新幹線eチケット 東京都区内。 「新幹線eチケットサービス」3月14日開始 事前予約して交通系ICカードで新幹線に乗ろう

新幹線の「東京都区内」「山手線内」「市内」とは?|新幹線旅行研究所

新幹線eチケット 東京都区内

「えきねっと」の東北・北海道・山形・秋田・上越・北陸新幹線の早期購入割引の「トクだ値」については3月14日乗車分よりの中に組み込まれました。 それによって大きく3つ変化がありました。 乗車前に交通系ICカードの番号を登録することでICカードでの乗車が可能に。 東京都区内・東京山手線内・仙台市内の特定都区市内制度が適用されなくなり単駅発着に。 ここでは1については取り扱いません。 興味のある方は自分で試してみてください。 繰り返しますが、私はきっぷヲタなのでチケットレス予約をチケットレスで利用しない方法を画策するタイプです。 あえてきれいに包まれた餃子を皮と中身に分けて食べるようなことをします。 新幹線eチケットサービス化されたトクだ値 以前のトクだ値 幸い、比較可能な北陸新幹線の「トクだ値30」のきっぷがありました。 しかも、同区間で両方とも通常期のものです。 そういう場合は新しい「トクだ値30」の方が割高になります。 おそらく、乗車券の乗車駅=新幹線の乗車駅でないとほとんどの場合で高くなっていると思います。 なお、「新幹線eチケットサービス」のきっぷは単体で在来線の改札を通れます。 私の場合は東京駅丸の内地下中央改札から入場して、在来線構内を抜け新幹線乗換改札を通って新幹線に乗りました。 「EX-IC」で同じことをしようとすれば、交通系ICカードで入場して新幹線乗換改札で交通系ICカードをかざしてきっぷを通さないといけないので、ひと手間余分にかかります。 その点は「新幹線eチケットサービス」の方が便利です (いちいちきっぷに引き換えないで最初から交通系ICカードで乗れって話ですが... 【オマケ】 北陸着の「トクだ値」と「モバイルSuica特急券」利用客向けに発売されていたですが、「モバイルSuica特急券」が廃止され、「トクだ値」も「新幹線eチケットサービス」に組み込まれたので、発売条件がどう変わるのか事前にJR東日本に問い合わせてみました。 今回購入した北陸周遊乗車券 その結果、「トクだ値」を含む東京~上越妙高発で糸魚川~金沢間着の「新幹線eチケットサービス」の利用であれば「北陸周遊乗車券」は購入可能とのことでした。 この点は改悪されないでよかったです。 imadegawa075.

