ファイナル ファンタジー vii リメイク。 FF7リメイク攻略|FF7R

『FF7 リメイク』発売3日で世界販売本数350万本突破! 日本国内でも100万本以上を売り上げ

ファイナル ファンタジー vii リメイク

PS4 で先行販売され 、までは独占タイトルとなっている。 当初はに全世界にて発売予定だったが 、同年に発売延期された。 にで発売された、のメインシリーズ7作目『 』(FFVII。 以下、オリジナル版)のフル作品であるが、ゲームボリュームの関係から複数作に分けて展開していく予定。 概要 [ ] 『FFVII』はオリジナル版のリリース以降も微改訂バージョンやスピンオフ作品が多数リリースされているが、本作は『FF』シリーズの他ナンバリング作品でリリースの事例がある「リマスター版」(本編のグラフィックを現世代機種レベルにアップグレードしたもの)とは異なり、ゲームデザインレベルから再構築した完全(フル)リメイク作品となる。 シナリオにも手が入っているが 、ユーザーの思い出を壊すことにはならないとディレクターを務めるは語っている。 具体的に全何部作となるかは2019年6月時点でも決まっておらず、プロデューサーのは取材に対し、「まだ我々にもわからない」旨をコメントしている。 ユーザーからのリメイクの要望は高く 、スクウェア・エニックス社内でも何度かリメイクの話は出ていた。 同社のタイトルの多くがPS4で出ることから、PS4普及の後押しになればと発売が決定した。 また、開発者の年齢が上がってきていることも野村は理由に挙げている。 なお、バトルシーンはオリジナル版と異なり、コマンドを採用しつつもアクションバトルになっている。 沿革・開発状況 [ ]• 2015年• 6月16日、北米ので開催された 2015にて発表。 発表時にはが沸き起こり、大きな反響があった。 12月5日、正式タイトルが『 ファイナルファンタジーVII リメイク』に決定 (それまでは『ファイナルファンタジーVII(仮)』と呼ばれていた)。 同時に複数作に分かれることが発表された。 12月6日、本作の発売決定を記念して、オリジナル版のPS4移植版がダウンロード専用ソフトとして配信開始。 2017年• 5月11日、スクウェア・エニックス・ホールディング3月期決算発表会において、今後3年程度を目途に順次発売するタイトルとして発表されたソフト群に本作が含まれていた。 5月27日、外部スタジオと共同開発する体制から、スクウェア・エニックス自身による内部開発へシフトすることを発表。 それまでに開発に関わっていた外部スタジオにはなどが含まれていた。 2018年• 3月、さらなる品質向上のため新たな開発スタッフの募集を開始。 6月、既に初期の構想段階を脱していることを野村が明らかにした。 2019年• 5月10日、約4年ぶりとなる新プロモーション映像が公開。 同時に6月に詳細な情報を解禁することを発表。 6月9日(日本時間10日)、ロサンゼルスで開催されたコンサート「FFVII A Symphonic Reunion」の中で、2020年3月3日に全世界(中国本土除く)で発売することを発表。 6月11日、日本での販売における商品展開、およびLPレコード2枚組のサウンドトラックの販売予定が発表された。 11月2日深夜(3日未明)、系列で放映された「」の中で、7分間に及ぶロングCMが放映。 出演は、、、。 2020年• 1月14日、発売を4月10日に延期することを発表。 3月2日、体験版『FINAL FANTASY VII REMAKE DEMO』が配信開始。 4月10日、『ファイナルファンタジーVII リメイク』(1作目)発売。 製品展開 [ ] 分作第1作目 [ ] 公式サイト、PlayStation. Store、およびパッケージ版の裏面記載内容 に基づく。 2020年4月10日発売• PlayStation 4『 ファイナルファンタジーVII リメイク』( FINAL FANTASY VII REMAKE)(パッケージ版、ダウンロード版)• PlayStation 4『 ファイナルファンタジーVII リメイク デジタルデラックスエディション』( FINAL FANTASY VII REMAKE DIGITAL DELUXE EDITION)(ダウンロード版)• 本編とサウンドトラックなど特典のセット• 本編とフィギュア「プレイアーツ改 クラウド・ストライフ&ハーディ=デイトナ」のセット• 『 PlayStation 4 FINAL FANTASY VII REMAKE Pack』• 『 PlayStation 4 Pro FINAL FANTASY VII REMAKE Pack』• PS4またはPS4Pro本体にパッケージ版を同梱した数量限定セット 特典・DLC [ ] 分作第1作目 [ ] PS4用ダイナミックテーマ 描き下ろしのミニアクリルスタンドと召喚マテリアDLC「コチョコボ」 スクウェア・エニックス e-STORE スチールブックケースと召喚マテリアDLC「」 PS4用ダイナミックテーマと召喚マテリアDLC「」 登場人物 [ ] 『ファイナルファンタジーVII』オリジナル版の登場人物の説明は、を参照。 主要人物 [ ] Cloud Strife 声 - 、(14歳) 本作の主人公。 元ソルジャー・クラス1st。 時折、本来知るはずのない未来を幻視するときがある。 戦闘スタイルは剣による近接攻撃とカウンター。 固有アビリティ「ブレイブモード」によって、連続攻撃とカウンター機能を持った防御を使えるスタイルにシフトできるが、移動速度が大幅に低下する。 攻撃がやや大振りだが、総合的に強力な技を操る。 装備中の武器およびマテリアの色は操作モデルを使用したすべてのイベントシーンに反映され、他のキャラクターもこれに該当するが、一部あらかじめレンダリングされたイベントムービーも用意されており、その時は武器やマテリアの変更は反映されず、初期装備となっている。 アドリブでダンスをする羽目になった際は、切れのある動きを披露した。 バレット・ウォーレス Barret Wallace 声 - 反神羅組織アバランチの中でも過激派とされるアバランチ分家のリーダー。 武器は失った片腕に直接取り付ける銃器もしくはハンマーなど。 唯一、装備した武器によって通常攻撃のアクションが全く変わる。 習得するアビリティも銃なら遠距離攻撃と明確に分かれているが、銃であっても近接技の発動ができ、ハンマーであっても遠距離技を発動できる。 