インスタ フォント。 【保存版】Facebook、Twitter、インスタ…主要SNSのフォント、カラー総まとめ

インスタで特殊フォントを使いたいと思っているそこのアナタ!

インスタ フォント

インスタグラムの公式ロゴマーク(アイコンやグリフといったマークと、文字のロゴとを合わせたものをロゴマークといいます)は、非常にシンプルでスタイリッシュです。 特にインスタグラムのアイコンは洗練されていて、ちょっと見にはインスタントカメラを基にしたとは見えないほどです。 こうしたインスタグラムのアイコンのようなシンプルで平面的なデザインをフラットデザインと呼びます。 2013年にAppleがiOS7で導入したことで一気に普及したデザインで、シンプルでかっこよく、データの通信量が減って画面表示が速くなり、ユーザーがアイコンに邪魔されずに本体のコンテンツに集中できる、というメリットがあります。 実はそれ以前のアイコンは、スキューモーフィズムと呼ばれる現実世界のアイテムを模してアイコン化したものが多かったのです。 これは今よりもユーザーがスマホに慣れていなかったため「このアプリはリアルで言うとこれこれです」と見せることが重要だと思われていたせいです。 するとダウンロード画面に切り替わります。 ダウンロードボタンはやや下にあるのでスクロールが必要かもしれません。 ここでまず利用する MEDIA TYPEを選びます。 インスタグラム公式アイコンを ウェブサイトなどで使うのであれば「Online」を、印刷物に使うのであれば「Print & Packaging」を、放送や映像に使うのであれば「TV & Films」を 選択します。 さらに( もちろん既に熟読済みのはずですが)インスタグラムのアイコンなどの利用に関するガイドラインを承知していることをチェックするとその下にある 「Download」ボタンがアクティブになり、インスタグラム公式アイコンがダウンロードできます。 この辺り、日本語ではないので少々わかりにくいかもしれませんが、インスタグラムのガイドラインを熟読する以外は難しくはないはずです。 こうして入手した インスタグラムの公式アイコンですが、実はこれで 作成できるものはかなり限られています。 ガイドラインでインスタグラムの公式アイコンの使用を許可されているのは、あなたが自分のインスタグラムアカウントを表示するためです。 ここで 想定しているのは、Webサイトやチラシに企業や個人事業主が、自分のアカウントを記すためのアイキャッチとしてインスタグラム公式アイコンを使用することでしょう。 Tシャツを作成して、インスタグラム公式アイコンと一緒に自分のアカウントを表示することを考える人もいるかもしれませんが、A4を超えるサイズの印刷物はインスタグラムの許諾が必要です。 インスタグラムの許諾が下りればいいのですが、インスタグラムが許諾しなければよほど小さな赤ちゃんでなければ着られないTシャツしか作成できません。 さらにインスタグラム公式 アイコンの色については自由となっていますが、白か黒の単色が推奨されています。 ただしほかのSNSアイコンと並べる場合などは淡色で同じ色合いにすることが認められているようです。 加えてインスタグラム公式アイコンを オンラインで利用する際には、CTA(Call To Action=コールトゥアクション)ボタンでの使用が義務です。 CTAとは、ボタン(この場合はインスタグラム公式アイコン)をクリック、またはタップするとユーザーになんらかのアクションを起こさせるものを言います。 インスタグラムのガイドラインの最初のパターンでは、インスタグラム公式アイコンはあなたのアカウントと併置されますから、インスタグラム公式アイコンをクリックすることであなたのインスタグラム上のプロフィールページが開くように要求したり、フォローを呼びかけるような言葉と一緒に使用するといいでしょう。 以上の説明で、 インスタグラム公式ロゴマークを、フリーフォントや有料フォント、さらにはインスタグラムの公式サイトからダウンロードできるアイコンなどを使って作成できるめどは立ちました。 しかしインスタグラムのガイドラインでは、インスタグラムの公式めいたものを作成することを禁じています。 またキャンペーンなどでインスタグラムのアイコンを使うときも、インスタグラムが主催・後援しているかのような表現を堅く禁じています。 したがって、ダウンロードした素材とフリーフォントを組み合わせて、いわゆるインスタグラムっぽいものを作成するのはガイドラインを踏み外した行為といえます。 悪くすれば商標権侵害として捉えられかねません。 あくまでもガイドラインに沿った形で、インスタグラム風の画像を作成したりする程度でとどめておいてください。 1バイト文字しか収録されておらず日本語が使えないのが残念ですが、それでもBillabongやBlue Vinylというインスタグラム風フォントを使って遊ぶだけで十分楽しめることでしょう。