次の

新幹線eチケット+トクだ値

新幹線eチケット 東京都区内

もくじ• 新幹線eチケットって何? 新幹線eチケットとは、手持ちの交通系ICカードを使用して、新幹線にチケットレスで乗車できるサービスです。 事前にウェブサイトで購入手続きをする必要があります。 JR東日本の新幹線全線で利用できるほか、直通運転しているJR北海道の北海道新幹線や、JR西日本の北陸新幹線でも利用できます。 一方、東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線は利用できません。 また、新幹線以外の特急列車も利用できません。 スマートEXに類似したサービスですが、両者は全く別のサービスです。 新幹線eチケット スマートEX 運営 JR東日本 JR東海 対応路線 東北新幹線 上越新幹線 北陸新幹線 北海道新幹線 山形新幹線 秋田新幹線 東海道新幹線 山陽新幹線 利用方法は2種類 基本的にICカードを利用したチケットレスでの乗車となりますが、紙のきっぷを受け取って乗ることもできます。 ICカード乗車 事前に登録したICカードを改札機にタッチして乗車することができます。 ICカードに特急券情報を書き込むわけではなく、サーバー上に記録された予約情報を問い合せる鍵として使用します。 ICカードは手持ちのSuicaやPASMOなどが利用できます。 きっぷ乗車 従来の「えきねっと」と同様に、指定席券売機で紙のきっぷに引き換えて乗車することも可能です。 クレジットカードが必要です 新幹線e特急券を利用するときは、事前に「」というウェブサイトできっぷを購入する必要があります(北陸新幹線は「」というサイトも対応)。 そのため、クレジットカードが必ず必要になります。 Suicaの残額で支払うことはできません。 乗車券と特急券のセットです 新幹線eチケットを利用する場合は、通常のきっぷとは異なる規則の商品となります。 乗車券と特急券は必ず同区間でセットになっていて、 別々にすることができません。 イメージとしては、新幹線回数券を1枚ずつ買えるようにしたようなものです。 トクだ値も利用可能 「えきねっとトクだ値」という割引商品も利用可能です。 利用のしかた 座席票は指定席の番号が記載された紙片です。 きっぷではありません。 自分で座席番号を確認できる場合は受け取る必要はありません。 指定された座席に座っている場合は、車内改札(検札)は省略されていますので、乗務員に見せる必要もありません。 メリット 駅に行かなくても座席が抑えられる 従来は駅に行ってその場で特急券を買わないと座席を抑えることができませんでした。 しかし、新幹線eチケットはインターネットを通じて予約することができます。 移動中にスマートフォンを使って座席を確保することができるので便利です。 もっとも、えきねっとではeチケット以外の普通のきっぷも買うことができますので、新幹線eチケット特有のメリットというわけではありません。 窓口に並ぶ必要がない 新幹線eチケットは、手持ちの端末で購入し、手持ちのICカードで直接改札を通過することができます。 駅の窓口の行列に並ぶ必要は一切ありません。 当日でも割引可能 新幹線eチケットは、指定席を利用する場合は定価から200円引きになります。 自由席利用の場合は定価と同額です。 注意ただし、予約した時点で購入契約が成立していますので、キャンセルするのであれば払いもどし手数料320円がかかります。 乗車せずに放置した場合は代金の100%が請求されます。 入会金や年会費がかからない 専用のサイトに会員登録が必要と聞くと身構えてしまいますが、お金は一切かかりません。 また、 専用のクレジットカードに入会する必要もありません。 手持ちのカードで登録することができます。 すぐ使う予定がなくて、会員登録だけして放置していても何ら問題ありません。 デメリット クレジットカードが必要 新幹線eチケットは 現金やSuicaで購入することはできません。 インターネットで事前に登録したカードで決済する必要があります。 クレジットカードの他に、対応したプリペイドカードやデビットカードで利用することもできます。 VISAやJCBのデビットカードを持っておくと、銀行口座から直接支払いができるので便利です。 注意ただし、きっぷを受け取るときは指定席券売機にカードを挿入する必要がありますので、カードレスタイプのプリペイドカードやデビットカードは使用できません。 J-Debit(ジェイデビット)は利用できません。 コンビニ払いや銀行振込などには対応していません。 駅の窓口で支払うこともできません。 乗車券と特急券を切り離せない 普通のきっぷは乗車券と特急券を別々に買うことができますが、新幹線eチケットは、これを切り離すことができません。 在来線と乗り継ぐ場合は、 乗り継ぎ駅で一旦運賃計算を打ち切る形になります。 そのため、場合によっては普通のきっぷのほうが安くなることもあります。 えきねっとでは通常のきっぷも発売していますが、チケットレスではなく、必ず駅で紙のきっぷを受け取って乗車する必要があります。 特定都区市内制度が利用できない ふつうの乗車券の場合は、特定都区市内制度というものがありますが、新幹線eチケットではこの制度がありません。 特定都区市内制度というのは、長距離の乗車券になると、発着駅がエリアで指定される仕組みです。 具体的には、東京都区内から201キロ以上離れた駅との間の乗車券は東京都区内発着となります。 101キロ以上では山手線内発着になります。 新幹線eチケットの対応エリア内で特定都区市内制度のある都市は、東京、仙台の二つです。 往復割引がきかない 普通のきっぷであれば、片道601キロを超える区間を往復する場合に乗車券が1割引きになります。 しかし、新幹線eチケットには往復割引がありません。 往復割引を使いたい場合は、紙の乗車券を使う通常のきっぷを買う必要があります。 トクだ値を使わないのであれば、往復割引のほうが安くなりますが、トクだ値を使う場合はどちらが安くなるかは場合によって異なります。 乗継割引がきかない 普通のきっぷであれば、新幹線と在来線の特急を乗り継ぐ時に乗継割引が適用されます。 新幹線eチケットではこれが効きません。 乗継割引は在来線の特急料金が半額になるもので、割引額が大きいです。 新幹線eチケットを使うよりも普通に乗継割引を使ったほうが安くすむ場合もありますので、よく考えて買う必要があります。 トクだ値を使わないのであれば、乗継割引のほうが安くなりますが、トクだ値を使う場合はどちらが安くなるかは場合によって異なります。 学割が使えない 大学生の方であれば学割を使って旅行をする方も多いと思います。 新幹線eチケットを利用する場合は学割の設定はありません。 学割は乗車券部分が2割引きになるので、学割のほうが安いです。 学割を使いたい場合は、駅の窓口で紙の乗車券を買う必要があります。 まとめ 新幹線eチケットを使うと、携帯できっぷを買って、改札にタッチするだけで新幹線に乗ることができます。 さらに、普通に買うよりも安く乗れるのでお得です。 最後に、eチケット、トクだ値、タッチでGo! の3種類の比較表を載せておきます。 JR東日本の新幹線に乗る方法 eチケット タッチでGo! この表のほか、えきねっとで通常のきっぷを買うことも可能です。 また、駅で普通に買うこともできます。 あわせて読みたい.

