ラグドール。 ラグドールの子猫を探す|専門ブリーダー直販の子猫販売【みんなの子猫ブリーダー】

ラグドールの値段や性格は?体重や寿命の特徴・飼育のポイント

ラグドール

ラグドールの性格5選!飼い方や平均寿命、かかりやすい病気まで ぬいぐるみという意味の名を持つ「ラグドール」は人気のある猫の種類です。 ラグドールはとてもおとなしい性格で、抱っこされることを好む珍しい猫です。 この記事ではラグドールの性格を詳しく説明すると共に、これからラグドールを飼いたいと考えている方に向けて、性格の他にも覚えておきたい基礎知識を紹介します。 ペットショップやブリーダーでお迎えする際の値段や平均的な寿命、被毛の特徴から主な飼い方、飼うのに向いている人・環境、かかりやすい病気など、ラグドールを飼う際に必要な情報を記載していますので、参考にしてみてください。 2020年04月14日 更新 71782 view• ラグドールは、その名の通り、ぬいぐるみのようで本当に愛らしいですよね。 ラグドールは、比較的大人しい性格の個体が多いとされていますが、子猫時代は他の品種に負けず劣らず、とっても活発です。 また、大型猫は成長が緩やかなことから、3歳を過ぎても成長が止まることはありません。 子猫時代が長いともいえますね。 記事に合った、壁や家具で爪とぎをしないというのは、個体によりけりだと思います。 ラグドールは、他の品種に比べて狩りに興味が薄く、引っ掻くという行為自体が少ないため、爪とぎをしないといわれています。 ただ、爪とぎは猫本来の習性であり、ラグドールであっても、全く爪とぎをしないわけではありません。 実際に、知人宅のラグドールはとってもわんぱくで、壁で爪とぎをしてしまうと手を焼いていました。 ただ、とっても穏やかで協調性も高く、人懐っこい品種なので、人間との共存には向いているのかもしれませんね。 子猫時代が長いといえど、体は大きくなりますので、高いところにジャンプしたり、物を倒したりすることがあるので、怪我をしないように注意が必要です! うちの子はラグドールMIX女の子ですが、20歳7ヶ月になりました! よく食べ、よく遊び、よく眠る猫で室内飼いを徹底しています。 比較的怖がり?なのか、外に興味がありません。 20歳になっても毎日のブラッシングで毛ヅヤもよく、足腰もあまり弱っていません。 いまだに走ることができます! ただやはり年齢的なものから、腎疾患と高血圧があります。 性格は寂しがりやで、かまってちゃんです。 いたずらはしなかったと思います。 同居猫のアメショーの方が壁紙を破いたり 色々大変でした。 中型だからか、体重が一時8kgくらいになったことがあります。 サイズに合うキャリーバッグが無くて困りました! 甘えるおとなしい大きめな猫を飼ってみたい方に向いていると思います。

