くしゃみ で そう。 くしゃみが出そうで出ない時の対処や原因は?出すためには?

今日からすぐできる!誰でも簡単に「カワイイくしゃみ」をする方法

くしゃみ で そう

朝、職場へ向かう満員電車の中。 ただでさえ憂鬱なのに、自分に向けてくしゃみなどされたら、イライラが頂点に達すること間違いなし! には、という投稿が。 質問者は、他人のくしゃみそのものがたまらなく嫌なのだそうだが、この質問に対しては、 「本能的にも、バイキンを撒き散らすものだから、不快に感じるのでは?」(kari-umeさん)、「静かな場所(銀行とか図書館など)では、突然静寂を破られるのでギョッとはしますね」(ru-ru-ru8さん)、「生理現象なので仕方がないと思うけど、口を手で押さえて、すまなそうに小さくしてもらいたいですね」(fathar-mさん) など、時や場所、大きさによっては確かにイライラするといった回答が多く寄せられた。 All About「家庭の医学」ガイドである清益功浩先生に、くしゃみの仕組みについて聞いてみた。 「くしゃみは、鼻に侵入した異物などを除くためにしている反射的な動作です。 鼻の粘膜に付着した異物によって神経が刺激されると、肺と腹部の間の膜である横隔膜が収縮し、息を吸い込みます。 そして、一気に息を吐き出すことで、異物と共に体外に出す反射がくしゃみになります」(清益先生) 鼻の粘膜を刺激する物質には、どのようなものがあるのだろうか? 「紙縒りや髪の毛、ホコリといった異物や胡椒などの刺激的な物質をはじめ、様々です。 アレルギーの場合は、花粉やダニの成分が侵入すると、鼻の粘膜でヒスタミンという物質が産生されます。 ヒスタミンが三叉神経(脳神経の一つ)を刺激するとくしゃみが出て、花粉やダニの成分、鼻水などを体外に排出します。 病原体でも同じことで、鼻の粘膜に感染すると鼻水とともに病原体を出すため、くしゃみをして病原体を体外に出そうとします。 さらに特殊な原因として、詳細なメカニズムは不明ですが、強い光刺激に対してもくしゃみが出ます」(清益先生) また、風邪をひいている人がくしゃみをすると、病原体が周囲に飛び散ることになる。 一体、その飛距離はどのくらいなのだろうか。 「個人差や環境による差がありますが、基本的には1~2mといわれています。 インフルエンザシーズンで、人と人の間の距離は2mぐらい離れておいた方がよいとされています。 とはいえ、2m離れているからといって安心はせず、風邪をひいている人はできるだけ公共の場ではマスクをしましょう。 くしゃみによる飛沫の拡大を防ぐことができます」(清益先生) 空気が乾燥していると、くしゃみに含まれる病原体を含む飛沫は小さくなり、飛ぶ距離も長くなるとのこと。 これからの時期は特に注意が必要だ。 「基本的には、くしゃみは反射ですので、なかなか止められません。 また、一種の防護反応ですので、無理に止めない方がよいです。 しかし、時と場合によっては、1回でも減らしたい時があるかもしれません。 1つ目は、鼻に異物が入らないようにするために、マスクをしておくと、くしゃみの予防になります。 花粉症の方が花粉飛散シーズンにマスクをすると、くしゃみは減っていますよね。 2つ目は、個人差がありますが、鼻の下または小鼻の端にあるツボを押さえることでくしゃみが出にくくなることがあります。 あまり押し過ぎると鼻が痛くなりますので気を付けましょう。 3つ目は、くしゃみの原因の1つがヒスタミンですので、ヒスタミンを抑える抗ヒスタミン薬を内服することで、くしゃみを減らすことができます」(清益先生) どの方法も絶対にくしゃみを止められる訳では無いが、試してみるのもよいだろう。 また、風邪を引いている人や鼻炎でくしゃみが出やすい人などは、エチケットを心がけよう。 日本小児科学会認定専門医、日本アレルギー学会認定専門医・指導医。 他にもメンタルヘルスマネジメント始め、法律、経済、化学などについて多岐に渡る資格を有する。 (酒井理恵).

