八幡 ss 陽乃。 八幡「あ、あれは…………」陽乃「」テクテクテク

陽乃「比企谷くーん!」ギュッ八幡「やめてください|エレファント速報:SSまとめブログ

八幡 ss 陽乃

陽乃「ひゃっはろー、やあやあ偶然だね?比企谷くん」 八幡「…………うす」スタスタ 陽乃「およ?ちょっと待ってよー、なにか急ぎの用事でもあるのかな?」 八幡「 この人とは極力かかわりたくなかったんだが、逃げられるわけはないか 」 八幡「いや、今日はちょっと、あれでして 」 陽乃「ん?ならひまってことだね?じゃあ、いくよー。 」 チラチラ 八幡 周りの視線がうっとおしい、この人偶然とかいいながら、今日で5日連続だぞ、それはもう必然だわ 陽乃「ん?なんか今失礼なことかんがえてなかった?」 八幡「いえいえ、まったく」 そして、その度におもちゃにされるんだよな 陽乃「今日はどこいこっか?」 八幡「どーせおれがいってもきかないでしょ?」 陽乃「だって、どーせ、家とか言うし 」 八幡「わかってるなら聞かないでくださいよ」 いい加減我慢ならないな 八幡「 でも、この人と、戦うならそれこそ決死になるだろう。 陽乃様の前なんかに存在しちゃうから、ごめんなさい」 念のため持ってきたカッターを使って 陽乃「え、いや、」 この子急になにを…………。 八幡「僕が生きてるからいけないですよね、わかりました。 陽乃様の命令は絶対ですから」 陽乃「ちょ、ちょ 」 八幡「死にます」グサァ 八幡「 あぁ、首にささってる、死ぬかもなぁ、死ぬんだろうなぁ。 ごめんな小町、おにぃちゃん先いくわ 」 八幡「 陽乃さん慌ててくれてるかな?やべ、キツくて見ることもできねぇわ、なんだこれ、意味ねーじゃ 」ガクリ 陽乃「」 陽乃「……………………え?」 陽乃「え?え?比企谷くん?なんで?え?嘘でしょ?」 陽乃「なんで急に、そんな、嘘だ!」 陽乃「だって、昨日だって普通に 」 陽乃「」 陽乃「…………わ、私の、せ、い」 陽乃「私が、八幡が、苦しんでること、気づいてあげられなかったから、」 陽乃「私が、八幡をころしたんだ。 」ボー 通行人「おい!何やってんだ。 早く応急処置しろよ!」 陽乃「」ボソボソ 通行人「おい、きいてんのか?」ガシッ 陽乃「ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ 」ボソボソ 通行人「なんだこいつ、おい、あんた、救急車を、おれが、応急処置すっからーーーー」 陽乃「ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ」 このとき、私は何もできなかった。 最愛の人を、仮面のせいで殺してしまったことを 結局、主人公補正 笑 もあり、一命はとりとめたものの、お兄ちゃんは、未だに目を覚まさない。 小町は、お兄ちゃんのためなら何だってできた、だからこそ雪乃さんや結衣さんを煽ったりして、お兄ちゃんが幸せになれるように努力した。 今回の陽乃さんの話も同じようなものだと思ってた。 でも、違った。 お兄ちゃんは苦しんでた。 唯一積極的にいく人だったから期待していたのに 許せない 復讐してやる。 あの女が大切にしているものすべてを奪って壊して 小町の『大切』を奪った罪を償わさせてやる。 まるで、死人のように眠るお兄ちゃんの側で私はそう誓った ーーーーーーー あれから数字たった。 これほど自分の仮面が恨めしいと思ったことはない、どうして、どうしてなのだろう。 しかも、あんなことがあったにも関わらず、仮面はとれない。 そのせいで、お見舞いにも行けていない。 悲しい、悔しい、逃げ出したい。 ピロリーン メールが届いた。 彼の妹、小町ちゃんからだ。 なんやかんや私を助けてくれていた、可愛い女の子、私を心配してメールをくれたのだろう、そんな軽い気持ちで、メールを開いた。 そして、私はその内容に恐怖を覚えた。 『許さない』 たったその四文字だった。 私はなにを甘えていたのだろう。 あの子にとって、私は敵。 家族を、兄を死に追い詰めた仇。 謝罪すらしていない、いや、お金という形で、《雪ノ下》から、払った。 そんなのいっそう怒りを増させるだけだろうに あやまらなくちゃ、そう頭では考えているのに、行動できない。 こんな感覚初めてだ。 