次の

癒しのラグドールブリーダー・キャッテリー|かわいい子猫に出会えるブリーダー直販サイト

ラグドール

これから猫と一緒に暮らしたい! となったら、「どんな猫を迎えようか?」と迷い始めることでしょう。 いろいろと話しを聞いたり、調べたりすると、猫の種類の多さや猫種によっての性格の違いに驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。 ここでは、ラグドールという種類の猫について、特徴や魅力、一緒に暮らす上で気をつけておきたいことなどをご紹介したいと思います。 ぜひ、家族の一員として末永く、仲良く一緒に暮らしていくための参考にしてみてください。 ラグドールの性格は? ラグドールをはじめ、猫と良い関係を保ちながら暮らしていくためには、その性格を理解しておくことが大切です。 では、ラグドールの性格はというと? いくつか見ていきましょう。 落ち着いている 大きな体つきも影響してか、ラグドールは、落ち着いた性格の子が多いとされます。 相手が他人だったとしても(子どもだったとしても!)抱っこされると全力で体を預けてくるほどです。 また、遊ぶことは大好きなのですが、あまり激しい遊びは好まないとのこと。 リラックスして、ソファーやクッション、飼い主のひざの上にいる方がお好みのようです。 従順な性格 抱っこが大好き、というくらいなので、性格は従順です。 他の猫に比べると「気ままだなぁ」と感じることは少ないでしょう。 しつけもしやすいので、初めて猫を迎えるという飼い主も安心して一緒に暮らしていけそうです。 情が深い おっとりとした性格で、小さな子供がちょっかいを出してきても「にゃー!!」と怒ることは少ないでしょう。 もちろん本当に嫌なときには反発しますが、基本的には大らかに受け止めてくれるので、子供と一緒に成長していくことができそうです。 飼い主のそばで静かに寄り添っている姿は、情の深さを感じさせますよ。 ラグドールの魅力 しつけもしやすく、騒いだりしないこと。 そして、大らかで、人間に抱っこされることが大好きというラグドール。 この猫を迎えたい! と考える方が多いのも納得ですね。 しかし、ラグドールの魅力はこれだけではありません。 ひとつずつ紐解いていきましょう。 大きな身体 ACCスタンダードブックによると、「やや大型の体躯は多少長めのボディで、骨格頑健、骨量豊富、極端に大きな体重を持つ。 首は太く、頑強で重厚感を持つ体躯に良く調和している。 胸深・胸幅は共に豊かで、肩幅と腰幅は同じ広さを持つ。 筋腱良く発達し、特に腰部、後躯に大きな重量を持つ」とあり、大型猫であることがよく分かります。 筋肉質でがっしりしているところがラグドールの魅力といえます。 大人になったときのは男の子が6~9kg、女の子は4. 5~6kgと、猫の中では大きめです。 中には、10kg前後まで大きくなる子もいるようです。 抱っこされることがラグドールにとっての至福とも言えるので、飼い主は心しておきましょう! 【関連記事】 成長がゆっくり 血統書発行団体「TICA」によれば、ラグドールは、およそ4年かけてゆっくりと成猫になっていきます。 きれいな毛色 多くのラグドールの毛色はバイカラー(白と他の色の2色の毛色)、顔周りや耳、しっぽなどはこげ茶色やグレーなどの濃い色、それ以外は白やキナリといった淡色になっています。 つやつやでゴージャス、上質なシルクのような手触りはラグドールの猫の特徴です。 毛の長さはセミロングで短毛種ではありません。 ただ、短めの毛を持つラグドールはいます。 上質な毛並みを保つにはバランスのよい食事とストレスフリーな暮らしが不可欠。 飼い主としては、いつだって美しい被毛であるように健やかな暮らしを支えてあげたいですね。 それに加えて、ラグドール特有の大きな身体を寄せて甘えてきたり、抱っこすると全身の力を抜いて信頼していることを示してくれる様子は、飼い主にホッと安らぎと癒やし、あたたかい気持ちをもたらしてくれるでしょう。 飼いやすい 従順な性格やしつけがしやすいこと、そして、騒がしく動き回らないといった点は、集合住宅を住まいとする現代のライフスタイルに馴染みやすいと言えるでしょう。 