中華 料理 と 中国 料理。 【クックドア】中華料理と中国料理その違いは?

中国人も見たことがない! 日本に存在する「日本オリジナルの中華料理」=中国

中華 料理 と 中国 料理

中華料理と中国料理の違いは「本場の味かどうか」 中華料理は日本人好みの味で、中国料理は本場の味です。 中華料理は日本人好みの味 中華料理って馴染み深いですよね。 今まで食べていた中華料理は、ほとんどが中華料理です。 ラーメンや餃子、チャーハン、シュウマイなど、誰でも一度は食べたことがあると思います。 店舗で言えば、例えば、餃子の王将、バーミヤン、近所のラーメン屋さんなどは全部中華料理です。 日本人好みの味に変化したものを、中華料理と言います。 では、中国料理はなにを指すのでしょうか? 中国料理は本場の味 日本だと、本場の味というのは分かりづらいですよね。 でも、料理名をきいたら、すぐピンと来るはずです! 例えば、北京ダック、火鍋、飲茶、フカヒレ、刀削麺などです。 知っているものが多いと思います🙆 こういった、いわゆる高級と言われたり、そこまでなじみのない中国のお料理を、中国料理と言います。 同じ食べ物でも中華料理と中国料理がある 私は中国に7年間留学していましたが、留学前は、日本人好みの味付けの中華料理しか食べたことがありませんでした。 なので、現地で食べたチャーハンやラーメン、餃子、シュウマイを食べて、腰が抜けるほど驚きました。 特にシュウマイは、シュウマイとは呼べませんでした。 シュウマイの中身はお肉のはずなのに、中国で食べたシュウマイの中身はもち米でした。 初めてシュウマイを手にした時は、食堂のおばさんに「中身なんでお肉じゃないの?」と、クレームをつけたほどです。 「他のも中身は全部同じだよ」と一蹴されて終わりでした。 これはまさに、中華料理と中国料理の違いを痛感した出来事ですね。 日本のシュウマイは中華料理ですが、中身がもち米のシュウマイは中国料理です。 細かく言えば、ラーメンもチャーハンも餃子も、本場の味であれば中国料理です。 最後に 中華料理も中国料理も美味しいことには変わりないのですが、豆知識としてシェアしてみました。

次の

中国料理と中華料理の違いと中国四大料理(北京、上海、広東、四川)の違い

中華 料理 と 中国 料理

中華料理と中国料理の違いは「本場の味かどうか」 中華料理は日本人好みの味で、中国料理は本場の味です。 中華料理は日本人好みの味 中華料理って馴染み深いですよね。 今まで食べていた中華料理は、ほとんどが中華料理です。 ラーメンや餃子、チャーハン、シュウマイなど、誰でも一度は食べたことがあると思います。 店舗で言えば、例えば、餃子の王将、バーミヤン、近所のラーメン屋さんなどは全部中華料理です。 日本人好みの味に変化したものを、中華料理と言います。 では、中国料理はなにを指すのでしょうか? 中国料理は本場の味 日本だと、本場の味というのは分かりづらいですよね。 でも、料理名をきいたら、すぐピンと来るはずです! 例えば、北京ダック、火鍋、飲茶、フカヒレ、刀削麺などです。 知っているものが多いと思います🙆 こういった、いわゆる高級と言われたり、そこまでなじみのない中国のお料理を、中国料理と言います。 同じ食べ物でも中華料理と中国料理がある 私は中国に7年間留学していましたが、留学前は、日本人好みの味付けの中華料理しか食べたことがありませんでした。 なので、現地で食べたチャーハンやラーメン、餃子、シュウマイを食べて、腰が抜けるほど驚きました。 特にシュウマイは、シュウマイとは呼べませんでした。 シュウマイの中身はお肉のはずなのに、中国で食べたシュウマイの中身はもち米でした。 初めてシュウマイを手にした時は、食堂のおばさんに「中身なんでお肉じゃないの?」と、クレームをつけたほどです。 「他のも中身は全部同じだよ」と一蹴されて終わりでした。 これはまさに、中華料理と中国料理の違いを痛感した出来事ですね。 日本のシュウマイは中華料理ですが、中身がもち米のシュウマイは中国料理です。 細かく言えば、ラーメンもチャーハンも餃子も、本場の味であれば中国料理です。 最後に 中華料理も中国料理も美味しいことには変わりないのですが、豆知識としてシェアしてみました。