このときになって私は実感した 『壊す』ということの意味を 謝らなくちゃ、その一心で頑張って家を飛び出し比企谷君の家までやってきた。 今までの幾度となくここには来た。 もちろん彼に会うために、 その時も、今みたいにインターホンの前に立ち止まり、心を落ち着かせていた。 私は、その時間が嫌いじゃなかった。 好きな人を待つ時間が楽しい、というやつだ。 そうして、小町ちゃんの比企谷君を呼ぶ声が聞こえると、比企谷君がしぶしぶと言った声と、いつものように死んだ目でドアを開け、嫌な顔をしつつも私の言う通りにしてくれるんだ。 でも、今日は、ちょっと違う。 この 心臓をバクバクさせているのは、比企谷君に会えるからという理由から来ているものではなく。 純粋な緊張からきているものだ。 本当に私が緊張するなんていつぶりだろうか、私をこんなにするなんて、比企谷君は、やっぱり悪い子だな いまは、そんなことを考えてないとここにいられない 小町ちゃんのからのあのメール。 怖い でも、ここで謝らなきゃ本当に終わっちゃう気がするから………… ピンポーン 押した。 押してしまった。 ハーイ 小町ちゃんの元気な声が聞こえる、比企谷君は、まだ寝てるんだろう、今日は、日曜日だ。 ガチャ 扉があく。 そして、小町ちゃんが顔を覗かすと、一瞬で外用のあざかわいい笑顔を消して、まさしく、ゴミを見る目でこう言った 「どちらさまですか?」 怖い、怖い。 いつもは、怖がらせている私がこんなに………… だからかもしれない、私は、気が動転してた 「ど、どうしちゃったの、小町ちゃん、私だよ?陽乃だよ?お義姉ちゃんだ よ 『やめてください』」 「え?」 凍えるような冷たい声で最後の言葉は遮られた 「あなたみたいな人を家族として扱おうと思ってたのは、ましてや、兄の妻としてなんて…………本当に妹として最悪なことをしたとものすごく後悔してるんです」 「今、あなたの顔を見て、兄があの事を思い出して、私があなたを兄に推していたのを思い出されたりなんかしたら…………」 「それで、兄が小町のこと嫌いになったらどうするんですか!そんなことになったら、小町、生きていけません。 だから、早くかえってください!」 もう、なにも言えなかった。 メールだからなんて甘えてた。 メールが来たとき甘えは捨てたはずなのに。 今はまさしく立ち尽くしているだけ、生きながら死んでるみたい それなのに…………………… コマチーダレカキテルノカァ? あんなことをさせてしまったのに、どうしようもなく好きなのだと実感してしまう。 もう起きてたのかな。 小町ちゃんがおっきい声を出したから起きたのかな? そんな場違いな思考が頭のなかで駆け巡る。 もしかしたら現実逃避だったのかもしれない 「いや、なんでもないよ~」 小町ちゃんが私に向けていたのとは全く違うんだ、猫のようなかわいらしいこえで返答する 「なんでもないってことはないだろ。 朝からあんな声出してんだから 」 「いや、本当にお兄ちゃんは本当に心配さんだなぁ。 大丈夫だって」 小町ちゃんは、どうしても私を会わせたくないようだ でも、私は、会いたい 「ひ、ひきがっ」 大きな声で呼ぼうとしたときに思い出した、『あのとき』の映像。 忘れたくて忘れたくて、でも、いざ彼の前にたとうとなると、鮮明に再生される 怖い、壊すことへの恐怖が、会えなくなることへの悲しみが、怒濤の勢いで私の胸のなかに流れ込んでくる。 それに、コマチハオニーチャンガイレバイイカラ」ボソ ズキッ 遠目に聞こえた『小町の』という単語に少しむねがいたむ 「そ、そうか、なんかいつになく必死だな」 「そうだよ、これ以上しつこくしたら嫌いになるから 」 「……………………そうか」 「あっいや、嘘、嘘だよお兄ちゃん。 嫌いになるわけないじゃん。 大丈夫なら」 一通り終わったと思われる兄弟のやり取りは、小町ちゃんが玄関のドアを閉めて幕を閉じた。 私は、結局こえを出せなかった。 「あ、あのね小町ちゃん、私は、あや『帰れ』」 「かえってください!」 「………………………………」 「ごめんね、本当にごめんなさい 」 そう言って、私は、逃げた。 こんなことで償えるなんておもってないけど、ごめんなさいと一回だけでも言えただけよかったと思う 走りながら、私は、泣いた.

