マスク いつまで着用。 マスクが暑い季節なのにいつまで着用する?夏場の工夫と解消方法

いつも着用すべき?使い捨てなきゃダメ?「マスク」の常識をおさらい(現代ビジネス)

マスク いつまで着用

午後6時過ぎ、仕事が一段落した記者(26)は運動着に着替えた。 在宅勤務による運動不足を解消するため、4月からジョギングを始めたのだ。 後には子どもを風呂に入れるという仕事が待っている。 妻にせかされ、そそくさと家を出る。 外はまだ明るい。 走り始めると、何人かの歩行者とすれ違った。 遠くには同じくジョギングをしている人の姿も見える。 仕事から解放された余韻に浸りながら体を動かす。 だが、なにか違和感を覚える。 そしてふと気がついた。 「そうだ、マスクを忘れた」 300メートルほど走っただろうか。 すぐに家へと引き返す。 固く結んだ靴ひもをほどくのをためらい、玄関先で妻(26)を呼ぶと、マスクを手渡してくれた。 だが、マスクは正直苦手である。 長時間着けていると耳が痛くなるし、ひどいときには頭痛に襲われることもある。 ジョギング中のマスクも息苦しくてしょうがない。 だが、不特定多数の人に取材する職業柄、勤務中を含め、しばらくはマスクを着けざるをえないだろう。 その答えは、仕事や立場によって変わってくるかもしれない。 例えば、「三密」がそろってしまう学校ではどうか。 神奈川県内の小学校の男性教師はこうため息を漏らす。 「教師はもちろんマスク必須です。 学校内で感染が広まったとき、マスクをしていない教師がいたなんてことになれば、保護者から何を言われるかわからない。 コロナ禍以前は教師数人で近くのファミレスで食事することもあったのですが、最近校長から禁止令が出されました。 プライベートで保護者と鉢合わせることもありますから、私生活でもマスクは外せない。 年内はこのような態勢が続くのではないでしょうか。 少なくとも教育現場が先駆けてマスクを外すなんてことは絶対にないでしょうね」 男性が言うとおり、教育現場では警戒が続いている。 全国で唯一、感染確認者数が0人(5月28日時点)の岩手県でも同様だ。 盛岡市教育委員会の担当者は「生徒たちにマスクを着用させるよう各校に通知しています。 年単位でお願いすることになりそうです」と話す。 では接客業の客室乗務員はどうか。 大手航空会社に勤める女性は、「国内だけでなく、世界的に終息するまで、マスクは外せないのではないか」と考えている。 「国際線も担当しているので、外国人のお客様も接客します。 海外にも頻繁に行くことになるので、新型コロナウイルスが世界的に終息するまでマスクを着けることになるのではないでしょうか。 一方で、欧米ではいまだにマスク=感染者という考えが残っているようです。 特にアジア人は差別されることもあるので、現地のホテルから出たらマスクを外すかもしれません。 そうやってマスクの着脱をしばらく繰り返すことになるでしょうね」 ここまで話を聞いていると、マスクの外し時については、「周囲の反応を気にしている」という印象だ。 妻に意見を求めると、「ずっと着けていればいいんじゃない?」と投げやりな答えが返ってきた。 では、外し時を「コロナが終息したとき」として考えたらどうか。 「医師のとも」が、「新型コロナウイルスの国内での終息はいつごろになると思うか」と医師1346人に行ったアンケートによると、「2021年7月以降」と答えたのが33. 5%と最多だった。 「21年4〜6月」は14. 9%、「21年1〜3月」は7. 1%だった。 年内では終息しないと考えている医師は半数以上(55. 5%)にのぼる。 マスク生活が年単位に及ぶのは必至か。 マスク生活が長期化すれば、マスクを外せなくなる「マスク依存」の人も増えるだろう。 依存症などに詳しい、新潟青陵大学大学院の碓井真史教授に話を聞いてみる。 「確かに、マスク着用を『面倒くさい』と思う人がいる一方で、今回のコロナ禍をきっかけに『マスクの楽さ』を覚えてしまう人もいるかもしれません。 顔を半分隠せるマスクは、コミュニケーションが苦手な人にとっては安心感をもたらすアイテムでもあります。 しかし、それに慣れてしまうと、コロナ後の生活でしんどい思いをする。 今回のマスク生活を『心地よい』と感じている人は要注意です」 実は記者も、マスク着用を窮屈に感じる一方で、「楽さ」も感じていた。 初対面の人への取材は少なからず緊張するものだが、マスクを付けると普段よりも少し落ち着いてのぞめているような感覚を覚えた。 思わぬマスクのリスクを耳にし、ますます外し時を見失ってしまった記者。 「これから夏になってウイルスが死にやすくなる半面、空調がきいた室内で過ごす時間が増えます。 つまり、外での感染リスクは低くなりますが、密室での感染リスクは高まるので、どちらの影響がより大きく出るかが、再流行するかどうかを左右する。 集団免疫を獲得するほどまでには感染が広がりきっていないので、油断すればすぐに流行する。 ひとまずは緩やかな行動変容を秋くらいまで続けて、様子を見る必要があると思います」 実際、首都圏などに先駆けて5月14日に緊急事態宣言が解除されていた福岡県の北九州市では、陽性患者が再び増加傾向にある。 このまま感染拡大の「第二波」となってしまうのか、気がかりだ。 こうした状況からか、マスク業界は長期に及ぶマスク需要を見込んでいる。 業界大手のユニ・チャームの広報担当者はこう話す。 「1月下旬ごろから生産ラインを24時間体制に切り替えて稼働させ、月に1億枚ほど生産しています。 生産量は以前の2倍になります。 増産体制をいつまで続けるかは未定ですが、生産枚数をさらに増やす見込みです」 アイリスオーヤマは6月から生産設備を拡大し、月に8千枚だった生産力を7月には2億3千万枚にまで伸ばす。 コロナ禍以前にマスクを作ったことのなかった電機メーカーのシャープは、3月下旬からマスク生産を開始。 これまで5回にわたり抽選販売をおこなったが、いまだに倍率は100倍超。 広報担当者によると、今後も抽選販売を続けていく予定だという。 各社がこぞってマスクの生産拡大に動く様子は、これからの私たちの長いマスク生活を予感させる。 ここまで取材をし、記者はひとまず秋まではマスク生活を続けてみようと思う。 「マスク、いつまで着ける?」 寝室で子どもを寝かしつけている妻に聞くと、「まだそんなこと考えてたの?周りにあわせるよ!」と一蹴されてしまったが、記者は人知れずマスク生活への覚悟と決意を固めたのだった。 (AERA dot. 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