どちらの場合も、固有アビリティ「ぶっぱなす」は強力だが再使用までインターバルが必要で、インターバル中に行おうとするとその時間を短くできる「リロード」へと変化する。 なお、遠距離攻撃アビリティは使用するATBゲージの本数に比例して威力が上がるものがある。 ティファ・ロックハート Tifa Lockhart 声 - 、(8、13歳) クラウドの同郷の友人 本人談 、アバランチ分家の会計係であり、その本拠地でもあるバー「セブンスヘブン」を経営している格闘家の女性。 武器はナックル。 小回りの利く体術で機敏に立ち回れる。 コンボを繋げるのも得意。 アビリティ「秘技解放」により、通常攻撃や特定のアビリティを強化できる。 Aerith Gainsborough 声 - 、(7歳) 伍番街スラムとプレートで生花を売る一見ごく普通の女性。 薬草採取や医者の手伝いもしていることから怪我の応急手当ても得意。 タークスに追われている。 武器はロッド。 今作では殴るのではなく魔法弾を飛ばすシューター。 固有アビリティはチャージによって威力が増す強力な魔法弾。 魔力とMPが高く、魔法を使うのに適している。 HPは低いが、オート時でも無暗に接近するような真似はしないため、生存率が高い。 レッドXIII Red XIII 声 - 人の言葉を操る獣で、尻尾の先が燃え盛っている。 宝条の研究室に囚われていた。 1作目ではゲストキャラクターという扱いで戦闘には参加するが、操作はできないノンプレイヤーキャラクターである。 初めからアビリティを所持しており、かつ自動で使用する。 ケット・シー Cait Sith 巨大なモーグリのぬいぐるみに乗ったネコ。 七番街支柱爆破を目の当たりにし、民間人が犠牲になったことに憤る。 1作目ではカメオ出演。 神羅カンパニー [ ] 「」も参照 プレジデント神羅 President Shinra 声 - 社長。 利益を上げるためには手段を選ばず、邪魔者は無関係の人間を巻き添えにしてでも排除する冷酷非道な性格。 会社は実質、ワンマンスタイルで、ハイデッカーたち重役でも意見は通らない。 リメイクでもアバランチ排除を名目にスラム街に第七プレートを落下させて、街ごと全滅させるという暴挙に及ぶ。 そして、エアリスの協力を元にミッドガルを切り捨てて『約束の地』を発見し、新たな魔晄都市計画を発案した。 だが、神羅ビル屋上から転落しかけていたところをバレットに引き上げられ、彼に色々要求されながら逃げ惑うが、机に隠していた銃によって形勢を逆転。 魔晄搾取を非難するバレットに対して「魔晄を求めているのは市民」「星のためと言って人々に苦労を強いるのは正義か」と切り返し、バレットを殺そうとしたところ、現れたセフィロスに正宗で貫かれ殺害された。 なお、バレットはこの反論に対しては明確に言葉を紡げなかった。 ルーファウス神羅 Rufus Shinra 声 - プレジデント神羅の息子で、副社長。 戦闘スタイルは2種の銃を使った機動戦闘。 近接戦でも決して引けは取らず、無暗に切りかかると軽々と回避した挙句にカウンターを叩き込まれるなど、ソルジャー張りの戦闘力を発揮する。 リロード中が隙だらけだが、その時間はさほど長くはない。 なお、エネミーレポート曰く、この性能をして「護身術」とのこと。 リーブ・トゥエスティ Reeve Tuesti 声 - 都市開発部門統括。 誠実実直な人柄で部門の部下からの人望はかなり厚い。 だが、ハイデッカーはじめクセの強い幹部の中ではひときわ存在感は薄く、プレジデントをはじめハイデッカー達からは見下されている節がある。 そのため、神羅カンパニーの破壊活動に対しては常に反対してきたが、プレジデントの一声で握り潰されてきた。 既にミッドガルより新たな魔晄都市開発を見据えているために、進言したミッドガル再建計画は却下されている。 ハイデッカー Heidegger 声 - 治安維持部門統括。 神羅カンパニーの軍事を統括するプレジデントの片腕。 部下を使い捨ての捨て駒程度にしか見ておらず、気に入らない報告があるとクビをちらつかせたりとオリジナルから比べてパワハラ発言が目立つ。 スカーレット Scarlet 声 - 兵器開発部門総括。 神羅カンパニーの主力事業である兵器開発部門の責任者。 兵器開発を主な業務とし、爆破事件ではかなりキツめだがマスコミの対応も行う。 本社ではマテリア開発にも力を入れており、マテリア開発中のラボで研究を見ていた。 非常に気位が高く、周囲に対して高圧的な態度を振りまく。 また、マテリア研究ラボでは、座っていた際に脚起きがわりに一般兵を使っており、女王様のように振る舞う。 完全に下僕と化した兵が1人いる。 パルマー Palmer 声 - 宇宙開発部門統括。 社内にセフィロスが現れたことを報告するも、重役は誰も信じなかった。 宝条 Hojo 声 - 科学部門統括。 マッドサイエンティストでプレジデントに信頼を寄せられている。 会議終了直後にバレットに人質として捕らわれるが、実験サンプルの中から「サンプル:0512」を解き放つのと同時に危機を脱した。 神羅ビルの科学棟フロアを捜索するクラウド達に神羅の兵器やモンスターを使って戦闘データを採取し、後にモニターに映ったセフィロスを見て微笑みを浮かべた。 チャドリー Chadley 声 - 科学部門所属の研修生で、本作の新キャラクター。 アバランチではないが、神羅を倒そうと密かに狙っており、彼からの依頼「バトルレポート」をこなしていくことで、彼からしか購入出来ないマテリアなどを購入出来るようになる。 また、レポートをクリアしていくことで召喚マテリアを購入することが出来る。 その正体は、宝条の研究をサポートするために創られたサイボーグで、宝条に逆らえないようにプログラムされていたが、クラウドの心に触れ、気持ちを改める。 ドミノ Domino 声 - ミッドガルの市長。 裏ではアバランチと内通している。 神羅ビルに侵入したクラウド達を、モニター画面をハッキングし内部に漏れないよう細工を施し助け出した。 原作のように合言葉を推理させることは無く、逆に内通者への合言葉をクラウド達に伝える。 ハット Hart 声 - ドミノの助役。 神羅課長 Shinra Middle Manager 声 - 課長。 一人称は「あたし」。 神羅の鉄道で遭遇する一般人。 原作ではバレットに凄まれて縮こまるだけだったのに対し、今作でもアバランチを非難してバレットに凄まれるが、怯みつつもなおスタイルを曲げようとはしなかった肝の太い人物となっている。 ソルジャー [ ] Sephiroth 声 - かつて英雄と言われたソルジャー。 ローチェ Roche 声 - 新キャラクターで、異端のソルジャー3rd。 