次の

#1 陽乃と酔った八幡

八幡 ss 陽乃

【朗報】俺ガイルのオーディオブックが1冊無料でもらえます みんな知ってる使ってる「Amazon」 Amazonでは、本を声で聴く「」というサービスもやっています。 知っていましたか? いや知らなかったって人、オーディブルのに登録すると、好きな本が1冊無料でもらえます。 安い本も高い本もどんな値段の本でも、無料でもらえます。 無料体験中に退会で料金は一切不要 無料体験期間中に「やっぱ退会したい…」そう思うかもしれません。 「お金ってかかるの…?」 いいえ、無料体験期間中に退会した場合、お金は一切かかりません。 また、無料体験中にもらったオーディオブックは、退会後も引き続き視聴可能です。 97 雪乃「比企谷君はそもそもその腐った性根を叩き直すために、奉仕部に入ったのだったわね」 八幡「一応名目上はそうだな」 雪乃「だから具体的にいろいろしてみることにするわ」 八幡「ちょっと待て。 vip2ch. 92 雪乃「職員室へ行ってくるわね」 八幡「待てよおい。 いや待ってくださいお願いします」 雪乃「由比ヶ浜さん。 75 雪乃「ちょうどよかったですね。 平塚先生。 先生はかつて感謝の正拳突きを一万回したとか」 平塚「詳しいな、雪ノ下。 22 雪乃「なのでここは経験者である平塚先生付きっきりでですね……」 平塚「なるほどな……。 悪くないアイデアだ」 八幡「悪いです。 まったくもって良くないです」 平塚「しかしあれは最初のほうは二日はかかるぞ」 雪乃「明日から土日なので可能でしょう」 平塚「それもそうか。 さあ、やれ!」 八幡「てかどこすかここ?」 平塚「千葉村だ」 八幡「なに……?」 平塚「この土日は誰もいないようだしな。 84 月曜日 八幡「……」 雪乃「あら、おかえりなさい。 心なしか目がさらに腐ったように見えるわ」 八幡「……地獄だった。 普通あれって数年かけてやるやつだろ……。 二日でやるような代物じゃねぇんだよ……」 雪乃「これからは毎週土日にやると」 八幡「そんなことは言ってねえ」 雪乃「それでも即時的な効果は期待できそうにないわね」 結衣「ヒッキーお疲れ様」 八幡「ありがとな……。 49 雪乃「…………」ポッ 結衣「えっ、いったいなになにー? えーっと……」 結衣「…………」ポッ 八幡「お前たちには何が見えているんだ」 結衣「でも、安価は絶対、だからね。 仕方ないね。 仕方ないから、いいよね」 雪乃「そうね。 10 結衣「えっ?」 雪乃「これは一体……」 結衣「ゆきのんのお姉さんって大学生だよね……。 05 陽乃「というわけで比企谷君のファーストキス。 44 <千葉村> 八幡「…………」 八幡「……はっ?」 八幡「何言ってんだ、俺は学校にいたわけで千葉村なんかにいるわけってあれ?」 八幡in the forest 八幡(…………) 八幡(落ち着け八幡。 26 八幡「ならなんでそんなにもの知った風なんですか……」 陽乃「それはねー。 67 陽乃「えっ?」 八幡「雪ノ下さん……。 27 八幡「そんなことができるんですか?」 陽乃「別にできなくはないよ。 でも、『ルール』破った人間には、『罰』がある」 八幡「罰……?」 陽乃「そう。 