イヤホン エイジング。 イヤホンのエージングのやり方|ピンクノイズ/ホワイトノイズ

イヤホンの音質を良くするエージングの正しいやり方

イヤホン エイジング

エージングとは 直訳すれば 『加齢』という意味になりますが, ヘッドホンやイヤホンにおいては、『 鳴らしこみ』とも言われます。 ヘッドホンやイヤホンが本来持っている能力を 発揮できるようにするための工程のことを指します。 楽器の経験がある方ならわかると思いますが、 まったく同じ型の楽器でも 新品と年数が経ち良く弾きこまれたもの とではその音質に大きな差が出てきます。 それと同じ現象がヘッドホンやイヤホンでも起こるという前提のもと、 音楽を再生し続け、ヘッドホン、イヤホンを 音楽的にこなれた状態に してやろうというのがエージングの基本的な考え方です。 エージングで本当に音が変わるのか? 管理人の経験からすると YESです。 たまに自分の持っているヘッドホンやイヤホンと 量販店の視聴機で聴き比べてみますがやはり音質の変化は存在します。 しかしデータとしてのエージングの 信憑性は薄いとも言われています。 実際、新品とエージング後の音質を測定しても 変化が見られなかったという情報もあります。 ゆえにエージングはリケーブルと 並びオーディオ界のオカルト(プラシーボ) の代表となっています。 笑) エージングの方法 エージングに決まった方法はないので 管理人は自分の音楽データをランダムでループ再生しています。 中には『ピンクノイズ』といういろいろな周波数の音が混じった ノイズを再生する方もいますが、親心としては 「音楽再生するものでノイズを再生させちゃかわいそうだろ」 と思っているので『ピンクノイズ』はあまり好きじゃありません。 エージングの時間 これも決まった時間があるわけではなく 50時間でいいという意見もあれば 300時間は必要との意見もあります。 ネットのレビューを見る限りは100時間を 一つの目安に置いている人が多いように感じます。 エージングは必要か? 管理人はどっちでもいいと思います。 意図的にエージングをしなくても、 使っていれば勝手にエージングはされていきますからね。 時間があるときに「少しエージングしてやるか」 程度に考えておけばいいんじゃにゃいでしょうか。

次の

知ってますか?イヤホンのエージングについて|サウンドハウス

イヤホン エイジング

皆さんは「エージング(エイジング)」という言葉を知っていますか? 英語をそのまま直訳すると「老化」や「高齢化」という意味になり、よくお肌のケアのことを「エイジングケア」なんて言います。 ただし、音響におけるこの言葉は少しニュアンスが異なります。 特にイヤホンによく使われる言葉で、新品で買ったイヤホンを使っていくうちに、どんどんと音が良くなっていくことを「エージング」と呼びます。 いや、そんなわけないやん。 少し眉唾的な印象を抱いてしまうこのエージングというワード。 一般的には、イヤホンの音を出す部分である振動板が新品の状態から音を出すことを重ねるうちに、振動によりこなれていくため音が良くなる、という認識の方が多いと思います。 しかし、個人的には上記の説にプラスして、単に音を聴くにつれて、耳も音に慣れてくるだけなのでは?とも思ってしまいます。 調べてみると様々な方法が見つかりました! ・好きな曲を流す 自分好みのイヤホンにするには自分が聴く音楽を流そう!という考え方です。 決まった音源を使うのではなく、普段聴いている音楽をそのまま使うだけなので、エージングを知らない人でも、自ずとエージングしていたということになります。 ・ホワイトノイズを流す ホワイトノイズ White noise とは、ノイズの分類で、パワースペクトルで見ると対象となるそれなりに広い範囲で同程度の強度となっているノイズを指す。 「ホワイト」とは、可視領域の広い範囲をまんべんなく含んだ光が白色であることから来ている形容である。 出典元: なるほどわからん。 音は「シャー」と聴こえる雑音で、聴いてみると少し気持ちいいです。 関連記事• 2020-05-08 テーマ:, こんにちは サウンドハウスのヘッドホン担当 山崎です。 今回は、自宅で音楽を楽しむのにぴったりな、イヤホン好きにはたまらないお得なキャンペーンをご紹介します。 2020-04-06 テーマ: 愛車のローンも終わり、そろそろ夏タイヤを買い替えようか悩んでるヘッドホン担当の山崎です。 最近は、ヘッドホンよりもタイヤが気になって仕方がないですが、オーストリアのヘッドホンブランドAKGから、タイヤよりも気になる、この春最注目のヘッ• 2020-03-04 テーマ: 近年ではT1 2nd Generationなどテスラドライバーを搭載したリスニング用ヘッドホンも、だいぶ日本でも定着してきたbeyerdynamicのヘッドホン。 ですが、世界的には日本のソニーと並ぶ定番のモニターヘッドホン・ブランドであ• 2020-01-16 テーマ: オーディオテクニカが満を持して発表した「ATH-CKS5TW」は、最新のQualcommチップを搭載し、長時間駆動と低遅延を実現しつつ、価格を1. 5万円以内に収めた意欲作でした。 バッテリーや接続安定性が大きく進歩し、さらにファンの多いS• 2019-12-18 テーマ: プロ用マイク・ヘッドホンのトップブランドSENNHEISER社がラインナップする、注目の新製品をプレゼント! 下記の応募フォームよりお申込みいただいた方に、抽選で最新プロ用インイヤーモニター「IE 40 PRO」「IE 400 PR.

