カネカ の 株価。 (株)カネカ【4118】:株式/株価

カネカ|株配当と株主優待の権利確定日はいつ? (TYO:4118)

カネカ の 株価

売り カネカ 4118 の売り予想。 ma-cyann さんの株価予想。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

売り

カネカ の 株価

Contents• カネカ(4118)について まずはカネカの会社概要から見てみましょう。 最近は新型コロナの治療薬として期待されるアビガンを富士フィルムへ供給することでも話題になっています。 カネカ(4118)の株価推移とチャート カネカの株価をチャートを見ながら解説していきます。 <カネカの日足> 2019年3月~2020年5月までの日足ですが、 株価は右肩下がりに下落推移しています。 長期移動平均線に抑えられる形で下落しており、2020年3月にはコロナショックもあり、さらに下落が続いているという状況です。 売上高 営業利益 純利益 1株利益 1株配当 17年3月 548,222 33,164 20,484 308. 6 18 18年3月 596,142 36,888 21,571 328. 4 18 19年3月 621,043 36,041 22,238 339. 1 64 20年3月 601,514 26,014 14,003 214. 7 100 21年3月 ー ー ー ー ー 売上高は19年3月期までは右肩上がりでしたが、 20年3月期には微減となっています。 一方、利益も同様に19年3月期までは増加していますが、 20年3月期には減少しています。 2021年3月期ついては、新型コロナの影響が不透明であり、見通しは未定としています。 売上高は20年3月期に減収となり、成長は足踏み• 利益も20年3月期には現役となり、成長は足踏み• 営業利益率は4. 3%でした。 引用: 前年度からの減収・減益の理由としては、米中貿易摩擦、そして新型コロナによる相場変動が大きいようです。 化学メーカーは、為替・原油相場の影響を受ける傾向にあり、今回のコロナショックにより為替は円高、原油は暴落したことがカネカの業績にも大きく影響したようです。 また、新型コロナでは、人、モノの移動が無くなり、経済実需が低下したことも厳しい決算に繋がっています。 引用: 売上高 営業利益 純利益 1株利益 利益率 19. 01-03月 153,428 9,422 7,557 115. 2 6. 04-06月 148,822 7,004 3,491 53. 5 4. 07-09月 151,033 5,813 2,555 39. 2 3. 10-12月 152,612 6,074 3,186 48. 9 4. 01-03月 149,047 7,123 4,771 73. 2 4. コロナショックにより、円高は継続、原油は低迷しているので、引き続きカネカの四半期決算は注視する必要があります。 カネカの配当金、株主優待• 配当金:未定(2021年3月期)• 新型コロナウイルスの影響により業績見通しが未定となっているため、配当金も同様に未定となっています。 なお、これまでは下記の通り配当金は推移しています。 直近5年を見てみると 配当金は増配傾向であり、配当性向も上昇しています。 直近である20年3月期の配当金は、1株当たり100円であり、2020年5月20日の株価2,728円から考えると、 配当利回りは3. 7%です。 20年3月期の業績が落ち込んだこと、21年3月期の配当金が未確定ではありますが、最近の傾向として増配してきたことを考えると、配当金は維持される可能性があります。 そう考えれば、カネカは企業としては安定していますし、配当利回り3. 7%も悪くなく、高配当投資の検討に値すると思います。 21年3月期の配当は未定だが、配当が維持であれば 配当利回りは3. 株主優待はなし カネカ(4118)の株価予想 カネカの株価の今後の予想ですが、 2,700~3,700円のボックスで低迷と考えます。 カネカの日足は1年ほど移動平均線に抑えられる形で右肩下がりで推移しており、コロナショックにより株価は低迷した状態が継続しています。 また、ファンダ面からも、 直近四半期の20年1-3月の売上・利益が悪化し、買いは入りにくい状況です。 そう考えると、短期的には 3,100円がレジスタンスラインとなります。 3,100円は突破できる可能性はありますが、もう1つ上の3,700円のレジスタンスラインを超えるには業績の改善などの材料が必要でしょうね。 月足ではサポートラインである2,700円で支えられており、2,700円を割ることは考えにくいですが、逆に大幅な上昇も見込めないと思います。 20年3月期の 通期業績は売上、利益ともに減少方向であり、中長期の買いも入りにくいと思います。 また、過去のカネカのチャートの傾向として、景気変動に合わせて株価が変動する傾向にあります。 そうなると新型コロナが世界的にまだ落ち着いていない現状を考えると、株価は低迷が継続し、上昇したとしても 3,700円のレジスタンスラインに抑えられると思います。

次の

売り

カネカ の 株価

株式市場の振り返り-日経平均株価は3日ぶり大幅反発、一時20,000円回復目前まで迫る 2020年4月17日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)• 2%) 3日ぶり大幅反発• TOPIX 1,442. 4%) 反発• 東証マザーズ株価指数 738. 1%) 5日続伸 東証1部上場銘柄の概況• 値上がり銘柄数:1,063、値下がり銘柄数:1,034、変わらず:71• 値上がり業種数:27、値下がり業種数:6• 年初来高値更新銘柄数:40、年初来安値更新銘柄数:1 東証1部の出来高は14億905万株、売買代金は2兆6,104億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。 トランプ大統領が米国経済再開の指針を公表したことで買いが優勢となりましたが、引き続き慎重なスタンスを取る投資家も多かったようです。 売買代金は活況の目安である3兆円には届かずに終わっています。

次の