最近 お腹 が 痛い。 右側のお腹が痛い!症状から推測される病気は?

最近、お腹の張りが激しい?便通の変化が示す大腸がんのサインを見逃さないために気をつけるべきこと

最近 お腹 が 痛い

Sponsored Link よく見られる左下腹部の痛み 1. 便秘 急にお腹の左下に痛みが出てきた場合、真っ先に考えられるのが便秘ですね。 腸の左下は元々便が溜まりやすい形になっているため、 普段から便秘がちな人は左下腹部に痛みが出ることが多いです。 ただ、 便秘とはいえ、ガスが溜まるとひどい痛みが出ることも少なくありません。 冷汗が出るほどひどい痛みで病院を受診したら、便秘でガスが溜まっているだけだったというのは、病院ではよくある話です。 もしあなたが 普段から便秘が多い、ここ最近便秘気味と言う場合には、まず便秘による左下腹部痛を疑ってみてください。 お腹の痛み自体は、詰まっている便やガスが出てしまえば解決することが多いです。 ただ、元々便秘気味なのであれば、便秘を根本的に解決しなければ繰り返す可能性は高いでしょう。 過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん) 左下腹部の痛みに合わせて、下痢や便秘が頻繁に起こる場合に多いのが、「過敏性腸症候群」という病気です。 過敏性腸症候群というのは、 簡単に言えばストレスによって起こる慢性的な下痢や便秘の症状のことですね。 普段から緊張で下痢が出たり、便秘がちでコロコロとしたうさぎの糞のような便が出ることが多い場合には、この病気の可能性があります。 その他の特徴としては、 ガスが溜まりやすい、朝に症状が現れやすいが昼には回復する、他に目立った症状はない、リラックスしている時には症状が出ないといったことが挙げられますね。 生真面目な人やストレスを溜め込みやすい20~30代の社会人に多く、慢性の便秘や下痢の大半は過敏性腸症候群によるものと考えられています。 ここまでの内容で思い当たる点が多い場合には、過敏性腸症候群の可能性は高いと言えるでしょう。 過敏性腸症候群は、ストレスが原因で自律神経が乱れて腸が過敏になっている状態ですので、ストレスを減らす、ストレスを解消する、早寝早起きなどの規則正しい生活リズムを作るといった対処法が効果的になります。 Sponsored Link 病気による左下腹部の痛み 3. 急性腸炎 急性腸炎というのは、何かしらの原因で腸に炎症を起こす病気の総称です。 病院では、原因がはっきりしない急に起こる下痢や腹痛を急性腸炎と呼ぶことが多いですね。 簡単に言ってしまえば、 急に下痢や腹痛を起こすものの病名がついていない病気を、まとめて急性腸炎と呼んでいると考えておけば良いでしょう。 急性腸炎は、お腹の風邪やアルコールの飲みすぎ、お腹の冷えなどによる体調不良、細菌やウイルスの感染などが原因となって発症します。 原因が幅広いため、「これが急性腸炎!」と言い切るのは少し難しいのですが、 急に下痢や腹痛が出た場合には急性腸炎の可能性があると言えるでしょう。 症状の程度は、ごく軽い症状から重症のものまで様々ですね。 軽い下痢と腹痛が1日以内に治まる場合もあれば、ひどい下痢や吐き気、嘔吐、高熱、体のだるさなどが3日以上続く場合もあります。 急性腸炎では原因次第で治療法や対処法が変わってきますので、自己判断は危険です。 特に症状が重い場合には、一度病院を受診するようにしてください。 潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん) 潰瘍性大腸炎というのは、 大腸の内側にえぐれた穴のような傷(潰瘍)が出来てしまう病気です。 よく「胃に穴があく」と言われますが、それと似たようなことが大腸で起こる病気ですね。 イメージ的には、口内炎のひどいものを想像してもらえると良いでしょう。 症状としては、 腹痛が出たり、ゼリー状の粘液が便に混じるのが特徴です。 下痢が出る、便に血が混じるといったことも少なくありません。 症状がひどくなると、発熱や関節の痛み、体重低下、貧血などが現れることもありますね。 症状の出方はさまざまで、急に激しい症状が出るケース、発症から何か月も症状が続くケース、良くなったり悪くなったりを繰り返すケースなどが見られます。 