次の

こんな『くしゃみ』は復縁の前兆かも!【簡単に見分けるポイント5つ】

くしゃみ で そう

絶対にくしゃみができないシチュエーションがあります。 たとえば仕事で、 大勢が集まって、 お偉いさんのスピーチを聞いている最中に 「 ハクション!」 とやってしまうと、 その一瞬で 注目の的になってしまうでしょう。 仕事でなくても、 恋人とオシャレなレストランで食事中なんてときには、 できればくしゃみなんてしたくありません。 もっと小さなことだと、 片手に飲み物を持っているときにくしゃみをしてしまうと、 ビシャっと豪快にこぼしてしまうかもしれません。 もちろん普段は豪快に 「 ハックション!!」 とくしゃみした方が スッキリするし、 身体の反応としても 自然です。 しかし、 どうしてもくしゃみしたくないときには、 くしゃみを止められたら絶対便利です。 livedoor. htmlより転載 ウソみたいなホントの話です。 この方法は、 お客さんとの距離が近くてくしゃみができない仕事、 たとえばマッサージのような仕事をしていると、 職場で教えられる方法だそうです。 鼻の下には神経が集中しているため、 ここを圧迫すると、 神経の伝達が止まり、 くしゃみがでなくなるという理屈です。 繰り返しますが、ウソみたいですがホントです くしゃみが出そうになったら、 強めに加トちゃんぺをする、 と覚えておきましょう。 より確実にくしゃみを止める方法 加トちゃんぺだけでもくしゃみを止める力は充分あるのですが、 「 超大型くしゃみが来たときに止まるかどうか心配だ」 「 より確実に止めたい!」 ということであれば、 加トちゃんぺと併せて、 これから説明する動作もやってみてください。 下で上あごを強く押す。 歯を食いしばろうと力を入れつつ、 舌で上あご 口の中の上部分 を突っ張って、 歯が閉じない様に舌に力を入れるのです。 この方法だけでもくしゃみを止める効果はあるのですが、 これと加トちゃんぺを組み合わせることで、 瞬時にできる方法としては最強の止め方が完成します。 スポンサードリンク その他のくしゃみを止める方法 すでに説明した方法が最もオススメの くしゃみを止める方法なのですが、 一応 他の方法についても説明しておきます。 人によって相性があるかもしれませんし 深呼吸 そもそも、 くしゃみは、鼻に異物が入ってきたとき、 それを体外に出そうとする生理現象です。 くしゃみで出そうとする異物は、 ホコリや 細かなゴミ、 さらには ウィルスや アレルギー物質もそうです。 こういったものが、 鼻の中にあるためにムズムズしてくしゃみが出るのです。 そうであるなら、 「 異物を出すのではなくて入れてしまえばいい!」 という発想の、 くしゃみを止める方法があります。 「 くしゃみが出そうだなー」 というとき、 鼻から一気に空気を吸い込みます。 勢いをつけた深呼吸です。 肺いっぱいに空気を吸い込んで、 吸い込んで、吸い込んで、吸い込んで、 限界に達してからさらにもう少しだけ吸い込んで、 ふーっと息を吐くと、鼻のムズムズが解消されているハズです。 これは、 思いっきり異物を体内に入れてしまう方法なので、 あまりオススメできません。 ツボ押し これは 即効性は低いので、 「 今にもくしゃみが出そう!」 というときには 使えません。 ただ、 「 なんとなく鼻がムズムズするなぁ」 というときに押しておくと、 「くしゃみが出そう」 に至る前にムズムズが解消できる可能性があります。 「迎香 げいこう 」というツボがあります。 小鼻の両脇、犬歯の根本にあるツボです。 このポイントを 強く、 やや下方向に向かって押すと、 鼻のムズムズが解消されたり、 鼻の通りが良くなったりします。 また、 「迎香」の少し上に 「上迎香」というツボもあります。 位置は、 鼻の付け根の両脇です。 ここを 多少痛みがあるぐらい強く押します。 効果は迎香と同じです。 yomeishu. そういう時の緊急的な手段としても、 今回の方法は使うことができます。 根本的な治療ができているわけではなく、 あくまで応急的な方法なので、 完全にスッキリすることはもちろんありませんが。 先ほども少し書きましたが、 くしゃみは異物を除去するための生理現象です。 寒暖差でくしゃみが出ることもありますから、 そういうときはいいとしても、 基本的にはくしゃみは止めるべきものではありません。 やむを得ない状況のときには、 この紹介した方法を是非使っていただきたいですが、 そうでなければ くしゃみは止めずに出してしまいましょう。 まぁ、そんなこと言われなくても、 くしゃみは出した方が気持ちいいですから、 事情がなければ出すと思いますけれど。