次の

ヘッドホン、イヤホンのエージングとは

イヤホン エイジング

そもそもヘッドホンのエージングは必要なのか ヘッドホンを購入後に必要とも不要とも言われる「エージング(エイジング)」。 知ってる人からすれば「そんなのも知らないのか」かもしれませんが、知らない人は「へぇぇぇぇ」なものだと思います。 新しいヘッドホンを買ったらすぐにやる音慣らしのことをエージングと言うのですが、これを調べれば調べるほど深みにはまるまさに底なし沼のような話なんです。 それは大きく【エージング必要論】と【エージング不要論】に分けられます。 それぞれがブログやHPで様々な論を展開してるわけです。 それを一つ一つ見てるのがなかなかどうして楽しい。 どちらの論者も真剣です。 ちょっと横道、車のアーシングの話 車好きならやったことがあるかもしれませんが、「アーシング」に似てるかもしれない。 アーシングも効果がある、ないとかなり議論がありました。 というページのというコラムがあるんですが、ここがアーシングの闇について詳しい。 アース線追加作業においてバッテリ端子を外した結果、ECUやATコントロールユニットが学習していた情報がリセットされる。 この結果、アイドリングが変化し、ATのシフトポイントやロックアップなどに変化が現れ、点火時期や基本噴射係数の学習がリセットされればエンジンの調子も変わる。 この変化を感じ取っているのではなかろうか? 僕もスバルのフォレスターに乗ってる時に実験済み。 アーシングについてはまさにこの引用のとおりだと思います。 エージング必要論 ヘッドフォンを作ってるaudio-technicaさんの発言。 購入後に行なうこと:エージング エージングとはヘッドホンの慣らし運転のことです。 購入直後のヘッドホンは、それぞれの部品が新しくなっています。 慣らし運転をすることでドライバーユニットがこなれていきます。 エージングには専用のCDを使用するなどさまざまな方法がありますが、普段聞いている曲を少しだけ大きめの音量で長時間流すのが一般的とされています。 まあ確かに新しいヘッドフォンだから新しい部品でしょうね。 慣らし運転をしてやることで中の部品が慣れてくる=音が良くなるということなんでしょうか。 そして出てきた「専用のCD」の文字。 エージングをするために専用のCDというものがあります。 このCDの中に入ってる9曲目、「バーン・イントーン」という音をひたすら繰り返しヘッドフォンに聴かせることでエージングができるというもの。 どんな音なのだろう、しかし。 いやいや、そんな高いものは買えん、という方。 youtubeにもちろん無料のエージング用ノイズもあるよ! ・・・・聞いてみました。 興味をもった方は是非聞いてみてください(笑) このように、音を流すことで新しい部品同士がこなれるため音質がよくなるんだ、というのがエージング必要論の方の考え方です。 うん、確かにごもっとも。 新車も最初は「慣らし運転」やってましたね、昔。 でもこれはまったく不要だそうです。 エンジンからスラッジがでるとかなんとかっていいましたけど、イマドキのエンジンではそんなものありえないとか。 でもヘッドフォンは慣らし運転、必要なのかもしれないし。 エージング不要論 エージング不要論の皆さんは鼻息が荒い!怒っていらっしゃる方も多いです。 イヤホンなど、ただのイヤホンであり、エージングの事を考えるほどのものではないということは、明記しておかなくてはなりません。 イヤホンやヘッドホンの振動板など、非常に小さなものであり、わざわざエージングせずとも、聞いている間に自然に終わる筈のものです。 