上に書いたような症状、 特に腹痛とねばねばとした血便がある場合には、潰瘍性大腸炎を疑うようにしましょう。 原因がはっきりしていない病気ですが、治療後の経過は良い方が多いので、まずは病院を受診してみるようにしてくださいね。 Sponsored Link 5. 虚血性大腸炎(きょけつせいだいちょうえん) 虚血性大腸炎というのは、 大腸に行くはずの血管が何かしらの理由で詰まってしまう病気です。 簡単に言えば、脳梗塞や心筋梗塞が大腸で起こっている状態と言えるでしょう。 ただ、大腸には脳や心臓と違って血管が豊富にあるので、1か所が詰まったからといって命に関わるようなことはありません。 大抵は適切な治療を行えば完治する病気です。 症状としては、 突然の激しい腹痛、下痢、下血(真っ赤な血が便と一緒に出てくる)が特徴的ですね。 「左下腹部が急に痛くなってトイレに駆け込んだら、血の混じった便が出た」というケースが多いです。 血管が詰まって起こる病気ということもあり、動脈硬化や不整脈の多い高齢者がかかりやすい病気と言えるでしょう。 便秘で血管が圧迫されるというケースも多いので、便秘がひどい人は特に注意が必要ですね。 虚血性大腸炎は、早めに治療を受ければ問題なく完治することの多い病気です。 症状も急な腹痛や下血といった分かりやすいものなので、このような症状があればすぐに病院を受診するようにしてくださいね。 大腸憩室炎(だいちょうけいしつえん) 憩室(けいしつ)というのは、大腸の壁の一部が外側に膨らんで、風船のような小部屋になった状態です。 専門的には「大腸憩室症」と呼ばれる状態で、便秘などで起こりやすいと考えられています。 そして、大腸憩室炎というのは、その 大腸憩室症で出来た憩室に、便が詰まったりして炎症を起こしてしまう病気ですね。 症状としては、 急な下腹部痛と下痢、お腹を押した時の圧痛などが一般的です。 圧痛は痛みのある部位を押した時に出る痛みで、左下の腹痛であれば「左下を押すと痛い」といった感じですね。 急な腹痛の後にも繰り返し腹痛を起こすのが特徴で、時間が経つと発熱や血の混じった便が出てくるようになります。 便秘が原因で憩室が出来ることが多いので、 普段から便秘がちな人で上に書いたような症状がある場合には、大腸憩室炎を疑うようにしてください。 大腸憩室炎は治療を受ければ良くなる病気ですが、放置して症状が悪化した場合、腸を貫通するほどの穴が開いてしまう場合もありますので、早めに病院を受診するようにしましょう。 Sponsored Link 7. 左尿管結石 尿管結石というのは、 腎臓で出来た石が腎臓と膀胱をつなぐ尿管という部分に入って詰まってしまう病気です。 尿管は腎臓と同じで右左にそれぞれ1本ずつあり、そのうちの左側が詰まった場合に左わき腹や左下腹部の痛みが現れることがあります。 尿管結石の特徴は、なんといっても想像を絶する痛みですね。 色々な病気の中でも屈指の痛みが出る病気として知られており、立っていられないほどの激痛が出ることも少なくありません。 石の大きさや詰まり方などで痛みの程度は変わってきますが、ひどい時には「大人が悶絶して救急車を呼ぶレベルの激痛」になることもあります。 症状としては、 下腹部やわき腹、腰、背中などに起こる突然の激痛と血尿が特徴的ですね。 その他にも、 尿をする時に痛みが出る、吐き気や嘔吐の症状が出るといったことも多いです。 もし 左下腹部の激痛に加えて、尿に血が混じる、尿をする時に痛みが出るという場合には、尿管結石を疑うようにしましょう。 まとめ 左下腹部に痛みが出た時に疑われる7つの原因をご紹介してきましたが、いかがでしたか? 最後にもう一度、原因になりやすい病気をまとめておくと、以下の通りですね。 急性腸炎• 潰瘍性大腸炎• 虚血性大腸炎• 大腸憩室炎• 左尿管結石 特に多いのが便秘と過敏性腸症候群ですね。 特に便秘は思い当たる方が多いと思いますので、普段から便秘気味でお腹が張ることも多い場合には注意をしておきましょう。 また、病気による左下腹部の痛みは急な腹痛や他の症状を伴うことが多いので、今回お伝えしたような症状が出てきた場合には、早めに病院を受診するようにしてくださいね。 その他、急な腹痛に対する基本的な対処法については、で詳しくご紹介していますので、合わせてチェックしておきましょう。 Sponsored Link•