また、ことも少ないとされるので、ご近所に迷惑をかけることも少なそうですね。 もし困った点があるとすれば「身体が大きくて抱っこが大変…」というところかもしれませんが、それも魅力のうちでしょう。 【関連記事】 ラグドールを家族の一員として迎える方法 いよいよ、ラグドールを迎えたい! と考えたなら、どんな迎え方があるでしょうか? よく知られる3つの手段を挙げて解説していきます。 ペットショップでラグドールを探す ペットショップなら、フードやトイレなど、猫に必要なものを一緒に揃えられるため、迎えたその日からきちんと住環境を整えてあげることができそうです。 しかし、ラグドールはまだまだめずらしい猫種。 ペットショップで出会うことは少ないと考えられます。 ブリーダーさんから紹介してもらう 他の猫種に比べて少ないながら、日本でもラグドールの専門ブリーダーさんが見られるようになってきました。 費用はブリーダーさんごとに違いがあるので、事前にしっかりと確かめておくようにしましょう。 この方法の最大の特徴は、迎えると決めた子の特徴やクセ、これまでの成長の様子や環境などを聞いたり、質問できる点が挙げられます。 また、親猫や兄弟・姉妹たちの姿を見る機会も得られる可能性があるので「将来どんな風に成長していくのか」を想像しやすくなるでしょう。 とくに、はじめて猫と一緒に暮らすという方は、いろいろと心配ごともあるでしょう。 そうした心配事を相談することもできるので、心強いですね。 里親になる 最近は「せっかく猫を迎えるなら、保護猫の里親になりたい」と考える方が多くなってきたようです。 譲渡会の情報もチェックしやすくなってきました。 ただ、そもそも譲渡会や保護猫の成り立ちを考えると「ラグドール」という純血の猫種との出会いの場としては、あまり馴染まないかもしれません。 可愛い子猫との出会いをお探しなら 末永く一緒に暮らせる、大切な家族と幸せな出会いをしたいものですね。 そんな出会いをお探しなら、を活用してみては?全国のペットショップから探すことができる情報サイトです。 エリアや品種などの条件から簡単に検索できるので、ぜひご覧ください! ラグドールについてはコチラをチェック! お迎えの費用 前述の「ハローべいびぃ」によると、ペットショップで迎える場合は、150,000~310,000円(2018年4月現在)といったところでしょうか。 迎え方によって費用も異なってくるので、ご家族でよく検討しましょう。 【関連記事】 ラグドールを飼う注意点 おとなしく人懐っこいラグドールを迎える方は多く、人気の猫種のひとつとなっています。 しかし、だからといって一緒に暮らすうえで気をつけることがない、ということではありません。 病気のリスクや日常の中でストレスを感じること、フードにだって注意を払う必要があります。 とくに注意したいポイントをいくつか挙げてみましょう。 かかりやすい病気 ラグドールの遺伝的な病気として、があります。 この病気は、心筋が分厚くなる心臓の病気です。 病状にもよりますが、疲れやすくなったり、呼吸が早くなったり苦しくなったりする症状が見られます。 薬によって病気の進行を遅らせることができますので、早期発見のためにも、マメな定期健診が重要です。 【関連記事】 【関連リンク】 このほか、はどんな猫にも起こり得るので、おしっこの量や色や臭い、排尿時の様子(痛がったり、爪を立てたりしていないか、など)には気を配るとよいでしょう。 また、ラグドールは毛量が豊富なので、毛づくろいによって飲み込む毛が多く、上手く排泄できずに、胃内で毛がフェルトのように固まってしまうを起こすことも珍しくありません。 こまめなブラッシングを習慣化し、生え変わりの時期にはとくに注意しておきましょう。 食欲が低下しているように見えたり、えづいたりするようであれば、かかりつけ医に診てもらい、適切に処置してもらいましょう。 【関連リンク】 ストレスを与えない ラグドールに限りませんが、猫はお家の模様替えをしたり、引っ越しをしたりするとストレスを感じることがあります。 