アムロジピン 飲み 合わせ。 アムロジピン錠の副作用を分かりやすく!飲み合わせに注意!

【2017年版】青汁と薬の危険な飲み合わせ・青汁の副作用や悪影響について

アムロジピン 飲み 合わせ

高血圧の薬を出された時に「グレープフルーツは食べないでください」 と言われた人がいらっしゃると思います。 高血圧の薬の中には、グレープフルーツを食べると薬(降圧効果)が効き過ぎるものがあります。 血圧が下がりすぎると、めまいや心臓がバクバクしたりする症状が出て、不安になります。 まさか、その原因がグレープフルーツにあるとは、すぐには繋がらないですよね。 一日半分のグレープフルーツをとると、ビタミンCが十分とれる ・・という説があるだけに、気を付けなければいけません。 グレープフルーツがNGと言われると、 グレープフルーツ以外の柑橘類もNGかな? ・・と思ってしまいますよね。 柑橘類は果物の中でも年間を通して、店頭に並ぶ身近なモノなので、ちょっと残念ですね。 高血圧の薬を処方されても、「グレープフルーツは摂らないでください。 」といつも言われるわけではありません。 そして、柑橘類の中でも、なぜグレープフルーツが、高血圧の 薬と相性が悪いとされて注意を促されるのでしょうか? スポンサードリンク 目次• 高血圧と薬とグレープフルーツ、そしてグレープフルーツ以外の果物(食材)の関係について 高血圧の薬すべてが、グレープフルーツと相性が悪いのではなく、 あるのタイプの高血圧の薬だけが、グレープフルーなどの柑橘類の果物との相性が悪く、血圧を下げる効果が相乗してしまうようです。 高血圧の薬を摂取している人すべてが、 グレープフルーツなどかんきつ類を摂取すべきでない・・・というわけではありません。 高血圧でお悩みの人、高血圧を予防したい人でも、 お医者様から、特にグレープフルーツの話題が出ていない方は、 グレープフルーツなどかんきつ類を意識して食べることで、食べ物から高血圧に対処してくれます。 グレープフルーツ半分で一日のビタミンCが摂れるということも、 実はとても魅力的な果物でもあります。 活性酸素とは、ご存知の通り、身体をさび付かせてしまうものです。 そして、その活性酸素を除去してくれるのが珪素です。 高血圧の時に処方される一般的な薬は• カルシウム拮抗薬• アンジオテンシン変換酵素阻害薬• 利尿薬• 上にも書きましたが、この中でグレープフルーツとNGな薬は 「カルシウム拮抗薬」です。 スポンサードリンク カルシウム拮抗剤は、一般的に高血圧や狭心症の治療に使われる薬です。 このカルシウム拮抗剤は身体の中に入ると、 肝臓の酵素で代謝され、解毒されて体外に排出されます。 この肝臓の代謝酵素(肝臓にある酵素)の働きを邪魔する働きのある物質が、フラノクマリンで これがグレープフルーツなどの柑橘類に含まれています。 カルシウム拮抗剤とは、正式には「カルシウムチャンネル拮抗剤」で、血管や心筋収縮を抑えるものです。 このフラクマリン(グレープフルーツに含まれる物質)とカルシウム拮抗剤を 同時に飲むと肝臓での薬の代謝が邪魔されるので、 薬がとどまることによって、血圧を必要以上に下げてしまう危険性があり、 低血圧状態になってしまうかもしれません。 薬が解毒されず、体内にとどまって時に出る症状としては• カルシウム拮抗剤の薬と グレープフルーツなどを一緒に食してしまった場合に、このような状態になった時は、 薬の副作用の場合もありますが、フラノクマリンの影響からの場合もあります。 === もっと、気を付けなければいけないのは、 余りドクターからも注意を促されない薬の中にも、同じような悪い相乗効果の出てしまう薬があります。 睡眠導入の薬• 抗アレルギー薬• 免疫抑制薬• 高脂圧症の薬• てんかんや三者神経痛の薬• 副甲状腺機能亢進の抑制薬 まとめ カルシウム拮抗薬と言っても、全てのカルシウム拮抗薬と相性が悪いわけでもないようです。 また、薬の効き方の個人差があるように、このあたりの作用の出方も個人差があり、 グレープフルーツ自体にも産地や収穫の時期などによって個体差があります。 しかし、最終的には自分の体に影響してくることですから、 安全第一で、よく分からないときは医師や薬剤師さんに相談して慎重に対応してください。 高血圧を放置しておくと、動脈硬化や虚血性心疾患、 脳卒中などの重篤な病気を引き起こす可能性があるため、 早めの治療が必要です。 ただし、高血圧の薬の中には、服用中は避けなければならない 食べ物が存在するもがあるのも否めません。