次の

下痢でお腹が痛い時に考えられる6つの原因と治し方まとめ

最近 お腹 が 痛い

スポンサーリンク 過敏性腸症候群の原因 強いストレスを受けると、下痢や便秘を 引き起こしてしまう症状の事です。 食後だけでなく、緊張するだけで腹痛や 下痢の症状が起こるので、日常生活に 支障が出てきます。 腹膜の炎症が起きると動けなくなりますが 、それ以外にお腹が痛い・下腹部が痛いと 感じるのは胃腸の痙攣などが原因です。 過敏性腸症候群は、腸の検査をしても 何の原因も見当たらない事から、 精神的なものが起因すると推定されます。 5人に1人が、過敏性腸症候群である ともいわれ、比較的10代から30代の 若い世代に多く見られるのも特徴です。 この過敏性腸症候群は、ガスがたまる タイプと腹痛による下痢または便秘の 症状に分かれるので、お腹が痛くなった 後にこれらが見られたら疑って良いと 思います。 腫瘍性大腸炎の可能性も! 食後は腸の働きが良くなるのですが、 ストレスによりセトロニンが過剰に 分泌されると腹痛や下痢を起こし やすくなります。 毎回、物を食べるとお腹が痛くなる のであれば過敏性腸症候群だけでなく 潰瘍性大腸炎の疑いもあります。 初期症状が非常に似ているので、 混同しやすく、個人では判断が 非常にしにくいのです。 潰瘍性大腸炎になると血便や発熱、 体重の減少も見られ、明らかに何等 かの病気である事がみてとれます。 あなたのお腹は元気ですか? 検査をしても特に問題がないのであれば、 過敏性腸症候群であると診断されますが 普段から腸の働きを正常にするように 心掛けたり、ストレスを溜めないように していきましょう。 下痢や便秘はちょっとした事で起こり やすく、病院にいっても異常がない 事もあります。 過敏性腸症候群の場合には、主な原因が ストレスであるために、常にお腹の痛み や下痢におならに悩まなくてはいけません。 排便するとお腹の痛みが治まるので あれば、問題はありませんが食べる たびにお腹が痛くなるのでは日常 生活に支障をきたしてしまいます。 早めに適切な処置をする事で、お腹の 痛みや下痢も治まりますし、 『病気かも知れない』とビクビクする 事もありません。 この他にも胃潰瘍で、腹部に痛みを 感じる事もあるので何日も続くようで あれば。 早急に病院で診察を受けて 改善していきましょう。 10ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 6ビュー カテゴリ: ,• 6ビュー カテゴリ: ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 5ビュー カテゴリ: , ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: ,.

次の

右側のお腹が痛い!症状から推測される病気は?

