結婚 式 母親 ドレス。 結婚式母親オシャレに着たい!それならブライダルマザードレスがお勧め

結婚式はお母さんもドレスで出席。ドレスのレンタルショップMama‘s Dressが提案!

結婚 式 母親 ドレス

「いったいどんな洋装がお母様としてふさわしいの?」 という問題です。 結婚式と一口に言いますが、日本では一般的な結婚式の場合、「 挙式」と「 披露宴」に分かれます。 実は正式なフォーマルコーディネートの観点からすると、この「挙式」と「披露宴」では服装のマナーが違ってきます。 露出も控えめが原則。 露出の多いドレスの場合は、ボレロやショールで肌を隠します。 黒のドレスの場合は、喪と区別するため、アクセサリーやコサージュなどをつけて華やかにします。 海外では挙式は昼間、披露宴にあたるパーティーは夜という場合が多く、昼と夜とで衣装を替えますが、日本の場合は、挙式と披露宴が続いていることが一般的です。 そうなると挙式、披露宴とも共通で参列できる服装がベスト。 結婚式にも日本独自の文化が加わっているので、国際的なフォーマルコーディネートのルールがそのまま日本にも当てはまるというわけにはいかないのが実情です。 今回は日本の文化も考えたうえで、お母様の洋装をとらえることが必要になってきます。 そこで、日本の結婚式におけるお母様としてふさわしい洋装の条件をまとめてみました。 次の5つの条件が揃っていればマナーとしても問題がないでしょう。 最近では淡いピンクやミントカラー、シャンパンカラーなども人気が出て来ています。 こちらは花嫁さんからのリクエストが多く、やはりお母様も華やかな明るい色のドレスを着てほしいというお嬢様が増えてきています。 お祝いの席なので、あまり暗い印象になるのもマイナスですから、色が控えめなら、刺繍、レース、スパンコールをあしらったドレスですと、上品で適度な華やかさがあり、お母様をより引き立てるファッションになります。 日本では露出が多い服装はあまり好まれませんし、お母様がセクシーすぎてもいけません。 日本のマナーに合った露出具合を考慮したほうがいいでしょう。 基本的には、肩、デコルテ、背中が大きく開くドレスは避けますが、半袖やフレンチスリーブなど肩山が隠れているものなら大丈夫です。 また、ノースリーブのドレスも、挙式のときだけショールやボレロを羽織れば問題ありません。 披露宴のときは先ほども書いたようにパーティーですから、ショールなどをとってしまって構いません。 黒留袖は脚が隠れていますから、同様にロングドレスも脚を隠したほうが格式としては同格になります。 脚が見えているドレスやスーツですと、黒留袖よりカジュアルな印象を与えてしまいます。 実際のお母様たちが着られたフォーマルドレスは以下のようなドレスです。 こうしたスタイルなら、お母様の立場をわきまえた服装といえるでしょう。 <写真上>7分袖で露出も控えめ。 色はネイビーだが、レースを使っているためお顔周りが華やかに。 <写真上>ストレートタイプでお母様向けのドレスとしては最もスタンダード。 色は濃いネイビー。 細かいレースにスパンコールが散りばめられている <写真上>花嫁のお母様に大人気の淡いベビーピンクのドレス。 ゲストの方たちにも優しいお母様の印象が残ります。 <写真上>デザインが素敵なネイビーのドレス。 肩山と胸元が隠れているのではお母様として着ていただいて大丈夫。 夏など暑い日のお式には長袖よりも清涼感があります。 <写真上>ベージュのシルクシフォンのドレス。 袖があり、胸元も隠れているので安心。 淡い色のドレスは顔まわりを明るく見せて、お祝いの席にもふさわしい。 ここで、お客様から非常によくお問い合わせいただくのが、次の質問です。 「お母様の衣裳はジャケットやボレロを着ないといけない、とデパートのフォーマル売り場の店員さんに言われたのですが、それが正しいフォーマルマナーなのでは?」 いえいえ、ジャケットを着用しなければいけないというフォーマルマナーのルールはありません。 日本の場合、古くからの伝統で、正装といえばお着物が普通であり、お母様の場合は黒留袖というのが結婚式での正式な衣裳だったわけです。 ところが、戦後に西洋式のスタイルが流入されたとき、ジャケットのあるスーツが洋服の正装として入ってきました。 海外の要人なども女性は皆さん上下共布のジャケットスーツをお召しになっていましたから。 