次の

【2017年版】青汁と薬の危険な飲み合わせ・青汁の副作用や悪影響について

アムロジピン 飲み 合わせ

グレープフルーツのどの成分がどのようなメカニズムで薬に影響を及ぼすのか グレープフルーツに含まれ、薬に影響を及ぼす成分はフラノクマリン類と呼ばれるものです。 グレープフルーツに含まれるフラノクマリン類は、その大部分が果肉に存在しており、袋、皮、種には少量しか含まれていないと言われています。 フラノクマリン類がどのようなメカニズムで薬に影響を及ぼすかというと、消化管で薬物代謝酵素の働きを阻害することで薬の血中濃度が上昇します。 以下で詳しく説明します。 通常、薬を経口摂取すると消化管から薬が吸収され血液中に入ります。 このとき摂取した薬の全量が血液中に入るわけではなく、薬の一部は薬物代謝酵素により不活性化されてしまいます。 グレープフルーツを摂取すると、薬物代謝酵素の働きが低下し薬が不活性化されにくくなります。 その結果、血液中に入る薬の量が増え薬効が過剰に発現します。 薬物代謝酵素にはいくつか種類がありますが、フラノクマリン類が阻害するのはCYP3A4(シップスリーエーフォーと読みます)と呼ばれるものです。 ですから、CYP3A4に代謝されない薬はグレープフルーツの影響を受けませんし、フラノクマリン類が阻害するのは「消化管」のCYP3A4ですから、消化管以外(例えば肝臓)でのCYP3A4の代謝には影響を及ぼしません。 グレープフルーツによるCYP3A4の代謝能低下は、グレープフルーツの摂取を中止すると徐々に回復します。 しかし完全に回復するには3〜4日を要すると言われています。 ですから「薬とグレープフルーツを同時に飲まなければいいんでしょ」というのは完全な間違いです。 グレープフルーツの影響を受ける薬は何か グレープフルーツを摂取すると消化管のCYP3A4の代謝能が低下し、薬の血中濃度が高くなることが分かりました。 では、グレープフルーツの影響を受ける薬は何でしょうか?薬の一覧を示したかったのですが、検索してみると507件ヒットし、多すぎて示せません。 ですからカテゴリー別に代表的な薬を以下に挙げます。 カテゴリー 薬剤名 薬剤一般名 カルシウム拮抗薬 アダラート ニフェジピン カルブロック アゼルニジピン ノルバスク、アムロジン アムロジピン コニール ベニジピン アテレック シルニジピン ワソラン ベラパミル スタチン(高脂血症治療薬) リピトール アトルバスタチン クレストール ロスバスタチン リポバス シンバスタチン 抗てんかん薬 テグレトール カルバマゼピン 免疫抑制薬 ネオーラル、サンディミュン シクロスポリン 有名なのはカルシウム拮抗薬ですね。 カルシウム拮抗薬は高血圧治療の目的で処方されることが多いですので、「グレープフルーツが大好きで、薬を飲むからといって食べるのはやめたくない」という高血圧患者は、カルシウム拮抗薬以外の薬を処方してもらうと良いでしょう。 薬とグレープフルーツの相互作用は個人差が大きい ここまでフラノクマリン類がCYP3A4の代謝活性を阻害することで薬の効果が過度に現れることを説明してきましたが、この影響は個人差が非常に大きいです。 CYP3A4の代謝活性はもともと遺伝的背景により個人差が大きいですし、食生活や消化管の状態も大きな要因です。 ですから、他人の結果(知人はグレープフルーツの影響が大きかった、など)はあまりあてになりません。 グレープフルーツがあなた自身にどの程度影響を及ぼすかは、実際にあなたがグレープフルーツを摂取してみなければ分からないのです。 このような事情があるので病院や薬局では「グレープフルーツはなるべく避けてください」と説明するしかありません。 絶対にダメというわけではないけれど影響を最小にするためになるべく摂取を避けてもらう、そういう通り一遍の説明しかできることがないのです。

