地球 フリー。 重力(2)

令和一発目の記事は【フリーエネルギー】について。ニコラ・テスラ/ZPower 革命がおきる

地球 フリー

stasher のシリコーン保存バッグ (写真左) 残りものや作り置きのおかずを入れるのに便利なケース。 サンドイッチやお惣菜を入れて、ランチボックスとしても使える。 原料は、食品用品質として認められている100%ピュアプラチナシリコーン。 バクテリアが繁殖しにくく、洗って何度もリユースできるので、密閉保存袋やラップをこれに替えるだけでサステナブルに。 マリネした肉を冷凍保存しておき、そのままオーブンで調理すれば、洗いものも減って一石二鳥。 3サイズあるので、必要なシーンに合わせてチョイスして。 日に何度となく使うラップを、エコなものに替えられたら……。 そんな願いを叶えてくれるのが、岐阜県のミツロウとオーガニックホホバオイルをオーガニックコットンに染み込ませて作ったミツロウラップ。 ミツバチの巣から採取したミツロウには、抗菌・保湿効果があるため、食品の鮮度を保ちながら包むことができる。 手のぬくもりで温めるとどんな形にもぴたっとフィットするから、食べかけのパンやフルーツ、料理が入った器などを、さっと包むのに便利。 水洗いして繰り返し使える。 天然ラップ草木染め(藍&福木)翡翠色(M)¥1500/アコラップ info acowrap. com 髙田耕造商店のしゅろたわし (写真左) 環境にやさしいものを探すときは、昔ながらのものに目を向けてみるのも手。 江戸時代から洗浄に用いられてきたたわしは、洗剤なしで汚れを落とす自然素材のキッチン道具。 特に上質なしゅろを使って職人が手作りしている〈髙田耕造商店〉のたわしは、適度な硬さとしなりがあり、器や野菜の表面を傷つけることなく、汚れだけを落としてくれる。 そのやさしく吸い付くような肌ざわりに、今までのたわしの概念が変わるはず。 また、面で洗うスポンジと違って、たわしは繊維で洗うため、まな板や鍋も汚れを掻き出すように効果的にすっきり洗える。 水切れもいいので、衛生的。 特殊合成ゴムで加工されているので、水で濡らすだけで抜群の吸着力と摩擦力を発揮してくれる。 かるくなでるだけでキュキュッと汚れをかき落としてくれるので、洗剤を使わずに食器を洗えるということも海にやさしいポイント。 もともとは、洗剤を使えない食品工場のタンクを洗うときや、油を多く使う飲食店の食器洗いなどで使われてきた素材を、〈THE〉が家庭用サイズにして商品化したものだとか。 そんなエピソードからも、その実力がうかがえる。 業務用ならではの耐久性も魅力。 セルロースは紙の原料となるパルプとコットン(綿繊維)からできており、最後は土に還るエコな素材。 布製タオルに比べて吸水性が高く、自重の約10倍の水分を吸収。 キッチンカウンターやテーブルを拭いたり、ちょっとした食器類の水切りに利用したりと便利。 また、すぐに乾くので雑菌が繁殖しづらく、嫌なニオイがつきにくいのもうれしいところ。 意外と知られていないのが、一度水で湿らせてぎゅっと絞ってから使うこと。 乾いた状態よりも、吸水力がぐんとアップするのでお試しを。

次の

キッチン道具、歯ブラシ...地球にやさしい“プラスチックフリー”商品(FRaU編集部)

