スウォルツ。 スウォルツ(兼崎健太郎)はタイムジャッカーのリーダー格。「意見は求めん」強引さでオーマジオウの歴史を塗り替える?|共働き家族MEMO

スウォルツ(兼崎健太郎)はタイムジャッカーのリーダー格。「意見は求めん」強引さでオーマジオウの歴史を塗り替える?|共働き家族MEMO

スウォルツ

スウォルツ黒幕説1ソウゴに暗示をかけ王様になる夢をみさせる に遭った原因はスウォルツの「未来の王様探し」のせいでした。 そして、幼いソウゴは仮面ライダーの力を使うことなく、 人を助けるために落ちてくるがれきを不思議な力で粉砕します。 それをみたスウォルツはソウゴに何かの暗示をかけます。 それから、ソウゴが見る夢が王様になることでした。 これは、あきらかにスウォルツが原因でしょう。 ソウゴが魔王になることでスウォルツの野望が完遂できるのか、注目ですね!! スウォルツ黒幕説2白ウォズの警告!スウォルツの底知れぬ野望 するとき、にこんな警告を残しています。。。 それと、スウォルツ氏には気をつけろ。 彼は君たちが考えているより、底知れぬ野望を抱いている。 それは、このシーンで判明しています。 スウォルツに従うことになった白ウォズ 「最初からそのつもりだ。 最初から頭に入れて、計画していたとは、、、スウォルツはやはりジオウ危険度No. 1ですね。 そして、白ウォズに対してこんなセリフを言っています。 人間には使うものと使われるものがある。 使うものは崇高な目的を思考し、使われるものは前者の目的を理解できない。 お前はどちらかな? 暗にスウォルツは自身のことを、使うものだと自負しているから言えたセリフだと思います。 そうではないと言えないセリフ。 黒幕であるキャラの特徴ですが、、、自身の野望を崇高だと信じ切っているところがありますよね。 今回のスウォルツの発言はまさにそれですね。 驚くべきスウォルツの行動。 崇高なる目的のために、人を不幸にするアナザーライダーを使うなんて。 しかも笑顔だなんて、本当に恐ろしすぎます。 まさに、危険すぎるキャラですね。 スウォルツ黒幕説5ツクヨミめざめる力をつけ狙う まさにを付け狙うスウォルツの影が見えていますね。。。 時を止める力。。。 絶対にソウゴ達に危害しか加えること間違いなし。 スウォルツは、何を狙っているのでしょうか。 EP31は見逃せないですね。 スウォルツはツクヨミのお兄さん!?ツクヨミの力とジオウの力が共鳴したとき新たな時代が来る スウォルツがなんと!ツクヨミのお兄さんだったとは!! ですが、与えられていないのに時を止める力を操れるというのは納得です。 そして、ツクヨミの力とジオウの力が共鳴したときに新たな時代が来るとツクヨミに伝えていますね。 その新たな時代が平和であれば、味方になるのでしょうが、、、 そうではない場合は、黒幕として動き出すかもしれないですね。 黒幕の座に居続けるスウォルツ。。。 果たして、黒幕なのか? 仮面ライダージオウでNo. 1危険な人物スウォルツ。 果たして、彼が黒幕なのか。。。 オーマジオウと関りがあるシーンがまだ出ていないのが、余計に怪しいです。 オーマジオウ自身だから、関わりが出てこないのかもしれないですね。 本当にそうなのだろうか。。。 これからのジオウに期待ですね。

