ライン の アカウント 複数。 LINE WORKSのアカウントを解説!個人のLINEアカウントと分けて使える?

Windows7・8・10のPCでLINEを複数起動する方法(最大3アカウント同時)

ライン の アカウント 複数

・管理者アカウント グループウェア機能に加え、LINE WORKSメンバーの 追加登録ができます。 また、 各メンバーアカウントの利用状態についても管理者アカウントで設定が可能です。 モバイルやパソコンが盗難された場合や、紛失した場合には一時停止、退職の場合は退職とステータスを切り分けて使うと便利です。 このほかに、 アカウントロックや一時停止ができるのも管理者アカウントです。 一度登録したアカウント名は変更できない LINE WORKSのアカウント名は、ログインIDのうち@よりも前の部分となります。 管理者アカウント、メンバーアカウントともに、一度登録したLINE WORKSのアカウント名は変更できません。 なお、アカウントの表示名については、任意のタイミングで変更ができます。 LINEとLINE WORKSのアカウントを連携させる ここでは LINE WORKSとLINEアカウントとの連携について紹介します。 トークでLINEユーザーとやりとりできる LINE WORKSは設定を行うと、LINEのユーザーや社外でLINE WORKSを使っている外部LINE WORKSメンバーとそれぞれ500名までトークが可能となります。 管理者アカウントのサービス機能で連携設定を行う LINE WORKSのメンバーアカウントと相手のLINEを連携させると、プライベートのLINEのアカウントを使わずにやりとりができます。 プライベートのLINEを仕事で使うのに抵抗がある人には特におすすめです。 設定は 管理者アカウントでメンバーごとに行います。 連携を許可すると、LINE WORKSのIDが作られます。 生成されたLINE WORKSのIDを伝えて、LINEのユーザーに友達に追加してもらうとトークが行えます。 トーク内容は管理者アカウントで監視できる 管理者アカウントでは、社員やアルバイトなど、メンバーの職種により利用できるサービスや閲覧できる情報の範囲を設定できます。 また、利用日時、作業内容、IPアドレス、メールアドレスなどの条件で、トークの履歴などアカウントの利用状況を検索、確認することができます。 これにより、内部からの情報が漏れた場合などで、原因となった個人を特定することも可能です。 LINE WORKSアカウントのセキュリティ管理について LINE WORKSは退職者管理や、不正アクセスへの対応も簡単に行えます。 ここではLINE WORKSのセキュリティ管理について紹介します。 閲覧権限とモバイルセキュリティ 管理者アカウントでは、LINE WORKSアプリを使う際にパスコード入力を求めたり、各ドキュメントの閲覧権限やダウンロード禁止などのセキュリティ付与が設定できます。 LINE WORKSアカウントの削除について LINE WORKSに所属していたメンバーが退職した場合は、管理者がメンバーアカウントを削除できます。 その際、LINE WORKS内のグループに所属していた場合、グループからも自動的に削除されるので、変更が漏れることはありません。 また、誤ってアカウントを削除した場合、削除してから7日以内であれば「削除の取り消し」が可能です。 アカウントに不正アクセスがないか確認する方法 管理者は各アカウントのアクセス状況が確認できます。 また、各メンバーも自分のアカウントへのアクセス状況の確認ができます。 ブラウザでLINE WORKSにログインすると、自分のアカウントについて最新の90日間分ログイン状況が表示できます。 もし不正アクセスと思われるものがあれば、接続状況の右側にある切断ボタンを押して、接続を解除しましょう。 ただし、不正なアクセスを切断したとしても、キャッシュなど端末の設定により再ログインできてしまう場合があります。 そのため、怪しい接続があった場合はすみやかにパスワードを変更することをおすすめします。 まとめ LINE WORKSのアカウントについて紹介しました。 管理者アカウントでは、LINEとメンバーアカウントをつなげたり、モバイル端末で使った場合のセキュリティ付与をつけたりできます。 また、メンバーアカウントでは不正アクセスを監視して切断することも可能です。 LINE WORKSはアカウント管理機能も充実していますので、導入の際はその部分も検討材料としてみると良いでしょう。

次の

Windows7・8・10のPCでLINEを複数起動する方法(最大3アカウント同時)

ライン の アカウント 複数

【想定する利用環境】 スマホアプリ版LINE:メインアカウント PC版LINE:サブアカウント LINEは原則として1つの電話番号に1アカウントということで、1人1アカウントを想定していると考えられます。 LINEのアップデートによって、これから紹介する方法が使えなくなる可能性も十分あり得ます。 そのため、 失敗などによるメインアカウント消失やその他アカウントに紐づくデータ等に関する責任は一切負えませんので、ご自身で理解・覚悟の上で行ってください。 2-1. Facebookログインを利用したアカウント作成 メインで利用しているLINEアカウントがある前提で、Facebookアカウントを利用して2つ目のサブアカウントを作成する方法をご紹介します。 a)トーク履歴のバックアップ 必須ではありませんが、メインアカウントを元の状態に戻したい場合にはバックアップをとりましょう。 LINEアプリではログアウトできないため、アプリを削除して強制的にログアウトする必要があります。 3)サブアカウントの作成 Facebookアカウントを利用してサブアカウントを作成します。 4)PC版LINEにサブアカウントでログイン サブアカウントを作成したらサブアカウントでPC版のLINEにログインしましょう。 そうすることで、 スマホアプリ版でメインアカウントを、PC版でサブアカウントを利用できるような環境を作り出すことができます。 PC版LINEについては次の記事で詳細にまとめていますのでぜひ参考にしてください!• 6)LINEアプリにメインアカウントでログイン スマホのLINEアプリにメインアカウントでログインして元の状態に戻します。 通常のLINEアカウントの引き継ぎのように進めることで元に戻せます。 2-2. 固定電話を利用したアカウント作成 家の固定電話を利用してLINEアカウントを作成することができます。 流れとしては、アカウントの新規作成とほぼ同じで、認証の仕方を工夫するだけです。 そのため、ここでは認証の仕方についてご紹介します。 あとは通常のアカウント新規作成の流れと同様です。 おわりに 以上、LINEアカウントを2つ(複数)作る方法についてでした。 リスクがあることを理解した上で進めてください。 責任は一切取れません! リスクを減らすために古い端末を利用するなど、メインアカウントに影響が無いような形を選択して進めることを強くおおすすめします!.

次の

PCでLINE2アカウント同時使用!複数LINE同時利用する方法

ライン の アカウント 複数

本記事で紹介する、複数のLINEサブアカウントを作成方法は全て非公式の方法です。 LINEアカウントを2つ以上作成する場合は、リスクも伴うということを覚えておいてください。 また 本記事で紹介する複数アカウント作成方法は、電話番号認証を回避して複数のサブアカウントを作成する為、年齢認証もおのずとできないようになっています。 電話認証や年齢認証をしていないLINEアカウントは、LINE IDの登録ができず、 LINE Payなどの有料コンテンツが利用できない、またLINE IDで友だち追加できないなどのデメリットも複数あります。 そういった デメリットを理解した上で、本記事で紹介する複数サブアカウントの作成方法 を実行してください。 Facebookのログインページが表示されます。 FacebookにログインするとLINEでFacebook情報にアクセスすることの許可を求められるので "OK"をタップします。 最後にLINEでメールアドレスの入力を求められます。 Facebookの登録に使ったメールアドレスを入力してください。 登録したメールアドレスにLINEから"認証番号"メールが送信されます。 "認証コード"をLINEアプリ入力すれば サブアカウントの作成完了です。 同じ要領で作業を進めれば複数のサブアカウントを作成することも可能です。

次の