地球 フリー

宇宙空間の写真をブログに使いたい! 地球の画像をブログに使いたい! ブログや教材で宇宙やロケットの写真画像を使用したい! 学校や塾などの教材を始め、ブログでも宇宙の画像を使いたい事があります。 ロケットなどはそう簡単に撮影できる被写体ではありません。 ましてや地球の画像や宇宙空間の画像なんて… 写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ! ネットに溢れる画像は個人で楽しむ為にダウンロードする事ができます。 このような画像は無許可で転用する事は禁止されています。 画像をブログなどで掲載したい場合は「フリー画像」と呼ばれる 著作権フリーの画像である必要がありますね? 簡単に手に入れられない宇宙の画像がフリーで使用する事ができます。 宇宙やロケットの写真 フリー画像の中には「著作権表記が必要」なものや「商用利用不可」の物もあります。 宇宙の写真などは個人や団体が天体望遠鏡などで撮影したものや 通常のカメラで撮影した星空の写真などがあります。 ロケットの写真も種子島などで打ち上げがある際に撮影される事もありますね? 撮影者がフリー画像として提供しているものは良しとして… 企業や団体が撮影したものはほとんどが有料だったり使用制限されています。 そのような宇宙空間やロケットの写真がフリー画像だったら… NASA Galleries NASAでは公開している画像の一部をフリー画像として使用する事ができます。 「画像の一部」としてあるのは… 肖像権のある画像や指定画像以外の写真である事。 人物の写真やNASA以外が撮影したものは一概にフリー画像とは言えません。 その他のロケットや宇宙空間・国際宇宙ステーション(ISS)など NASAのサイトに掲載されている写真は基本的にフリー画像になります。 NASAメディアガイドライン NASAの画像や映像などメディアのガイドラインがありますので引用しておきます。 ただし… 実際は英文になりますので自動翻訳で日本語に置き換えたもので表記しておきます。 一部の単語などが実際の翻訳と異なる部分もありますが… 概ね内容は理解できると思います。 メディア使用ガイドライン NASAロゴ NASAの記章のロゴ(青い「ミートボール」の記章)、引退したNASAのロゴタイプ(赤い「ワーム」のロゴ)、およびNASAのシールは、明示的な許可なしにいかなる目的にも使用することはできません。 これらの画像は、NASAの従業員ではない人、またはNASAが後援していない製品、出版物、またはWebページで使用することはできません。 これらの画像は、いかなる外部の組織、プログラム、努力、または個人の支持または支持を暗示するために使用することはできません。 非営利目的の静止画像、音声記録、ビデオ、および関連コンピュータファイル NASAのコンテンツ(テクスチャマップや任意の形式のポリゴンデータなどの3次元モデルの表現に使用される画像、オーディオ、ビデオ、およびコンピュータファイル)は、通常、著作権で保護されていません。 この資料は、写真集、教科書、公開展示物、コンピューターによるシミュレーション、インターネットWebページなど、教育目的または情報目的で使用することができます。 この一般的な許可は個人のWebページにも及びます。 報道機関、学校、教科書の作者は、明示的な許可を必要とせずにNASAのコンテンツを使用することがあります。 裏書きを意味しない事実上の方法で使用されたNASAのコンテンツは、明示的な許可を必要とせずに使用されることがあります。 NASAは資料の出所として認められるべきです。 NASAは時折そのウェブサイト上の許可によって著作物を使用します。 これらの画像は、著作権者の名前で著作権のマークが付けられます。 NASAの使用は、同じ素材を使用する権利を他者に譲渡するものではありません。 著作物を使用したい場合は、著作権者に直接連絡してください。 NASAは 、歴史的な画像、現在の任務、天文写真、地球の画像、NASAの画像を検索する方法など、広範な画像およびビデオギャラリーをオンラインで提供しています。 一般に、各ミッションとプログラムはトピックページにビデオと画像のコレクションを持っています。 例えば、Space Stationのビデオはにあります。 コンテンツは、当社の幅広いソーシャルメディアチャンネルでも見つけることができます。 中略 商業目的で使用されるNASAのコンテンツ 商業目的でのNASAコンテンツの使用に関する詳細は、をご覧ください。 NASAのコンテンツの使用、またはNASAの画像やエンブレムに関するご質問は、ワシントンのNASA本部にあるNASAの通信局のマルチメディア部門のBert Ulrichにお寄せください。 ドキュメンタリーおよび映画へのNASAの関与については、ドキュメンタリーおよび架空の映画プロジェクトのガイドラインをご覧ください。 NASAの資料が広告を含む商業目的で使用される場合、NASAの商品またはサービスの支持を明示的または黙示的に伝えてはなりません。 NASAの画像に識別可能な人物が含まれている場合、その画像を商業目的で使用すると、その人物のプライバシーまたは宣伝の権利が侵害される可能性があるため、許可を得る必要があります。 宇宙飛行士を含む現在のNASAの職員は、市販の資料に掲載されていない可能性があります。 コマーシャルおよび宣伝コンテンツは、NASAの財産で撮影することはできません。 NASAのWebサイトへのリンク NASAのWebサイトは著作権で保護されておらず、個人の個人用Webサイトを含む他のWebサイトからNASAの明示的な許可なしにリンクされることがあります。 しかしながら、そのようなリンクは、NASAの商品またはサービスの支持を明示的または黙示的に伝えないかもしれません。 NASAの画像は、上記のガイドラインに従って使用されている限り、NASAのWebサイトへのグラフィックの「ホットリンク」として使用することができます。 この許可は、NASAの記章、引退したNASAロゴタイプ、またはNASAアザラシの使用には適用されません。 NASAは資料の出所として認められるべきです。 メディア使用ガイドラインを要約すると… Check! 上記のアプリで遊んでみました… 一度使ったらあとは必要無いかも? 宇宙空間の画像まとめ NASAの画像の使用目的は様々だと思います。 個人で楽しむ為にスマホの待受画像にしたり… ブログで宇宙の事を記載するのに引用したり… ロケット打ち上げや日食や月食のような天体イベントの記事など… フリー画像として使用する事は出来ますが著作権を放棄している訳ではありません。 元画像を加工して使用公開する事に関しては記載されていませんが… 加工して使用するのは違反に当たる気がします。 また、トリミングしても良いのか?など 多少疑問もありますが… NASAの画像を使用する事で宇宙関連の記事が華やかになるのであれば… 積極的に使用してみたいものですね。 個人使用としてはPCやスマホの待ち受け画面などの壁紙に使ってみると良いですね。 私も壁紙に使用している時があります。

