竹の子 の 皮。 竹の子姫皮(絹皮)料理いろいろ

香春町の地域資源で染める②! ー竹・筍の皮編+常温で染める草花ー

竹の子 の 皮

「筍」「竹の子」の違い 筍という場合には食べる事ができ、食べる事ができる期間がある事から 時期の意味になる「旬」が合わさって竹冠に旬と書き「筍(たけのこ)」と 表記するようになります。 竹は成長が早く新しい芽が出てから数カ月でとても大きな竹に成長します。 竹の種類によっては1日で120cm成長したと言う記録もあります。 一般的に「旬」は1ヶ月を3つに分けた事初旬、中旬、下旬、10日でひとめぐりの事 を言います。 竹の目を見張る早い成長と目が出てから10日までが美味しい、食べ頃 になる事から旬が使われるようになります。 食べる事ができる旬の食べ物「 筍」 旬が過ぎた10日を過ぎた食べる事ができなくなると「 竹の子」 となることが多いようです。 この時期だからこそ食べることができる、季節を感じる「筍」も「竹の子」も どちらも竹の子供になり、どちらを使っても間違いではなく たけのこ、タケノコ、竹の子、筍の表記について農林水産省に問い合わせをしてみ ると基本的には特に決まりもないと言うことです。 市場に並ぶ筍の旬は4月~5月 筍の旬は南から北へと移動します。 九州地方の3月頃から4月から5月をかけて北上します。 桜前線の後1週間から10日後に筍の旬が訪れる事から「 筍前線」とも呼ばれています。 たけのこの種類 竹は日本では約600種類、世界では約1200種類ほどあると言う事です。 その中でも 一般的に食べられている筍の種類には 孟宗竹(もうそうちく) お店で売られている筍のほとんどは孟宗竹(もうそうちく) 孟宗竹(もうそうちく)は中国原産になり、江戸時代になる1736年頃に日本中に伝 わります。 白く太くて柔らかい えぐみが少ない 甘みがある 香りが良い なかでも京都産の孟宗竹(もうそうちく)の味の良さには定評があります。 竹取り物語のモデルの地と呼ばれている京都市西京区大枝、大原、洛西地区 は筍の名産地と知られています。 京都府長岡京市には「孟宗竹発祥之地」として石碑が立てられています。 なぜ京都が一番美味しい筍なのかと言うと筍が育つ「土壌」 酸性土壌で粘土質の土壌が筍に最適だと言う事と丁寧で細やかな手入れにあると言う 事です。 収穫時期は3月から5月中旬 寒山竹(かんざんちく) 原産国は中国、日本では関西から西で多くなります。 特に九州南部では良く食べ られています。 大名竹・大明竹(だいみょうちく)とも言われ これを食べた殿様が「これはうまい」と太鼓判を押した事から 大名竹(大明竹)と言われるようになります。 生で食べられるくらい柔らかい 歯ごたえがある 収穫時期は7月から8月中旬 味の美味しさは筍の中で一番だと言われています。 布袋竹(ほていちく) 原産国は中国、世界各地にあります。 乾燥させると折れにく事から釣り竿等に 利用されています。 少し細め 素朴・淡白な味 あくはない 収穫時期は6月頃 味は淡竹(はちく)と似ていると言われ、淡竹(はちく)と真竹(まだけ)の 間に収穫できます。 時 期 孟宗竹(もうそうちく) 3月~5月中旬 淡竹(はちく) 4月中旬から5月 真竹・苦竹(まだけ) 5月から6月中旬 根曲がり竹(ねまがり) 5月中旬から5月 寒山竹(かんざんちく) 7月から8月中旬 布袋竹(ほていちく) 6月頃 筍の収穫 まだ竹の子のではない、10日までの筍を見分けるには 筍は地下茎の節から芽が出て成長します。 地下茎の野菜にはじゃがいもやさつま芋 があります。 じゃがいもやさつま芋を掘り起こすように、筍も地下の中で成長している事から地上 に筍が見えた大きさより、筍は大きく成長しています。 地上に見えている場合は約5cmまで、それ以上になると食べる事だできない 竹の子になります。 美味しい筍 ・土が割れている所にある筍 ・土が硬くなっている所にある筍 地上に見えている場合 ・鶏のとさかのような物が黄色 ・とさかが大きい物 とさかが緑色だからと言って美味しくないと言うのではなく、黄色い物は柔らかく 味が良い筍で「めだけ」と呼ばれています。 とさかが大きい物は太くて立派な筍です。 朝掘りたけのこ 筍は夜の間に栄養や水分をたくさん吸い上げ、朝になってから成長する性質があり ます。 成長したての筍は香りも良く、味も一段と美味しいと言われています。 筍の一番良いタイミングで掘る事を「 朝掘りたけのこ」と言います。 夜明け前に筍があるであろう場所に行き、地上に現れる前の筍の土のひび割れを探 し掘ります。 上手に掘る事ができるまで5年はかかるくらい難しいと言う事です。 お店で筍を選ぶ時 筍は新鮮さがとても大切です。 皮に艶、色は薄茶色 産毛がそろっている 節目は狭い 切り口はみずみずしい 根元の粒々は小さく少ない とさかの色は黄色や開いていない ずっしり重い お店で売られている筍はほとんどの場合「孟宗竹(もうそうちく)」 孟宗竹(もうそうちく)を選ぶ時は形は釣鐘型、外皮は茶色でしっとりとして 毛羽立っている、根元の赤い粒々は小さく少ない、これらの事も加えて選んでみて 下さいね。

