新年 の 言葉。 お正月にぴったり!縁起のいい言葉にはどんなものがあるの?

年明けの気のきいた言葉

新年 の 言葉

>新年の挨拶に使う語句を教えて下さい。 年賀状で、新年を祝う語句は「賀詞(がし)」と呼ばれます。 (本来は、「賀詞」は年賀に限らないお祝いの言葉のことですが) 漢字一文字・二文字の賀詞は、目上の人から目下の人へ 新年を祝う意味で使われることが多いようです。 目上の人への年賀状には、つつしんだ気持ちやへりくだった意味の 文字・言葉を含んだ四文字の賀詞や文章の賀詞を用いた方が よいです。 まず、四文字の賀詞から。 謹賀新年(きんがしんねん):謹んで新年をお祝いします 恭賀新春(きょうがしんしゅん):うやうやしく初春をお祝いいたします 恭賀新年(きょうがしんねん):うやうやしく新年をお祝いいたします 敬頌新禧(けいしょうしんき) :うやうやしく新年のよろこびをおたたえ申し上げます 意味は若干違いはありますが、実質的には、ほぼ同じ意味合いです。 「謹(つつしんで:相手を尊ぶ気持ち)」「恭(うやうやしく:礼儀正しく丁寧)」 「敬(うやまう:尊んで礼をつくす)」「頌(たたえる:称揚する)」 といった相手の方への敬意と丁寧な気持ちを表す語が入ることで、 目上の人へも礼儀にかなった挨拶の敬語となります。 次に二文字の賀詞。 同じく、下記のような一文字の賀詞も避けたほうが良いわけです。 寿(じゅ):おめでたいこと、祝い 福(ふく):幸せ 春(しゅん):新年、年の初め 賀(が):祝い 禧(き・さいわい):よろこび >目上の人 少なくとも、謹賀新年、恭賀新年 等の四字の賀詞、 できれば、下記のような賀詞がふさわしいでしょう。 ・謹んで初春のお慶びを申し上げます ・謹んで年頭の御祝詞(しゅくし)を申し上げます >目下 下記の賀詞あたりが良いでしょう。 ・あけましておめでとうございます ・新年おめでとうございます ・新春のお慶びを申し上げます ・新年の御祝詞を申し上げます ・Happy New Year 下記リンクもご参考に。 また、分からない事がありましたら、なんなりとご質問ください。 僕が答えられる限り、お答えさせていただきますね。

次の

新年のキャッチコピーの作り方φ(.. )とキャッチコピー例を集めました。

新年 の 言葉

新年の挨拶は1月7日の松の内までですが、これを過ぎてから行うこともあるでしょう。 対面している時には「遅ればせながら」といった言葉の後に「あけましておめでとうございます」でも許されますが、手紙やはがき、メールでは、それはゆるされません。 「寒中見舞い」変える必要があります。 決まり文句は「寒中お見舞い申し上げます」「余寒お伺い申し上げます」ですが、結びは「寒さ厳しき折柄、御身お大切にお過ごしください。 」などとなります。 ビジネスの場合には、「今年もよろしくお願いします」に気持ちを込めた言葉で結ぶことで構いません。 寒中見舞いは立春が境となります。 その後は「余寒見舞い」となり、寒さが続く時期で使えます。 また喪中の場合もあります。 相手が喪中の場合には「おめでとうございます」の言葉を避け、通常と同じ挨拶を行います。 「おはようございます」といった時間に即した挨拶、「お寒うございます」といった時期に即した挨拶などの後に、「昨年は大変お世話になりました。 今年もどうぞよろしくお願いします。 」といった内容で続け、昨年中のお礼と今年についてを伝えます。 わざと松の内を避け、寒中見舞いとなった時点でご挨拶申し上げる方法もあります。 これであれば「おめでとうございます」を使わずに済みます。 大変な時だからこそ、相手やご家族の健康に気遣うような言葉を添えると、なお良いでしょう。

次の

新年の祝い言葉

新年 の 言葉

年が明けると、 門松・ 熊手・ しめ縄・ 花など たくさんの 縁起物が 飾りつけられますよね。 正月飾りは華やかで 見た目から 年明けのおめでたいムードが 伝わってきます。 さてそれでは、 お正月に使うのにぴったりな 縁起のいい言葉には どんなものがあるのでしょうか? 今回は 年賀状や 書初めなど、 お正月の行事に役立つ 縁起のいい言葉を調べてみました。 Sponsored Link お正月の年賀状…縁起のいい言葉とは? お正月を迎えて、 始めに届く手紙である 年賀状。 この年賀状にはもちろん、 縁起のいい言葉を書きたいですよね。 笑門来福(しょうもんらいふく) 笑う門には福来る、 を四字熟語で短く表現した言葉です。 いつも笑っていて 笑顔を絶やさない人のところへは、 福、つまり 幸せがやってくるよ という意味ですね。 お正月から笑顔でいられそうな、 素敵な言葉です。 新春万福(しんしゅんばんぷく) 新春には 新年、 万福には 数え切れないほどの幸せ、 という意味があります。 二つを合わせると 「 新しい年に幸せが多くありますように」 と お祈りする気持ちを 表すことができるんです。 幸せを祈ってもらっている。 もしくは相手の幸せを祈っている。 一年の始まりに そんな気持ちを持てるというのは、 とてもいいことですよね。 迎春万歳(げいしゅんばんざい) 迎春は、 新年を迎えるという意味です。 そこに万歳を加えることで、 新年を迎えた喜びを ストレートに表しているんですね。 お正月から万歳できれば、 もう見るからに 縁起がいいです! 勢いよく 喜びを伝えることができますね。 長楽萬年(ちょうらくまんねん) 楽しい出来事が 長くずっと続くという 意味の言葉です。 お正月から一年間、 いいことがたくさん起こるといった イメージですね。 楽しい一年が過ごせそうで 縁起がいいですね。 Sponsored Link 書初めにぴったりな縁起のいい言葉 お正月に、 その年の 抱負や 目標を込めて 書き上げる 書初め。 年賀状に続いて、 書初めにだってやっぱり 縁起のいい言葉を使いたいものです。 福寿(ふくじゅ) 見るからに 縁起がよさそうな字ですよね。 福寿には 幸せと長生きの意味があります。 幸福に包まれて、 幸せな毎日を過ごせそうですね。 福始(ふくし) 読んでの字のごとく 幸せの始まりを表します。 お正月と一緒に幸せが始まる、 とっても縁起がいいですね! 吉祥(きっしょう、きちじょう) 吉祥とは、 おめでたいことやいいことが起こる 前兆のことです。 お正月にこの言葉を使えば、 幸せの予感を抱えながら 一年のいいスタートダッシュが 切れそうですね。 百福(ひゃくふく) たくさんの幸せや、 幸せに満たされていることを 表しています。 幸せな気持ちの中で お正月を過ごせそうな 素敵な言葉ですよね。 豊楽(ほうらく) 豊楽は、 豊かさの中で 人々が日々を楽しんでいる様子を 表しています。 誰か一人ではなく、 たくさんの人々の幸せを 意味しているんですね。 お正月から気持ちも暮らしも豊かに、 幸せな毎日が過ごせそうです! 縁起のいい言葉で幸せを招く お正月にぴったりな 縁起のいい言葉を いくつかご紹介しましたが、 お気に入りの言葉は見つかりましたか? 福や 寿など 幸せな意味を持っている言葉は、 耳や目にするだけで 気持ちが とても明るくなります。 皆さんも縁起のいい言葉で、 自分や周りの人たちに 幸せを招いてあげてくださいね! -.

次の