急性 膵炎。 膵炎について

急性膵炎とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

急性 膵炎

増えている急性膵炎|症状|原因|腹痛|膵臓 急性膵炎(すいえん)の患者さんは年々増え続けていますが、特に男性に多い病気で、中高年層が最も多く、膵臓が腫れるだけで安易に回復する比較的軽症なものから、多臓器不全といって、心臓や肺、腎臓など重要な臓器が一度期に障害を受けるような、死に至ってしまう重症まで様々です。 医療技術が発達し、死亡率はかなり下がってきていますが、重症にならないうちに早期発見、早期治療が重要です。 膵臓は、みぞおちとへその間に位置しており、形は左右に細長く、長さ約10cm〜15cm、厚さ約2cmで、30歳代のピーク時で約100g〜120gに達したあと、 徐々に減少していきます。 膵臓は、主に二つの異なる働きをしています。 一つは、血糖値を下げるホルモン(インスリン)や、血糖値を上げるホルモン(グルカゴン)を生産し、血糖をコントロールしています。 これを「内分泌機能」といいます。 もう一つの働きは、私たちが食べ物を食べた時の消化に必要な消化酵素〔炭水化物を分解するアミラーゼ、たんぱく質を分解するトリプシン、脂肪を分解するリパーゼ〕 などを含んだ「膵液」という消化液を分泌することです。 これを「外分泌機能」といいます。 又、膵液には、胃酸を中和させる働きもあります。 このように膵臓は皆さんにはあまり馴染みのない臓器かもしれませんが、胃や肝臓、腸などと同じように私たちのからだにとって非常に大切な役割を果たしているのです。 急性膵炎ってどんな病気? 膵臓は、食べ物の消化に必要な色々な酵素を分泌していますが、膵臓が正常に働いているときは、それらの消化酵素が膵臓自体を消化してしまわないように安全に働いているのですが、何かの原因でうまく機能しなくなったときに、膵臓は自分で自分を消化し始めてしまうのです。 この現象が起こると、膵臓に浮腫(むくみ)、出血、壊死などの急性炎症が起こるのです。 炎症を起こした膵臓からは、他の臓器に悪影響を及ぼす様々な物質が多量に出され、血液中に流れ込みます。 そのために、心臓、肺、肝臓、腎臓、消化器官などに障害が及んで機能しなくなることがあるのです。 急性膵炎の原因となることで一番多いのは、アルコール(お酒の飲み過ぎ)です。 次に多いとされているのは胆石で、胆石が膵液の出口をふさいでしまうために起こるのです。 原因不明のものもあり、それを「突発性」と呼んでいます。 飲酒を続けていると、膵臓の分泌がアルコールによって刺激され、多量の膵液によって膵管の内圧が高くなり、膵炎が起こるという可能性と、アルコールそのものが体内で分解されるときに発生する物質が、膵臓の細胞を直接傷害する可能性があるのです。 胆石は、肝臓でつくられる胆汁の通り道にできる結石ですが、この胆石が胆管の中を移動して、膵液の出口をふさいでしまうと急性膵炎が起こります。 急性膵炎の症状 まず、ほとんどの患者さんは腹痛を訴えます。 上腹部に激しい痛みを訴える人が多く、しかし痛みの程度は個人差があるのも事実です。 軽い痛みから、じっとしていられないほどの激痛までさまざまです。 痛みは持続性で、痛む箇所もみぞおちからへそまで広い範囲におよんだり、痛む箇所が特定できなかったりする場合もあります。 上腹痛の次に多いのが吐き気と嘔吐です。 吐いても腹痛は続きます。 痛みを背部に感じる人もいますし、発熱を伴う人もいます。 他には、食欲不振や膨満感などの症状も訴えます。 このような症状は、徐々に出てくることもあれば、食事や飲酒の数時間後に突然激しい腹痛が現れることもあります。 痛みが楽になる場合もありますが、時間とともに重症になることもあるので、上腹部が痛んだり、背中に痛みを感じる場合は早めに内科、消化器科を受診することをお勧めします。 急性膵炎の多くは、軽症から中等症で、絶食と絶飲と輸液により順調に回復していくのですが、発症から2〜3日は経過を十分に観察しながら適切な治療をしますので、たいていの場合入院が必要となります。 膵臓を悪くしないためには 膵臓にとって大きな負担になるのが、暴飲暴食や刺激の強い食べ物や飲み物などです。 普段から満腹まで食べている人や、アルコールを飲む人は注意です。 ポイント 脂肪食の過剰摂取は、膵炎のリスクが高くなります。 栄養バランスのとれた食事をすること。 脂身の多い肉や、揚げ物などはできるだけ控えましょう。 どれだけ飲酒をすれば発病するというような基準はないのですが、やはり一般的に飲みすぎは身体にとって良いことは一つもありません。 お酒はほどほどに、「禁酒」と言われたら絶対に飲まないように。 急性膵炎や膵臓ガンは、発見が遅れると命にかかわります。 早期発見と治療のためには定期的に健康診断を受けるようにして下さい。 人間ドックも年に1回は受けることを お勧めします。