通称、スピードジャンキー。 バイクを乗り回すというより、振り回すという方が適切なドライビングを見せる。 自分の欲望に忠実で、平然と仲間を蹴散らすため、彼の出動を知るや速やかに兵士は距離を取ったりしている。 Zack Fair 声 - 直接エピソードに関与はしないものの、終盤のイベントにおいてはこの作品のありようを示す重要な存在。 カンセル Kunsel 『』の登場人物。 直接登場は無いものの、クラウドの同期の神羅兵から存在が明かされており、現在も神羅で活動している模様。 特殊工作部隊タークス [ ] ツォン Tseng 声 - タークス主任。 レノ Reno 声 - タークスのメンバー。 発言の後に「、と。 」とつける。 ルード Rude 声 - タークスのメンバー。 アバランチ [ ] バレット率いる反神羅組織。 七番街スラムを拠点にしている彼らは分派であり、彼らとは別の本隊が存在している。 これはバレットの思想が破壊や犠牲を厭わない過激な思想だったために、本隊から切られ分派としている。 Biggs 声 - バレット率いるアバランチ 分派 メンバーの1人で、赤いバンダナが特長。 戦闘ではハンドガンを武器に戦う。 また、作戦のために潜入工作などもこなす。 ウェッジとは比較的行動を共にすることが多い。 Wedge 声 - バレット率いるアバランチ 分派 メンバーの1人。 背中に背負うグレネードガンを武器に戦う。 大食漢で肥満体型、少々気弱な性格なせいもあり、たまにやるドジやおっちょこちょいを気にしている。 そのため、みんなの役に立っていないかと常に気にしている。 ジェシー・ラズベリー Jessie Rasberry 声 - バレット率いるアバランチ 分派 メンバーの1人。 戦闘ではサブマシンガンのような小型銃を武器に戦う。 電子器機にも精通しており、施設のセキュリティの解除にも活躍する。 今作では役者志望であることや、両親がプレート上部の実家で暮らしている背景が描写されている。 ウォール・マーケット [ ] ドン・コルネオ Don Corneo 声 - 六番街ウォール・マーケットを取り仕切る顔役で異常な好色家。 口ぐせは「ほひ〜」。 好みの女性を部下に拐わせては一夜を共にする女性を「嫁探し」と称し、3人の推薦役から推薦 拉致も含む された女性を献上させている。 潜入したクラウド達に脅された末に七番街支柱爆破計画を漏らすが、飼っている魔物「アプス」のいる地下下水道にクラウド達を落として逃走した。 しかし、爆破計画をしゃべったために神羅に裏切り者と見なされてタークスに目を付けられる。 その後、レズリーの誘導によってクラウドたちに発見されるが、アプスをけしかけて逃走し、行方をくらます。 愚鈍そうな見た目に反し、レズリーに銃を向けられた際には逆に返り討ちにして銃を奪い取る護身術を見せる。 ソッチ Scotch 声 - ウォール・マーケットを仕切るドン・コルネオの部下で、地下闘技場の司会をしている中国系の服を着たサングラスの男。 コッチ Kotch 声 - ウォール・マーケットを仕切るドン・コルネオの部下で、地下闘技場の司会をしているノースリーブのダウンジャケットを着たサングラスの男。 プレート落下後は原作同様、コルネオ邸の地下に拘束されている。 レズリー・カイル Leslie Kyle 声 - ウォール・マーケットを仕切るドン・コルネオの側近。 善良な性格の持ち主で、コルネオに接近しようとするクラウドたちを暗に止めようとしてくる。 彼の恋人が花嫁候補に選ばれたあと姿を消したことへの復讐のため、コルネオに近づく。 元は小説『ファイナルファンタジーVII外伝 タークス~ザ・キッズ・アー・オールライト~』の登場人物である。 マダム・マム Madam M 声 - ウォール・マーケットにある手揉み屋の女将で、花魁の格好をした美しい女性。 コルネオの嫁探しの推薦人の1人。 気性が粗く、クラウド達を客でないとわかったとたんに豹変して怒鳴り散らした。 手揉みの腕前はクラウドも心を奪われてしまうほど。 サムと深い関係にあったことがあるが、本人的には忘れたい過去の様子。 チョコボ・サム Chocobo Sam 声 - ウォール・マーケットにある小屋のオーナー。 ウエスタン風の衣装を着た中年の男性。 スラムの交通手段のチョコボ車 ぐるま を取り仕切る人物で、彼も嫁探しの推薦人の1人。 コルネオに推薦する条件として勝負をクラウドにしかける。 アニヤン・クーニャン Aniyan Kunyan 声 - ウォール・マーケットにある蜜蜂の館のオーナーで、自身も館のNo. 1の超人気ダンサー。 原作『FFVII』でクラウドを女装させた男性。 彼もまたコルネオの推薦人の1人。 「本当の美しさは心持ち次第」「美しさに男も女もない」が信条。 コルネオ・コロッセオでクラウドの"素質"を見出だしてクラウドの女装イベントでクラウドを変身させた人物。 ジーナン(ジュレス) Jinan Jules 声 - ウォール・マーケットにあるジム「ダンダンダン」(原作で「男男男」と書かれていたジム)のトレーナー。 ミニゲームのスクワット対決および懸垂対決の上級編で対決する。 サン・トー(ジェイ) San Tou Jay 声 - ウォール・マーケットにあるジム「ダンダンダン」の男。 ゼン・ワン(ローニー) Zen Wan Ronnie 声 - ウォール・マーケットにあるジム「ダンダンダン」の男。 その他の人物 [ ] マリン・ウォーレス Marlene Wallace 声 - バレットの娘。 今作では原作では直接は描写されなかったエアリスとの一時の交流が描かれる。 その一方で、原作で多少見られたクラウドとの絡みはほぼ無くなっている。 キリエ・カナン Kyrie Canaan 声 - 伍番街スラムに住むスリの少女。 ミレイユの孫。 元は小説『ファイナルファンタジーVII外伝 タークス~ザ・キッズ・アー・オールライト~』の登場人物である。 エルミナ・ゲインズブール Elmina Gainsborough 声 - エアリスの養母。 エアリスを生き甲斐としていることが原作以上に描写され、クラウド達がエアリスを救出しに行こうとした際には彼女の身を案じ、事を荒立てないようにと懇願する一幕もあった。 クラウディア・ストライフ Claudia Strife 声 - クラウドの母親。 回想でのみ登場。 名前は今作で判明した。 ジョニー Johnny 声 - スラム出身の若者。 口が軽いお調子者。 ティファに入れ込んでいる。 原作ではストーリーには直接絡んでは来なかったが、今作では単独の出番が追加された。 