将棋で二回連続で打っちゃったら負けだし、麻雀でもフリテンで満貫払いでしょ」 陽乃「それと同じ、『罰』だよ」 八幡「罰ってなんすか。 てか、ならなんでわざわざそんなことを」 陽乃「そもそも私がなんとも思っていない相手にここまですると思う? それは今日に限らず今まででも」 八幡「……ただからかって遊んでるだけなんじゃないんすか」 陽乃「んー、まぁ始めはそうだったけどね。 60 陽乃「初めて会った時のこと、覚えてる?」 八幡「ららぽに行ったときっすよね」 陽乃「うん、そう。 私、君みたいな子に会うの、初めてだったからね、あれからちょっと興味が出たんだ」 八幡「はぁ……」 陽乃「比企谷君ってからかうと面白かったし最初は遊びのつもりだったんだ」 陽乃「でも、雪乃ちゃんや静ちゃんやめぐりや隼人たちから比企谷君の話を聞いて、君にちょっとだけ惹かれていった」 八幡「一体どんな話をしたんですかね……」 陽乃「比企谷君が奉仕部でやらかしたこととかは大体知ってるよ。 20 陽乃「でも、一番は文化祭の準備と本番の時かな」 八幡「…………」 陽乃「あの状況であんな馬鹿なことを考えたとしても、それを実行する人はなかなかいないよ」クスクス 八幡「……あれが一番、効率よかっただけっすよ」 陽乃「それでも、ね」 八幡(そう言って陽乃さんは微笑みを浮かべる) 陽乃「それに、あの屋上でのことも聞いた」 八幡「…………」 陽乃「きっと、あの時なんだろうな。 私がそうなっちゃったのは」 八幡(スッと俺を見つめる。 89 八幡「…………」 八幡「…………」カァッ 陽乃「……相変わらずかわいいな、比企谷君は」クスッ 八幡「……ドッキリとかは…………」 陽乃「ないよ? それは比企谷君が一番わかってるんじゃないかな?」 八幡「……わかんないっすよ」 陽乃「そっか。 81 陽乃「これはね、私のわがまま」 八幡(顔をズイと近づけられる。 八幡(陽乃さんの唇が俺の唇に触れる。 35 陽乃「今のことだけじゃない。 これまでのことも、全部」 陽乃「君の中から私は消える」 陽乃「ううん、それも違うかな。 『比企谷君と私が出会った』という事実そのものが消えちゃうんだ」 八幡「なんですかそれ……!」 陽乃「『罰』ってね、受ける本人にとって一番つらいものになるの。 だから、比企谷君が忘れちゃっても、他の誰もが覚えていなくても、私だけは忘れられずにい続ける」 陽乃「それが、『ルール』を破った『罰』なんだよ」 八幡「そんな……」 八幡(身体に入り込んだ何かが記憶を消し始める。 53 陽乃「そう、私は君に選ばれない。 比企谷君が選ぶのはあの二人のどちらかだから」 八幡「選ぶって……俺にそんな権限ないっすよ」 陽乃「そう思うかもしれないけどね。 お姉さんには何となくわかっちゃうんだー」 八幡「…………」 陽乃「私の恋は叶わない。 66 なんという巧妙なあねのんスレ。 91 陽乃「もう、私のことを忘れ始めてるんじゃないかな」 八幡「そんなわけないでしょう」 陽乃「そうかな。 じゃあ、文化祭で雪乃ちゃんたちとライブをした時、私はなんの楽器だったでしょう?」 八幡「そんなの覚えてるに決まってるじゃないですか。 ……あれ?」 八幡(言葉が、詰まる。 俺は、思い出せなかった) 陽乃「……ほらね」 八幡「違います。 