イヤホンやヘッドホンのエージング機械が存在するかどうかまでは知りませんが、あったとしたら、イヤホンやヘッドホンの世界もおそろしい限りです。 このページを書かれたのはオーディオなどのケーブルのプロの方のようです。 この方いわく、エージングという名のもとにインチキオーディオ屋が暗躍するとのお話。 恐ろしい恐ろしい。 でもこれはケーブルの話、部品はどうなんだ、部品は、となるわけです。 部品も含めトータルでエージングの効果を測定したらどうなのだ?って。 そしたらあった! ヘッドホン 不定期コラム 第52回 エージングによる音の変化の測定による観察 この方はすごい。 グラフみたいなのの使う量が半端じゃない。 エージング前とエージング後のなんとかヘルツの位相が、とか2次ゆがみと3次ゆがみがどうの、とかスペクトラム測定がどうのとかもうさっぱりわからない世界を展開されていらっしゃいますが・・・結果は一体どこにあるのだ・・・と思ったら最後にしっかり書かれています。 どうもエージングによる変化を調べていると言うよりは測定誤差を調べているような気分になってきます。 これは測定する前から分かっていたことですし、いくつかのヘッドホンで測定を繰り返すうちに強く実感してきたことでもありますが、こうしてデータを処理してみるとやはり変化はかなり小さく「エージングで音は変わる」と断言できるようなデータを取るのは難しいとつくづく思います。 正直、今回の結果だけでは「エージングで音は変化する」と断言するのは無理があると思います。 いや、できればもっと早くその結論を教えていただいたほうが・・・。 でもまだこの方、話が続くんです。 やはり何とも煮え切らない結果ではあるので、今後開放型で音の変化の大きそうなヘッドホンを入手してなおかつ時間があればまた挑戦してみたいと思います。 まだやるんかい!!!ちょっとこういう探究心のある人好きです。 エージングで音が変わると断言はできないあたり、不要だと考えておられるということなのでしょう。 心移り?派 イヤホンとヘッドホンの専門店の方がブログ上で実験をしています。 二つの新しいイヤホンを用意し、一つはメタルの曲をかけ続ける、もう一つはクラシックをかけ続ける。 エージングをしたこの二つのイヤホンはどうなるのか。 (実験がイヤホンだけど、まあいいかw) このブログの言葉運びがなかなかおもしろい。 これは是非直接見てみて下さい。 メタル君はやはりバンドの楽器の音が綺麗にはっきり聴こえますね!特にベースライン位の低域が良く出てくるようになりました。 全体的にアタックが強めな感じに仕上がってました。 DSD音源を流し続けたクラシック君。 こちらは音場が更に立体的に広がるようになっており、とても滑らかな音質になっております。 上下のレンジ感もメタル君よりも広いように感じました。 そして最後、とどめのひとこと。 僕はこれで笑い転げました。 メタル君はメタルが得意でクラシック君はクラシックが得意な子に育ちました。 そうか、イヤホンって育つんだったのか・・。 でもこのブログ、ここで終わらないんです。 それぞれの道に育ったはずのメタル君とクラシック君が・・・ その一週間後、改めて聴き直してみた結果。 前ほどの差があんまりなくなりました。。。。。 ・・; でも最後にはこのブログではきちんとエージングは必要だ、と締めくくられています。 結局のところ「僕が買う程度のヘッドフォンならやってみてもいいけどやらなくてもいい」ということかと思います。 で、このたびスピーカーを買ったんですけど、これもエージングがいるやつでしょうか?.

次の