彼にまつわるイベントをこなすとクラウドを兄貴と呼び、ティファを任せてくれるほど信頼するようになる。 マーレ Mrle 声 - 天望荘の大家。 アバランチの協力者。 デマン 記者で、怪盗スラムエンジェルについて探っている。 ミレイユ Mireille 声 - ファンキーな格好した老婆。 怪盗スラムエンジェルについて詳しい。 ワイマー Wymer 声 - 自警団に来る依頼をまとめている男。 夫が神羅カンパニーの社員ゆえ、神羅社宅に住んでいる。 ベグ(ベック) Begu Beck 声 - ベグ盗賊団のリーダー。 バド(バーク) Bado Burke 声 - ベグ盗賊団の一員。 ブッチョ(ブッチ) Buccho Butch 声 - ベグ盗賊団の一員。 ベティー Betty 声 - ムギ(オーツ) Mugi Oates 声 - 伍番街スラムに住む建物の上に登るのが好きな少年。 フォリア先生 Ms. Folia 声 - 表向きは孤児院リーフハウスの先生で教師然とした態度を取っているが、実は子供の頃よりダンサーになるのが夢で夜は蜜蜂の館でハニーガールをしている。 園長先生 孤児院リーフハウスの女性。 サラ Sarah 声 - モグヤ(モギー) Moguya Moggie 声 - モーグリのお店の店主で、モーグリの格好をした少年。 有名なおとぎ話「モーグリ・モグの物語」のお店をやっていた森の妖精モーグリのモグに憧れてお店を開いている。 イファルナ エアリスの実母で、最後の純血古代種。 今作では神羅に囚われていた頃の話をエアリスから僅かながら聞ける。 ザンガン ザンガン流格闘術を使う格闘家。 ティファの格闘技の師匠。 フィーラー 時折宙に現れるローブのような姿をした何か。 「本来あるべき運命」から外れつつある世界を元に戻そうとする存在。 主要スタッフ [ ]• プロデューサー -• シナリオ -• 音楽 -• バトル・ディレクター - Teruki Endo• キャラクター・モデリング・ディレクター - 風野正昭• アニメーション・ディレクター - 相馬文志• サウンド・ディレクター - Masato Ise• ムービー・ディレクター -• プロジェクト・マネージャー - 上田信之• ロゴ・イラストレーション - 関連商品 [ ] 書籍 [ ] ファイナルファンタジーVII リメイク ファイナルファンタジーVII リメイク ワールドプレビュー FINAL FANTASY VII REMAKE Post Card Book CD [ ] フィギュア [ ] PLAY ARTS改 クラウド・ストライフ PLAY ARTS改 バレット・ウォーレス PLAY ARTS改 クラウド・ストライフ Version 2 PLAY ARTS改 バレット・ウォーレス Version 2 PLAY ARTS改 ティファ・ロックハート PLAY ARTS改 エアリス・ゲインズブール PLAY ARTS改 セフィロス PLAY ARTS改 レノ PLAY ARTS改 ルード ファイナルファンタジー VII REMAKE トレーディングアーツ クラウド エアリス ティファ バレット セフィロス FF7REMAKE 発売記念くじ A賞 クラウド フィギュア B賞 エアリス フィギュア C賞 モーグリ ぬいぐるみ D賞 ピンバッジ(5種類) E賞 ロックグラス(5種類) F賞 フェイスタオル(5種類) G賞 ミニフィギュア(8種類) エンド賞 セフィロス フィギュア コラボレーション [ ]• 期間は2020年2月6日 木 から8月31日 月 まで。 注釈 [ ]• ファミ通. com 2020年1月14日. 2020年1月15日閲覧。 1411. 6-13• 2020年4月21日. 2020年4月21日閲覧。 2015年6月16日. 2018年5月11日閲覧。 2020年2月6日. 2020年5月3日閲覧。 www. square-enix. com. 2019年6月10日閲覧。 スクウェア・エニックス 2015年12月7日. 2018年5月11日閲覧。 IGN Japan 2020年4月10日. 2020年4月10日閲覧。 ツイート. より 2020年1月15日閲覧。 ファミ通. com 2019年6月14日. 2019年6月16日閲覧。 4gamer. net 2015年6月19日. 2018年5月11日閲覧。 2015年6月17日. 2018年5月11日閲覧。 電撃オンライン 2015年6月20日. 2018年5月11日閲覧。 電撃オンライン 2008年4月30日. 2018年5月11日閲覧。 4gamer. net 2015年6月18日. 2018年5月11日閲覧。 ファミ通. com 2015年12月6日. 2018年5月11日閲覧。 スクウェア・エニックス 2017年5月11日. 2018年5月11日閲覧。 JAPAN 2017年5月30日. 2018年5月11日閲覧。 IGN JAPAN 2018年3月13日. 2018年5月11日閲覧。 IGN JAPAN 2018年6月15日. 2019年5月25日閲覧。 ファミ通. com 2019年5月10日. 2019年5月25日閲覧。 ファミ通. com 2019年6月11日. 2020年3月21日閲覧。 ねとらぼ アイティメディア. 2019年11月2日. 2019年11月3日閲覧。 ファミ通. com 2020年3月2日. 2020年3月2日閲覧。 ファミ通. com 2020年3月25日. 2020年3月28日閲覧。 inside-games 2020年2月14日. 2020年4月24日閲覧。 GAME Watch 2020年3月19日. 2020年4月24日閲覧。 GAME Watch 2020年1月23日. 2020年4月24日閲覧。 ファミ通. com 2020年3月19日. 2020年4月24日閲覧。 ファミ通. com 2016年12月14日. 2020年4月24日閲覧。 電撃オンライン 2020年4月10日. 2020年4月24日閲覧。 ファミ通. com 2020年4月24日. 2020年4月24日閲覧。 ファミ通. com 2019年10月11日. 2020年4月24日閲覧。 ファミ通. com 2019年12月26日. 2020年4月24日閲覧。 FASHION PRESS 2020年6月1日. 2020年8月1日閲覧。 外部リンク [ ]• (スクウェア・エニックス)• - チャンネル• - プレイリスト - スクウェア・エニックス• - プレイリスト - PlayStation Japan.

