吉本 会長 大崎。 高田健志は吉本の会長(大崎洋)の息子?なぜ名字が違う?元ジャニーズ|ももさくライフ

吉本大崎洋「若い子とプリクラ」写真流出!?|エンタMEGA

吉本 会長 大崎

反社会的勢力の会合での闇営業問題がくすぶり続けている吉本興業。 7月13日には、吉本興業ホールディングスの大崎洋会長が『Business Insider Japan』の取材に応じ、諸問題に対する自身の考えを明らかにした。 芸人たちが闇営業に手を染める背景に、吉本が支払うギャラの安さや契約形態の問題があると指摘されることも多い。 インタビューの中で大崎会長は、芸人が「最初のギャラが250円だった」と発言していたことを引き合いに出し、 〈プロとして舞台に立ったんだから、1円でも払ってあげようという意味での250円。 250円もらえてよかったなと、ぼくは思う〉 〈月に30万円払ってやるからがんばれよ、というやり方は、本当の芸人を育てるやり方とは思えない。 吉本のいまのやり方を、変えるつもりはありません〉 などと発言している。 業界に詳しいジャーナリストはこう話す。 「安い給料で修行を積むというのはどの世界でもある話ではありますが、業界にかかわらずそういった慣習が問題視されている現実がある。 若者から搾取するシステム自体に問題があるので、250円でもギャラを払っているだけいいじゃないか、という主張はちょっとずれているように思います。 もちろん、駆け出しの芸人に大物芸人と同じギャラを払えとは言いませんが、誰もが納得するくらいの適正な額のギャラを支払うべきだと思います」 また、に出演した際、テレビ局から吉本に支払われるギャラの取り分が、吉本が9割で芸人が1割だという報道について大崎会長は、 〈同じ番組で、吉本のタレントとほぼ同じランクの他社のタレントが出演したとき、他社のタレントのギャラは10万円、吉本は5万円だったとします。 でも、他社は50万円もらってタレントに10万円を、吉本は10万円もらって芸人に5万円払ったのかもしれない〉 と、コメントしており、配分の問題ではないとの見解のようだ。 「配分の問題ではないというのはごもっともですが、やはり芸人に対して適正な報酬が与えられないということが問題。 大崎社長が例示しているように、芸人に支払われるギャラが他社の水準と比べて低いということも問題です。 ここにも芸人から搾取することが当たり前となっている状況を見て取れます」(同) 芸人との「契約」について、大崎社長はこう話している。 〈芸人、アーティスト、タレントとの契約は専属実演家契約。 それを吉本の場合は口頭でやっている。 民法上も、口頭で成立します〉 しかし、7月15日放送の『スッキリ!』の中で、吉本所属の・は「口頭でも(契約に関して)聞いた覚えがない」と発言している。 とあるテレビ局関係者はこう話す。 「近藤さんのように、吉本と契約について全く話したことがないという芸人は多いですね。 むしろ、そういった話をしたことがあるという芸人のほうが少ないと思います。 それどころか、会社に気に入られないと仕事が回ってこないということで、できるだけギャラの話をしないようにしている芸人もいます。 「会長自らいろいろな話をできるということは、それだけオープンな環境であるということでもあるでしょう。 何千人ものタレントを抱える大きな組織の場合、1人の考えだけで物事を進めてしまうのは無謀だとも言えます。 あわせて読みたい•

次の

田村亮、吉本興業の大崎社長に感謝「よくしていただきました」 宮迫への思いも語る

吉本 会長 大崎

引用元Twitter 大崎洋さんは、1978年に関西大学社会学部卒業後、吉本興業に入社されています。 芸人養成所であるNSCにいた、ダウンタウンの2人を見いだし、ダウンタウンが大阪で人気になった際は 東京進出をさせたと言われています。 現在は、吉本興業ホールディングス株式会社の代表取締役 会長の大崎洋さんですが、社長歴としては、吉本興業の 社長第11代目で、2009年から2019年までです。 (現在は元ダウンタウンのマネージャーである岡本 昭彦さんが社長です) 大崎会長も、ダウンタウンの松本人志さんも本を出されていますが、その中でもお互いについて記載されています。 ダウンタウンの松本人志さんは、『大崎洋とダウンタウンには 歴史があり、 信頼関係がある。 もし仮に大崎洋が吉本をやめるといえば、オレもきっとやめるだろう』と言われており、 『それは、あの人についていくというクサいものではなく、 彼のいない吉本興業に意味がないからだ。 』とされています。 吉本の大崎会長とダウンタウンのエピソード! 引用元:Twitter ダウンタウンの松本人志さんと大崎会長のエピソードとして有名なのは、『 プールでの約束』でしょうか。 まだ松本人志さんが20代のころは、松本さんも大崎会長も仕事がなく、映画館や銭湯などによく行っていたそうです。 ある日、大崎会長がスポーツジムの25メートルプールで、「端から端まで息継ぎをせずに泳げたら、これから先お前がどんなに売れても、 俺の言うこと1つだけ聞いてくれ」と言われたそうです。 松本さんはお笑い業界で成功しそうにないと思っていたため、「いいですけど」と返事をし、大崎会長は、本当に 潜水で泳ぎきったとのこと。 そのときの約束はすぐには実行されなかったものの、松本人志さんが頑として首を縦に振らなかった出来事があった時に「あのときのプールの約束、今使うわ」と20年越しに言われたそうです。 笑 本にも記載されているエピソードですが、その出来事が何だったかまでは分かりません。 吉本の大崎洋会長とダウンタウン:まとめ 吉本の大崎会長とダウンタウンとの間には、深い信頼関係があり、共にお笑い界を引っ張ってこられた存在です。 大崎会長は、ダウンタウンのNSC時代にその才能を見いだし、東京進出までをサポートされました。 大崎会長は、ダウンタウンにとって兄貴のような大切な存在ということですね。 関連記事: 関連記事:.