最近 お腹 が 痛い

Sponsored Link 下痢でお腹が痛い時に考えられる6つの原因 下痢が出てお腹が痛い時、主に考えておきたい原因は以下の6つです。 食べすぎ、飲みすぎ• お腹の冷え• 食中毒• ストレス• 腸内環境が崩れている• お腹に関係する病気 この中でも、 1~3番までは急に起こる下痢と腹痛、4~5番は慢性的に続く下痢と腹痛ですね。 6番のお腹に関係する病気については、急性のものと慢性のもの両方があります。 まずは、この中から思い当たる原因がないかをチェックしてみましょう。 以下では、それぞれの症状や特徴も合わせて書いていますので、セルフチェックの参考にしてくださいね。 食べすぎ、飲みすぎによる下痢・腹痛 食べすぎや飲みすぎによる下痢や腹痛、吐き気などは、あなたも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。 食べ物や飲み物を大量に摂ると、体の中では消化を急ごうとして、胃腸が消化液を多く出しながら食べた物をどんどん奥に送り込もうとします。 ただ、 送り込む速度が早くなりすぎると、どうしても食べ物の消化が間に合いません。 同じように、腸で吸収されるはずの水分も、十分に吸収されないまま腸を通過してしまいます。 その結果、 食べ物や飲み物は消化不良のまま、下痢となって出てきてしまうというわけですね。 ちなみに、食べすぎや飲みすぎによる下痢・腹痛は、 主に会社の飲み会などでよく見かける症状です。 飲み会では、消化に悪い油の多いものを食べることが多く、飲み物も大量に飲んでしまいがちなので、食べすぎや飲みすぎが原因となっている人は注意をしておきましょう。 食べすぎ、飲みすぎによる下痢や腹痛の治し方 食べすぎや飲みすぎが原因となる下痢や腹痛は、あくまで一時的なものです。 大抵は数時間もすれば落ち着くでしょう。 ただ、暴飲暴食を繰り返すと下痢や腹痛を繰り返すことになりますので、次からはしっかりと予防をすることが大切になります。 具体的には、 一度に食べる量や飲む量を減らしましょう。 よく言われることではありますが、腹八分目くらいがベストです。 また、同じ量を食べ飲みする場合でも、ゆっくり食べれば下痢や腹痛を起こしにくい傾向にありますので、一応覚えておくと良いでしょう。 Sponsored Link 2. お腹の冷えによる下痢・腹痛 お腹の冷えによる下痢や腹痛も、多くの方が経験する症状の1つですね。 冷たいものを食べ飲みしすぎた場合や、お腹を出したまま寝た場合などがこれに当てはまります。 お腹の冷えによる下痢や腹痛の原因は、一言で言ってしまえば腸が冷えきらないように活発に動くためです。 そもそも、お腹に限らず体は冷えを嫌います。 「体温低下=あらゆる生命活動の停止」に繋がるためですね。 お腹が冷えきってしまえば腸の活動は停滞してしまいますから、 体は腸を活発に働かせることで体温を維持しようとします。 寒い時に体を動かすのと同じ理屈ですね。 結果として 腸を通過する時間が早くなり、食べ物や飲み物は十分に消化されないまま、下痢となって出てきてしまうというわけですね。 夏の時期に多い下痢や腹痛の原因の1つで、特に体の未熟な子供に起こりやすい症状と言えるでしょう。 お腹の冷えによる下痢や腹痛の治し方 お腹の冷えによる下痢や腹痛は、基本的にお腹の冷えが治まれば治まります。 つまり、 お腹を温めることが最善の治療法と言えるでしょう。 布団に入る、腹巻きを使う、温かい飲み物をゆっくりと飲むなど、何かしらの方法でお腹を温めておけば自然と良くなっていきますよ。 また、普段からお腹を冷やさないための予防も大切になります。 冷たい食べ物や飲み物を一気に摂らない、お腹を出して生活しないなどの対策が基本ですね。 あとは、夏場でも温かいものを食べ飲みしたり、適度な運動を行うことも対策としては効果的ですね。 温かいお茶や味噌汁を飲む、1日20~30分ほどランニングをするなど、自分のやりやすい形で冷えからお腹を守っていきましょう。 