次の

ファイナルファンタジーVII

ファイナル ファンタジー vii リメイク

黒い髪のソルジャーは誰なのか? 『FF7R』で残された最大の疑問は、ラストのカットシーンで登場する黒髪のソルジャーについてだ。 字幕をオンにしていない人は、そもそも誰なのかもわからないのかもしれない。 しかし、字幕では彼の名前が「ザックス」だと明かされている。 そう、クラウドの過去の重要キャラクターであるザックス・フェアのことだ。 オリジナルの『ファイナルファンタジーVII』をプレイしていない人にとって、ザックスの登場は大きな混乱を招く要素に違いない。 彼がなぜ重要なのかに関して、いかなる文脈も提供されていないからだ。 事実関係を明らかにすると、ザックスはかつてクラウドと共に神羅カンパニーに所属しており、とある大きな任務でクラウドやセフィロスと一緒にクラウドの故郷、ニブルヘイムへ向かっていた。 そして彼はエアリスの初恋の相手でもあった。 原作では、ザックスはすでに死んでいた。 確実に死んでいた。 ニブルヘイムでの任務で、セフィロスは自分が科学実験の産物だったという出生の秘密を知ることとなり、怒りに任せてニブルヘイムの街を焼き払ってしまう。 クラウドとザックスはセフィロスのさらなる暴走を阻んだが、戦いの後は2人とも意識を失った。 2人は宝条博士の手に落ち、セフィロスを生み出すために利用した宇宙生物のジェノバを元の状態に戻すため、「ジェノバ・プロジェクト」の実験体にされてしまう。 プレイヤーが神羅ビルで見たあのグロテスクな物体はジェノバである。 神羅カンパニーは、ジェノバが古代種の「約束の地」を見つけるためのカギだと考えているのだ。 宝条博士の実験の結果、ジェノバ細胞を埋め込まれた人たちが生まれ、それぞれの身体に番号のタトゥーが入れられている。 七番街スラムでクラウドとティファの隣に住む、フードを被った男性も宝条博士による実験の被害者の1人だ。 ジェノバ細胞を持ったセフィロスは、そういった人たちの体内のジェノバ細胞を介して彼らを操作することができる。 宝条博士に監禁されてから約5年が経ったある日、ザックスは重度の魔晄中毒に冒されたクラウドを引きずって逃走することに成功。 彼は新たな人生を築くためにミッドガルを目指したが、神羅兵に発見され、数人の伏兵に銃殺された。 その後、おぼろげながらもなんとか意識を取り戻したクラウドはザックスから彼の武器であるバスターソードを受け継ぎ、1人でミッドガルにたどり着いた。 一方、『FF7R』1作目のエンディングでは、ザックスは神羅兵との戦いに勝利して生き延びている。 ここでのザックスの登場は、彼を主人公とし、『FF7』以前の物語を描いたPSPソフト『クライシス コア ファイナルファンタジーVII』のエンディングシーンを忠実に再現したリメイクと言える。 しかし、ここではザックスは死ぬことなく、クラウドを連れてミッドガルへの旅を続ける。 そのため、ザックスは何らかの形で生きていると推察される。 このシーンでは、お菓子の袋が風に吹かれて舞っているが、カメラの前まで来たときにじっくりアップで見せられている。 袋には緑の帽子を被った犬が描かれているが、忠犬スタンプというマスコット自体はミッドガルでよく見かけるものである。 しかし、通常のヘルメット姿のビーグルとは違って、これは帽子を被っているボーダー・テリアだった。 ザックスと神羅兵の戦闘で、「フィーラー」という、フード状の頭を持つ煙のような幽霊の大群がミッドガルを取り囲んでいるところが見える。 エアリスはそれを「運命の壁」と呼んでいて、ザックスの時間軸が交差するもう1本の分かれ道であることを示唆している。 エアリスとザックスがそれぞれの時間軸に同じ場所を通るとき、2人がお互いの存在を感じられるような描写は、さらに時間軸の交差をほのめかしている。 フィーラーとは何だろうか? 『FF7R』を通して、主人公たちは頻繁にフード状の頭をした幽霊「フィーラー」に遭遇する。 レッドXIIIはフィーラーを「運命の番人」と呼び、その役目は「運命の流れを変えようとする者の前に現れ行動を修正する」ことだと説明している。 フィーラーはセフィロスに殺されたバレットを復活させたり、のちに原作のストーリーで発生する重要イベントのフラッシュフォワードを見せたりして、オリジナルの『FF7』の時間軸に沿うようにいくつかの場面に直接干渉している。 最終的にセフィロスが倒される運命を確かなものにしようとしているのだ。 セフィロスが主人公たちを運命に抗えと誘うチャプター18で、事態はさらに複雑になる。 星の生命エネルギーが神羅カンパニーに搾取し尽くされそうになる運命において、クラウドたちがその状況から脱出したいと考えるのは当然であろう。 しかし、運命から外れることで、セフィロスも解放され、彼の計画が成功する可能性も生まれてくるのだ。 ラスボス戦直前のフィーラー=プラエコ戦では、この巨大なフィーラーの集合体と共に、3体のより小さな集合体、フィーラー=ロッソとフィーラー=ヴェルデ、フィーラー=ジャッロを撃破する必要がある。 この3体に対して「みやぶる」を使用すると、それぞれが未来の時間軸から現在に現れ、自分を形作った未来を守ろうとしている存在だという説明が出てくる。 フィーラーたちがプレイヤーに倒されたという事実は、未来が不確実となり、将来の分作のストーリーが原作から乖離するかもしれないことを意味する。 つまり、フィーラーはスクウェア・エニックスが本作に設置した「メタ物語装置」であり、将来の出来事は原作ファンの考えとは別の方向へ向かうだろうと示唆する存在かもしれないのだ。 本作の終わりまでに、セフィロスは星を破壊しようとする神羅の戦争の英雄という地位が確立しているが、その意図は説明されていない。 どうしてプレイヤーはこの男と戦わなければいけないだろうか。 簡単に言えば、セフィロスは神になろうとしていて、その野望を実現する計画の一環として、古代種であるエアリスの祖先がかつて存在していたとされる約束の地を見つけて利用しようとしているのだ。 ネタバレを恐れずに説明すると、セフィロスは神のような大いなる力を得るために、ライフストリームを吸収して星と一体化しようとしている。 ライフストリームは星のエネルギーそのものであり、世界の白血球のような働きをする。 