そのため正式な場ではジャケットを着るのがきちんとした正しい服装のように受け取られていったのです。 けれど、丈はロングではありません。 ジャケットに合わせるスカートは膝下丈がほとんど。 シャネル、ディオール,バレンチノなど名立たるハイブランドが、こぞって女性の体が美しく見えるスーツをデザインし、それが日本にも輸入されるようになったのです。 そうした時代の流れの中で、ウエディングドレスが日本に入ってきて、西洋式の結婚式が広まっていきました。 そしてお母様の衣装も洋装が作られることになり、ジャケットタイプのフォーマルウエアが誕生したのです。 けれども、このジャケットタイプのロングのフォーマルウエアはあくまで日本独特のものであって、国際的なフォーマルルールに基づいた正礼装ではないのです。 国際的なフォーマルのルールでの正礼装といえば、ワンピースタイプの一枚のロングドレスがふさわしい衣装となります。 前述した写真でご紹介したような衣装はどれも、国際的なフォーマルルールでの正礼装にも値するドレスといえるのです。 当店のフォーマルドレスでしたら、正礼装として安心して着ていただけます。 お母様の衣装を決めるうえで大事な5つのポイント さらに、衣装を決める上で大切なことは、次の5つです。 式場はどんなところか• お父様は何を着られるか• 御両家の服装の格式を合わせる• お式の季節を考える• 新郎新婦の意向を聞く 【1. 黒留袖に匹敵する上質な高級感のある洋装で、露出は控えめにしますが、あまり地味すぎたりカジュアルすぎるのも、かえってマイナスです。 上品で優美さを感じられる装いが必要です。 色の明るいドレスやデザイン性の高いドレスでも構いません。 露出も胸元があきすぎたり、丈が短すぎるのは避けたいですが、半袖やフレンチスリーブでも大丈夫です。 【2、お父様は何を着られるか】 お父様の御衣装は、モーニングコート(略してモーニングともいう)が一般的です。 フォーマルファッションのマナーとしては、モーニングコートは男性の昼間の正礼装となります。 その隣に並ぶお母様の衣装として同格なものは、露出を控えたロング丈のドレスです。 お父様がモーニングコートではなく、ディレクターズスーツ、ブラックスーツなどの準礼装をお召しになる場合は、お母様もスーツやワンピースタイプのアフタヌーンドレスをお召しになってもよいと思います。 【3、ご両家の服装の格式を合わせる】 結婚式の場合、相手のご両親が何を着られるかということも考える必要があります。 相手のお母様が黒留袖なのに、こちらのお母様がひざ丈のワンピースのようなスタイルですと、ご両家が揃ったとき、あるいはお写真を撮られる際に並ばれたときに、バランスが悪く見えてしまいます。 黒留袖は和装の正礼装ですから、それとバランスの合う洋装はロング丈のドレスになります。 また、お父様同士の服装もバランスが大切です。 相手のお父様が正礼装のモーニングコートを着られているのに、こちらのお父様が準礼装のディレクターズスーツ、あるいはブラックスーツですと、これもやはり格式が違いますから、バランスが悪く見えてしまいます。 【4、お式の季節を考える】 お母様の御衣装のご準備は、早い方ですと、3~6カ月くらい前には、ご試着して決められます。 そうなると、ご試着のときは夏でも、実際のお式は冬ということもあります。 ご試着のときは8月で暑かったので、半袖でも違和感がなかったけれど、11月の挙式当日になってみると、何となく肌寒い印象を感じるということもあります。 もちろん式場は快適な室温に設定されていて、半袖でも決して寒いことはないのですが、季節が違うと、ふさわしい服装も違ってくるという点を考慮して、デザインや生地の素材を選ぶことが必要でしょう。 【5、新郎新婦の意向を聞く】 M&Vでも、ご試着の際に、新郎新婦とご一緒にご来店されるお母様が増えています。 花嫁、花婿にとって、ご結婚式はお母様やお父様に感謝の気持ちを表す場でもあり、ご招待したお客様にご両親をお披露目する機会でもあるのです。 ですから、新郎新婦のご意見はとても大事。 やはりお子様が「ママ、きれい!」「よく似合う」と言ってくれるような服装で参列したいものです。 ドレスを着なれていないお母様は、「ちょっと恥ずかしい」「派手じゃないかしら?」と思われる方もいらっしゃいますが、お子様たちが華やかなドレス姿のお母様をお望みなら、思い切ってドレスアップなさって、思い出に残るお式にしていただきたいです。