次の

スウォルツ氏、本当にアイス食ってただけなのかよ【仮面ライダージオウ】

スウォルツ

「は…スウォルツという者…」 スウォルツとは、『』の登場人物。 演:、 若年時代 お前に概要を編集して貰う。 意見は求めん 現代で暗躍する三人組の格。 は「私」または「」。 初登場は3人の中でも最も遅く、EP05「1」。 三人の中では最年長であり、の余裕を見せつけるかのようにとを見下したような態度をとることもある。 実際にそのも二人より強大であり、同じである彼らをもに巻き込んだり、ーンでも移動できないの時間軸にに行き来する事が出来る。 の動きを止めてを奪い取りックに投棄してアナザーのを封じたり E2 、前のを始末しようとしたり EP07 、キ欲しさにアナザーキの本体をであるに寄生させる E3 といったように、的のためには手段を選ばぬ冷血で、「意見はめん」という決まり文句が徴するように何が何でもを押し通そうとするエゴト。 一方で方針の固まらりきらぬを勧誘したり、警の対であるが助を打診してきた際に承諾する等、自分にとって利となりうるならば対立関係にある者の手も借りようとするという柔軟な対応を見せることも少なくなく、単に強行的なだけではない狡猾さもうかがわせる。 アナザーとして活動していた一に対して二重を承知の上でと称してアナザーを与える EP06 、の変が始まりつつあることを察しての時間軸へ移動してを生成する E7 、を生み出しそれを知ったとをさせる E5 、裏でとの間にプを作る等、独断で不可解な行動を幾度となく繰り返しており、内にも明かしていない野心の片鱗を覗かせている。 作中では非情にしている彼だが、補計画ではをするわ裏になるわと凄まじいを披露している。 どちらかといえばこちらの方が演じる兼崎氏の地に近いという。 からは「スウォルツ氏」と呼ばれており、からの称にもなっている。 短縮して「ス氏」「氏」と呼ばれることも。 これより先は、私にわるを多分に含んでいる。 閲覧はだ。 意見はめん。 私の招待に応じて、よくぞ来てくれた…王の候補者達… とが巻き込まれ、彼らの両親がした10年前のは 生の中に存在する時の王者の補を見出そうとしたスウォルツが引き起こしたものだった。 ゴ、飛流、そして運転手としてを乗せてへと向かうの前に現れるとを行使して内部に潜入。 を強制発進させると最後部に取り王の補を選出する為達をへ連行。 はしたままへと突っ込みし、テンによってその場から脱出した士と以外の乗客はしてしまった。 スウォルツが達を連行した先に待っていたのはが破壊活動を行うの「オーマの日」であった。 降りかかる瓦礫が気絶状態の飛流に迫る中、ゴはのを発現させて瓦礫を破壊し、更にを崩壊させた…かに見えたが、少なくともはゴによるものようにに見せかけ常磐GOが行ったものであった。 そのことに気が付いていたかは不明だが、その様を見たスウォルツはゴを「生まれながらの王」と称し、を破滅から救う使命があると言い残して何らかのを付与させると、そのまま二人をもとの時代へと送り返した。 このやり取りで、第1章終盤のでゴに王になるよう促していたがスウォルツであることも判明した。 が倒された後も、の破滅を望むに生み出させたアナザーや、これ以上にを集せないという名で自ら生み出した「」といった製達は悉くゴにを継承させる餌という結果に終わっており、見方によっては意図的にゴがを集めるようにレールを敷いているようにも見える。 今までのスウォルツの一連の行動はゴをへと導いているかのようであり、が標榜する的とは度異なっている。 もその底知れぬ野望を見抜いてにそのことを警するよう忠告をしており、スウォルツに裏の的がある事はほぼ疑いようのないものとなった。 一方、が「」との戦いにおいてのをさせたことから、が自分の「」ではないかという強い疑念を抱きはじめる。 そして士と共に8年へと移動したの元に現れると、擬態から奪還したとガを返すとともに、な発言を残す。 「と 時の王のが共鳴する時、新たな時代が誕生する…」 ゴへの心を滾らせとなった飛流によって竄されたにおいては忠実な配下を演じて彼を傀儡の王に仕立て上げ、「死を賭けた試練」を生き延びた二人の補によるをお立てする。 がだという全なる確信に至っていたスウォルツは、を使って自身の元に連行させると、自分とにわる相と己がの的をりだした。 聞きたいことがあれば教えてやる。 我が………妹よ…… スウォルツとの正体は、 別の時間軸における時をる王の末裔であり、時間操作のはその血筋の者のみに受け継がれるだった。 