フィーラーが見せたフラッシュフォワードにあるように、セフィロスは究極の破壊魔法「メテオ」で隕石を星に落下させ、世界に壊滅するほどのダメージを与えようとしている。 星が傷ついた箇所に行けば、すべてのライフストリームを集約させて自身のものにすることで、全能の神になろうと計画する。 それを実現するために、彼は約束の地こそ理想の場所だと信じているのだ。 『FF7R』では、セフィロスはこの計画が最終的に失敗することを知っているようで、物語がさらに複雑になっている。 セフィロスがそれを知る理由は明かされていないが、エンディングが完全にメタレベルの領域に入っていることを考えれば、このセフィロスが原作の時間軸からやって来た可能性もある。 『FF7R』の新たな時間軸に侵入することで、セフィロスはクラウドを妨害し、自分の計画が思うどおりに展開するよう行動することができる。 あるいは、『FF7R』の時間軸に存在するセフィロスがオリジナル版のセフィロスの失敗を知った可能性もある。 メタレベルまで考えると、さまざまな可能性が存在するのだ。 私たちが現在与えられている情報では、セフィロスの計画を正確に知ることは不可能である。 将来の分作に期待しよう。 ちなみに、世界の先端でセフィロスがクラウドに「終末の7秒前」と宣告し、クラウドから離れていったのはどういう意味だろうか? 正直言って、現時点では脚本家たち自身でさえ、その意味が分かっているかどうかも怪しく思える。 将来の分作のために残された、もう1つの謎めいたクリフハンガーだ。 「The unknown journey(未知の旅)」とは何か 『FF7R』の最後は「The unknown journey will continue(未知の旅は続く)」という言葉で締めくくられている。 これは、今後の展開はオリジナル版のストーリーを熟知しているファンにとっても予測不可能であることを示唆している。 運命の番人が倒されたいま、どんなことが起きても不思議ではないのだ。 セフィロスが同様の計画を用いて神になろうとしているようなので、その旅は古代種の神殿へと我々を導き、セフィロスがそこで野望を実現するために必要不可欠なマテリアを手に入れる可能性は高いのかもしれない。 それぞれの現実は将来の分作で交わるのだろうか? ザックスはどんな形でリメイクのストーリーに参加してくるのか? 時間が経てば自ずと答えは分かるだろう。

次の

『ファイナルファンタジーVII リメイク』レビュー

ファイナル ファンタジー vii リメイク

その『ファイナルファンタジーVII』が、20年以上の時を経て、残念ガッカリなリマスターではなく、フルリメイクされて蘇ります! 今回公開されたファイナルトレーラーではムービー&イベントシーン、そしてゲームシーンと盛りだくさんの内容となっておりますね! 下記記事にもありますように、出るか出ないか分からないPS5版を見越して、しばらく(第二部が発表or発売される頃までは)様子見することにした自分ですが、こんなの見せられると流石にプレイしたくなっちゃいます(大汗) 本作はオリジナルをいくつかに分けて発売される分作となっていて、第一弾はミッドガルの内容がメイン。 ですが、オリジナルとは比べものにならにほど人物背景や物語は緻密に描かれ、ゲーム一本分のボリュームは普通にあるそう・・・ってかブルーレイ2枚組ですからねww 確かに分作には賛否両論ありますが、より長く、より深く『ファイナルファンタジーVII』を楽しめる!ってポジティブに考えれば、そんなに悪くも無いのかも? まぁそのおかげで、買い控える事になってしまった自分ではありますけども・・・(詳細は下記記事でww) とりあえず、自分は待ちに待った『ファイナルファンタジーVII リメイク』の発売を横目に・・・今は黙々と積みゲーを消化していこうかと思います(汗) 以下、PS4『ファイナルファンタジーVII リメイク』の過去記事 ここから下は、以前に当ブログで更新した『FFVIIR』の過去記事になります。 PS4用テーマが貰えるPS4『FFVIIR』体験版配信! 雑感 何度も書きますが、『ファイナルファンタジーVII リメイク』については、自分はPS5版を見越してしばらく様子見を決め込んでおります。 こうやって書くことで気持ちがグラついてしまうことを防いでいる節はありますが(苦笑) いやだってね、自分がこれほどまでに期待しているタイトルも昨今では希ですからねぇ・・・。 頭の中では「買ってしまえよこのハゲ野郎」って悪魔がずっと囁き続けている・・・。 だが買わん!!いやいずれ必ず買うけど!!! さて、本題ですが、2020年4月10日の『ファイナルファンタジーVII リメイク』発売に先駆けて、ゲーム冒頭「壱番魔晄炉爆破作戦」が遊べる体験版が配信となりました! [『ファイナルファンタジーVII リメイク』体験版概要] ・ゲーム冒頭の「壱番魔晄炉爆破作戦」を楽しめる。 ・製品版への引き継ぎは無し。 ・製品版とは仕様が異なる可能性あり。 ・無料体験版をDLすると、メインキャラクターが集合したキービジュアルのPS4用テーマが貰える。 上記にありますような姿勢でおりますので、自分は体験版のプレイはしませんが、PS4用テーマ(上に貼ったヤツね)は欲しいので、ダウンロードだけはしとこうかねww 発売まで見たくない方は閲覧注意!!PS4『FFVIIR』オープニングムービートレーラー 雑感 5分にも及ぶ『ファイナルファンタジーVII リメイク』のオープニングムービーが公開されました!! 『FINAL FANTASY VII REMAKE』公式Twitterにて、野村さんが注意喚起されております通り、発売まで楽しみに取っておきたい方は・・・ ネタバレ注意!! 閲覧注意!! ・・・でありますっ!! 余寒厳しい日々が続いておりますが体調お変わりないでしょうか。 本日ヴィンセント・ヴァレンタインデーという事で唐突に本編OP映像を公開させて頂きます。 発売まで観たくない!という方は下記URLを踏まない様お気を付け下さい。 ですので、自分はこのオープニングムービーは見ておりませんww 正直めっちゃ見たいし、このネット時台に、そんなに長く情報をシャットダウンする自信もありませんが、できる限りは拾わないようにしようかと(苦笑) 見るのも我慢我慢・・・買うのも我慢我慢・・・プレイするのも我慢我慢・・・。 PS5版も発売される?