次の

結婚式【母親の服装】レンタルドレスで“上品&綺麗”な装いを

結婚 式 母親 ドレス

レンタルドレスをお探しのお母様。 息子様、娘様のご結婚、誠におめでとうございます。 母親のお立場になると、結婚式では格式の高いフォーマルなドレスアップを求められますよね。 留袖なら悩まずに選べますが、洋装だとどんなドレスを選べば良いのか悩んでいませんか? 最近では結婚式での母親のドレス姿が多くなってきました。 購入する方もいますが、1度しか着ることのないものなので、レンタルドレスを活用するお母様が圧倒的に多いのが現状です。 レンタルドレスなら一人で悩まず、専属のスタイリストに相談するのが1番。 店舗型レンタルドレス店でも、ネットレンタルドレス店でもスタイリストが常在していますので、お気軽にご相談ください。 この記事では母親にふさわしいドレスの選び方をご紹介していきます。 結婚式 母親ドレスの選び方 結婚式での母親の服装は基本、新郎新婦に格を合わせたフォーマル 正装 となります。 両家で格を合わせるのが基本なので、服装選びの際は事前に確認を行いましょう。 和装の場合は留袖、洋装の場合は昼夜でドレスコードが異なります。 裾をひきずるようなロング丈ドレスを想像する方が多いですが、基本的に膝下丈であれば問題はなし。 実際に海外ではウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式では、エリザベス女王は膝下丈のイエローのドレスを着用されました。 露出の少ないドレスであれば大丈夫ですが、日本では「ロング丈のダークカラー」が母親のフォーマルスタイルと考えている方も多いので、不安な場合は下記のようなドレスを選ぶのが無難です。 スタイリストがおすすめする 結婚式母親向けのレンタルドレス 結婚式のドレス選びに一番頭を悩ませる立場のお母様。 服装を選ぶ際に一番おすすめしているのが、新郎新婦のお考えを聞くこと。 フォーマルなブラックが良いと言われる場合や、華やかなドレスを着て欲しいと言われる場合とお考えは様々。 それだけできちんと感を与えますので、さほどロング丈のドレスでなくても、母親にふさわしいドレスアップを叶えてくれます。 ドレスを選ぶならネットレンタルで 新郎新婦のお母様におすすめしたいのがネットショップのレンタルドレスです。 実店舗で選んだほうが安心なんじゃ・・・という方にも、いや、そういう方にこそネットレンタルのメリットを紹介させてください。 レンタル料金がリーズナブル 普段はなかなか手が出ない価格のドレスも、ネットレンタルならお手頃価格で借りやすい! さらに、実店舗を持つお店と比較しても人件費や家賃がかからない分コストが抑えられています。 それでいてサイズやカラーも豊富、有名ブランドの取り扱いも多いんです。 好きな時に好きなだけ探せる 実際に店舗に赴くより、ネットのサイトでは商品が探しやすいのも魅力です。 好きなブランドやカラーがあれば、検索機能でかんたんに絞りこめちゃいます。 店舗の試着では設けられている時間制限がないため、心ゆくまでじっくり選べるのが利点です。 返却の手間がかからない ネットショップのドレスを注文すると、自宅に届けてもらえるうえに返却もコンビニでらくちん。 わざわざ店舗まで赴く必要がありません。 料金もですが、時間や手間がかからないのがうれしいですよね。 すべての商品から検討できる ネットレンタルのサイトには、貸し出し中の商品も表示されています。 なので全商品から着たいドレスを選ぶことができるのがうれしい! 小物のレンタルをしているショップも多く、トータルコーディネートがしやすいのも利点。 さらに電話やメールでスタイリストがアドバイスをしてくれるので、安心して商品を選ぶことができます。 母親ドレス(マザードレス)のおすすめレンタルショップ3選 お母様のお立場でもネットレンタルドレスを利用する方が増えています。 近くにドレスレンタル店舗がない場合や、費用面を考えても、ネットで借りる方が断然便利でお財布にも優しいのです。 ネットでお気軽に選べるおすすめのショップと、その人気の理由を簡単にご紹介。 元ミスジャパンが厳選した国内外のブランドドレスが中心なので、その上質さは間違いなし! 高級感バッチリで、自信をもったドレスアップを叶えてくれます。 業界商品数NO.