次の

宇宙やロケットの写真を使用したい時は?NASAのフリー画像!ブログや教材で使おう!

地球 フリー

宇宙空間の写真をブログに使いたい! 地球の画像をブログに使いたい! ブログや教材で宇宙やロケットの写真画像を使用したい! 学校や塾などの教材を始め、ブログでも宇宙の画像を使いたい事があります。 ロケットなどはそう簡単に撮影できる被写体ではありません。 ましてや地球の画像や宇宙空間の画像なんて… 写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ! ネットに溢れる画像は個人で楽しむ為にダウンロードする事ができます。 このような画像は無許可で転用する事は禁止されています。 画像をブログなどで掲載したい場合は「フリー画像」と呼ばれる 著作権フリーの画像である必要がありますね? 簡単に手に入れられない宇宙の画像がフリーで使用する事ができます。 宇宙やロケットの写真 フリー画像の中には「著作権表記が必要」なものや「商用利用不可」の物もあります。 宇宙の写真などは個人や団体が天体望遠鏡などで撮影したものや 通常のカメラで撮影した星空の写真などがあります。 ロケットの写真も種子島などで打ち上げがある際に撮影される事もありますね? 撮影者がフリー画像として提供しているものは良しとして… 企業や団体が撮影したものはほとんどが有料だったり使用制限されています。 そのような宇宙空間やロケットの写真がフリー画像だったら… NASA Galleries NASAでは公開している画像の一部をフリー画像として使用する事ができます。 「画像の一部」としてあるのは… 肖像権のある画像や指定画像以外の写真である事。 人物の写真やNASA以外が撮影したものは一概にフリー画像とは言えません。 その他のロケットや宇宙空間・国際宇宙ステーション(ISS)など NASAのサイトに掲載されている写真は基本的にフリー画像になります。 NASAメディアガイドライン NASAの画像や映像などメディアのガイドラインがありますので引用しておきます。 ただし… 実際は英文になりますので自動翻訳で日本語に置き換えたもので表記しておきます。 一部の単語などが実際の翻訳と異なる部分もありますが… 概ね内容は理解できると思います。 メディア使用ガイドライン NASAロゴ NASAの記章のロゴ(青い「ミートボール」の記章)、引退したNASAのロゴタイプ(赤い「ワーム」のロゴ)、およびNASAのシールは、明示的な許可なしにいかなる目的にも使用することはできません。 これらの画像は、NASAの従業員ではない人、またはNASAが後援していない製品、出版物、またはWebページで使用することはできません。 これらの画像は、いかなる外部の組織、プログラム、努力、または個人の支持または支持を暗示するために使用することはできません。 非営利目的の静止画像、音声記録、ビデオ、および関連コンピュータファイル NASAのコンテンツ(テクスチャマップや任意の形式のポリゴンデータなどの3次元モデルの表現に使用される画像、オーディオ、ビデオ、およびコンピュータファイル)は、通常、著作権で保護されていません。 この資料は、写真集、教科書、公開展示物、コンピューターによるシミュレーション、インターネットWebページなど、教育目的または情報目的で使用することができます。 この一般的な許可は個人のWebページにも及びます。 報道機関、学校、教科書の作者は、明示的な許可を必要とせずにNASAのコンテンツを使用することがあります。 裏書きを意味しない事実上の方法で使用されたNASAのコンテンツは、明示的な許可を必要とせずに使用されることがあります。 