後方互換で対応する?PS4『FFVIIR』テーマソング発表記念Trailer 雑感 いやぁ・・・たまらないね!!!! ムービーシーンもゲームシーンもたまらない!!!! このトレーラーで使われている『ファイナルファンタジーVII リメイク』のテーマソング「Hollow」は、『FF』シリーズ楽曲を多数手がけるお馴染み植松伸夫さんが作曲、本編にストーリー&シナリオとして携わる野島一成さんが作詞、ヴォーカルは、ロックバンド「Survive Said The Prophet」Yoshさんが参加されているとのこと。 3月3日から4月10日へと発売日が少しだけ延期されちゃったけど、これがちゃんと発売されるのであれば、そんなの微々たることですよねww ってか、ここまでどれだけ待ったことかって話ですからww と言いつつ、自分は仕事が手に付かないほど悩みに悩んで、発売日の購入を見送る苦渋の決断をしました。 それというのも、PS5のチラつくこの時期だからです。 ご存知のように、この『ファイナルファンタジーVII リメイク』は分作(何分割されるかも分からない)であり、おそらく第二部からはPS5版も発売されると思われます。 そうなったとしたら、このミッドガル編となる第一部も、新たにPS5版として発売される可能性は否定出来ないし、それならPS5版で全部揃えたいと思ってしまったので・・・。 PS5にはPS4への後方互換があるので、もしかしたらそちらで対応してPS5版など出ないのかもしれませんし、下手すりゃとりあえずPS4版として全部発売して、最後にPS5版のコンプリートBOX発売!的な流れもあり得る。 ゆえに、もしもPS5版があるのなら、PS5ローンチ時か第二部発表および発売のタイミングだと思われますので、とりあえず第二部が発表(発売)されるタイミングまでは様子を見ることにした次第です。 その時点でPS5版の発表が無ければ、このPS4版を購入することになるかな(苦笑)流石にコンプリートBOXまで待てそうに無いですからww ちょっとした賭けにはなるけど、期限を決めてそんな苦渋の決断をしました。 まぁ、今現在、プレイしきれないほどの積みゲーも抱えていますので、焦らずとも良いだろうと・・・『ファイナルファンタジーVII リメイク』に関しては早くやりたい!って気持ちも大きいですけどもね・・・。 そういったことを事前に発表してくれると悩まずに済むんだけども、商売的にはそうもいかないでしょうし・・・。 他にも『』はDLC込み版を、『』に関しても前作にもあったような『Complete Edition』を見越して様子見しようと思っております。 こういうことをユーザーに考えさせたり、買い控えが起こるかもしれない状況を作ったのは、リマスターやら全部込み、完全版やらって商法を繰り返して来たメーカー側の責任ですよねぇ・・・。 聞き慣れた楽曲に鳥肌PS4『FFVIIR』The Game Awards 2019トレーラー 日本語字幕版) 雑感 The Game Awards 2019にて公開された『ファイナルファンタジーVII リメイク』の最新トレーラーです。 日本語字幕版なのがちょっと残念ですが、英語ボイスにしても声の雰囲気はあまり変わらない感じですね? また日本語ボイス版が公開されたら、こっそりそちらに貼り替えます。 にしても、『ファイナルファンタジーVII』の音楽はやっぱりカッコいいですね!聞き慣れた曲が流れるとちょっと鳥肌モノですww 発売日がゆるゆると近づいて来ましたが、自分はまだ予約を済ませていません。 ってか、ゲームシーン少なっ!! で、今回貼った映像は、その7分のTVCMに未公開部分の6分を加えた13分にもおよぶモノとなっております。 あと、海外ではすでに言われているようですが、『ファイナルファンタジーVII リメイク』が分作になることを知らない人からしたら、間違い無くフルで『ファイナルファンタジーVII』のリメイクがプレイできるって思ってしまうよねぇ。 最初から思っていたけど、なんでサブタイトル的なモノを付けないのか・・・騙し狙いなのか・・・分作だと一作目をプレイしてもらうことが何より重要になりますからねぇ・・・でもそれはやっぱり良く無い気がする。 まぁ、BD2枚組(相当のボリューム)であり、物語は途中(ミッドガル)までとは言え、十分一本のゲームをプレイしたような満足感を得られる内容になっているのかもしれないけども(分からないけど)・・・やっぱりねぇ。 自分みたいな、フルであれ分作であれ、購入するような人間はそれでも別に構いませんけども・・・。 クラウド、エアリス、ティファをそれぞれ切り替えながらバトルが行われていますね。 アクション要素が強くなってスピード感もあり、思っていたよりも面白そうに感じました。 アビリティ、魔法、アイテムなどを使用する時、時間の経過がゆっくりになるウェイトモードもいい感じですね。 召喚獣ってば、タイトルによって様々な扱われ方がしますからね(汗)個人的には、演出過多な昔ながらの扱われ過多が好きなのですが、今作では召喚獣を召還すると勝手に行動するという『』に近い感じ。 ただ、あそこまで役立たずってわけでもなく、アビリティや必殺技もしっかりと使ってくれますので、その役割は果たしているようにも見えます。 新羅カンパニーのタークスの面々が登場するトレーラーとなっていますね!懐かしい!まぁいくつかの派生ゲームや映像作品にも登場してはいますけどもねww 特にレノ、ルードのコンビは印象的wwその他、ツォンやイリーナなんかも『ファイナルファンタジーVII リメイク』ではもっと活躍してくれると良いのですが。 オリジナルだとネタバレに繋がるので、序盤にクラウドとティファが仲良くし過ぎるようなことはありませんでしたが、『ファイナルファンタジーVII リメイク』ではすでにティファがヒロイン感出して来てますね(汗) 自分はエアリス派だったので『クライシス コア ファイナルファンタジーVII』をプレイし、ザックスとエアリスの悲しい過去を知るまでは、ヒロインがティファであることに踏ん切りがついてませんでしたがねww そう思うと、この『ファイナルファンタジーVII リメイク』シリーズ中に、『クライシス コア ファイナルファンタジーVII』もぶっ込んでほしい気がしてきましたww BD2枚組相当のボリューム!PS4『FFVIIR』E3 2019トレーラー 雑感 Square Enix Live E3 2019にて、価格や製品ライナップ、セフィロスやティファが初披露となるトレーラー、バトルシステムの情報などが公開されました!! いやぁ、たまらんですねこの映像! オリジナル版を再現したシーンやオリジナルには無かったシーン、そしてバトルシーン、どれもこれも鳥肌モノです!