次の

中国にはない日本独特の中華料理「天津飯」や「冷やし中華」

中華 料理 と 中国 料理

Contents• 中国料理と中華料理の違いとは? 中国料理と中華料理の違いについては非常にシンプルです。 中国料理は文字通り、中国の料理であり、本場中国の製法で作られた本格派(そのもの)の料理になります。 それに対して、中華料理とは、中国料理を日本人の口に合うように日本で改良したものになります。 焼き餃子、エビチリ、天津飯などの料理は、実は中国ではなく、日本発祥として知られています。 そのため、日本人の私たちに馴染みが深いのは、中華料理の方であり、各地の食堂で扱われているわけです。 中国料理の四大料理とは? 中国料理は各地の事情、天候、山、川、海などの地理的な条件からそれぞれ違った調理方法で発展しました。 北京料理 中国四大料理の一つで、味噌や醤油を使った味が濃く塩辛いのが北京料理の特徴です。 寒い地域の為、生姜やニンニクを多く使い、北京ダックに使われる甜麺醤は、北京料理を代表する調味料です。 麦や雑穀が主食だった為、肉まんや麺類などの小麦料理が多いのも特徴です。 明王朝、清王朝の時代には、宮廷料理として発達してきた歴史があります。 山東料理と共に魯菜(ろさい)と呼ばれています。 代表的な料理 ・肉まん() ・餃子 日本では、餃子と言うと焼餃子をイメージしますが、中国では水餃子です。 スープに入っているものではなく、茹でたものがそのまま提供されます。 ・北京ダック アヒルを丸ごと焼いたものを、皮を削いで、ネギやキュウリの千切りと一緒にカオヤーピンと呼ばれる薄餅に包み、甜麺醤につけて食べます。 北京の場合は、肉まで提供するスタイルが一般的です。 () ・鴛鴦火鍋(イェンヤンフォグォ) ・涮羊肉 シォアヤンロウ ・刀削麺(トウショウメン) 広東料理 中国四大料理の一つで、海鮮や野菜などの旨みを活かしたあっさり、甘口なのが広東料理の特徴です。 四川料理のように辛口ではありません。 明王朝、清王朝時代の外交・経済の発達により、西洋料理の手法を取り入れています。 フカヒレ、燕の巣などの高級食材やフルーツなどが豊富に使われているのも特徴です。 粤菜 (えつさい)と呼ばれています。 代表的な料理 ・フカヒレ() ・燕の巣 上海料理 中国四大料理の一つで、甘酸っぱい、あっさりしたものが特徴です。 これは醤油の産地でもあることからであり、あんかけ料理も豊富に存在します。 海に面していることから、海産物、淡水魚を多く用いる煮込み料理が多いのが特徴になります。 蘇菜(そさい)と呼ばれています。 代表的な料理 ・上海ガニ() ・上海流四川風鍋(シャンハイリョウスーツワンフングォ) ・小籠包() 四川料理 中国四大料理のひとつで、しびれるような辛さが特徴です。 最近日本で話題になっている花椒の麻味、唐辛子の辣味が合わさった麻辣味も四川料理に多く使われています。 夏と冬で温度差が大きいため、香辛料や調味料をふんだんに使います。 川菜(せんさい)と呼ばれています。 代表的な料理 ・担々麺などの麺類 () ・麻婆豆腐 中国料理における八大料理 北京、広東、上海、四川の分類が日本では一般的ですが、中国では八大料理に分類するのが一般的です。 広東、四川に加えて、山東、江蘇、浙江、安徽、福建、湖南に分類されます。 山東料理 北京料理の原型です。 さらに分類する場合は、済南菜、膠東菜、孔府菜の3つに分かれます。 江蘇料理 上海料理の原型であり、さらに分類する場合は、金陵菜、淮揚菜、蘇錫菜、徐海菜に分類されます。 浙江料理 料理や盛り付けは鮮やかで、歯ごたえが柔らかく、塩味でさっぱりしているものが多いのが特徴で、淡水魚、東シナ海の魚介類や丘陵地の野草や野菜を豊富に使っています。 さらに分類する場合は、杭州菜、温州菜、紹興菜、寧波菜の4つに分類されます。 安徽料理 医食同源の薬膳に通じる、体に良いものを食べようとする気風があります。 すっぽん、カエルスープ、豚の内臓などを食べる文化があります。 さらに分類する場合は、徽州菜、沿江菜、沿淮菜ぼ4つに分類されます。 福建料理 福建省の料理の他に、台湾料理や海南料理を含めた類似する風味や特色を持った料理群の意味合いがあります。 全体的に、出汁には乾物を使われていることが多く、塩味を控えめで、淡白な味付けか、甘い味付けのものが多いことが特徴です。 湖南料理 四川料理と同じく唐辛子をたくさん使うため、辛い料理の代表格になります。 四川料理との違いは、辛味の他に酸味が効いていることが特徴になります。 まとめ 広大な土地で、それぞれの事情から独自の調理方法が発達し、そのおかげで現在の美味しい中国料理を楽しむことができます。 頤和園では、東京(京橋、虎ノ門、霞ヶ関、溜池山王)と福岡(博多、天神)にて、厳選した食材を最高の調理方法でご提供しております。 接待や宴会にも十分に対応できる広さのダイニングや個室もございますので、お気軽にご相談ください。

次の