が自分のという相に辿り着けたのはこれが理由である。 スウォルツは自分がその中でも最も強大なの持ちを自称し、自分こそが継承者に相応しいと考えていた。 しかし実際に選出されたのはだった事に憤慨し、の記憶を封じて別の時間へと追放してしまった。 そんな飛流の事をにできない逆恨みやも甚だしい動機でを排除してまでスウォルツが果たそうとした野望、それは 自らがをも越し全てを統べる王の座を手中に収める事だった。 その手段として彼は ゴを王の補としてのを集せ、それを己が手中に収め糧とする事でを得るという計画を立てていたことをE6でゴ本人に対して明かしている。 とのはスウォルツが与えた後的なものであり、その理由は彼等を自分の計画の駒として利用する為。 擁立の対がスウォルツ自身だとも知らずにとして掲げていた的の為に奔走していた彼らはスウォルツてみればの摘通り使い走りでしかなかったのである。 協を条件としてに時間操作を与えた事に対して不信感をあらわにしたからを没収し、とが撤退した後にのをも奪い取ってしまう。 これだけでは飽き足らず、がにを食らわせるやいなや、 身動きの取れないからそのを奪い取りアナザーディケイドを生成してしまった。 二人分の王族のとのの。 計画の最終段階に必要な手段を得た今となってはに敗れた飛流は最用済みであり「ひと時の夢を見られただけでも有難いと思え」と冷酷に切り捨てるとともに、は見返りとして東に譲渡した。 よもやこれが後に奪ったはずののを復活させる遠因となり 詳細はの記事を参照 、計画に綻びを生じさせるとは思いもよらなかっただろう。 も会って日の浅い男に強なを持つ具をおいそれと与えるスウォルツが闊だったのもである。 見せてやろう。 俺の手に入れた力を… アナザーディケイドを手に入れたスウォルツは速達をアナザーへ連行し始める。 実はにゴと面識のある者達であり、ゴを焚きつけ計画を遂するための餌として意図的に選ばれていた。 アナザーのを解き その場から立ち去ろうとした に擬態した・ を追いかけようとした達の前に突如現れアナザーディケイドにすると、ーテンを使いとリをのない場所に連れて行く。 どこからともなく爆を引き起こして2人をあしらうと、「自分が相手をするまでもない」として、、、魔を呼び出して2人に差し向けたが、によって撤退を許す。 その後ゴの友人である小をアナザーに連行し、テンの中から=を召喚。 とのを静観する中現れた士にも動じなかったが、「のはの存在そのもの」とする士がと共にテンの制御を奪い取った事で、小がいるアナザーへの撤退を許してしまう。 その直後入れ替わるように駆け付けた=とのになるが、の狙いはではなくスウォルツだった。 の攻撃によって吹き飛ばされると背後から現れたによってを奪い返されかける。 アナザーディケイドにしてに牙をむいた矢先にを守ろうとリが立ちはだかるが、スウォルツは「やはり来たか」とその到来を予見するかのような不敵な発言をすると共に彼をアナザーへ送り込んでしまう。 そしてテンの彼方から出現したのは第2章の最後に消滅したはずのだった……。 しかしは「が」たるを助けたいという想いからゴ達に協。 とを利用した彼らのによってアナザーを破壊され、捕えた人々を解放されてしまった。 ゴのを奪うという自分の野心を見抜いたを排除した後、G4達と共に交戦を開始。 殺の見返りとして奪ったを返していたにゴの動きを止せると、ついに自身の計画のをゴに明かす。 直後にを食らい不意打ちを受けるが、その動きを読んでいたスウォルツはアナザーディケイドにし逆にを屠った。 その様を見届け「は王に向いてない」と吐き捨てるゴに対し、スウォルツは自分を倒せば自分が元居た時間軸もろともが消滅すると言い放った。 邪魔をしてきたを葬りさると、ゴに対し残されたとして3つのを突きつけた。 をとるか、己をとるか、それとも のをとるか。 それまで明確になっていなかったゴからを奪うだが、このやり取りでになった上で手に入れる算段を論んでいる可性が浮上することとなった。 その直後、クジゴジ堂に保管されていたビルドが壊れると共にウォールが発生し、とが各地に出没した。 士と共にの時間軸における8年へとやってきたゴとの前に現れたスウォルツは、消滅が迫っている自身のを救うためにが存在する他のを滅ぼす考えを明かした。 それを実現させる手っ取りい手段として彼が思い描いていたのは、のいる各を一めにさせて破壊するというもの。 