次の

タケノコ

竹の子 の 皮

「竹の子」「筍」「笋」の意味と違いとは 「たけのこ」と言えば、春先の味覚として日本ではおなじみです。 ところでこの「たけのこ」という言葉、漢字で表す際にはどんな表記が思い浮かぶでしょうか。 「竹の子」「筍」という人もいれば、「笋」と答える人もいるかもしれません。 では、これらの表記にはそれぞれどんな違いがあるのでしょう。 3つを使い分けることはできるのでしょうか。 今回は、「竹の子」「筍」「笋」の意味と違いなどについて解説したいと思います。 「竹の子」とは 「竹の子」は、「竹の地下茎から生え出る若芽」を意味する言葉です。 毛が密生した褐色の皮を幾重にもかぶっているのが特徴で、日本や中国などの温帯から亜熱帯に産するもの(モウソウチク、マダケなど)は、主に食材として利用されています。 「竹の子」という表記の由来には諸説ありますが、「竹の若芽」ということから、「竹の子ども」の意味でつけられたとする説が有力です。 「筍」などとの違いや使い分け方については、以下で見てみましょう。 「筍」とは 「筍」の意味も、「竹の子」と違いはありません。 やはり、「竹の地下茎から生え出る若芽」を指しています。 「筍医者」という言葉がありますが、これは未熟で技術が拙劣な若い医者を指しており、「やぶ医者にも至らない」の意味から来ています。 また「筍生活」という言葉は、「筍の皮を一枚ずつ剥ぐように、身の回りの品を少しずつ売って食つなぐ生活」を意味しています。 「筍」の字は、「旬」に「竹かんむり」を載せた形で成り立っています。 これは、「たけのこが10日間ですぐに竹になってしまう(旬は「10日間」を表す)」という事実に由来しています。 「竹の子」の表記と意味の差はないと述べましたが、使い方には微妙な違いがあります。 「筍」が食べ物としての「たけのこ」を指すことが多いのに対し、「竹の子」は、どちらかと言えば植物としての「たけのこ」を指す傾向があります。 「笋」とは 「笋」もまた、「竹の子」や「筍」と同じ「竹の若芽」という意味を表します。 読み方は「じゅん」で、「たけのこ」という読みは当て字になります。 ちなみに「笋」と「筍」は、どちらも常用漢字表には含まれない漢字です。 「笋」はまた、「たかんな」とも読まれます。 これは、「たけのこ」の古名にあたる言葉です。 これから変化した語で、「たこうな」というものもあります。 このように、「笋」は意味としては「竹の子」などと違いはありませんが、一般的にはあまり使われない表記となっています。

次の

竹の葉の特質について(堆肥)