食中毒による下痢・腹痛 急に起こる下痢の中でも、特に症状がひどいのが「食中毒」ですね。 毎年のように集団食中毒がニュースになるので、あなたも知っているのではないでしょうか。 食中毒は、細菌やウイルスなどに汚染された食べ物や飲み物を摂ることによって起こる急性の感染症です。 簡単に言ってしまえば、大量の細菌やウイルスを飲み込んでしまうことで、急に胃腸炎を引き起こすようなものと考えておけば良いでしょう。 食中毒の原因は、多くの場合が夏場に食べる生肉や生魚などの生の食品です。 加熱不足で生焼けのものも原因になりやすいですね。 また、中には加熱しても殺菌出来ない菌、加熱では処理できない毒素を出す菌などもいますので、 加熱した食品でも食中毒になる可能性はあります。 原因菌にもよりますが、食事を食べてから発症までは2~3日以内であることがほとんどです。 数時間で発症ということもありますね。 症状としては、下痢や腹痛、吐き気、嘔吐といった症状の他に、発熱を起こすものもあります。 これらの症状に加えて思い当たる節がある場合には、食中毒を疑うようにしましょう。 食中毒による下痢や腹痛の治し方 食中毒による下痢や腹痛は症状がひどいものが多く、原因次第では放置すると危険なケースもあります。 そのため、 下痢や腹痛、吐き気などの症状がひどい場合、発熱がある場合、便に血が混じっている場合などは、すぐに病院を受診するようにしてください。 軽い下痢や腹痛しかない時には様子を見ても問題ありません。 ただ、 症状が軽くても長引くようであれば、一応病院を受診しておいた方が良いでしょう。 Sponsored Link 4. ストレスによる下痢・腹痛 意外かもしれませんが、 ストレスによる下痢や腹痛は、慢性的に続く下痢や腹痛の中で最も多い原因の1つです。 専門的には 「過敏性腸症候群」と呼ばれるものですね。 あなたも「緊張でお腹が痛くなる」という話を聞いたことがあるかと思うのですが、これがよくあるストレス性の下痢や腹痛と言えるでしょう。 なぜストレスで下痢や腹痛が起こるのかと言うと、一言で言ってしまえば、 自律神経の乱れによって胃腸の働きに異常が出てしまうためですね。 自律神経というのは、体の状態を管理する司令塔のような存在です。 そして、 自律神経はストレスによる影響を受けやすいという特徴があります。 胃腸などの内臓は自律神経が支配しているので、ストレスによって自律神経が乱れてしまうと、胃腸の働きにも影響が出てしまうというわけですね。 ストレスによる下痢や腹痛の治し方 ストレスによる下痢や腹痛を治すには、当然ですが ストレスを出来るだけ減らすことが大切になります。 ストレスになることから出来るだけ遠ざかる、趣味でストレスを発散するなどの対策を行うと良いでしょう。 また、自律神経の働きを整えるためにも、規則正しい生活をすることも必要になりますね。 睡眠時間を十分に確保する、食事の栄養バランスを整える、適度な運動を行うといった対策を行っていくようにしましょう。 特に睡眠不足は自律神経を乱してしまいがちなので、睡眠時間は6~8時間ほど取るように心がけてくださいね。 腸内環境の崩れによる下痢・腹痛 腸内環境のバランスが崩れた場合も、慢性的に下痢や便秘になりやすくなります。 いわゆる腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れた状態ですね。 悪玉菌というのは、腸に悪影響を与える菌のことです。 一方、善玉菌というのは腸内で消化のお手伝いをしたり、悪玉菌の働きを抑えてくれる菌のことですね。 簡単に言えば、 善玉菌が増えるほど消化が良くなり、悪玉菌が増えるほど消化が悪くなると考えてもらえれば良いでしょう。 つまり、 腸内の菌のバランスが悪玉菌に傾くと、慢性的に下痢や腹痛を起こしやすくなるというわけですね。 腸内環境の悪化による下痢や腹痛の治し方 腸内環境の悪化によって下痢や腹痛が出ている場合、 生活習慣を見直しながら腸内環境を改善していく必要があります。 