次の

急性膵炎発症時に体内で起こる合併症を簡単に読め完治できるような医学的な解説

急性 膵炎

どんな病気 膵臓は、胃の裏側に、横たわる様に位置した実質性臓器で、長さ15〜20cm、幅3〜4cm、重さ80〜100gの淡黄色の臓器で、その機能は、アミラーゼ、リパーゼ、トリプシンなどの酵素を分泌してタンパク質や脂肪などの消化に関わっているとともに、インスリンやグルカゴンなどのホルモンを分泌し、血糖調節などの機能に関わる臓器です。 急性膵炎とは何らかの原因で、膵酵素が活性化され、膵の自己消化が引き起こされる病態です(膵臓自身が自分を消化してしまうということです)。 膵の炎症、浮腫に留まる軽症急性膵炎から、呼吸困難、ショック状態(急激な血圧低下と頻脈など)、出血傾向(消化管出血など)、重傷感染症、多臓器不全(腎不全、肝機能不全、呼吸不全など)を併発し瀕死状態となり得る重症急性膵炎まで、その病状は様々です。 どんな症状 上腹部の激しい痛みが特徴です。 しばしば痛みは背部にも及びます。 痛みが激しいために前屈姿勢をとることも特徴とされています。 このほか、発熱、悪心と嘔吐などもみられます。 重症な急性膵炎では、全身状態が不良で、意識障害、呼吸困難、消化管出血による下血、吐血、尿量の極端な減少などがみられることがあります。 急性膵炎は重症化すると、血管から水分が血管外に移行し、循環血液量が減少し、ショック状態と呼ばれる低血圧状態が引き起こされます。 そのほか、肺水腫、DICと呼ばれる出血傾向(消化管出血、腹腔内出血など)などの他、肝臓、腎臓、肺の機能不全がおこり、多臓器不全状態となり、瀕死の状態にもなり得ます。 また、壊死性膵炎という状態では、膵壊死組織の感染により敗血症を来すこともあります。 どんな診断・検査 採血、採尿により、血液中、尿中のアミラーゼなどの膵酵素の濃度が極端に上昇している場合、急性膵炎が疑がわれます。 腹部超音波検査、腹部CTなどの画像診断により、膵の腫大や膵臓周囲の液貯留などの所見が認められた場合、急性膵炎診断の根拠となります。 どんな治療法 絶飲食の状態で点滴治療を受け、膵臓の安静をはかることが大切です。 内科的治療が中心で、適切な点滴療法、膵酵素阻害剤や抗生剤の投与などが行われます。 重症急性膵炎の状態に対しては、腎不全に対する血液透析、呼吸不全に対する人工呼吸管理、DICに対する各種薬物療法なども行われます。 外科的に壊死性膵炎の膿瘍などを除去したり、ドレナージといって壊死感染物質を腹腔外に誘導する管を手術的に挿入したりすることもあります。 特殊な場合としては、総胆管結石による胆石性膵炎では、内視鏡的乳頭切開術を施行して、原因となっている胆石を除去することが先決です。 軽症の急性膵炎は内科的治療が奏功します。 予防の第一は、暴飲暴食を避けることです。 また、胆嚢結石、総胆管結石と医師に診断されている場合には、一度、消化器病の専門医に相談してみるといいでしょう。 また、何度か急性膵炎を繰り返しているのに、膵胆道系の精査を受けていない方も、消化器病の専門医に相談してみるといいでしょう。 このような方の中に、膵管、胆管の先天的奇形や胆石症などの原因疾患が認められることがあります。

