今 市 隆二 インスタ グラム。 コロナで拡大「インスタ経済圏」が揺るがすグルメサイト勢力図:日経ビジネス電子版

RYUJI IMAICHI(今市隆二)|チケット情報・販売 ローチケ[ローソンチケット] ローチケ[ローソンチケット]

今 市 隆二 インスタ グラム

素晴らしい出来だっただけに、ライブであの歌声を再現するのは難しい、いやもう不可能なのではないか?と懸念していたところも正直あったのですが、難なく歌われていました。 生演奏の雰囲気にもマッチする曲調なので、ステージでは目でも耳でも楽しめて、さらに楽曲の良さが色濃く出ていたように思います。 バンドによってR&Bの良さも生かされていて嬉しいです。 普段は素直で朗らかな今市さんですが、ステージに立った時の堂々たる姿が彼の魅力だと常々感じていまして。 いい意味で実年齢よりも威厳のあるオーラを身に纏ったような出で立ちに変わるところが好きなんですよね(しかも本人は非常に緊張していると言ってしまうギャップがまた良いのだ)。 そして終わった瞬間の深々とお辞儀のちニコニコ、っていう流れがもう。 ベッキーさんも「今市さんの声の良さが1番出ている楽曲だと思う」と話されていましたが、本当にその通りだと思いました。 ドラムの中村真行さんも素晴らしく演奏をこなしていて良かったですよね。 何が良かったのか?う〜ん、なんとなく。 バンドってこの「なんとなく」のフィーリングが非常に大切なのではないでしょうか(ごまかしてないよ)?彼が選ばれて良かったな〜という感じで。 グルーヴ感をその場の雰囲気に合わせるのが上手で、メンバー選考の回でも印象的でした。 器用なドラマーだとボーカルも歌いやすいと思うんですよね。 そして歌も上手そうな声だったので、ここからもっと芽が出て来てくれたら嬉しいですね(勝手にプロデュース)。 初披露は2017年7月に行われた「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017」だったので、ファンは首を長くしてリリースを待っている曲でもあります。 なんと作曲は世界的人気を誇るR&Bシンガー、ブライアン・マックナイトということで、私も楽しみにしていた楽曲です。 三代目のライブでもバラードやミディアムナンバーは幾度となく披露してきたわけですが、そのどれとも違う心境が伝わってきて、表情や立ち姿からは、シンガーとしての気概を感じた気がしました。 見えない自信のようなものが垣間見えて、その成長した姿に心打たれます。 この曲をステージで歌う際には、上手に歌い上げるだとか技術的なことよりも、今市さん自身の思いを観客に伝えることが最重要になる曲だと思うんですよね。 そんな思いを乗せて歌うこと、堂々とステージに立つ姿はますます頼もしくなっているように感じますが、思いを伝える素直な心はずっと変わらない今市さん。 彼だからこそ歌える歌、表現できるステージを、噛みしめるような思いで聴くことができました。 いろいろ考えながら拝見しているとまたしても涙が!他のファンの皆さんと泣きどころが少しずれている(?)かもしれないのですが、何も持たないたった1人の人が努力を重ねて諦めずに希望を持っていれば、とりまく世界にも変化が訪れるということ。 私自身、ファンである以前にライターになる夢を叶えさせてくれたきっかけの方なので、デビューから今日まで歩んできた今市さん、いや師匠が、ここまで人々を惹きつけるステージに立っていること。 その事実にとても感動して、自分の限界って決めちゃいけないなーと奮い立たされました。 これライブで聴いたら大号泣しちゃうやつですよね…。 本当に良いものを観せていただいた気がしました。 そんなことを言えるのも、 師匠が今市さんがひたむきに頑張ってきたからこそ。 苦労や困難の一つ一つが、この曲のエッセンスになっているのだと噛みしめました。 露崎春女さんの回も素敵だったし楽しかったですね〜。 E feat. 今市隆二」、Crystal Kay feat. 今市隆二の「Very Special」のステージが初めて観られたこともとびきり嬉しかったです。 音楽番組自体が貴重であるこのご時世、何だかとても新鮮なプログラムだった気がしましたし、楽しませていただきました。 そしてアーティスト同士が音楽を語る場に居合わせる(拝見できる)こともありがたいなと思うのです。 さらに最終回では今市さんのライブステージと、最後まで心憎い贅沢な内容でした。