次の

インスタで文字の字体を変える方法!名前やプロフィールのフォントも可愛く変更|インスタグラム使い方

インスタ フォント

一度ロゴが変わっている 以前のロゴは茶色ベースで立体感のあるカメラのモチーフ。 それが紫ベースのグラデーションで平面的なデザインになっています。 この カメラをモチーフとしたことには、インスタが写真や動画などカメラを使ったものを投稿することに由来しています。 新ロゴでもカメラモチーフは変わりません。 モチーフが平面的でシンプル化したことは、 ちょうどその時期のロゴの流行としてシンプルなデザインのものが流行っていたことを物語っています。 そして グラデーション を加えることで単色ロゴよりも存在感を発揮し、シンプルでありながらポップさも持ち合わせた新感覚のデザインに落ち着きました。 創設時のモチーフは変わらず、シンプルかつ存在感のあるロゴにする。 まるで現代の若者が「自分」というものを主張することを表わしているかのようです。 このロゴは時代の流れを汲み、現代人に受け入れられるよう計算し尽くされたのかもしれません。 インスタグラムロゴの文字のフォント 「Instagram」という文字のフォント、シンプルだけどとてもおしゃれですよね。 デザインをしたことがある人は、これは一体なんというフォントを使っているのか気になったことがあるのではないでしょうか? インスタの文字ロゴで使われているフォント 横幅の感覚が違いますが、確かに「Instagram」と同じ作りをしています。 使いたい人はからダウンロードもできますよ。 インスタグラムの公式ロゴをダウンロードして素材にできる! インスタグラムの公式ロゴには著作権があるのですが、制作物として利用するのは問題ありません。 例えばチラシに「インスタアカウントはこちら!」という意味でロゴとアカウント名を載せるという使い方があるのです。 インスタロゴをスクショして貼り付けるという方法もありますが、実はロゴをダウンロードできるって知っていましたか?ダウンロードする場所とやり方を解説します。 上記サイトに行ったら右上の「Assets」ページに行きます。 3種類のロゴをダウンロード ダウンロード結果を見てみると、3種類のロゴがダウンロードできていました。 ここでダウンロードしたロゴは公式ロゴなので、大切に保管して必要なときに使いましょう! インスタの文字ロゴはSVGファイル インスタアプリのロゴではなく、もうひとつの文字ロゴはSVGファイルになっています。 うしろが透明になっていて、色のついた背景や写真などの上に貼り付けても邪魔をしないデザインです。 この文字ロゴのSVGファイルもからダウンロード可能ですよ。 ただ、アプリのロゴも文字のロゴもインスタのオリジナル。 インスタグラム社はロゴのダウンロードを許可していますが、いかなる理由であっても文字や色などを変えて再利用することは禁止しています。 インスタに投稿される写真が著作権で守られているように、インスタの公式ロゴも著作権に守られています。 ダウンロードや使用するときは慎重に、著作権法違反をしていないかよく確認しましょう!.

