冷凍 そら豆 皮。 そら豆の保存方法は冷凍がベスト!最高の茹で方とゆで時間とは?

ホクホク食感を引き立てる! そら豆の茹で方・皮の剥き方・保存方法

冷凍 そら豆 皮

そら豆の旬は短く、さやつきがスーパーに並ぶのは春〜初夏だけ。 鍋で湯を沸かしてゆでるのが一般的ですが、せっかくの旬の味覚、できるだけ美味しく食べたい! ということで、そら豆の風味が引き立つゆで方とコツを、野菜ソムリエプロの根本早苗先生に教えていただきました。 そら豆のゆで方は切れ目を入れて、蒸しゆで2分! そら豆のゆで方はフライパンを使って少量の塩水で「蒸しゆで」がおすすめ。 湯を沸かす時間が短く済むうえに、そら豆が水っぽくならず、風味が濃く仕上がります。 加熱時間の目安は2分。 長すぎると食感がやわらかくなり、風味が弱まってしまいます。 さらに、蒸しゆでにする前に皮に切れ目を入れるひと手間を。 切れ目から塩水が入って豆に味がしみるとともに、シワなくゆでることができます。 食べるときに皮が簡単にむけるのもメリットです。 野菜ソムリエプロ直伝! そら豆のゆで方 【用意するもの】 そら豆5本分(約15粒)あたり• 水…60ml• 2 黒い筋と反対側に浅く切れ目を入れる 包丁のあごを使って幅1cm、深さ2mmほどの浅い切れ目を入れる。 3 フライパンに水を入れ、沸騰させる 4 そら豆と塩を入れ、ふたをして中火で2分蒸しゆでにする 2分たったらそら豆をひとつ食べてみて、少しかために感じる程度で火を止めると、余熱で食べるときにちょうどよいかたさになる。 かたすぎるようなら更に20秒加熱して様子を見る。 5 そら豆をザルにあけ、手早く冷ます 余熱で火が通りすぎると味が落ち、緑色も濁るので、手早くザルにあける。 そら豆の隙間を空けて並べ、ザルの底面に小鉢などをおくと空気の流れができて早く冷める。 6 冷めたらできあがり! 皮は包丁で入れた切れ目からするっとむける。 薄い塩味がついているため、そら豆本来の甘み・旨みがより引き立つ。 そら豆の冷凍保存方法 そら豆はあまり日持ちしないので、すぐに食べられないときは冷凍しましょう。 さやごと冷凍すると、豆が空気に触れず、風味を保ちやすいのでおすすめです。 冷凍庫で場所を取って困る場合は、さやから豆を取り出して、豆だけを冷凍しましょう。 金属製バットに置き、上に保冷剤をのせて冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 【解凍方法】 ラップをせずに600Wの電子レンジで1分加熱。 その後さやから豆を取り出して下処理&蒸しゆでにする。 さやごと焼くと、内側の白い綿の部分もスプーンですくって食べられる。 金属製バットに置き、上に保冷剤をのせて冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 【解凍方法】 この記事で紹介している方法「フライパンで蒸し茹で」で、ゆで時間は3分にする。 皮に切れ目を入れてあるので、凍ったまま蒸しゆでできる。 【豆知識】生のまま冷凍して、大丈夫なの? 野菜の冷凍は、ブランチング(下ゆでしたり、蒸したりする加熱調理のこと)してから冷凍することもありますが、これは野菜内の酵素を失活させて変色を防ぐため。 でも、1ヵ月程度で使いきるなら生で冷凍しても大丈夫です。 ただし、食べるときは必ず加熱調理してください。

次の

そら豆の保存方法は冷凍がベスト!最高の茹で方とゆで時間とは?