次の

台湾のインスタ映えスポット6選【台北編】

今 市 隆二 インスタ グラム

素晴らしい出来だっただけに、ライブであの歌声を再現するのは難しい、いやもう不可能なのではないか?と懸念していたところも正直あったのですが、難なく歌われていました。 生演奏の雰囲気にもマッチする曲調なので、ステージでは目でも耳でも楽しめて、さらに楽曲の良さが色濃く出ていたように思います。 バンドによってR&Bの良さも生かされていて嬉しいです。 普段は素直で朗らかな今市さんですが、ステージに立った時の堂々たる姿が彼の魅力だと常々感じていまして。 いい意味で実年齢よりも威厳のあるオーラを身に纏ったような出で立ちに変わるところが好きなんですよね(しかも本人は非常に緊張していると言ってしまうギャップがまた良いのだ)。 そして終わった瞬間の深々とお辞儀のちニコニコ、っていう流れがもう。 ベッキーさんも「今市さんの声の良さが1番出ている楽曲だと思う」と話されていましたが、本当にその通りだと思いました。 ドラムの中村真行さんも素晴らしく演奏をこなしていて良かったですよね。 何が良かったのか?う〜ん、なんとなく。 バンドってこの「なんとなく」のフィーリングが非常に大切なのではないでしょうか(ごまかしてないよ)?彼が選ばれて良かったな〜という感じで。 グルーヴ感をその場の雰囲気に合わせるのが上手で、メンバー選考の回でも印象的でした。 器用なドラマーだとボーカルも歌いやすいと思うんですよね。 そして歌も上手そうな声だったので、ここからもっと芽が出て来てくれたら嬉しいですね(勝手にプロデュース)。 初披露は2017年7月に行われた「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017」だったので、ファンは首を長くしてリリースを待っている曲でもあります。 なんと作曲は世界的人気を誇るR&Bシンガー、ブライアン・マックナイトということで、私も楽しみにしていた楽曲です。 三代目のライブでもバラードやミディアムナンバーは幾度となく披露してきたわけですが、そのどれとも違う心境が伝わってきて、表情や立ち姿からは、シンガーとしての気概を感じた気がしました。 見えない自信のようなものが垣間見えて、その成長した姿に心打たれます。 この曲をステージで歌う際には、上手に歌い上げるだとか技術的なことよりも、今市さん自身の思いを観客に伝えることが最重要になる曲だと思うんですよね。 そんな思いを乗せて歌うこと、堂々とステージに立つ姿はますます頼もしくなっているように感じますが、思いを伝える素直な心はずっと変わらない今市さん。 彼だからこそ歌える歌、表現できるステージを、噛みしめるような思いで聴くことができました。 いろいろ考えながら拝見しているとまたしても涙が!他のファンの皆さんと泣きどころが少しずれている(?)かもしれないのですが、何も持たないたった1人の人が努力を重ねて諦めずに希望を持っていれば、とりまく世界にも変化が訪れるということ。 私自身、ファンである以前にライターになる夢を叶えさせてくれたきっかけの方なので、デビューから今日まで歩んできた今市さん、いや師匠が、ここまで人々を惹きつけるステージに立っていること。 その事実にとても感動して、自分の限界って決めちゃいけないなーと奮い立たされました。 これライブで聴いたら大号泣しちゃうやつですよね…。 本当に良いものを観せていただいた気がしました。 そんなことを言えるのも、 師匠が今市さんがひたむきに頑張ってきたからこそ。 苦労や困難の一つ一つが、この曲のエッセンスになっているのだと噛みしめました。 露崎春女さんの回も素敵だったし楽しかったですね〜。 E feat. 今市隆二」、Crystal Kay feat. 今市隆二の「Very Special」のステージが初めて観られたこともとびきり嬉しかったです。 音楽番組自体が貴重であるこのご時世、何だかとても新鮮なプログラムだった気がしましたし、楽しませていただきました。 そしてアーティスト同士が音楽を語る場に居合わせる(拝見できる)こともありがたいなと思うのです。 さらに最終回では今市さんのライブステージと、最後まで心憎い贅沢な内容でした。

次の

美容室はInstagramで探す時代?人気美容室インスタグラムを参考に見てみよう!