次の

「新幹線eチケットサービス」まとめ。ICカードで新幹線が乗車可能に。JR東日本などで導入

新幹線eチケット 東京都区内

通常の在来線の切符ならば、駅名が記載されているはずです。 新幹線の切符にはなぜこのように書かれているのでしょうか。 その理由は、 新幹線に乗車する前の在来線でも利用出来る事を意味しています。 つまり、その区間は新幹線料金に含まれているので、 無料で乗り継ぎできますよという事なのです。 実はこれ、 新幹線チケットを切符で購入した方だけが手にする事が出来る特典です。 新幹線に乗る場合、新幹線の乗車(乗降り)駅しか電車を利用しない、なんて方は、ほとんどいないはずです。 その場合、乗車駅である東京もしくは新大阪駅迄、在来線を利用する事になりますが、その費用が無料になるかどうかって、結構重要な事です。 しかし、実は新幹線のチケットによっては、この在来線の乗車区間を無料で乗る事が出来なくなるのです。 例えば、チケットレスで新幹線チケットを購入した場合、在来線を乗るのに追加費用がかかります。 東京都区内について 東京都区内とは、その記載通り、東京都の23区内のJR駅において、利用が可能という意味です。 JR線の普通列車(特急以外)であれば、路線は関係ありません。 (地下鉄、私鉄の利用は出来ません) 新幹線切符の東京都区内のエリア図 新幹線切符の東京都区内で使用できる路線と駅 東海道本線:東京 — 蒲田間、品川 — 西大井間 山手線:全線全駅 赤羽線:全線全駅 中央本線:神田 — 代々木間、新宿 — 西荻窪間 総武本線:東京 — 小岩間、錦糸町 — 御茶ノ水間 京葉線:東京 — 葛西臨海公園間 東北本線:東京 — 赤羽(京浜東北線・中距離電車共に)、赤羽 — 浮間舟渡間 常磐線:日暮里 — 金町間 この中で、一番料金が高くなるのが、 西荻窪駅から乗車した場合で片道390円です。 例え数百円の差でも往復料金となると2倍ですから、馬鹿に出来ません。 無料に出来るなら無料にした方が、断然お得です。 その他、東京駅から比較的離れている駅からの片道料金• しかし、その遠方を逆手に取る手法もあります。 実は最近管理人、東京大阪間を移動するのに格安航空券のLCCを利用しています。 千葉県の成田から出発出来る大阪行きのLCCはなんと4社も存在しています。 料金は確実に新幹線より安いです。 時間は同じか、場合によってはもう少しかかります。 LCC格安航空券についても記事をまとめていきますので、参考にしてみてください。 大阪市内について 大阪市内とは、その記載通り、大阪市内のJR駅において、利用が可能という意味です。 JR線の普通列車(特急以外)であれば、路線は関係ありません。 新幹線の切符があれば、かなりの距離を無料で乗車する事が出来るのです。 その他、新大阪駅から比較的離れている駅からの片道料金• この場合は、JR難波駅で降りればいいのです。 人気のUSJ最寄り駅、ユニバーサルシティ駅へも無料で行ける範囲です。 例えば、葛西臨海公園駅から東京駅迄行って、そこから新幹線に乗り、新大阪駅に到着、そのままJRの改札を出ずに、天王寺駅迄在来線を利用した場合、追加費用は0(ゼロ)です。 しかし、東京駅や新大阪駅で一旦JR改札の外に出てしまったら、もう切符は戻って来ません。 それ以降の電車代は追加費用になります。 途中で何度も乗り降りが出来る便利なチケットではありません。 あくまで新幹線に付随する乗車券である事を忘れてはいけません。 何しろ定価ですから。 回数券チケット 6枚まとめて購入する必要がある回数券ですが、実は在来線でも利用できるのです。 金券ショップで販売している新幹線チケットの正体も回数券をばら売りしているものなので、同じく利用可能です。 在来線は追加費用がかかる新幹線チケット ぷらっとこだま 約1万円で新幹線こだまに乗れるぷらっとこだまですが、さすがにこれ以上の特典は無いようで、新幹線乗車駅間以外は費用が追加でかかります。 エクスプレス予約チケット ネットで予約してポイントも貯まる便利な会員サービスですが、専用ICカードが利用できるのは、新幹線の乗車駅だけです。 よって在来線には費用がかかります。 EXプラスチケット(EXきっぷ) EXプラスの場合も乗り換えには、在来線のチケットを別途購入する必要があります。 EXきっぷの場合も残念ですが、きっぷが用意されるのは新幹線の料金のみです。 一見スマートで便利なエクスプレス予約・EXプラスにもこのような在来線では別途費用が発生するという弱点があります。 よって、新幹線駅迄の乗車区間が長い方は、金券ショップや、を利用するのがお得です。

次の