次の

大崎洋(吉本興業会長)年収やダウンタウンとの関係は?wikiプロフィール(経歴・年齢)!結婚した妻は?

吉本 会長 大崎

1978年 吉本興業株式会社に入社• 1980年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)へ上司の木村政雄と共に異動• 1982年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)から大阪の吉本総合芸能学院の担当社員へ異動• 2000年 株式会社ファンダンゴの取締役に就任• 2001年 吉本興業の取締役、株式会社アール・アンド・シーの取締役に就任• 2002年 株式会社有明スタジオの取締役に就任• 2006年 吉本興業取締役副社長に就任• 2009年 吉本興業代表取締役社長に就任• 2019年 吉本興業代表取締役会長に就任 入社当初は「私服OK」という理由だけで選んだ会社ということもあり、やる気もなく適当に仕事をしていたという大崎会長。 しかし、ある日を境に仕事への姿勢が一変したと言います。 それは 会社の同僚と徹夜でマージャンをしたときのことでした。 明け方近くまでずっと終始一人負け続けた大崎会長はいきなり立ち上がると、カーテンや窓を開けて外に向かって 「絶対に出世する! 」と大声で叫んだんだそう(笑) 深夜+負け続きというテンションでおかしくなってしまったのかと思われましたが、 その日以来、真面目に仕事に取り組むようになり、ついには社長職に就くという結果に至ったのです。 「マージャンで負けた=出世する」の発想は常人には理解できません…! タレントには厳しい一面も 大崎洋会長は、1980年に吉本興業東京支社へ上司の木村政雄さんと共に異動してから、企業としての近代化を進めると共に、新たな劇場の建設や若手育成に力を注いできました。 しかし、その中には 会社の方針に従わない芸人やタレントは容赦無くリストラするという厳しい一面もありました。 山本圭一さんの淫行事件での契約解除など、不祥事やモラルに反する行為を起こしたタレントに対しては厳格な措置を取る姿勢を見せています。 一昔前の芸能界、特に芸人の世界は不祥事を起こしても変わらず活動ができたりと、一般社会に比べて犯罪や不祥事に非常に寛容な世界でした。 大崎会長はそんな会社の在り方を大きく変えた人物なのかもしれません。 年収は10億円? 大崎洋会長の年収はどのくらいなのでしょうか? 吉本の現社長の岡本昭彦さんの年収は7億円ほどと言われています。 大崎会長自身は、吉本の芸人の給料についてこう語っています。 吉本興業の会長・大崎洋とダウンタウンの関係は? 大崎洋会長は、吉本興業のタレントの中でも特にダウンタウンとの関わりが強かったと言われています。 タレントと社員という間柄ですが、若い頃から切磋琢磨し合ってきた3人。 ここでは大崎会長とダウンタウンのエピソードをいくつか紹介させていただきます。 ダウンタウンの育ての親 大崎洋会長は、 ダウンタウンの才能にいち早く気づいた存在として知られています。 当時全くの無名だったダウンタウンの才能に気づいた大崎会長は、吉本総合芸能学院(NSC)開校時に2人の 担当社員となり、 マネージャー的存在として業界のイロハを教えたと言います。 マネージャーという立場でもなかったけれど、つきっきりで接していたということですね。 大崎会長はダウンタウンのお二人よりも 10歳年上ということで、いい兄貴分、いい相談役として慕われていたそう。 また、大阪で人気の頂点に立ったお二人を 東京進出させたもの大崎会長でした。 大阪で満足していたのに、遠くて近い外国・TOKYOに無理やり移住させられた… 松本人志さんはネタにしていますが、結果的にダウンタウンはここから全国的な人気を獲得し、スターダムにのし上がりました。 若手時代から大阪での活躍、そして東京進出…と、 ダウンタウンが人気の頂点に立つまで育て上げた存在として業界でも大崎会長の名前は一気に有名になったそうです。 ダウンタウンとのドッキリで今田耕司が号泣 旧知の仲であるダウンタウンと大崎洋会長。 ダウンタウンの冠番組である「ダウンタウンのごっつええ感じ」には、大崎洋はプロデューサー・オーガナイザーとして参加をしていました。 ドッキリの仕掛け人として企画に登場したこともあります。 ダウンタウンの二人が打ち合わせ中に大喧嘩するというドッキリの仕掛け役として出演。 大崎会長「あのときのプールの約束、今使うわ」 松本人志「こんなときにですか…わかりました」 一体どんなことに使われたか…めちゃくちゃ気になりますが、これは男2人だけの秘密なのでしょう。 吉本興業の会長・大崎洋まとめ 吉本興業の会長・大崎洋さんに関する情報をお届けしました。 学歴は関西大学を卒業しており、大学卒業後吉本興業に入社し、無名時代のダウンタウンの才能にいち早く気づき、お笑い界の頂点に立つまで育て上げた大崎会長。 今回宮迫博之さんと田村亮さんからの契約解除の最終判断をした張本人としも言われているようですが、松本人志さんはこの事態をどう受け止めているのでしょうか? 松本さんが働きかけて吉本が何か動きを見せるのか、今後の情報に注目したいと思います。

次の