦。 アート業界に詳しくないのでわからないですが、ロンドン・パリ・LAなど、国内外で活躍しているアーティストです。 2人の出会いは2004年の秋頃。 原田知世さんのライブ打ち上げの席でした。 それから半年ほどたった2005年5月に結婚。 公式ホームページで結婚を発表した原田知世さんは、 「何の予感もなかった突然の出会いが完璧な タイミングで訪れたようでした」 (引用:) と、運命の出会いを語っています。 しかしそれから8年後の2013年、公式ホームページにて離婚を発表しました。 「原田知世とエドツワキは、それぞれの道を歩んで行くことにいたしました。 これまで通りというわけにはいかないかもしれませんが、今後は互いを尊敬できる友人として、新たな関係を築いていけると思っています」 (引用:) 離婚理由ってなに?子どもはいる? 実は原田知世さんの離婚から遡ること3年。 姉の貴和子さんも離婚しています。 姉・原田貴和子さんは2001年に一般会社員の男性と結婚しました。 2人の子ども(男・女)にも恵まれ、仕事をセーブしながら子育て中心の生活を送っていました。 引退していたという情報もあります。 しかし2011年に離婚し、シングルマザーとなった原田貴和子さんは女優業にも復帰。 原田知世さん自身、離婚への迷いはあったでしょうか、そういった姉の姿に背中を押されたようなところがあるのかもしれません。 原田知世さんとエドツワキさん夫婦には子どもはなかったので、原田貴和子さんと状況は違いますが。 スポンサーリンク.

次の