関数 重複 削除。 【Excel】ダブりを削除したい! データの重複をチェックしたいときに使えるテクニック

エクセル関数で重複データを削除する方法!

関数 重複 削除

重複しないリストをドロップダウンリストに表示する 入力規則 :Excelの基本操作• 重複しないリストをドロップダウンリストに表示する 入力規則 スポンサードリンク• Microsoft365ではUNIQUE関数を使って、重複しない一意のデータを取り出すことができるようになりました。 次項のような複雑な数式を考える必要がなくなりました、ただし、重複しない値を取り出すリストを作成する必要はあります。 UNIQUE関数で重複しないリストを作成します。 なお、元の商品リストはデータの増減に対応するために、テーブルにしておきます。 入力規則の設定を行います。 D3セルを選択して、[データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。 データの入力規則で入力値の種類で「リスト」を選択します。 F3 と指定すると、UNIQUE関数で取り出した配列のデータ全体を指定することができます。 重複しないドロップダウンリストが作成できました。 新たな商品「サクランボ」を追加します。 重複しないリストに「サクランボ」が追加され、ドロップダウンリストにも追加されます。 元のリストがテーブルになっているおかげです。 このページでは重複のあるデータから、重複のないデータを入力規則のドロップダウンリストに表示する方法について書いています。 下図のB列に入力されたデータをD3セルの設定した入力規則のリスト ドロップダウンリスト に、重複していないデータだけを表示します。 作業列を利用して、重複しないデータの行番号を調べて、重複しないデータのリストを作成します。 ROW -2 はF列のデータの始まりが3行目からなので、3行目が1になるように -2 で調整しています。 重複しないデータは INDEX関数を使って B列から取り出しています。 IF関数使わず NUM! その場合、 NUM! " ,1 とします。 これは入力規則で設定する数式です• 入力規則の設定を行います。 [データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。 データの入力規則 のダイアログボックスが開きます。 [設定]タブを選択して、入力値の種類で「リスト」を選択します。 [OK]ボタンをクリックします。 行数、列数はともに 0 とします。 高さは 重複しないデータのセル数を指定します。 幅は 1 としました。 入力規則のリストで重複しないデータをリスト表示することができました。 重複しないデータが入力されると、入力規則のリストに追加されます。 下図のように、 梨、桃 を追加したら、入力規則のリストにも 梨、桃 が追加されました。 スポンサードリンク |||重複しないリストをドロップダウンリストに表示する 入力規則.

次の

エクセル関数で重複データを削除する方法!