今 市 隆二 インスタ グラム

日本国内利用者数がを突破したInstagramは重要なマーケティングツールとして広く活用されており、Instagramキャンペーンを実施する企業も増えています。 そこで今回は本メディアで紹介してきた100を超えるInstagramキャンペーン事例や、本メディアを運営するの1500以上のSNSマーケティング支援事例をもとに、Instagramキャンペーンで成功するための工夫ポイントをまとめて紹介していきます。 Instagramキャンペーン実施の3ステップ• ハッシュタグとメンションの工夫• キャンペーン参加を促進させる工夫• キャンペーン賞品の工夫• キャンペーンを通した店舗やイベント集客の工夫• その他のアイデアと工夫• Instagramキャンペーンと相性の良い告知と認知手法 などの項目を通して計14件の成功事例を紹介してまいりますので、自社のSNSマーケティングのアイデアとして是非ご活用ください。 Instagramキャンペーン実施の手順 まず、Instagramキャンペーンを企画~実施する際の手順について簡単に紹介しておきましょう。 一例ですが、• 現状分析と課題抽出の上キャンペーンの目的を決める• キャンペーン内容を検討する• Instagramキャンペーンを実施し効果を分析する の流れでInstagramキャンペーンを企画・実施していきます。 現状分析と課題抽出の上キャンペーンの目的を決める 何のためにInstagramキャンペーンを行うのか目的を明確にしましょう。 ブランドを広く認知させたいのか、イベントや店舗への集客をしたいのか、商品の購買を増やしたいのか、目的によりキャンペーンの内容もKPIも大きく変わってきます。 そのためには自社に現在どのような課題があるのかを理解しておく必要があります。 分析を通して課題を抽出し、何を目的にしたキャンペーンにするのかをまず最初に明確にしましょう。 尚、Instagramの分析をする際に限らず企業として活用する場合はビジネスアカウントに移行しておきましょう。 関連記事 2. キャンペーン内容を検討する Instagramキャンペーンの目的が決まったら、内容や必要なリソースを検討していきます。 大まかに以下の要素について十分検討する必要があります。 キャンペーンのKPI 最初に定めた目的に沿ったKPIを設定します。 キャンペーン終了後に効果分析としても使いますので必ず設定しましょう。 ただし、KPIをたくさん設定してしまうと何がしたいのかがぼやけるキャンペーンになってしまうため最低限にとどめておくことが大切です。 予算 キャンペーン実現に必要な予算はいくらか算出します。 キャンペーンの効果がどれくらいだと予算を回収できるのかも試算しておきましょう。 予算をかけて行う価値のあるキャンペーン内容か、プレゼントが予算に見合っているかなど判断する重要な材料になります。 ターゲット 新規顧客を獲得したいのか、既存顧客のロイヤルティを高めたいのかなど、目的に沿ってターゲットのペルソナを詳細に設定します。 キャンペーン内容 Instagramアカウントのフォローやいいね!だけで参加完了するフォローキャンペーンか、さらに指定ハッシュタグをつけて写真を投稿してもらう写真コンテストにするかなど、キャンペーン内容を詰めていきます。 ユーザーの参加メリット ユーザーが参加するモチベーションを高めるメリットを決めていきます。 プレゼント賞品を決める場合はターゲットの心をつかむものを前提として、キャンペーンとマーケティング目的に沿った数量と規模感のものを選びましょう。 キャンペーン期間 季節シーズンに合わせてキャンペーンを行うのか、自社の売り上げが高い時期にキャンペーンを行うのかなど考慮し期間を設定します。 運用体制 Instagramキャンペーンの運用体制をどうするかを決めます。 チームで運用するのか、担当者を定めて運用するのか、キャンペーンサイトの準備や告知はどうするのか、自社Instagramアカウントやホームページで写真を紹介するのか、商品の発送はどうするのか、キャンペーンへの問合せ対応はどうするかなど、キャンペーン中の運用について整備しておきます。 Instagramキャンペーンを実施し効果を分析する Instagramキャンペーンを実施したらそのキャンペーンの効果を分析します。 