ゴにを集せていたのは単にを自分の物にするだけではなく、20のがうという状況をとして彼に付与した時操作で対応するのを引き付けに導くため為でもあったのだ。 そしてのというを提示したのは時破壊が可なのを利用する為であり、による竄や・の死もゴを精的に追い詰めオーマへと誘発する事が的だった しかし当の本人からは「 スウォルツごとき」と言われており、この発言がへの心と相俟ってスウォルツのぶりを一層引き立てることとなった。 この時代のスウォルツは当初E7でも見せた若い頃の姿で現れたが時折姿に変化しており、どちらが8年における本来の姿かは不明。 しかしゴに「の方がより強大なを持っていたらどうするのか。 それはを助けになるのでは? 」とられると突如怒りだし、「もしそうならばの記憶を奪って追放する」と本人のいる中心むき出しでご丁寧に説明した挙句、王になるのはだと言い放っているところから見るに、スウォルツの狭量かつなエゴムは生来のものだったと考えられる。 これでは王に相応しくないとゴから評されるのも理はない。 そもそも「他のの滅亡=スウォルツのが救われる」というスウォルツの持論は全な見当違いであり、彼のが滅びに向かっているのはがいなかった為である。 彼のじみた八つ当たりで滅ぼされそうとしている他のはたまったものではないだろう。 話をに戻すが、先のウォールの件はそのの始まりであり、以降もが次々と壊れるたびには進行。 ゴや士が戻ってきたときにはやをはじめとする各の怪物達が暴れると化していた。 『』1話を視聴した人はビルに群がるバケガニやを埋め尽くすやメに強いを覚えたのではないだろうか? 怪物の群れと戦うリ・の前に姿を現したスウォルツはたちにできる事はと見下した態度をとるが、逆にを救うのはであるとした彼らから「が出来る事は」と言い返されてへの心を刺され昂。 アナザーディメンションでを倒そうとするも、ゴがを使用したことによる強制移動で取り逃してしまう。 その後が駆け付け再び1対2の状態に戻るなか勝負がつかない戦況に見切りをつけ撤退し、を自ら始末すべくのもとへ向かう。 の言葉に心を動かされへの情を取り戻したチェを倒しめてを手にかけようとするスウォルツだったが、直後の懐に入っていたが変化。 から受け取ったジクウによりへ、自分の出身のが誕生する衝撃のをの当たりにする。 一転して窮地に陥るかに見えたがが自身に対する従を誓い、それを聞いたスウォルツはほくそ笑みながら二人でその場を去る。 翌日、怪物の軍勢を率いて達を苦しめるスウォルツだったが、そこに達が次々と襲い掛かる。 諸共失われたはずの彼等の出現に中、現れたゴの手には昨晩がをした事で復活したがあった。 そしてをはじめとする歴代級を引き連れたアナザーディケイドと召喚達を従えたのが幕を開けた。 その圧倒的なによって召喚達を次々と倒しもバたちとの攻撃により難なく解除に追い込むと、メの一撃を放つスウォルツ。 しかし身を挺してったの犠牲を受けゴがへと。 待ちに待った降臨が果たされ、狂喜するスウォルツは速そのを奪い取ろうとする。 しかし…… 「だ! このさえあればはを駕できる! のを継承する事が出来る…うぁっ? 」 「如きが……のを受け止め切れると思うか? のは、 全てののだ!!! 」 イダーのを受け継ぎ時を破壊できるの。 それは王の器足り得ぬ如きには到底御せるものではなかった。 取り込もうとしたオーマのは逆流を起こしスウォルツの身体を蝕む。 バ達と怪物の軍勢を一掃するに戦慄するも、そのの一端は得たと判断しテンで自分のに逃走しようとするが、その背後から従したはずのから手の一撃を見舞われる。 スウォルツはとしてしたが協を申し出た事にすっかり気分が高揚してしまい、自身にとどめを刺す機会を伺っていたの演技に気づくことが出来ず、その防備な様をものの見事に狙われてしまったのである。 を放ってを吹き飛ばしが放った魔時王必殺撃にも抗ってみせるが、防ぎきることはできず必殺の一撃がスウォルツを貫いた。 「このは、もうよ。 …」 「よ…の意見は……めん…」 「ゴ…を………方に託す」 「ぐは…! 」 大と共に他のの住人共々消えゆくスウォルツ。 他者を理解することを知らぬ僭王は、最後までそのエゴを捨て去れぬまま散っていったのだった。 アナザーライダーには王になってもらう…いいな? この項ではスウォルツが生み出したを記述する。 とはという名で一応は限の確認を取ったうえでを与えるのに対しスウォルツは相手を有を言わさず即座にに変えてしまう傾向があり、彼の非情さと強引さがうかがえる。 