マスク生活をいつまで続ける?「保護者から何を言われるか…」と教師 CAは「世界的な終息まで取れない」(AERA dot.)

マスク いつまで着用

6月5日、WHO(世界保健機関)は症状がない人に関するマスク着用の推奨に関し方針転換を行いました。 世界保健機関(WHO)は5日、新型コロナウイルス感染拡大阻止のためのマスク利用の指針を改定し、流行地では公共交通機関利用時など人同士の距離を取ることが難しい場合、他人に感染させないためにマスク着用を推奨すると表明した。 出典: 日本人的には症状があろうとなかろうとマスクを着用することに何の違和感もないかと思いますが、これまでWHOは症状のない人がマスクを着用することを推奨しておらず、症状がある人に限定してマスク着用を推奨していました。 この方針転換にはどういった背景があるのでしょうか。 これまでの経緯と、無症状者がマスクを着けることによる現時点でのエビデンスをまとめました。 これまでは概ね「症状のある人=感染性あり」だった WHOはこれまで「症状がある人のみマスク着用を推奨」という立場をとっていました。 これは、新型コロナ以前に知られていた呼吸器感染症(咳などの飛沫から広がる感染症)は症状が出てから感染性が出るという原則に則ったものです。 同じコロナウイルス感染症であるSARS(重症急性呼吸器症候群)では発症から10日後に感染性のピークが来ます。 このように、これまでの呼吸器感染症は症状のある人から感染が広がっていたという科学的・疫学的事実に基づいて「症状がある人のみマスク着用すべし」という推奨が出されていたわけです。 新型コロナは発症前に感染性のピーク しかし、新型コロナはこれまでの呼吸器感染症とは異なり、発症する前から人にうつしていることが明らかになってきました。 これがほとんど無視できる量であれば良いのですが、新型コロナの感染伝播の総量を100とすると、この発症前の無症状者からの伝播が45%、そして無症状のまま経過する無症候性感染者からの伝播が5%ということで、合計50%は無症状者からの伝播であることが分かっています。 感染した日からの感染性の推移(Science 10. abb6936 2020. 普通、インフルエンザなどの呼吸器感染症は咳やくしゃみなどの飛沫を介して感染します。 しかし、当然ながら発症前の時期、あるいは無症候性感染者では咳やくしゃみなどの症状はみられません。 ではどうやってこの「発症前の時期」あるいは「無症候性感染者」から感染するのでしょうか? 以下はNew England Journal of Medicineに掲載された動画です。 会話によって発生する飛沫をレーザー光を当てることで可視化したものです。 前半がマスクなしで会話した場合の飛沫の拡散、後半がマスクを着けた状態で会話した場合の飛沫の拡散を見たものです。 「Stay Healthy(ヘルシーでいよう!)」と繰り返し発音していますが、特に「th」の発音の際に飛沫が多く飛んでいることが分かります。 全然ヘルシーな感じはしません。 しかしマスクを着用すると、ほとんど飛沫は飛ばなくなりヘルシー感が急激にアップします。 「」とする研究もあり、これらのことから症状がなくても会話などで新型コロナが伝播する可能性が示唆されます。 ウイルスの構造上、新型コロナウイルスとヒトコロナウイルスとでマスクの効果が変わる可能性は低く、新型コロナでもマスク装着は有用と考えられます。 実際に、少なくとも1人以上の感染者が出た家族のうち、であったとする報告も出ています。 これらの知見に基づき、WHOは「流行地では無症状者も公共交通機関利用時などではマスク着用」という方針に切り替えたものと思われます。 なお、CDC(米国疾病予防センター)は4月3日の時点でしており、日本でもご存知の通り5月4日から「新しい生活様式」としてされています。 WHOの推奨は世界全体への影響を及ぼすため慎重な判断が求められることから、エビデンスがある程度集積するまで推奨を保留していたのではないかと推測します。 屋外でのマスク着用は危険なことも ちなみにマスク着用が推奨されるのはいまのところ換気が不十分となりやすい屋内や混雑した交通機関内のみであり、屋外でのマスク着用を推奨しているものではないことにご注意ください。 冒頭の写真のハチ公は屋外でもマスクを着用しており「新しい生活様式」に適応しすぎていますが、屋外でのマスク着用は熱中症のリスクもあり注意が必要です。 また日本小児科医会はを発表しています。 2歳未満でなくとも小さいお子さんや心肺機能が低下した方のマスク着用には十分注意しましょう。 またマスク装着によってマスク表面が汚染し、これを触ることによって手にウイルスが付着し感染のリスクとなることも考えられます。 飛沫を浴びるなど明らかに汚染した場合にはこまめにマスクを交換するようにしましょう。 またご自身の感染予防のためにはマスク着用以上に、手洗いをこまめに行うことが重要です。 マスクをつけているから自分は安心、と思わず基本的な感染対策もおろそかにしないようにしましょう。 手洗い啓発ポスター(羽海野チカ先生作成).