次の

これ知ってた?インスタストーリーで使える文字フォントを増やす簡単な方法♡

インスタ フォント

インスタグラムの公式ロゴマーク(アイコンやグリフといったマークと、文字のロゴとを合わせたものをロゴマークといいます)は、非常にシンプルでスタイリッシュです。 特にインスタグラムのアイコンは洗練されていて、ちょっと見にはインスタントカメラを基にしたとは見えないほどです。 こうしたインスタグラムのアイコンのようなシンプルで平面的なデザインをフラットデザインと呼びます。 2013年にAppleがiOS7で導入したことで一気に普及したデザインで、シンプルでかっこよく、データの通信量が減って画面表示が速くなり、ユーザーがアイコンに邪魔されずに本体のコンテンツに集中できる、というメリットがあります。 実はそれ以前のアイコンは、スキューモーフィズムと呼ばれる現実世界のアイテムを模してアイコン化したものが多かったのです。 これは今よりもユーザーがスマホに慣れていなかったため「このアプリはリアルで言うとこれこれです」と見せることが重要だと思われていたせいです。 するとダウンロード画面に切り替わります。 ダウンロードボタンはやや下にあるのでスクロールが必要かもしれません。 ここでまず利用する MEDIA TYPEを選びます。 インスタグラム公式アイコンを ウェブサイトなどで使うのであれば「Online」を、印刷物に使うのであれば「Print & Packaging」を、放送や映像に使うのであれば「TV & Films」を 選択します。 さらに( もちろん既に熟読済みのはずですが)インスタグラムのアイコンなどの利用に関するガイドラインを承知していることをチェックするとその下にある 「Download」ボタンがアクティブになり、インスタグラム公式アイコンがダウンロードできます。 この辺り、日本語ではないので少々わかりにくいかもしれませんが、インスタグラムのガイドラインを熟読する以外は難しくはないはずです。 こうして入手した インスタグラムの公式アイコンですが、実はこれで 作成できるものはかなり限られています。 ガイドラインでインスタグラムの公式アイコンの使用を許可されているのは、あなたが自分のインスタグラムアカウントを表示するためです。 ここで 想定しているのは、Webサイトやチラシに企業や個人事業主が、自分のアカウントを記すためのアイキャッチとしてインスタグラム公式アイコンを使用することでしょう。 Tシャツを作成して、インスタグラム公式アイコンと一緒に自分のアカウントを表示することを考える人もいるかもしれませんが、A4を超えるサイズの印刷物はインスタグラムの許諾が必要です。 インスタグラムの許諾が下りればいいのですが、インスタグラムが許諾しなければよほど小さな赤ちゃんでなければ着られないTシャツしか作成できません。 さらにインスタグラム公式 アイコンの色については自由となっていますが、白か黒の単色が推奨されています。 ただしほかのSNSアイコンと並べる場合などは淡色で同じ色合いにすることが認められているようです。 加えてインスタグラム公式アイコンを オンラインで利用する際には、CTA(Call To Action=コールトゥアクション)ボタンでの使用が義務です。 CTAとは、ボタン(この場合はインスタグラム公式アイコン)をクリック、またはタップするとユーザーになんらかのアクションを起こさせるものを言います。 インスタグラムのガイドラインの最初のパターンでは、インスタグラム公式アイコンはあなたのアカウントと併置されますから、インスタグラム公式アイコンをクリックすることであなたのインスタグラム上のプロフィールページが開くように要求したり、フォローを呼びかけるような言葉と一緒に使用するといいでしょう。 以上の説明で、 インスタグラム公式ロゴマークを、フリーフォントや有料フォント、さらにはインスタグラムの公式サイトからダウンロードできるアイコンなどを使って作成できるめどは立ちました。 しかしインスタグラムのガイドラインでは、インスタグラムの公式めいたものを作成することを禁じています。 またキャンペーンなどでインスタグラムのアイコンを使うときも、インスタグラムが主催・後援しているかのような表現を堅く禁じています。 したがって、ダウンロードした素材とフリーフォントを組み合わせて、いわゆるインスタグラムっぽいものを作成するのはガイドラインを踏み外した行為といえます。 悪くすれば商標権侵害として捉えられかねません。 あくまでもガイドラインに沿った形で、インスタグラム風の画像を作成したりする程度でとどめておいてください。 1バイト文字しか収録されておらず日本語が使えないのが残念ですが、それでもBillabongやBlue Vinylというインスタグラム風フォントを使って遊ぶだけで十分楽しめることでしょう。

次の