そうした時には、新たな居場所が安心して過ごせる場所であることを教えてあげて、早くストレス状態から開放してあげたいもの。 飼い主が抱っこしたり、撫でたりして落ち着かせてあげると安心してくれるはずですよ。 また、飼い主やそのご家族があまり構ってくれなかったり、抱っこしてくれなかったりすると、寂しさからストレスを感じることもあります。 ぜひ日ごろからたくさん遊んであげてください。 キャットタワーについて 多くの猫たちは キャットタワーが大好き。 しかし、ラグドールはあまり高い場所を飛んだり跳ねたりするタイプの猫ではないと言われています。 「あ、なんか置いてるな」とスルーされることも…。 そのため、もしキャットタワーを用意するとしても低めのもので十分です。 ただ、それで遊んでくれるかどうかは、猫次第です…。 もし選ぶなら、もっとも注意すべきなのは、高さではなく「安定性と安全性」です。 ラグドールは大きい子なら10kg近くのになります。 その体重を支えられるものでなければならないことを心得ておきましょう。 【関連記事】 フードの選び方 ラグドールは食欲旺盛! しかし、年を経るごとに運動量が少なくなり、になりやすい傾向があります。 そのため、フード選びは慎重に。 成猫になるまでは、「高たんぱくで高カロリー」な栄養たっぷりのフードを選ぶようにしましょう。 栄養が偏ったり、不足したりすると自慢の毛並みが維持できなかったり、きちんとした身体づくりができなかったりと、後々の猫生に影響が出てきます。 成長が止まった後は、「高カロリー食」は、肥満を招きます。 高齢になるにつれ消化不良の心配も出てきますので、ライフステージにあったフードに変えていくようにしてください。 飼い主は猫の健やかな成長を支える存在です。 もしフード選びに自信がなかったら、専門家やかかりつけ医に相談するのもひとつの手です。 【関連リンク】 ラグドールのペット保険料は? わが子にはできるだけ元気で、健康でいてほしい…。 それが家族の一番の願いではないでしょうか。 ただ、どんなに強く願っていても、いつ何が起きるかは誰にもわかりません。 万が一、何かがあったとき、守ってくれるお守りのようなものがあったら安心ですよね。 それが「保険」です。 「もしも」を防ぎ、「もしも」に備える「予防型ペット保険」をご存じですか。 愛するわが子のために、検討してみてはいかがでしょうか。 猫の保険について詳しく書かれた記事はです。 気になる保険料は1歳だと2,380円~(参照:アニコム損保「ふぁみりぃ」)。 詳しくはこちらをご覧ください。 まとめ アニコム損害保険株式会社の「ペット保険」に加入しているネコちゃんのうち、ラグドールのお友だちはおよそ2,500頭で、人気上位第10位の猫種です(アニコム家庭どうぶつ白書2017より)。 周囲の飼い主友だちの中にも、ラグドールと一緒に暮らしているという方がいらっしゃるかもしれません。 受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30 どうぶつの病気に関するデータを公開 アニコム損保が保有する世界最大規模の診療データをもとに、猫種別・年齢別・性別のかかりやすい病気や、診療費の目安、平均通院回数などの統計データを調べることができます。 監修獣医師 RANKING• 猫と一緒に暮らすとき、一体なにを用意すればよいのでしょうか。 猫を迎えるにあたって初日に必ず用意しておくべ... 2020. 愛猫がなつかないから、手放したい……そんな風に思い詰めることがあるかもしれません。 精一杯尽くしているのに... 2020. 愛猫のお手入れをすることには、うれしいメリットがたくさんあります。 まず、身体を清潔に保つことで、健康維持... 2020. 猫と一緒に暮らす人なら、誰もが気になる猫の病気。 大切なわが子が病気にならないように気を付けたいことや... 2020. ワクチンとは感染症を予防するために病原体を無毒化または弱毒化した薬液です。 ワクチンを身体に接種すると、感染症... 2020.

