馬 と しか 歌詞。 馬と鹿 米津玄師 歌詞の意味は?PVもすごい!

馬と鹿 米津玄師 歌詞情報

馬 と しか 歌詞

別れもあれど、出会いの多い季節であり、恋心の芽生えや、恋愛事が始まることを、「春が来た」と形容したりする。 何か新しいことが始まって出会える、その希望と期待感に満ちているのが春だ。 しかし、ここでは、およそ希望を感じさせない言葉が、春に付随している。 だが、彼はその、望まない春に与えられた痛みを、誤魔化さずに受け入れて進もうとしているのだ。 痛みを感じるということは、まだ自分の身体と心が生きている証であり、その傷を治して、未来へ向かって更に強く生き続けたいという証でもある。 望まない現在を覆したい、壁を乗り越え未来へ生きたい。 しかし、まだ口に残った味の欠片を更に味わう。 その行為から、求める事象に対して、簡単に答えを出さず、何度も何度も試行錯誤して模索する執念深さが感じられる。 そして彼の、執念深さを持つ心の内の余計なものを捨て、底に残った唯一のものこそ、本当に大切にするべきものであることを、ここで教えてくれている。 自分の前に立ちはだかるそれに立ち向かう為に、心が見せた自分が守りたい大切なモノ。 そう唄う彼の言葉には、それがどんな感情であろうと、強く大事にして守りたいという願いが込められているのがわかる。 そしてその願いが成就して開く花こそ、夢であり、その名前こそ、明確に忘れてはならない名前なのであることを唄っているのだ。 またそれまでに負った傷の痛みを全て覚えていることこそ、ここまで生きてきた全ての時間に意味を与え、その願いの価値を失わせない大切なことなのであることがわかる。 そこに正当な理由があり正しい目標があったとしても、世間や社会、その場のコミュニティにある強い流れには、流されてしまった方が幾分楽だ。 しかし彼は、流されたくない明確な強い願いがあり、信念がある。 それゆえに立ち向かうのだ。 その強さに共鳴し、同じ願いを持ってくれる仲間もいるだろう。 だが、心に強さがあっても、その中に弱さが無いわけではない。 その自分の弱さを仲間に気づいて欲しいと、つい吐露してしまう時がある。 ここでは、そのどうしようもない人間らしさが表現されている。 その人間らしさがあるからこそ、願いへの素直さが更に強まるのだ。 それでも自問自答を繰り返し、何度でも立ち向かおうとする心が描かれている。 夜露で濡れた芝生も、やがて来る朝日が乾かしてくれる。 その時を今は待つのだ。 だが、その失敗を笑って誤魔化せるほどの器用さは持ち合わせてはいない。 彼の人間らしい不器用さが、ここでは強く表れている。 その不器用で愚直な人間が持つ魂だからこそ、それは、何にも変えられない揺ぎなく強い信念であり、誰も奪えない崇高なモノなのである。 その証が持つ意味と関係を何かに例えようとすれば、様々な言い方ができる。 しかし、それをすることもなく、彼らは進める場所をただガムシャラに進もうとする。 願いの成就の為に揺れる花、それに付随して生まれる多くの花、その全てが咲こうが咲くまいか、見届けることなく、彼らは必死に走るのだ。 馬と鹿な自分には分かりそうにもない。 しかし、そこに縋りつきたい願いを守りたい心は本物であり、純粋なモノである。 そして願いの為に生まれた夢という花は、不器用で馬鹿な自分には、何にも変えることができない。 もはやそれは自分を支える全てであり、それ以外に代わりになるものなどない。 だから彼は、その花の名前を呼ぶしかない。 たとえ反発されようとも、たとえ罵られようとも、彼にはその花しかないのだから。 不器用で愚直に叫ぶその名前には、不器用で愚直だからこそ、何も飾ることのない純粋な願いと想いが込められているのだ。 馬と鹿な人間は、決して綺麗とは言い難い、人間らしい純粋さだけを持っている。 また自分でも、心のどこかで、どうしてこれほどまで守りたいモノなのか分からなくなるほど、くだらないモノとして映るかもしれない。 だがその願いが、どうしようもなく身体を離れてくれないモノであれば、本当に叶えたいモノであるといえる。 頭で理性的に選ぶ願いには、損得のリスクに応じて簡単に諦めが付くモノが多い。 しかしそのリスクを度外視して、どうしても手放せない願いは、人間というひとつの生き物が本能で選んだ願いなのだ。 その願いには、理性で選んだ願いには無い不思議な力があり、失敗に怯まない強い力に繋がっていく。 不器用で愚直で本能のままに進む馬鹿であることこそ、困難に立ち向える人間らしい純粋な力を手に入れるヒントなのだ。 米津玄師の『馬と鹿』に込められた願いは、ここにあるといえよう。 TEXT 京極亮友.

次の

馬と鹿 米津玄師 歌詞の意味は?PVもすごい!