設定したKPIを通して目的を達成できているか、達成できていた場合何が成功要因だったのか、達成できていない場合何が必要だったのかを理解することが大切です。 前回の学びを踏まえPDCAサイクルを回しながら新たにInstagramキャンペーンを実施していくことで、継続的に効果を高めていくことができます。 関連記事 Instagramキャンペーンを企画から実施・分析する際の基本的な流れは以上となります。 以下ではさらに、キャンペーンをより魅力的により効果的にするためのポイントを成功事例と併せて紹介していきます。 Instagramキャンペーンへの入り口となるハッシュタグとメンションの工夫 Instagramでは非常に多くのユーザーがハッシュタグを用いて写真や動画を検索しており、ハッシュタグの使い方次第でキャンペーンの効果が大きく変わってくると言っても過言ではありません。 まずはハッシュタグについて紹介します。 オリジナルハッシュタグは 自社のブランディングやキャンペーンの効果計測に必要となるためです。 以下のキャンペーンは富士フイルム株式会社の提供するインスタントカメラ「チェキ」にて行われたInstagramキャンペーンです。 オリジナルハッシュタグの作り方は「自社ブランド名」+「キャンペーン名」がわかりやすいですが、 長すぎるハッシュタグはユーザーが入力間違えをしたり、友達同士の会話で話題になりにくくなる可能性があります。 この事例のようにシンプルでキャッチーなハッシュタグを作成するとよいでしょう。 また、 自社Instagramアカウントへのメンション( +ユーザーネーム)をユーザーの投稿キャプションに追加してもらうことで、自社アカウントへの入り口を増やすことも大切です。 その他、写真に自社アカウントをタグ付けしてもらう、位置情報を追加してもらうなどもできますが、ユーザーに要求するキャンペーン参加条件を多くするとユーザーの負担となり参加率が下がりやすくなるので留意しておきましょう。 キャンペーンページ: 関連記事 Instagramキャンペーンへ参加促進させる工夫 続いてInstagramキャンペーンの参加を促進させる工夫をしている事例を紹介していきます。 参加ハードルを低くする、ついでに参加できるようにする Instagramキャンペーンを話題にするためには、キャンペーンへの参加ハードルを低くすることも一つのポイント。 以下はブライダル事業を営むアニヴェルセル株式会社が行ったInstagramキャンペーンです。 画像: このキャンペーンは2つのパートで構成されています。 一般的なInstagramキャンペーンは企業のInstagramアカウントをフォローした上で指定ハッシュタグをつけた写真や動画を投稿しなければなりません。 そうした わずらわしさが無くキャンペーンに参加できるため、ユーザーからすれば心理的なハードルがかなり低いものとなっています。 フォローするだけキャンペーンで参加ハードルを大きく下げつつさらに熱量のあるユーザーへは写真投稿を促しています。 自社Instagramアカウントの成長を主目的として、キャンペーン参加ハードルを最大限引き下げている意図が伝わってくるキャンペーン事例です。 キャンペーンページ: 関連記事 様々なSNSで参加できる SNSを活用してキャンペーンを行う際、Instagramに限定せず 様々なSNSプラットフォームでもキャンペーンに参加できるようにすることでユーザーが参加しやすくなります。 たとえば、全国に宿泊施設を展開するルートインホテルズが2018年に行ったキャンペーンでは、TwitterとInstagramの2つのSNSを通してキャンペーンに参加することができました。 画像: 人によりメインで利用しているSNSは異なりますので、複数のSNSでキャンペーン参加ができるようにすることで、参加ハードルを下げつつ参加者の母数を増やすことができます。 加えて、 複数のSNSでキャンペーンに関する投稿が増えることで自社ブランディングにつながるメリットもあります。 日本で人気のSNSであるInstagram、Twitter、TikTokなど、それぞれのSNSの特徴を理解したうえでキャンペーンプラットフォームとして活用していきましょう。 キャンペーンページ: 関連記事 Instagramキャンペーン参加者数に比例して当選者も増える 面白い事例として、Instagramキャンペーン参加者の数に比例して賞品の当選者も増えるというユニークな事例があります。 