NASAは資料の出所として認められるべきです。 NASAは時折そのウェブサイト上の許可によって著作物を使用します。 これらの画像は、著作権者の名前で著作権のマークが付けられます。 NASAの使用は、同じ素材を使用する権利を他者に譲渡するものではありません。 著作物を使用したい場合は、著作権者に直接連絡してください。 NASAは 、歴史的な画像、現在の任務、天文写真、地球の画像、NASAの画像を検索する方法など、広範な画像およびビデオギャラリーをオンラインで提供しています。 一般に、各ミッションとプログラムはトピックページにビデオと画像のコレクションを持っています。 例えば、Space Stationのビデオはにあります。 コンテンツは、当社の幅広いソーシャルメディアチャンネルでも見つけることができます。 中略 商業目的で使用されるNASAのコンテンツ 商業目的でのNASAコンテンツの使用に関する詳細は、をご覧ください。 NASAのコンテンツの使用、またはNASAの画像やエンブレムに関するご質問は、ワシントンのNASA本部にあるNASAの通信局のマルチメディア部門のBert Ulrichにお寄せください。 ドキュメンタリーおよび映画へのNASAの関与については、ドキュメンタリーおよび架空の映画プロジェクトのガイドラインをご覧ください。 NASAの資料が広告を含む商業目的で使用される場合、NASAの商品またはサービスの支持を明示的または黙示的に伝えてはなりません。 NASAの画像に識別可能な人物が含まれている場合、その画像を商業目的で使用すると、その人物のプライバシーまたは宣伝の権利が侵害される可能性があるため、許可を得る必要があります。 宇宙飛行士を含む現在のNASAの職員は、市販の資料に掲載されていない可能性があります。 コマーシャルおよび宣伝コンテンツは、NASAの財産で撮影することはできません。 NASAのWebサイトへのリンク NASAのWebサイトは著作権で保護されておらず、個人の個人用Webサイトを含む他のWebサイトからNASAの明示的な許可なしにリンクされることがあります。 しかしながら、そのようなリンクは、NASAの商品またはサービスの支持を明示的または黙示的に伝えないかもしれません。 NASAの画像は、上記のガイドラインに従って使用されている限り、NASAのWebサイトへのグラフィックの「ホットリンク」として使用することができます。 この許可は、NASAの記章、引退したNASAロゴタイプ、またはNASAアザラシの使用には適用されません。 NASAは資料の出所として認められるべきです。 メディア使用ガイドラインを要約すると… Check! 上記のアプリで遊んでみました… 一度使ったらあとは必要無いかも? 宇宙空間の画像まとめ NASAの画像の使用目的は様々だと思います。 個人で楽しむ為にスマホの待受画像にしたり… ブログで宇宙の事を記載するのに引用したり… ロケット打ち上げや日食や月食のような天体イベントの記事など… フリー画像として使用する事は出来ますが著作権を放棄している訳ではありません。 元画像を加工して使用公開する事に関しては記載されていませんが… 加工して使用するのは違反に当たる気がします。 また、トリミングしても良いのか?など 多少疑問もありますが… NASAの画像を使用する事で宇宙関連の記事が華やかになるのであれば… 積極的に使用してみたいものですね。 個人使用としてはPCやスマホの待ち受け画面などの壁紙に使ってみると良いですね。 私も壁紙に使用している時があります。

次の