26 陽乃「そっか。 もうそんなところまで忘れちゃったか」 八幡(悲しそうに笑う陽乃さんの姿はとても弱々しい。 もうこの人が具体的に俺にどう関わっていたのかも思い出せない) 八幡(それでも、この人がいつも強く、畏怖の対象であったというイメージだけは残っていた) 八幡(だからそんな姿を見せることから、それほどまでに精神的にきているのだということもわかった) 陽乃「どうしてこんなことしちゃったんだろ。 いつもの私なら絶対にしないのになー」 陽乃「……なんてね。 その答えだって全部わかってるよ」 八幡「……なんですか?」 陽乃「それくらい、比企谷君を好きになっちゃったんだよ。 いつもの俺なら絶対にこんなことをしない。 いつもの私なら絶対にしないのになー』 陽乃『……なんてね。 その答えだって全部わかってるよ』 八幡『……なんですか?』 陽乃『それくらい、比企谷君を好きになっちゃったんだよ。 比企谷君を諦める決定的な理由) 陽乃(私と彼との間を完璧に断裂させる何かが) 陽乃(そうでもしないと私はきっと諦めきれない。 74 陽乃(後悔したって仕方ない。 68 八幡は 1.振り返る 2.振り返らない 下5までで多い方。 44 八幡「…………」 陽乃(彼はゆっくりと振り返った) 陽乃「あ……」 八幡「……?」 陽乃「え、えーっと……」 陽乃(まさか聞こえるなんて思っていなかった。 76 陽乃「それよりもちょっと変なこと聞くけど」 八幡「はい……?」 陽乃「私のこと……覚えてるかな……?」 八幡「えっ。 ……すいません、どこかで会ったでしょうか?」 陽乃「……っ!」 陽乃(ズキッと胸に痛みが走った。 わかっていたのに、それでも涙がこぼれそうになる) 陽乃(こうなるのを望んでいたのは他でもない自分なのに、矛盾している) 八幡「あの……大丈夫ですか……?」 陽乃「……うん、もうね」 陽乃(『罰』はもう受けた。 あとはもう、私が去るだけ) 陽乃「ごめんね。 人違いだったみたい」 陽乃(もう、こんなことはよそう。 91 陽乃「う……そ……。 どうして……?」 八幡「わからないですけど、現に今、俺は雪ノ下さんのことを覚えてますよ」 陽乃「だってあの時、比企谷君は私のこと……!」 八幡「まぁ、あの時は本当に忘れましたけど……。 それがどうしようもないくらいに、嬉しい) 八幡「ですか。 28 陽乃「ちぇー。 あんな強引な終りに意味なんてない) 八幡「で、どうするんですか?」 陽乃(それにいくらあの二人が比企谷君に近しいからと言って、それで私が諦める理由にはならない) 陽乃「そうだねー。 とりあえずそこらへんの喫茶店にでも入る?」 陽乃(欲しいものは何がなんでも手に入れる。 55 陽乃(雪乃ちゃんを泣かせたくないならそうならないようにすればいい。 私なら、それもできるだろう) 陽乃(きっと私が懸念していたことはみんな解決できる。 02 どうしてこうなったのかよくわからないけどこれでいいんじゃないかと思った 乙 最近の投稿• カテゴリー• 633• 631• 619• 446• 408• 108• 144• 147• 174• 155• 189• 189• 2 アーカイブ• 128• 118• 242 メタ情報•