次の

アムロジピン:ノルバスク,アムロジン

アムロジピン 飲み 合わせ

カンデサルタンは成分の名前をカンデサルタンシレキセチルといい、高血圧薬ブロプレスのジェネリック医薬品の製品名です。 心臓の機能低下による高血圧症では、ジギタリス製剤や利尿薬だけでは防げなかった循環器系の悪化を防ぎ、その後のリスクも改善します。 日本では高血圧患者の6割にARBとCa拮抗薬が使用されるほど、よく出される薬です。 カンデサルタンは高血圧症、腎実質性高血圧症(腎障害が原因の高血圧)、軽症〜中等症程度の慢性心不全に使われる薬です。 慢性心不全への使用は、原則としてACE阻害薬の使用が適切でない場合に、ACE阻害薬からカンデサルタンに切り替えられるかたちが多くみられます。 効果発現時間 カンデサルタンは使用して5時間後に効果が現れます。 非常にゆっくり効きますが、作用は強く長時間持続します。 1〜2週間かけて降圧作用がピークに達するため、続けて使用することが大切です。 用法・用量 用法・用量は症状によって異なります。 医師の指示に従って正しく使用して下さい。 適用症状 用法・用量 高血圧症 1日1回、4~8mgを使用します。 必要に応じ12mgまで増量できます。 ただし、腎障害をともなう場合には、1日1回2mgから使用を開始し、必要に応じ8mgまで増量できます。 腎実質性高血圧症 1日1回、2mgから使用を開始し、必要に応じ8mgまで増量できます。 慢性心不全 1日1回、4mgから使用を開始し、必要に応じて1日1回、8mgまで増量できます。 副作用 急激に血圧が下がりすぎることにより、めまい、ふらつき、立ちくらみが現れることがあります。 高所での作業、車の運転など危険をともなう機械の操作などには十分注意してください。 その他、主な副作用として、発疹、湿疹、じん麻疹、かゆみ、光線過敏症などがあります。 このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 また、以下のような症状は副作用の初期症状である可能性があります。 まれですがこのような症状がある場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。 顔・唇・舌・のどがはれる、冷感、嘔吐、意識消失、尿量減少、手足や顔のむくみ、発熱、手足や唇のしびれ、筋力の減退、手足の麻痺、全身けん怠感、皮膚や白目が黄色くなる、食欲不振など 全星薬品工業株式会社 カンデサルタン錠4mg「ZE」くすりのしおり より 出典:独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページ 妊婦・授乳婦への使用 妊婦又は妊娠している可能性のある方は使用しないでください。 もし、使用中に妊娠が判明した場合には、直ちに使用を中止してください。 授乳中の方は使用を避け、やむを得ず使用する場合には授乳を中止してください。 手術前の注意 手術前24時間は使用しないことが望ましいとなっています。 カンデサルタンを使用中は、麻酔や手術中にレニン-アンジオテンシン系の抑制作用によって急激な血圧低下を起こす可能性があるためです。 病院や歯科にかかる際は、カンデサルタンを使用していることを必ず伝えてください。 アリスキレンフマル酸塩 アリスキレンフマル酸塩を使用中の糖尿病の方は、カンデサルタンを使うことはできません。 ただし、他の高血圧の治療を行ってもなお血圧のコントロールがいちじるしく悪い方には医師の判断で処方される場合もあります。 グレープフルーツジュース 高血圧の薬はグレープフルーツジュースとの飲み合わせが悪いものが多いですが、カンデサルタンはグレープフルーツジュースによる影響が少ないと考えられています。 日常生活でグレープフルーツジュースに注意しなくて良いのは大きなメリットです。 飲み合わせに注意が必要な市販薬 カンデサルタンには飲み合わせに注意が必要な薬もあります。 市販でも手に入る薬ではロキソニンS(ロキソプロフェン)やバフェリンプレミアム(イブプロフェン)などがこれにあたります。 カンデサルタンとロキソプロフェンやイブプロフェンを一緒に使うと血圧を下げる効果が弱くなってしまうことがあります。 市販の痛み止めやかぜ薬を買うときは薬剤師に相談しましょう。 カンデサルタン(ARB)は他の降圧薬や利尿薬と合わせて処方されることが多い薬です。 最近では初めから2つの成分を合わせて、1つの薬とした「合剤」も使用されています。 合剤を使用することで、使用する錠剤の数を減らせるメリットがあります。 カンデサルタンと他の高血圧治療薬(Ca拮抗薬)との合剤 カンデサルタンシレキセチルとアムロジピンベシル酸塩を合わせた高血圧の薬です。 両方とも高血圧に効果を持つ薬です。 元々、よく一緒に使われることが多かったため、初めから一つになったものが販売されました。 この薬はグレープフルーツジュースとの飲み合わせが悪いため、使用中はグレープフルーツジュースを飲まないようにしてください。 【商品名】ユニシア配合錠LD、ユニシア配合錠HD、カムシア配合錠LD、カムシア配合錠HD カンデサルタンと利尿薬との合剤 カンデサルタンシレキセチルとヒドロクロロチアジドを合わせた高血圧の薬です。 カンデサルタンでは効果不十分の患者に使用されます。 【商品名】エカード配合錠LD、エカード配合錠HD、カデチア配合錠LD、カデチア配合錠HD ジェネリック医薬品であるカンデサルタンと、先発品のブロプレスの値段を比較しています。 ジェネリック(後発品)とは特許が切れた薬の有効成分をそのままに、他の製薬メーカーが製造、販売している薬のことです。 (価格は1錠あたりの値段です。 ) プロプレス(先発品) ジェネリック(後発品) 2mg 35円 9. 9〜18. 6円 4mg 65円 16. 6〜36. 1円 8mg 126. 3円 32. 4〜70. 1円 12mg 193. 6円 48. 4〜82. 7円 (2017年7月現在) 高血圧の治療には血圧管理が重要です。 高血圧の方は、毎日の血圧を血圧手帳などに記録し、病院や薬局に持っていくと良いでしょう。 治療方針を決める上で重要な指標になります。 高血圧の治療では病院の血圧測定だけではなく、毎日の血圧の変化を知ることが重要だからです。 また、日本人は塩分が過剰になりやすい食生活です。 塩分の取りすぎは高血圧の原因のひとつです。 血圧が高いと言われた方には、1日の塩分摂取を6g以下におさえることをお勧めしています。

次の