次の

【猫の品種】ラグドールが1ページでまるわかり~特徴・歴史から性格・お手入れの仕方まで

ラグドール

ぬいぐるみという意味を持つラグドールは、1960年代にアメリカで交配種として誕生しました。 大型種にも拘らず飼い主に従順なおとなしい特徴を持ちます。 体毛は2色のバイカラーの長毛種でダブルコートで非常にかわいい猫種ですよね。 可愛いラグドールですが子猫に見られる好奇心の数々、換毛期の抜け毛、爪とぎ、噛みつきなど、他種猫でも見られる困りごともあります。 また、ラグドールは何と言っても食欲旺盛で日々成長して瞬く間に大きくなりますが、好きに任せての食餌は困ったことにもなってしまいます。 さて、今日はこのふっくら可愛ラグドールを上手に飼う方法と、ラグドールを飼っている人が困っている事についてお伝えします。 ではご覧ください。 何でもオモチヤにしてしまいます 子猫はラグドールに限らず遊ぶのが大好きで、飼い主の迷惑などなんのその、無邪気に戯れます。 ふっくらとしたぬいぐるみの雰囲気のあるラグドールは、まさに目の中に入れても痛くないと思えるかもしれません。 例えば、せっかく畳んだ洗濯物などは格好の遊び道具、狭い所に入り込むのも得意です。 そこで、怒ることも忘れて愛猫の戯れを見ていると、まるで癒しの魔法に掛かったような時を過ごします。 しかしこれでは、家事の手は幾つあっても足りません。 小さな愛猫のラグドールの可愛い盛りの今しか味わえない貴重な一コマは、無下にはできない気持ちもあってもどかしくなってしまいます。 爪とぎを止めさせられません ラグドールの爪とぎは、生後5週齢ころからおこなわれる本能のポーズです。 手当たり次第に爪とぎします。 特に以前からの匂いが浸み込んだ壁などは真っ先に削られます。 爪とぎはマーキングしていることです。 自分をアピールしています。 そこで、爪とぎをしてほしくない場所に合成フェイシャルフェロモンをスプレーし、爪とぎ器を用意しました。 爪とぎ器は種類があるのでラグドールが気に入るかがポイントになります。 そこで粘り強く手を変え品を変えて、その効果を見定めていく根性が必要です。 結局のところラグドールの伸びた爪を小まめに手入れして、絶えず飼い主と向き合っていく姿勢が大切なのかもしれません。 抜け毛が気になっています ラグドールはバイカラーの長毛種の被毛を持つ大型の猫です。 その被毛は柔らかく豊富にあって絹のような肌触りです。 ところが、フローリングなどに抜けた毛が落ちているので、気になってしかたありません。 ラグドールの被毛は新しい被毛に順次入れ替わっていきます。 猫毛の成長は日に3mm伸びると言われます。 季節の変わり目(春秋)のポインテッドの換毛期には顕著に見られる現象です。 室内飼育では小まめの床掃除は必須になります。 抜け毛が気になってしかたない場合は、空気清浄器の活用や小まめの床掃除やブラッシング、シャンプー可であればまとめて処理するのがよいことになります。 シャンプーを嫌っています ラグドールをシャンプーできずにいます。 嫌がる素振りを見せます。 以前飼っていた他種の猫たちはシャンプーを嫌がりませんでした。 猫のシャンプーはアレルゲンのもとを少なくできる効果を期待しているからです。 少しでも汚れを落として清潔に保ちたいという飼い主の思惑もあります。 しかし、一説にはシャンプー後1週間で空気中アレルゲン量は元に戻ると言われます。 それでもシャンプーはできればしたいものです。 その一方で、ラグドールも猫本来の性質として体を濡らすことを嫌います。 そこで、シャンプーのストレスを避けて必要なとき以外はせずに、普段は濡れタオルで汚れた部位をふき取るのが賢明な手段になります。 加減のない噛みつきをします ラグドールの噛みつきに困っています。 甘噛みではなく結構痛いです。 子猫のときに親や兄弟からはやく引き離されたかもしれません。 遊びを通じて致命的な怪我を負わせない自制することを学べなかったのです。 他者から遊びを通して多様なことを学ぶものです。 そのチャンスを逸した可能性があります。 社会性が乏しいためと考えられます。 そこで、可愛そうなラグドールに飼い主が一緒に遊んで学ばせていきます。 猫用のオモチャを使って、しばらくはラグドールと遊びながら自制の加減などを覚えさせます。 その際は決して手を噛ませて遊ばないことです。 そうでないと手に噛みついてもよいのだと学習するかもしれないからです。 食餌のメニューに迷っています ラグドールの食餌の与え方で迷っています。 ドライフードとウェットフードの両方を食べさせる方法。 また、ドライフードだけ食べさせる方法をどちらにするかです。 そして、一日三食か。 朝夕の二食にするかです。 ラグドールは大型種です。 そこで、運動量も加味して食餌量を与えていきます。 食餌量は週齢や月齢、年齢による個体差によって異なります。 それに対処するためには必要量を食べさせることが重要です。 そこで、ドライフード単独でメーカーのガイドラインによる与え方を基準にします。 ラグドールの健康を第一に考えれば、質の良いドライフードだけで育てた方が、過不足のない栄養成分を与えられるようです。 転落や不意の事故を心配しています ラグドールは抱っこされると甘えてきます。 非常に優しく温和な性格で飼い主に従順です。 爪でひっかかない傾向があり狩りの本能も希薄になっているようです。 また、それ等は遺伝的なものだと言われています。 そして、多種の猫たちより奥手になっていて成熟までに2~3年を要します。 体重は10Kgを超えるオスも見られます。 動きは緩慢で敏捷性に欠けるために咄嗟の事故が心配になります。 マンションなどの高い所では、開けていた窓からうっかり外に落ちるかと心配になります。 ラグドールはふっくらした狸さんにも例えられるくらい、愛くるしい風貌をしていますよね。 しかし愛猫飼育には必ず問題はつきものです。 個々の愛猫は各々が違う個性を持って生まれてくるので仕方ないものです。 そして、その困りごとを解決するために取り組んだ苦労の数々は、飼育する者の至福の喜びなのかもしれません。 ラグドールを飼って困った事が沢山あるかもしれません。 でもそれはラグドールに限ったことだけではありません、ですのでこれからもラグドールを大切に飼っていってくださいね。 まとめ ラグドールを飼っている人が困ってしまうのは ・遊び盛りなので何でもオモチヤにしています ・爪とぎを止めさせようと奮闘しています ・季節の変わり目の抜け毛が気になっています ・シャンプーを嫌うのでその代案を考えています ・加減のない噛みつきを何とかしたいと思います ・食餌の内容や与え方で迷っています ・マンションなどの窓から転落する恐れがあります.

次の