特に重要なのが食事の改善ですね。 普段から意識的に善玉菌を摂りつつ、善玉菌のエサとなるオリゴ糖などを摂るようにしましょう。 乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌は、主に発酵食品から摂ることが出来ます。 ヨーグルトや納豆、チーズなどをオリゴ糖と合わせて1日1回、朝昼夜どれかの食後に食べると良いでしょう。 とにかく毎日継続することがポイントです。 「毎日継続するのが大変…」という方は、 腸内環境を整える善玉菌のサプリメントを使ってみましょう。 飲むだけなので続けやすいですし、食事の手間もかからないのでおすすめですよ。 Sponsored Link 6. お腹に関係する病気による下痢・腹痛 ここまでにお伝えしたような原因が思い当たらない場合は、お腹に関係する病気を疑うようにしてください。 以下では、下痢や腹痛を伴う病気の中でも、一般的によく見られる病気を中心にご紹介していきます。 ウイルス性胃腸炎 お腹に関係する病気には色々なものがありますが、よく見かけるのはウイルス性の胃腸炎ですね。 いわゆる 「お腹の風邪」と呼ばれるもので、知られているウイルスの中では「ノロウイルス」などが代表的です。 「急に下痢や腹痛が出たけど思い当たる節がない…」という場合には、ウイルス性胃腸炎の可能性が高いと言えるでしょう。 感染性胃腸炎の症状は、急な下痢と腹痛に加えて、発熱、吐き気、嘔吐などが一般的です。 盲腸 ウイルス性胃腸炎ほど頻繁ではありませんが、急な腹痛の場合は 「盲腸(急性虫垂炎)」も考えられます。 お腹の右下あたりの強い痛みに加えて発熱や嘔吐があれば、盲腸の可能性が高いと言えるでしょう。 盲腸はどちらかと言えば子供に多いので、子供が右下腹部のひどい腹痛を訴えた時には注意が必要ですね。 重度の生理痛 女性の場合、重度の生理痛などでも下痢や腹痛を伴うケースが多いです。 生理による出血に加えて腰痛や頭痛、吐き気などを伴っている場合には、生理痛に伴う下痢や腹痛の可能性が高いと言えるでしょう。 通常は、年齢を重ねたり出産を繰り返すことで痛みは落ち着いていく傾向にあります。 ただ、あまりに症状がひどいケースでは 「子宮内膜症」や 「子宮筋腫」といった病気が隠れている場合もありますので、生理痛だからと軽視するのは止めておきましょう。 その他の病気 その他にも、下痢と腹痛を同時に起こす病気には色々なものがありますが、比較的まれなケースなので、ここでは簡単に特徴をご紹介して終わりたいと思います。 まず、 急に下痢と腹痛が出る病気の場合、症状がひどいことが多いのが特徴ですね。 下血や発熱など、他の症状を伴うことも多いので、あまり見過ごしてしまうことはないでしょう。 一方で、 慢性的に下痢や腹痛が出るケースでは、さほど目立った症状が出ないことも少なくありません。 腹痛を伴う下痢と便秘を繰り返す、便に軽く血が混じっている、軽い微熱が続くなどの症状が現れることもありますが、どれも違和感程度で終わってしまうことが多いのが特徴です。 軽い症状だと放置してしまいがちですが、 2~4週間以上続く下痢や腹痛には注意をしておいた方が良いでしょう。 なお、 病気による下痢や腹痛の場合は、自己判断で下痢止めや痛み止めの薬を飲んで無理に耐えてはいけません。 どの病気の場合も症状悪化のリスクがありますので、まずは病院を受診するようにしてくださいね。 まとめ 下痢でお腹が痛い時は、まず 今回の記事を参考に思い当たる原因がないかを考えてみてください。 思い当たる節があるのであれば、それが原因である可能性は高いと言えるでしょう。 あとは、 下痢や腹痛の他にどんな症状が出ているかもチェックしてみてくださいね。 症状次第では、ある程度原因を絞ることが出来るかと思います。 また、この記事を読んでも原因がよく分からない、明らかに症状がひどい、症状が長引くという場合には、一度病院を受診するようにしてくださいね。 Sponsored Link•

次の