竹の子 の 皮

26 先月の5月で協力隊になって2年目になりました、村上です。 香春町地域おこし協力隊ものづくり担当村上の、 「香春町の地域資源で染める!」柿渋編に続いて第2弾です。 「金明竹(きんめいちく) 」です。 香春町の採銅所地区には、全国的にも珍しい 「金明孟宗竹(きんめいもうそうだけ)」が自生しています。 黄色と緑のストライプ柄の 「おしゃれ竹」こと 「金明竹」。 採銅所の 「金明竹の里」は 「JAたがわ採銅所園芸部会」の皆さんが綺麗に整備して肥料も撒いているため、良質な粘土質の土壌から、アクが少なく、やわらかな 「たけのこ」が育ちます。 是非皆さんにも味わっていただきたい香春町の特産品の一つです。 さてさて、話は少し逸れてしまいましたが、今年3月最終週の1週間、KBC九州朝日放送の 「ふるさとWish」で香春町の特集をしてもらった際に、「染色する様子をCMでながしたいのですが」というお話をいただきました。 「そんなことなら是非、 香春町の地域資源を使った染色を撮影してください!」とお願いして、色々考えた結果、 「金明竹の竹林の中で竹の葉染めをやろう!」ということに。 TV局の方も「いいですね。 面白いですね。 場所や時間、目的に合わせて色々な染色方法を取捨選択できるようになって、日々勉強している自分の成長を少しだけ感じることができて、嬉しく思いました。 こちら映像にある2枚の布です。 黄色がアルミ媒染(巻き上げ絞り)、カーキ色が鉄媒染(稲妻絞り)です。 どちらも色に合わせて手絞りをしました。 撮影で余った染液を持って帰って、綿糸を染めました。 とっても素敵な色に染まって大満足! まだまだ続きます。 次はその竹の「子どもたち」 「たけのこ」の 「皮」 を使った染色です。 たけのこの皮を使って、普段やるように煮ながら染める「煮染め」をすれば、ベージュや薄い草色などに染まるのですが、今回やるのは小さな子どもたちでも安全に気軽にできる常温染めです。 しかもこの方法だと、あのゴワゴワしたたけのこの皮から綺麗なピンク色を抽出できるのです! 「え〜?なんでピンク???」とびっくり要素もあって、ワークショップにもぴったり! まずは酸性の液体にたけのこの皮を小さく刻んで漬け込みます。 すると液体がピンク色に! ここに布と糸を漬け込みます。 綺麗に染まっている ふうです。 そう、ここ見逃さないで!あくまで、「 ふう」です。 ミョウバン液に浸けた後、洗うとほとんどの色素が流れ落ちました。。。 そのほか試行錯誤して、なんとかここで色落ちストップしましたが、うっす〜いピンク色です。 色の定着悪そうなので、この後もどんどん薄くなりそうな気がしてます。 余った染液で煮染めをしてみても、こちらは全く染まらず、 失敗。。 これは 一考の余地がありそうです。 植物染めには正解がないと私は思っています。 自分の「染め」を追求するため、日々実験検証の繰り返しです。 そして、失敗こそが探求の「種」になるのです! 、、、失敗の言い訳もバッチリと決まりました。 ちなみに同じ方法で「藤の花」でも試してみました。 藤の花です。 香春町でもあちこちで見かけますね。 使用したのは散りかけのものだったので、少し元気なかったですが、、、どうでしょう。 綺麗なピンク色が出てきました。 布も染まっています。 最終的に薄いながらも綺麗な藤色になりました。 写真左が「たけのこの皮」、右が「藤の花」です。 比べると、たけのこの皮よりも若干濃く染まってるのが分かりますね。 最後にもう一つ! 最近道端でたまに見かけるこちらのお花 ハルシャギクです。 煮染でよく色が出るこちらのお花も、常温染めで試してみた結果 やっぱり 綺麗な濃い色出ました! 最終的に少し渋めのからし色になりました! しっかり色もついたし、これは常温染めにも適した植物のようですね! ということで、、、 出張ワークショップのご依頼お待ちしています!! 長くなってしまったので、今回はここまで。 次回は5月、6月、7月の 「香春町の資源を使った染色」をまとめてご紹介しようと思います。 最後に、 「香春町柿渋部」よりお願いです! また今年も 「柿渋作り」をやろうと思っています! さらに今年は 「柿渋作りと柿渋染のイベント」を企画したいのですが、未だ充分な 「渋柿」を確保できてない状態で、イベントの開催も危ぶまれています。。。 泣 「うちの使っていいよ!」なんて言ってくださる人がいらっしゃいましたら、是非ご連絡いただけると助かります!! よろしくお願いします! 連絡先: 採銅所駅舎第二待合室 tel: 0947-32-3115 担当:村上.

次の