画像: 航空会社であるが行ったInstagramキャンペーンは、「 ANA旅のブルーバトン」という 指定ハッシュタグが付いた投稿の数によってプレゼントの当選者数が増える仕組みです。 もともとのキャンペーンの賞品は「ANA国内線旅行券(ペア)」で、キャンペーン開始時点では抽選で2組4名へのプレゼントというもの。 当選者数は指定ハッシュタグの投稿が2,000投稿で3組6名、3,500投稿で4組8名という風に増えていき、最終的に4,000投稿を超え5組10名となりました。 一人で何度も写真を投稿できる条件のため、ユーザーはキャンペーンの当選数を増やしつつ自身の当選確率を高めることができます。 このように、 ユーザーへインセンティブを提供してキャンペーン参加の動機付けやモチベーションを上手く生むことができれば、大きな話題となります。 キャンペーンページ: Instagramキャンペーン賞品を工夫している事例 Instagramキャンペーンの賞品は自社マーケティングを意識することでスキのないキャンペーンとすることができます。 以下ではマーケティング目的が上手く反映されているキャンペーンの成功事例を紹介します。 キャンペーン賞品を自社サービスへの導線づくりに利用する Instagramキャンペーンの賞品を自社製品にしたり、自社サービスを利用してもらうための呼び水にする工夫も意識したいポイント。 たとえば自社店舗で使える商品券をキャンペーンの当選賞品にすれば、来店してくれる顧客の増加につながります。 以下は日本航空株式会社(JAL)が行ったInstagramキャンペーン事例です。 画像: このキャンペーンでは• 星野リゾート トマム ザ・タワー宿泊券(3組6名)• 星野リゾート 界 津軽宿泊券(2組4名)• 星のや富士宿泊券(1組2名)• 南十字星という名のリゾート はいるむぶし宿泊券(計8組16名)• フェニックス・シーガイア・リゾート シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート宿泊券(3組6名)• サンシャインジュース ビーガンカレー&ビーガンスープ5種(17組17名) という豪華なプレゼントが設定されました。 それぞれの宿泊先は北海道、青森県、山梨県、沖縄県、宮崎県と、全国に存在しているため、キャンペーン当選者が宿泊施設から遠方に住んでいる場合、 JALを利用してもらう動機付けになります。 最終的に自社のサービスや製品を利用してもらうためにはどんな賞品にするとよいか、綿密に検討することでスキのないキャンペーンを実施することができます。 キャンペーンページ: キャンペーンの当選商品を複数種類用意することでより多くのユーザーの欲求を刺激する プレゼント賞品にバリエーションを持たせることで、プレゼントに興味を持つユーザーの幅が広がるというメリットがあります。 以下の事例はベビー、キッズ製品を提供するアカチャンホンポが行ったInstagramキャンペーン事例です。 さん akachanhonpo がシェアした投稿 - 2018年 1月月17日午後9時05分PST このキャンペーンでは賞品として• ダイソンハンディクリーナー• ポキットプラス モニュメント・ブラック(ベビーカー)• ブルーナボンボン(バルーン遊具)• カタログギフト「えらんで」わくわくコース• 水99%Super新生児からのおしりふき が提供されました。 ベビー用おしりふき、キッズ向け遊具、ママが育児や家事で助かるベビーカーやハンディクリーナーといったプレゼントとすることで、幅広い月齢の子供を抱えるママというターゲットに興味を持ってもらえる企画となりました。 プレゼントを複数用意する負担は大きくなりますが、 キャンペーン参加者の母数を増やすことにもつながりますので一つのアイデアとして検討するとよいでしょう。 キャンペーンページ: 賞品を愛用してもらえるオリジナルグッズにすることでブランド想起を促す キャンペーン賞品を実用的なオリジナルグッズにするという方法もあります。 以下はサントリーフーズ株式会社が販売している果汁入り清涼飲料「なっちゃん」がテーマのInstagramキャンペーンです。 Instagramキャンペーンを通した集客 店舗やイベントへの集客を目的としてInstagramキャンペーンを実施する際、現地へ足を運んでもらう工夫をしている事例も多数ありますので、ポイントを紹介しましょう。 