次の

結婚式母親オシャレに着たい!それならブライダルマザードレスがお勧め

結婚 式 母親 ドレス

新郎新婦と格をあわせる• 新郎・媒酌人夫人より控えめに• 両家の母親が和洋別でも大丈夫 新郎新婦と格をあわせる 結婚式での母親の服装は 『新郎新婦と格をあわせる』ことが重要なポイント。 新郎新婦の装いは『正礼装』が一般的ですので、お母様も『正礼装』である『アフタヌーンドレス』『イブニングドレス』を着用します。 画像:アフタヌーンドレス 昼の結婚式での『正礼装』は『アフタヌーンドレス』です。 あまり光らない素材で作られていることや、詰まった襟元、丈の長い袖など肌の露出が少ないのが特徴。 スカート丈はロングが正式です。 fa-arrow-circle-right出典 画像:イブニングドレス 夜の結婚式での『正礼装』は『イブニングドレス』です。 肌の露出が多く、光沢のある素材でつくられている華やかなワンピースドレス。 スカート丈は床までの『フロア丈』や、靴先が見える『ヒール丈』が一般的です。 fa-arrow-circle-right出典 新婦・媒酌人夫人より控えめに 主役はもちろん『新婦』ですので、 お母様が新婦より目立つドレスを選ぶのはNGです。 特に夜の結婚式で着用する『イブニングドレス』では注意が必要です。 肌の露出、身につけるアクセサリーは控えめにしましょう。 また媒酌人を立てる場合も、 媒酌人夫人より控えめな装いとなるよう注意します。 可能であれば事前に相談すると良いでしょう。 両家の母親が和洋別でも大丈夫 例えば新郎側のお母様が『黒留袖』だからといって、新婦側のお母様はドレスNGということはありません。 両家の母親で『和装』『洋装』をあわせなくても大丈夫です。 ただし『装いの格』は必ずあわせます。 相手側が『黒留袖』であれば『アフタヌーンドレス』『イブニングドレス』を着用しましょう。 おすすめ通販ショップ&ブランド 新郎新婦のお母様におすすめ!結婚式での母親向けドレスが充実した『ショップ』や『ブランド』を紹介します。 インターネット通販ショップなら、素敵なドレスが安い価格で購入可能。 結婚式当日、お母様を華やかに彩る素敵なドレスがきっと見つかりますよ。 clair mode(クレアモード) 『ゆったり&美シルエットファッションの新提案』がコンセプトの通販ショップ『clair mode』。 楽天市場公認の月間優良店にも選ばれているショップです。 40代、50代のミセス世代向けのカラーフォーマルが充実。 ミセス世代をターゲットにした幅広いサイズ展開や、ネット通販ならではの低価格が魅力です。 画像:総レーストップス&ロングドレス 軽く羽織れる総レースのボレロジャケットと、ロングワンピースのアンサンブル。 コサージュなどを添えて上品かつ華やかに。 ワンピースドレス単体でも活用可能。 結婚式以外にも幅広い場面で活躍するドレスです。 fa-arrow-circle-right出典 ブティックKORAN(コーラン) 『いつまでも美しく洗練された大人の女性へ』がコンセプトの通販ショップ『ブティックKORAN』。 ミセス向けのカラーフォーマルが充実したショップです。 厳選された高品質な正統派フォーマルウェアの品揃えが豊富。 千葉県内に実店舗が4件あるので、実際に『色』や『サイズ』を確認することも可能です。 画像:ネイビーのノーカラードレス 高級感のある刺繍レースのトップス&ロングスカートのスーツドレス。 落ち着いたネイビーで全体が引き締まった印象に。 サイズも7号から15号までと幅広く対応しています。 fa-arrow-circle-right出典 画像:チュールレーストップスのロングドレス 首周りをスッキリと見せる襟デザインや、落ち着いた印象のほんのりピンクが特徴的なロングドレス。 贅沢な最上級レースが華やかな結婚式にピッタリ。 糸の色やデザイン、シルエット、縫製など全てにこだわったカラーフォーマルスーツです。 7号から15号といった大きいサイズまで幅広く対応しています。 fa-arrow-circle-right出典 カル楽天市場店 発表会や結婚式などで活躍するインポートドレスのセレクトショップ『カル楽天市場店』。 