馬 と しか 歌詞

コンテンツ• 米津玄師「馬と鹿」の歌詞 歌・歌詞:米津玄師 歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩いた 体の奥底で響く 生き足りないと強く まだ味わうさ 噛み終えたガムの味 覚めきれないままの心で ひとつひとつ 無くした果てに ようやく残ったもの これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ、花の名前を ただひとつだけ 張り裂けるくらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい 疲れたその目で何を言う 傷跡隠して歩いた そのくせ影をばら撒いた 気づいて欲しかった まだ歩けるか 噛み締めた砂の味 夜露で濡れた芝生の上 逸 はや る胸に 尋ねる言葉 終わるにはまだ早いだろう 誰も悲しまぬよに 微笑むことが 上手くできなかった ひとつ、ただひとつでいい 守れるだけで それでよかったのに あまりにくだらない 願いが消えない 誰にも奪えない魂 何に例えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を結えば まだ続く 行こう 花も咲かない内に これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ、恐れるままに 花の名前を 君じゃなきゃダメだと 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない 願いが消えない 止まない 馬と鹿=馬鹿(バカ)? でしたよね。 でも敢えて「馬」と「鹿」の間に「と」を入れたのは別の意味があるのではないかという意見もあります。 「馬」と「鹿」は、 「馬」=富や権力の象徴、 「鹿」=精神世界と物質世界のバランス、と言われているようです。 さらに 「馬」に関しては、神仏に捧げる縁起がいいもので、 運命を導く・生命力をもたらす動物とも言われてます。 そして 「鹿」に関しては 「バランスの取れた精神」を示す動物と言われてます。 (他を尊重する) 「馬と鹿」の歌詞とMVを見る限り、暗い闇の中から泥臭く這い上がっていく様子が描かれているので、「馬」と「鹿」というタイトルはそれとリンクしているような感じがしますよね。 米津玄師が飛び降りる意味 「馬と鹿」の歌詞のところどころに現れる「愛」というキーワード。 「愛」に関しては過去形で表現されていることや、サビの部分で「守れるだけで それだけで良かったのに」と過去を後悔しているようにも感じました。 この米津玄師さんが飛び降りるシーンは「屋上」ですが、飛び降りたあとは「地下」のシーンに変わります。 「地下」のシーンは暗く混沌としているような、また憎悪に満ちた世界のようで、自分の心の闇を表現しているようにも感じます。 この飛び降りシーンは、生死を表現したというより、そんな闇に向かっていく様子を表したものでは無いかと思いました。 火は生きる灯火の象徴? 「馬と鹿」の歌詞を見ていると、「傷」「痛み」「ひとつひとつ無くした」「呼吸が止まる」など生死を連想されたり絶望の淵にたたずんでいるキーワードが散見されます。 そんな中、MVでは米津玄師さんの手が燃えていたり、洞窟の中でサンドバックのようなものが燃えていたりと「火」が描かれています。 この「火」は、過去のことに絶望しているが自分の中で諦めることが出来ない理由の象徴ではないかとファンの中では囁かれているようです。 そんな諦められない理由を、自分の心の中の「灯火」としてMVでは表現しているように感じました。 過去を受け入れて進む決意 「馬と鹿」のMVの洞窟の中で、後半は数十人のダンサーの中から米津玄師さんがもみくちゃにされながら前に進もうとするシーンがありました。 ダンサーの動きはSNSではゾンビみたい。 と言われているように、憎悪や未練と捉えることも出来ますが歌詞全体から推測するに「泥臭い」という表現の方が個人的にはマッチしますね。 歌詞の中で、「麻酔も打たずに歩いた」や「痛みは消えないままでいい」とあるように、過去の過ちは受け入れながら自分は前に進むんだという強い気持ちが現れているような感じがします! このシーン、米津玄師さんの目力もハンパないですし、怖いとさえ感じます。 海といえば最初に連想されるのが、「馬と鹿」の前に配信された「海の幽霊」ですよね。 現時点で次のCDの発売はまだ発表されてませんが、恐らく1枚のCDを作品として捉えるのであれば、「馬と鹿」と「海の幽霊」との関連性を持たせるための演出だったのかもしれないですね。 4:44で終わる意味 「馬と鹿」のMVが配信されてから一部のファンの中ではMVの再生時間が「4:44」になっていることが話題になってました。 作品全体として「生死」を連想させるキーワードが多いことから、敢えてこの時間設定にしたのではないか?と、考えさせられずにいられないですよね。 また、砂の惑星のMVのときの再生時間は「3:59」で終わっており、「4=死」にはまだ至ってない。 という考察がありましたよね。 というような流れになっております。 ダンサーや米津玄師さんの衣装が白と黒のモノトーンになっているのはそんな「光」と「闇」の感情を表現しているのでは?と考察している方が多かったですね。 また「馬と鹿」の発表までに「鏡の上映会」というものが開催されてました。 2日間の開催、終了いたしました。

次の

米津玄師「馬と鹿」MVと歌詞の考察|再生時間4:44の意味が怖い!

馬 と しか 歌詞

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の