関数 重複 削除

初めましての方は初めまして。 そうじゃない方は今回もよろしくお願いします。 JMIRI Office部のかげうらです。 今回ご紹介するテーマは 「重複データの削除」 です。 大量のデータをExcelで処理したいときに肉眼で重複を探すとなると目が疲れたり、めんどくさかったりしますよね・・・。 そんな方のために、Excelで重複データだけを削除する方法をご紹介していきたいと思います。 今回ご紹介するのは以下の2つの方法です。 Excelの重複行削除機能(とっても簡単)• 関数を使って削除する方法(ちょっと応用) 1. Excelの重複行削除機能 それでは、Excelの機能を使って重複行を削除する方法からご紹介していきます。 今回はこちらの患者データを例に説明していきたいと思います。 まずは、重複データを削除したいデータ範囲を選択します。 そして、[データ]リボンから[重複の削除]をクリックすると、ダイアログボックスが出てくるので、重複する条件にチェックを入れます。 今回は「性別」「診療科」「年齢区分」3項目が重複するデータを削除したいと思います。 [OK]ボタンをクリックすると・・・ 重複行が削除されたテーブルをとっても簡単に作ることができます。 続きまして、関数を使った重複行の削除方法の説明にまいりたいと思います。 関数を使った重複データの削除方法 こちらは、Excelらしく関数を使う方法です。 実際に使ってみましょう。 テーブルは先ほどと同じものを使用します。 まずは、重複している診療科を探してみましょう。 フラグ用の列を追加して、先ほどの関数を入力します。 これを以降のセルにコピーすると、開始セルは先頭固定で終了セルのみが下にずれていきます。 そのため、テーブル内で最初に現れた検索値はカウント1、2番目以降にあわられた診療科はカウント2以上になります。 このように、簡単にフラグを立てることができます。 しかしながら、上記の関数だけでは「診療科」が重複しているデータにしかフラグを立てることができません。 では、「性別」「診療科」「年齢区分」が重複している場合の方法をご紹介します。 今回は3つの要素について検索したいと思うので、上記の関数を入力してみます。 このように複数の要素がひとまとまりになります。 このようにして立てたフラグはフィルターを使うことでさまざまな操作に応用できます。 最後に、作業に使った列はあまり見栄えがよろしくないので非表示にしてしまいましょう。 今回は重複行の削除に関係する二つの方法をご紹介しましたが、いかがでしたか? 少しでも皆さんのお役に立てならば幸いです。 見栄えや統一感のある資料作りに興味がある方はこちらも参考にしていただけると幸いです。 それではまた次回ご覧いただけることを楽しみにしております。 Author:医療情報総合研究所(JMIRI)について JMIRIは、まだビックデータという言葉が無いころに日本で初めて処方情報データベースの運用・分析を開始した、処方情報分析のリーディングカンパニー。

次の

【エクセル時短】「重複データ」に対処する2つの賢い方法。削除機能とCOUNTIF関数を使い分ける!

関数 重複 削除

重複しないリストをドロップダウンリストに表示する 入力規則 :Excelの基本操作• 重複しないリストをドロップダウンリストに表示する 入力規則 スポンサードリンク• Microsoft365ではUNIQUE関数を使って、重複しない一意のデータを取り出すことができるようになりました。 次項のような複雑な数式を考える必要がなくなりました、ただし、重複しない値を取り出すリストを作成する必要はあります。 UNIQUE関数で重複しないリストを作成します。 なお、元の商品リストはデータの増減に対応するために、テーブルにしておきます。 入力規則の設定を行います。 D3セルを選択して、[データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。 データの入力規則で入力値の種類で「リスト」を選択します。 F3 と指定すると、UNIQUE関数で取り出した配列のデータ全体を指定することができます。 重複しないドロップダウンリストが作成できました。 新たな商品「サクランボ」を追加します。 重複しないリストに「サクランボ」が追加され、ドロップダウンリストにも追加されます。 元のリストがテーブルになっているおかげです。 このページでは重複のあるデータから、重複のないデータを入力規則のドロップダウンリストに表示する方法について書いています。 下図のB列に入力されたデータをD3セルの設定した入力規則のリスト ドロップダウンリスト に、重複していないデータだけを表示します。 作業列を利用して、重複しないデータの行番号を調べて、重複しないデータのリストを作成します。 ROW -2 はF列のデータの始まりが3行目からなので、3行目が1になるように -2 で調整しています。 重複しないデータは INDEX関数を使って B列から取り出しています。 IF関数使わず NUM! その場合、 NUM! " ,1 とします。 これは入力規則で設定する数式です• 入力規則の設定を行います。 [データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。 データの入力規則 のダイアログボックスが開きます。 [設定]タブを選択して、入力値の種類で「リスト」を選択します。 [OK]ボタンをクリックします。 行数、列数はともに 0 とします。 高さは 重複しないデータのセル数を指定します。 幅は 1 としました。 入力規則のリストで重複しないデータをリスト表示することができました。 重複しないデータが入力されると、入力規則のリストに追加されます。 下図のように、 梨、桃 を追加したら、入力規則のリストにも 梨、桃 が追加されました。 スポンサードリンク |||重複しないリストをドロップダウンリストに表示する 入力規則.

次の