アナザー• アナザー• アナザー 他、実際に使用したのは他者だが・アナザーのもスウォルツが生成したものであり、彼等もスウォルツが間接的に生み出したといえるだろう。 そして、スウォルツ自身がへと変貌する時が来た。 アナザーと同じく、E1で像として先行登場していた。 時はライドトが刺さった後に幻が広がるという、幻が収束した後にライドトが刺さるとほぼ逆のスを踏む。 胸部右側に「 ADE」「 9」と書かれている。 の作中における呼称のひとつ「」よろしく、よりもの呼び名がしっくりしそうな正正銘じみた姿をしている。 頭頂と側頭部には異形のを備え、複眼はそのにまで延長しており情態よりも更に禍々しい。 頭部はて士を首領として擁立したの紋章やその幹部である版の頭部とどことなく類似しており、横長な形状からのズトを模しているようにも見える。 顔つきはどことなくコ態を彷彿とさせ、胸部などにもそれと類似した意が備わっている。 ルには牙のような20個の装飾があしらわれ、中央には首領の血走ったのようない球体がある。 20作品のに牙をむくアナザーディケイドの形容というところか。 また、ベルト部分にはのから垂れ下がる装飾と似たようなものがついている。 といえば頭部に突き刺さった7個のライドトがを引くが、アナザーディケイドのそれは個もあり、偶然か意図的に合わせたのかは不明だが初登場となるE4の放送日 7 日 と合致している。 左右10対を20作品とすれば、Oナルを備えた中央の1つはの番号「」に因んで、ひいてはを越する王となることでの頂点に君臨する事を論むスウォルツの野心の喩とも解釈できる。 同様のテン発生のほか、失われた可性の「アナザー」を創出してそこからダーと称される達を副産物として召喚するを持つ。 E5で小が送りになるのと入れ替わるように己が出現した事から、かをアナザーに引きずり込むとその者を生贄にダーが現界するという仕組みの様だ。 呼び出されたがいずれもと敵対したの達である事を考えると、ダーのいたアナザーは士が推察した様に敵役たる彼らが役にしたと考えられる。 とは逆の「の創造」といえば聞こえがいいが、その創造されたアナザーは引き込まれた者がとは逆の「失われた 自分にとって都合のいい 可性」が達成される間を延々と繰り返し続ける時が進まぬであり、傍にはのようにめられた以外の何物でもない。 一方、を奪われたの士はテンの召喚をいまだ可としていた。 恐らくをするとしてのはという人物そのものに起因するものであり、のとはした要素だったのだろう。 因みにアナザーディケイド ade をに訳すと「更に10年」となる。 正に『』開始から10年が経過したに御誂え向きのといったところ。 また、アナザーの名称のは『』のとなる群「 」ではないかと思われる。 スウォルツの的を考えるに、彼が「の」たるのとなるのは必然だったのかもしれない。 関連動画達よ。 生き残れ…… 誰があの関連商品を奪うか、競ってみるか? 関連項目は間もなく…私の物になる• 彼が率いる集団。 しかしスウォルツにとっては単なる具でしかない• 王の補者として見出した存在。 しかしスウォルツのの的は…• 自分を差し置いて王の後継者に選ばれたの記憶を奪いとった• に仕える者。 当初から計画の邪魔になる存在として警している• 当初は敵対していたが、知らちに裏で繋がっていた• 自身が仕掛けたからの生還者の一人。 傀儡の王に仕立て上げようと論む• 彼からを奪い取りになり替わろうとする。 しかし…? 協を条件として時間操作のを、報酬として与えた。 しかし…?

次の

ニコニコ大百科: 「スウォルツ」について語るスレ 151番目から30個の書き込み

スウォルツ

コメントフォーム メールアドレスが公開されることはありません。 気軽にコメントをして頂きたいので匿名投稿となっておりますが、あまりにも対処できないようであれば IP表示の検討及び、コメント欄の閉鎖の可能性もございます。 ご了承くださいませ。 投稿ナビゲーション 最近のコメント• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より カテゴリー• 229• 345• 408• 208• 170• 503• 457• 402• 361• 120• 460• 362• 1,158• 2,008• 1,847• 982• 301• 364• 203• 212• 224• 295• 370• 121• 125• 217• 229• 279• 156• 206• 312• 145.

次の