次の

くしゃみの雑学|健康の雑学|元気通信|養命酒製造株式会社

くしゃみ で そう

この時期している方も多いくしゃみについて、2月12日TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30~8:30)の「現場にアタック」で取材報告しました。 風邪の流行も収束しないままに花粉が飛び始めていますが、先月1月、ある有名な医学誌に、『くしゃみを止めると、体に悪影響が出る可能性がある』という発表がされました。 これはイギリスのお医者さんによる発表で、くしゃみを止めないように注意喚起されているものなのですが、同じように日本でも注意喚起されていました。 くしゃみを止めると、どのような影響があるのか?東京脳神経センター医学博士の、天野惠市さんのお話です。 構造的に、『鼻の中』など全てに圧がかかったり、『耳』がキーンとして聞こえが悪くなったり、鼓膜の損傷が起きることがある。 さらに、脳脊髄圧が上がるので、元々腰の悪い人や坐骨神経痛のある人は、くしゃみを止めると腰が痛くなる。 整体の構造から考えると極めて当然のことです。 」 ハクション!くしゃみしますか?私は年中くしゃみが出ます そもそもくしゃみは、ほこり・ウイルス・花粉などの異物を排出する役割を担っています。 そのため、空気を外に出す勢いもすごく、細かい飛沫を2m飛ばすほどのパワーがあるそうです。 そのくしゃみを抑えようとした際に、「喉の粘膜に傷がついて炎症を起こす可能性がある」ということが、医学誌で発表されました。 ただ、天野先生によりますと、喉や鼻などの気道以外にも、気道と関係の深い「耳」、さらには脳や脊髄にも圧がかかり、結果として腰などにも影響が出る可能性もあるということなんです。 東京脳神経センター 医学博士 天野惠市さん 「 気道にものすごい圧がかかると何が起こるかというと、血圧が上がります。 くしゃみを止めるときに出口を塞ぐと、血圧が200を超えていると思う。 180くらいになると、脳に元々『動脈瘤』がある人は破れてしまう。 破裂の危険が非常に高くなるので、いかに危険な行為かということなんです。 」 くしゃみを我慢して口や鼻を塞いでしまうと、気道の圧が上がり、血圧が上昇するそうです。 特に気をつけなければいけないのが、「脳動脈瘤」のある方。 「脳動脈瘤」は、脳の動脈の一部が膨らんで弱くなってる状態ですが、くしゃみを止めると、そこが破裂する危険性があるということなんです。 天野先生によると、その数値は200mmHg(ミリメートルエイチジー=水銀柱)。 高血圧の基準値が140とされている中で、200という数字はかなり高い値です。 音が響くのが恥ずかしいので、周りが静かなときとか。 耳にこもる感じはします。 体に害があることを考えずに止めていました。 人体に影響があると考えたことはなかった。 押さえ込んだ勢いが、胸のほうに留まって、苦しい。 体に悪いというのは初耳です。 普通のエチケットじゃないですか。 止めても平気だし、マナー優先。 」 まず、くしゃみを止める危険性については、多くの方が「知らない」、「意識したことがない」ということでした。 一方で、くしゃみを止めたことのある方は、映画館や電車など公共の場におけるマナーとして我慢したり、鼻をつまんで止めるという方が多くいました。 東京脳神経センター 医学博士 天野惠市さん 「 よく鼻をつまむ人がいるけど、これは危ない。 鼻を押さえるとものすごい血圧上昇するので、鼻をつまむことだけは辞めなさい。 だから例えば、ハンカチでおさえてあげる。 これによって、くしゃみを外に出しつつ、周りに対するパフォーマンスにもなる。 『自分が周りからどう思われてるか関係ない』ではいけないので、やっぱりハンカチでストップすることが大事。 」 鼻をつまんでくしゃみを止めるとものすごい血圧上昇につながるそうなので、絶対に鼻はつままないこと。 そして、くしゃみはできるだけ止めない代わりに、マナーとしてハンカチを使って、鼻と口を押さえるというアピールをしましょうと仰っていました。

次の