次の

【俺ガイル・陽乃SS】雪乃「安価で比企谷君を更生させましょう」 八幡「はぁ?」

八幡 ss 陽乃

vip2ch. 56 八幡「そ、それは、あいつの好意に答えなきゃいけないと思ったからです!」 八幡「それに、あいつは雪ノ下と違って優しいし…. 83 雪乃「と、とにかく、比企谷君を通報するということでいいのね?」 八幡「おい」 陽乃「うーん…年上好みで、私じゃなくてガハマちゃんでもいい理由…」 雪乃「姉さん、あまり考え込まないでちょうだい…」 陽乃「あ、わかった!」 結衣「?」 陽乃「もー.. 62 八幡 最近、やたらと視線を感じる。 最近は小町か結衣とよくいることがあるので、ここでどちらが狙いか確かめよう 小町「それじゃあ、小町はこの辺で!お兄ちゃん、結衣さん、じゃあねー」 八幡「またな」 結衣「じゃあねー!」 結衣「~が~でねー!」 八幡 まだ視線を感じる…狙いは結衣か? 結衣「それでねーって、ヒッキー聞いてる?」 八幡 もしくは俺への逆恨みか… 結衣「おーい!ヒッキー!」 八幡 どちらにせよしばらく警戒しておいた方がいいな 結衣「ヒッキー!!」ダキッ 八幡「うおっ!急にどうした?」 結衣「ヒッキーさっきまで聞いてた?」 八幡「…. すまんな、考え事してた」 結衣「あまり一人で考え込まないでね?」 八幡「ああ…ありがとう」 ??「あんなに気安く私の八幡に抱きつくなんて…. すぐにその女から開放してあげるね、どんな手を使っても…. 74 学校 八幡「…. 結衣、俺はトイレ行くから、先言っといてくれ」 結衣「うん、分かったよ」 八幡 さて、どう出るか….. 61 それから放課後 結衣「やっはろー!」 雪乃「こんにちは、由比ヶ浜さん」 八幡「ちーっす」 雪乃「あら由比ヶ浜さん、その人は依頼人?私の知らない人のようだけれど…」 八幡「もう慣れたよ」 結衣「私もやめさせるように何度も頼んだけど、もう諦めたよ…」 雪乃「ドャァ」 八幡 結衣「はぁ…」 陽乃「は、八幡ー!」ガララララ 八幡「ゆ、雪ノ下さん!?」 雪乃「あのバカっぽい挨拶もなしに姉さんが入ってくるなんて…」 結衣「ど、どうしたんですか?」 陽乃「ざい…ざいなんとくんが…」 八幡「材木座がどうしたんですか?」 陽乃「戸塚君とキスしてたんだよ!」 八幡「場所は!?」ガタッ 陽乃「君の教室!」 八幡「待ってろ戸塚あああぁぁぁぁ!!!!」 八幡以外「…. 55 その頃八幡は… 教室 八幡「材木座あああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」ガララララ 材木座「ど、どうしたのだはちまn 八幡「天使をよくも汚したなあぁぁ!!」 材木座「え?」 その瞬間、材木座は飛んだ それは芸術と言ってもいいというくらい美しかった 材木座への最後の情けと言わんばかりに、 八幡は材木座を殴ったのだ 八幡「ごふぅぅ…. 40 陽乃「…へ?」 雪乃「だって姉さんはいつも彼のことを『比企谷君』と 呼んでいたじゃない」 結衣「た、確かに」 雪乃「さて、答えてもらいましょうか?」ニコ 陽乃「…. 」 雪乃 比企谷君がストーカーにあっているのは本当でしょう 雪乃 そして姉さんは適当な理由をつけて逃げたけれど 必ず何か知っているはず… 雪乃 せっかく彼のことを諦めたのに、ここで彼に何かあったら きっと私は耐えられない 雪乃「姉さん…今度は何をしようと言うの?」 結衣「…. 42 八幡「….. ただいま」 結衣「おかえりヒッキー」 八幡「陽乃さんは?」 雪乃「…. 04 八幡の部屋 八幡「……なにか違和感がある」 八幡「最近はこの部屋以外は見られてる気がする」 八幡「んー…. 17 八幡「今日は結衣とデートだから」 小町「えっ」 八幡「いってきます」 小町「むぅ….. 気が抜けないな ??「ああ…八幡、待っててね…. 93 夕方 八幡「楽しかったな」 結衣「うん!」 八幡「また行こうな」 結衣「ねぇ…ヒッキー」 八幡「どうした?」 結衣「私は今がすごく幸せだよ」 結衣「ヒッキーやゆきのん達と一緒にすごせる毎日が、凄く幸せ」 結衣「でも高校を卒業しちゃうと、多分皆バラバラになっちゃう」 結衣「凄く悲しいよ…. 」 八幡「結衣…. 」 結衣「でもね…. 47 朝 八幡「….. 」 そして俺は雪ノ下さんにずっと犯され続けた 写真も、動画もとられた 八幡「…. 」 結衣にあんなこと言ったのに そう考えると涙がにじみ出てくる 八幡「…. 今日は学校休もう…」 本当にすまない…結衣…. 77 なんて言ってみたが 実際凄く死にたい もちろん怒りがこみ上げてこなかったと言えば嘘になる この後、雪ノ下さんが来る予定がある その時は多分また犯されるだろう ああ…. 死にたい おわり.

次の