店舗やイベントとInstagramのキャンペーンを連動させる 店舗やイベントへの集客を目的としたInstagramキャンペーンであれば、インセンティブを付加してその場へ来てもらうための動機づけをするのも一つ。 たとえば、• イベントブースで撮影した写真をInstagram投稿すればさらに豪華賞品プレゼント といった形で、ユーザーが店舗やイベントに訪問したくなる工夫をすると、より興味をもってもらいやすくなります。 以下は、大手旅行代理店である株式会社エイチ・アイ・エスが行ったInstagramキャンペーンです。 画像: 店舗にて学生証を提示のうえ、ハッシュタグ「 100個割」を付けてInstagramかTwitterに写真を投稿することで旅行ツアーが割引となりました。 設定されている100個の割引プランの中からひとつを選んで条件を満たすことができればツアー料金の割引を受けることができます。 テーマごとに難易度が設定されており、難易度が高いテーマほど高額の割引となりました。 店舗に来なくては割引が適用されないため、 エンターテインメント性で話題を生み出しつつ店舗への集客を上手く組み込んだキャンペーン事例です。 キャンペーンページ: 関連記事 O2Oを意識して集客につなげる インターネット上(Online)のものを現実(Offline)の集客へと紐づけるために、Instagramキャンペーンに投稿された写真をプリントアウトして飾るという方法もあります。 以下は、大手私鉄である京浜急行電鉄株式会社が父の日をテーマにして行ったInstagramキャンペーンです。 画像: 子供の描いたお父さんの似顔絵をInstagramに投稿してもらい、応募された作品は京急イエローハッピートレイン「父の日ありがとうギャラリー号2018」内に掲出されました。 大好きなパパとの似顔絵が電車内に飾られるという子供と親の心をがっちりとつかみ、家族を上手く巻き込んだキャンペーンです。 自社鉄道の電車内を絵の掲載場所とすることで、家族連れで自社鉄道を利用してもらえる集客効果が見込めます。 ただし、画像の著作権は基本的に投稿したユーザーにありますので、Instagramキャンペーンの参加要項に投稿画像の2次利用について言及しておくなど事前準備が必要になります。 キャンペーンページ: そのほか工夫されたInstagramキャンペーン事例 その他にも様々な工夫とアイデアが採用されたInstagramキャンペーン事例があります。 以下で紹介していきましょう。 キャンペーンのアンバサダーをあらかじめ抽選で選び投稿してもらう 酒造メーカーである日本盛株式会社が行ったキャンペーンにユニークなものがあります。 画像: こちらのキャンペーンは、あらかじめ30名のInstagramユーザーをアンバサダーとして募り、当選した人に製品をプレゼントしてお花見をしながら商品をInstagramに投稿してもらうというもの。 アンバサダーとは自社製品の強いファンでありかつ熱意をもって製品をアピールしてくれる人のことです。 お酒が好きで自社製品に興味をもってくれているユーザーをあらかじめ募集し、 アンバサダーとして長期的なファンとなってもらうことができます。 一般的なキャンペーンと異なり投稿数が抑えられるため爆発的な拡散は期待できませんが、確実にキャンペーン投稿をしてもらえる 点もこのキャンペーンのポイントです。 キャンペーンページ: 関連記事 他社とコラボしてシナジー効果を生む 画像: こちらは刃物や調理機器で有名なツヴィリング・J. ・ヘンケルスジャパン株式会社が開催したInstagramキャンペーンです。 大きな特徴は 他社とコラボしてキャンペーンを実施している点です。 コラボしている企業は「ネスレ日本株式会社」と「花王株式会社」となっています。 画像: 自社製品と相性のいい「調味料」「調理器具」「食器用洗剤」といった製品を提供する各企業とコラボしたInstagramキャンペーンです。 コラボしてもらう企業との事前調整など実施する側のハードルは高くなりますが、他社とコラボレーションすることにより、 自社ファン以外にもブランド認知を広げることができ大きなシナジー効果が期待できます。 キャンペーンページ: 年間を通して継続的に複数回キャンペーンを実施する 画像: この事例は玩具メーカーである株式会社エポック社が提供する「アクアビーズ」のInstagramキャンペーンです。 