そして映像が美しくなったのでよりミニスカのティファには目が奪われるww女性ファンはやはりセフィロスの登場に胸踊らせたのかなww 個人的には、バイクに乗って戦うヤツが何気に好きだったので、そのシーンがチラリしていたところで、お!って言っちゃったww いやぁこれはヤバイわww 分作となる『ファイナルファンタジーVII』リメイクプロジェクト最初のタイトルとしては、ミッドガルのストーリーが広大かつ緻密に描かれ、Blu-ray2枚組相当のボリュームで、1本の独立したソフトとして十分に期待に応えるものになっているとのことです!! ボリューム満点じゃねーかっ!! ちなみに相当のボリュームであり2枚組ってわけではないようです。 (公式に表記され、2枚組になる模様ww) して、バトルシステムの方は、やはり『』に近くアクション要素の強い物になりなりそうですね。 基本はリアルタイムで、攻撃、ガード、回避などを行い、ATBゲージによってアビリティや魔法を使用する感じらしいです。 リアルタイムアクションとコマンドを融合したハイブリッドシステム• 攻撃、回避などはリアルタイムアクション• ATBが2本。 ゲージはゆっくりと溜まるが、攻撃を命中させると溜まる速度が上がる• コマンドメニューを開くと、時の流れがゆっくりになるタクティカルモードに• タクティカルモードでは、クラウドのブレイバーなどのアビリティが使える• バトル中にアイテムを使用すると、ATBゲージが消費される• マテリアを使った魔法にもATBゲージを使用• バレットは長距離からでも攻撃できる• バレットが使えるアビリティはクラウドとまったく違うもの• ボタンひとつで操作するキャラクターを切り換えられる• 操作していないキャラクターも自動で戦ってくれるが、ATBゲージを使った攻撃をするにはキャラクターを切り換えながら戦うといい• それぞれの敵には攻撃をすると溜まっていくフォーカスゲージがあり、満タンになるとさらにダメージを与えられる• オリジナル『FFVII』を彷彿させるコマンド選択もできるし、ハイスピードのアクションを楽しみたいなら、アビリティをショートカットに設定できる• 今回はバトルを紹介したが、今後いろいろな要素を紹介していく そして、製品ライナップや各店舗特典も公開されました。 [スクエニeStore 購入特典] ・スチールブックケース ・召喚マテリア「サボテンダー」 [セブンネット 購入特典] ・野村哲也描き下ろしFINAL FANTASY VII REMAKEミニクリアスタンド ・召喚マテリア「コチョコボ」 [Amazon 購入特典] ・オリジナルPS4用ダイナミックテーマ(セフィロス) [パッケージ版デラックスエデイション] ・FINAL FANTASY VII REMAKE プレイアーツ改 クラウド・ストライフ&ハーディ=デイトナ [PS Store 早期購入特典] ・オリジナルPS4用ダイナミックテーマ(クラウド) ・召喚マテリア「カーバンクル」 [PS Store デジタルデラックスエディション] ・デジタルアートブック ・デジタルミニサウンドトラック うむぅ召喚マテリアかぁ・・・。 発売日決定!?PS4『FFVIIR』発売日発表トレーラー 雑感 あまり前回のと代わり映えのしない映像ですが、ついにPS4『ファイナルファンタジーVII リメイク』の発売日が決定しました! とは言え、Twitterなどでは半信半疑の人が多いようですね(汗)まぁそう思われても仕方が無いかな(苦笑) 『FFXVI』やら『ドラクエ12』やらって話も出て来てはいますが、いまいち信用を失いつつある?っていうかパッとしない?ってな昨今のスクエニですしねorzまぁ『キングダムハーツIII』は面白かったけども。 6月って言えばE3ですね!SIEは今年のE3はスルーするようなので、スクエニのカンファで情報が公開されるのかな?もしくはSIEの独自イベントがある? まぁとにかく『』も無事に発売され、いよいよ本格的に始動するって感じでしょうかね! 発売されるのはPS5になってからなんじゃないかとか言われていましたが、発売までの段取りがまとまっていたり、本格的な情報解禁ってことは、思っていたよりも開発は進んでいたんですねぇ。 野村さんに加えて浜口さんが共同でディレクター業務をするって話が出た来た時には、『』のようになってしまうのではないかと心配にもなりましたが、映像を見る限りは良い感じなので一安心かな? あと、分作化するって話もどうなっているのでしょうか? とりあえず、6月の本格的な情報解禁とやらを待つしかないですね。 んで、最新技術で作られているけど、なんだか懐かしさも感じますよね。 いやぁ楽しみしかないって感じです正式名称が『 FINAL FANTASY VII REMAKE』( ファイナルファンタジーVII リメイク)に決定したそうで、うん、解り易くて良いかもですねwwフルリメイクを行うにあたり内容の多くを見直し、分作として制作を進めているとのこと。 分作ってどんな形になるのだろう??映画の様に3部作とか、前後篇とかなのかな??ちょっとまだ良く解りませんが、大幅にエピソードなどが追加されたりしてるなら大歓迎ですね。 ザックスのところとか、はたまたアドベントチルドレンのところとか。 んが、容量に問題が無いのに理由も無く商売的にってことで無駄に分けるってなら止めてほしい気がしますよねぇ。 後に他ハードで発売される時に一本化とかってなったら怒れますからねぇ・・・ってまぁどうでもいいか、『FF VII』のリメイクが最新ハードで発売されるだけでも御の字でありますからねっ!ちなみに発売は2017年らしく、今年は『』ってことなのでしょう。 ついに来た『FF VII』フルリメイク!!PS4『FFVIIR』ティザートレーラー 雑感 Xbox Oneに後方互換機能が搭載されるって話を聞いた時は、いいなぁ羨ましいなぁって思いましたが、PlayStationのプレスカンファが始まったら、そんなの一気に吹き飛びました。

次の