冷凍 そら豆 皮

スポンサードリンク 冷凍保存がおすすめのそら豆!皮のむき方を解説 そら豆は鮮度が落ちるのがとても速い繊細な野菜とご紹介しました。 買ってみたものの、そんなにたくさん食べられない場合は、 冷凍保存をすると生で保存するよりも、1か月ほどですが長期保存ができます。 皮のむき方 1、そら豆のサヤのむき方です。 サヤの端にある筋をゆっくりと引っ張りながら筋を取ります。 その後にサヤを広げて中の豆を取り出します。 また、時間がない場合はサヤをねじって割れたところから豆を取り出すこともできます。 こちらの方法の方が簡単ですね! 2、薄皮のむき方 そら豆は芽の部分が黒くなっている場合は切り目を入れて、 切り目を入れた反対側から押し出すと簡単に取り出すことができます。 冷凍保存を解説!そら豆の保存の仕方 そら豆を冷凍保存する場合、サヤから取り出したそら豆の黒い筋に切れ込みをいれます。 固めに茹でてバットやザルなどにとり、 水気をしっかり取って一度1~2時間程、 冷凍庫に入れて一気に冷凍させます。 その後に、凍ったそら豆を密閉袋などに入れて保存させます。 スポンサードリンク 賞味期限の目安としては、 1か月程です。 色が変色してきていると鮮度が落ちてきているので、 冷凍したとしても早めの調理をすることをオススメします。 冷凍そら豆の茹で方や美味しい食べ方! そら豆の美味しい食べ方で一番の定番はやっぱり 【塩茹で】ですね! お酒が好きな方には肴としてもいいと思います。 茹でる場合は、沸騰したお湯で1分半~2分程湯がきます。 茹でた後に塩を振れば【定番・王道の塩そら豆】が味わえますね! そら豆を使ったレシピを検索すると【そら豆とチーズ】【そら豆と炊き込みご飯】の組み合わせが多い気がしました。 実際に作ってみたもので美味しかったものを紹介します! ホクホクそら豆と新玉ねぎのチーズ焼き <材料> そら豆 適量 新玉ねぎ 小1個 マヨネーズ 大1 コショウ 少々 とろけるチーズ 適量 パプリカ粉末 あれば パセリ 少々 <作り方> 1、そら豆は軽く塩茹でして皮を剥く。 新玉ねぎはごく薄い薄切りにする。 2、フライパンを熱し、マヨネーズを入れ新玉ねぎを炒め コショウを少々振ったらしんなりするまで炒める。 彩りにパプリカやパセリを振りかける。 チーズとそら豆が合って、玉ねぎの甘味も感じてとても美味しかったです! まとめ いかかでしたか? 生のそら豆はとても繊細な野菜なので、美味しいうちに調理をして 美味しくいただくことがオススメです! もし、生のものを冷凍する前に自信がなければ、 冷凍食品のそら豆から練習して料理のレシピを増やして そら豆の扱いが慣れてきた頃に、生のそら豆の冷凍保存を 挑戦してみてもいいかもしれませんね! 旬の野菜を食べて春の四季を感じてみてはいかかでしょうか! 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 最近の投稿• 人気記事• 最近のコメント• に 管理人 より• に 管理人 より• に Shin N より• に ささき より• に 管理人 より アーカイブ• カテゴリー•

次の

塩ゆでそら豆

冷凍 そら豆 皮

Q 先日、生まれて初めてそら豆を食べました。 (といっても冷凍ですが) なんか突然食べてみたくなって、冷凍を買ってきて、 パッケージに書いてあるとおり、 レンジでチン!してみたり、茹でてみたりしました。 しかし・・・臭い!! 何の匂い?と最初は思いました。 母が言うところによると・・・ 「トイレの汲み取りの匂い」(スミマセン・・・) なんとか食べてみることはしましたが、 臭いがきつすぎて、食欲は減退、あまり美味しく頂くことは出来ませんでした。 よくそら豆のポタージュとか、煮付け?とかは 聞くんですけど・・・できれば、普通にそのまま食べたいんです。 何とか臭くならずに美味しくなる方法はないんでしょうか? 宜しくお願いいたします。 A ベストアンサー 取れたての蚕豆ってのはさっと茹でて皮ごと喰ってもなんの抵抗も、なんの違和感もないものです。 豆を吸い、残った皮だけ喰ってもむろん滑らかに美味です。 じつのところ新鮮なのなら火を入れるまでもなく、生のまま喰えますね。 ええ喰えますとも。 東ちづるを世に出した、かの金子信雄も蚕豆が好物で、まず中だけ賞味してしかるのち名残を惜しむがごとくに未練にすがるごとくに残った皮をついつい平らげたそうです。 本人が麗々と書き残しておりまする。 アメリカ人を高い店に案内したとき、エダマメを皮ごと、いや、あれは皮じゃない、莢ごと喰われて閉口しましたっけ。 そういうことはある。 あるけど、どんな場所でも、喰えるものは喰うのがよろしく、喰えるものを残してゴミに変えるほうこそたいてい罪でしょう。 一枚抜け殻を喰ってうまかったら残らず喰えばいいでしょう。 がじがじしてまずいと思ったならそこで踏みとどまるだけのことです。 料亭だろうがどこだろうが。

次の