次の

急性膵炎診療ガイドライン 2015

急性 膵炎

急性の炎症が膵臓に起こったものです。 膵臓がつくる膵液がなんらかの原因で活性化されて、膵臓自身が自己消化されて起こると考えられています。 急性膵炎は、膵臓がはれるだけで比較的容易に回復する軽症なもの(浮腫〈ふしゅ〉性膵炎)から、膵臓や周囲の組織に出血や壊死(えし)を起こし(壊死性膵炎)、急激に死に至るものまでさまざまで、その程度により軽症、中等症、重症に分類されます。 特に、重症急性膵炎では炎症が膵にとどまらず、肺・腎・肝などの重要臓器にまで波及し多臓器不全を起こし、壊死した部位に細菌感染が起こることにより、重篤な感染症を合併します。 [原因] 急性膵炎の原因としては飲酒によるものがもっとも多く、ついで多いものは胆石が乳頭部に一過性に停滞・嵌頓(かんとん)し、胆汁が膵管内に逆流することにより膵酵素が活性化されて膵炎を起こす胆石性膵炎です。 そのほか、内視鏡的乳頭切開術や内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査後、および手術後に起こる膵炎があります。 また、頻度は少ないですが、薬剤投与後や妊娠、高脂血症()に伴う膵炎もみられます。 しかし、原因が特定できない膵炎(特発性膵炎)もアルコール性膵炎、胆石性膵炎につぐ頻度で起こります。 [症状] 急性膵炎でもっとも多い症状は持続する上腹部全体の激しい痛みで、患者は痛みを軽減させるために前かがみになり、右を下にしてうずくまる場合があります。 嘔吐(おうと)を伴うこともありますが、吐いても痛みは軽減しません。 さらに腹部が緊満し、排ガス、便通もなくなります。 重症急性膵炎では顔面や皮膚が蒼白となり、冷や汗をみとめ、血圧は低下し心拍数は増加してショック状態となります。 感染を伴う場合は発熱があり()、呼吸は浅く小刻みとなり、尿量の減少により腎不全を起こします。 また、肝不全から生じるや意識障害もみられ、消化管出血が原因となる黒色便がみられることもあります。 [診断] 尿や血液のなかのアミラーゼが非常に多くなることで診断できます。 白血球の増加、血液凝固能の低下もみられます。 激しい痛みをはじめとするさまざまな症状は、胃や十二指腸穿孔(せんこう)の症状とたいへんよく似ています。 すぐ医師の診断を受け、治療を受けなければ重症化し、生命にかかわります。 [治療] 入院が必要で、膵臓の安静を保つために食事や水分の経口摂取を禁じ、必要な栄養は点滴によってとります。 また、鼻から胃に管を入れて胃液を体外に引くのが一般的です。 膵臓内での消化酵素(たんぱく質分解酵素)の作用を抑制する目的で酵素阻害薬を静脈より注入しますが、重症の場合は動脈より注入することもあります。 さらに感染症の予防として抗生物質の投与をおこないます。 重症急性膵炎では循環管理や呼吸管理、血液浄化療法を含めた集中管理が必要となります。 膵臓の壊死部に細菌感染が起こり化膿した場合は、経皮的に穿刺(せんし)してチューブを挿入して排膿したり、手術により壊死部分を切除し徹底的な排膿目的でチューブを数本挿入します。 あわせてがあれば胆嚢(たんのう)摘出術をおこないます。 いちばん大切なことは、手術を必要とするほかの急性の腹部の病気と区別することです。

次の