夜の結婚式の正礼装である『イブニングドレス』が充実しています。 画像:黒のイブニングドレス 上半身がレース&七分袖のイブニングドレス。 光沢のあるサテン地のロングスカートドレスが、華やかな夜の結婚式にピッタリです。 タイトなシルエットですが、ミセス世代が気になるお腹周りもドレープデザインがカバー。 サイズもSから4Lまでと充実しています。 fa-arrow-circle-right出典 フォーマルドレスshopドレスモード 『30代からの大人のドレス&ワンピース』がコンセプトの『 フォーマルドレスshopドレスモード』。 『ブライダルマザードレス』の専門コーナーがあるなど、昼夜問わずピッタリのドレスが選べます。 画像:ネイビーのロングドレス シャンタン素材のネイビーロングドレス。 夜の結婚式であればドレス単体で、昼の結婚式であれば同素材の長袖ボレロを別途あわせてと、様々なスタイルで活躍します。 fa-arrow-circle-right出典 別売りの同素材ボレロをあわせ『アフタヌーンドレス』として fa-arrow-circle-right出典 おすすめレンタルショップ 東京や大阪、名古屋といった人口の多い場所では、お母様用のドレスを取り扱うレンタルショップが数多くあります。 そのようなレンタルショップがない地域のお母様には『ネットレンタル』がオススメです。 滅多に使う機会の少ないお呼ばれドレス。 最近はネットレンタルを活用する方も増えています。 おしゃれコンシャス 商品数業界1位!全てのドレスがブランドドレスという『おしゃれコンシャス』。 NHKでも紹介された有名ネットドレスレンタルです。 ドレスのほかバッグといった小物類もレンタル可能。 コーディネートに自信がない方にもオススメのレンタルショップです。 画像:フリルジャケット&ネイビーロングドレス 上品で優雅な雰囲気が両家のお母様にピッタリ!フロア丈のネイビーロングドレス。 セットのオーガンジーフリルジャケットを羽織ってエレガントなスタイルに。 ジャケットと同色のバッグをあわせたコーディネートも素敵です。 サイズもSから3Lまでと幅広く揃っています。 fa-arrow-circle-right出典 画像:ネイビーのディナードレス 長めの丈が特徴のボレロジャケットが付いたネイビーのロングドレス。 キラキラと輝くラメ感が、夜の結婚式にピッタリのドレスです。 サイズは3Lまでと大きいサイズも充実。 fa-arrow-circle-right出典 レンタルドレス留袖しあわせ創庫 ドレス以外にも留袖など、結婚式に関する様々なものがレンタルできる結婚式の総合ショップ『しあわせ創庫』。 商品によっては6Lといった大きいサイズのドレスもあります。 別料金で試着ができるサービスもあり、色やサイズの不安を解消できます。 画像:グレーフリルジャケット&黒ワンピース グレーの七分袖フリルジャケットとノースリーブワンピースのセット。 シンプルな組み合わせながら上品で華やかな印象のスタイルです。 ドレスのほか、ネックレス・イヤリング、バッグ、靴もセットでレンタル可能。 もちろんドレス単体でのレンタルも大丈夫です。 fa-arrow-circle-right出典 レンタルコスチュームのウエヤマ 『新郎新婦のお母様フォーマル』といった専門コーナーがある『レンタルコスチュームのウエヤマ』。 『結婚式はドレスで』をコンセプトにミセスフォーマルドレスが充実しています。 画像:ショート丈ジャケット&ドレス ラメ糸を散りばめたショート丈の長袖ジャケットと、ロングワンピースドレスのセットアップ。 ジャケットは9号から13号、ワンピースのサイズは9号から19号と、サイズが幅広く揃っています。 fa-arrow-circle-right出典 母親ドレスの通販&レンタルショップのまとめ いかがでしたか。 洋装が一般的な新郎新婦にあわせ、最近はドレスを着用するお母様も増えています。 お母様用のドレスを多く取り扱った通販&レンタルショップであれば、きっと気に入ったドレスが見つかるのではないでしょうか。 ネット通販、ネットレンタルを上手に活用して素敵なドレスを見つけてください。

次の