次の

新型コロナ対策で一体いつまでマスク着用を続けるのか 春に収まっても、秋にまた流行か

マスク いつまで着用

オンラインで新型コロナウイルスへの対策について解説する中屋隆明・京都府立医科大教授 新型コロナウイルスの流行が続く中、ウイルス学が専門で京都府新型コロナウイルス感染症対策専門家会議のメンバーの中屋隆明・京都府立医科大教授に、マスクの効果や感染予防のために気を付けたいポイントを説明してもらいました。 -マスク着用は、感染拡大防止にどのような効果があるのでしょう。 「新型コロナウイルスは、直径5マイクロメートル以下の唾液の微粒子などで感染します。 自身が感染している場合、医療用マスクをすればウイルスが他人に広がるのをある程度防げることがわかっています。 布製マスクでははっきりしたデータがありませんが、感染拡大防止にマスクが一定の効果を持つとは言えるでしょう」 -感染が広がり始めた当初、マスクの意義について各国政府や世界保健機関(WHO)で見解がばらつきました。 「当初、各政府は重症急性呼吸器症候群(SARS)を引き起こしたコロナウイルスをモデルの一つとして対策を立てたと考えられます。 SARSは、発症後でないとウイルスは他の人にうつりません。 しかし新型コロナでは、無症状の感染者がウイルスを広げるケースがあると分かりました。 こうした新型コロナの特徴から、無症状の人がマスクをすれば感染の広がりを防げると考えられるようになったのでしょう。 またマスクによる新型コロナの飛散防止効果はインフルエンザに比べて高いことが最近報告されました。 ただ、マスクをしても自身の感染を予防できるという確たる証拠はないので過信は禁物です」 -感染から身を守るにはどうすればよいでしょう。 「とにかく手洗いです。 30秒以上洗って、手のひらについたウイルスの粒子を落として下さい。 アルコール消毒も効果はありますが、ねばついた唾液などの場合は中のウイルス粒子まで浸透しないので注意が必要です。 手指をこすり合わせ、アルコールをしっかりなじませてください。 また人と話すときは約2メートル離れるように心がけて下さい。 ウイルス粒子が飛んでくることを防げます」 -ウイルスは目に見えないので、空気に漂っている実感がわきません。 「たとえばたばこを吸っている人をイメージしてください。 たばこの煙はだいたい直径5マイクロメートルで、ウイルスを包んだ唾液などの粒子を同じくらいです。 たばこを吸っている人と話していると、かなり煙が漂ってきますよね。 臭いもするので敏感な人もいると思います。 新型コロナの場合、感染リスクが高くなると考えられるのは『1メートル以内で15分以上の接触』とされています。 たばこを吸っている人からはき出される煙を避られるくらい離れればよいと思います。 また、たばこやお香の煙は室内の換気を考える上でもモデルとなるでしょう」 -なかなか大変ですね。 行動様式を変えなければならない期間はどれくらいでしょうか。 「現在、ワクチンの開発が始まっていますが1~2年はかかるでしょう。 安全性や効果の確認に時間がかかるのです。 治療薬の開発の方が実用化は早いかもしれません。 人口の大半が感染すれば集団免疫が成立する可能性もありますが、ウイルスによってはいったん獲得した免疫の効果が1年以上持続しない場合があります。 一方で、私たちがもともと共生してきたほかのコロナウイルスは冬に流行します。 新型コロナも同じような性質を持つ可能性はあると思われ、冬に一定の流行を繰り返しながら長い間付き合っていくことになるのかもしれません」.

次の