同社はシーズンごとにInstagramキャンペーンを実施したり、WEBページでアクアビーズを上手に作るためのイラストシートを提供するなど、 年間を通して商品を楽しんでもらえるように工夫しています。 画像: こうした消費者のサポートと併せてキャンペーンを行うことも、消費者を飽きさせない上手い工夫といえるでしょう。 顧客との接点が増えるほど売り上げ拡大につながる可能性も高まりますので、年間を通して自社製品をアピールできる材料はないか丁寧に見つけることもキャンペーン企画時に重要となります。 キャンペーンページ: UGCを自社Instagramアカウントに紹介(リポスト)して高クオリティの投稿を増やす 画像: こちらは造花やプリザーブドフラワー・ドライフラワー、花器やベースなどを取り扱っている株式会社東京堂のブランド「MAGIQ」が行ったInstagramキャンペーンです。 一般ユーザーの投稿した写真(UGC)を自社Instagramアカウントで紹介させてもらうことで、クオリティの高いコンテンツをアカウントに増やすことができます。 ユーザーとしても、大手ブランドに自分の作品が紹介されることで自分のファンが増えることにつながるため、企業とユーザー双方にメリットのあるキャンペーンとなっています。 以下はキャンペーン当選者の作品紹介(リポストしたもの)です。 Instagramキャンペーンと相性の良い告知・認知の手法 Instagramキャンペーンを行う際、そもそもどのようにしてキャンペーンの実施を告知し多くのユーザーに認知してもらうかは大きな課題になります。 Instagramキャンペーンの告知と認知の方法には• 広告を打つ• プレスリリースを打つ• WEBサイトや店舗にキャンペーン実施の表示を出す• Instagramの自社アカウントで告知する のような方法がありますが、ここでは Instagramと親和性の高い人気のインスタグラマーを起用したキャンペーン告知と認知の方法を紹介します。 人気インスタグラマーにInstagramキャンペーンの宣伝をしてもらう インスタグラマーとはInstagram上で写真や動画投稿主のことです。 人気インスタグラマーともなると数万人~数十万人というフォロワー(ファン)を抱えて大きな影響力を有しています。 自社でSNSアカウントを運用し人気を集めることも可能ですが、数万~数十万人のフォロワーを集めるためには専門的なSNSマーケティング知識や時間や手間が必要になります。 自社ブランドと親和性の高い人気インスタグラマーにInstagramキャンペーンを宣伝してもらうことで、 自社にはない大きなコミュニティへキャンペーン情報を届けることができます。 さん setoharu1030 がシェアした投稿 - 2018年 2月月23日午前5時32分PST こちらは高級ジュエリーを提供するPIAGET(ピアジェ)銀座本店が行ったイベントへインスタグラマーを招待し、「イベント」と「Instagramキャンペーン」の2つの情報をフォロワーへ共有してもらっている投稿です。 人気インスタグラマーによる紹介により訴求力が増し多くの人がキャンペーンに興味をもちやすくなるメリットがあります。 この事例のように、イベントと連動しているキャンペーンであればイベントにインスタグラマーを招待して宣伝してもらうこともできます。 Instagramキャンペーンの認知手法としてインスタグラマーの起用を検討してみるのも一つの手でしょう。 関連記事 今話題のインスタグラムを活用してマーケティングをしよう!とは言ったものの、 思うようにフォロワーが伸びなかったり、売上につながらないという悩みを抱える企業は非常に多いのが現状です。 何から始めて良いのか分からないとお困りの企業担当者は、 「インスタグラム・マーケティング」の専門家にしっかりと相談しましょう。 インスタラボを運営するFind Model(ソーシャルワイヤー 株 )は、 ・ ナショナルクライアント様を中心とした 事例・実績は1500件以上 ・ インスタグラムに特化した 国内最大級メディア「インスタラボ」運営の豊富なナレッジ ・ 企業SNSマーケティングの戦略コンサルティングから公式アカウントの運用代行やSNS広告運用までワンストップサポート 豊富な事例やナレッジをベースに、貴社のマーケティング課題を解決します。 ぜひこの機会に インスタグラムを活用したマーケティングの実施を検討していきましょう。

次の