ジョジョ の 奇妙 な 冒険 ストーン オーシャン。 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 1 (ジャンプコミックス)

【ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャンのネタバレ】と感想!あらすじや無料試し読み!

ジョジョ の 奇妙 な 冒険 ストーン オーシャン

ジョジョの奇妙な冒険の第6部ストーンオーシャンについて分からない点があります。 よくネットで「承倫が死んでしまった」といいますが、アイリンとして最後に登場します。 本当に承倫は死んだと言えるのでしょうか。 まず、話の前提のために簡単に整理すると、 世界を次の3つに分類します。 1 プッチが時を一巡させる前の世界 ここがジョジョの第1~5部及び6部後半までの世界です。 2 一巡後の世界(プッチ死亡前) プッチは時を加速させましたが、 一巡が完了するケープ・カナベラルより前である G. st刑務所で一度加速を止めました(このように自分は解釈をしてます)。 その世界を 2 とします。 3 一巡後の世界(プッチ死亡後) 2 においてエンポリオがプッチを倒した後、 プッチはあるバス停にたどり着きますが、その世界を 3 とします。 4 第7部以降の世界 漫画の解説などを見ていると、 3 の世界と同じ世界だと考えられますが…。 更に、関係者を3つに分けます。 A、時の加速以前に死亡した人…例えば、承倫 B、時の加速以前に死んでいなかった人…例えば、仗助(第4部主人公) C、エンポリオ(あえてBと分けます。 ) まず、Aである承倫は 1 で死亡したため、 2 においては別人に変わっています(以下、この人物を「偽承倫」とします)。 これはプッチが解説していることですが、 逆に言えば、2の人物は全員、 エンポリオ同様に一巡してその場にいることになります。 (つまり、仗助やジョルノも、裸の状態で一巡前のその時間に居たところで目を覚ますはず。 ) この 2 世界においては、 自分の身に何が起こるかを精神が知っている世界です。 その後、エンポリオがプッチを倒すことによって、 世界が 3 に変わります。 この 3 においては、 「アイリン」という承倫そっくり(少なくとも外見は)の人物が出てきます。 明らかに偽承倫とは違う人物です。 また、 3 の世界では、短い描写なので断定はできませんが、 人々は自分の身に何が起こるかを精神が知っているという設定は無くなった様です。 さてここで、Bの人物はエンポリオと同様に 1 ・ 2 時代と同じ人物として 3 に行けるのでしょうか。 また、エンポリオは 1 ・ 2 における記憶を持っておりますが、 Bの人物も同様に 1 ・ 2 における記憶を持っているのでしょうか。 作品を見ている限り、 エンポリオとBの人物には条件として違いは無いと思われるので、 例えば、仗助(Bの人物)も 3 の世界において、東方仗助として登場し、 1 ・ 2 の記憶を持っているはずです。 その場合、それまでに仗助の身に起きたことを考えると、 日本で普通に日常を送っていたら、 突然世界的に時が加速しだし、そのまま世界が崩れていったと思ったら、 数か月前に自分が居た場所に裸の状態で居ることになります( 2 の世界)。 また、エンポリオがプッチを倒すことによって、 仗助はまた別の場所( 3 の世界)に連れてこられます。 この事態が世界的に起こることはかなりおかしいと思います。 また、 3 の世界が 4 である第7部以降の世界と同じとすると、 仗助は時代的に近い第8部の世界に同一人物として存在し、 1 ・ 2 の記憶も持っていることになります。 (そもそも世界のほとんどがBの人なんだから、この点においても社会は大混乱になってるはず…。 強引に、 4 = 2 と解釈しても(もしプッチが死ななかったら、を描いたとか…)、 第7部の世界では、精神がこれから起こることを知っているなんて描写はありませんので、 その可能性はありません。 ここで、やはり 3 = 4 と考え、 何らかの条件によってエンポリオとBの人物は違った形で、 2 から 3 へ行ったとしましょう(エンポリオはプッチを倒した人物だから特別…?)。 やはり、Bの人物は 1 ・ 2 の記憶は無いということです。 この場合、 3 の世界でBの人物はどのように存在していると考えられるでしょうか。 まず、エンポリオは 2 から 3 への移行において、 監獄からバス停へのワープの様なことを体験しています。 しかし、 2 に居ないはずのアイリン(A)は、 ずっと 3 世界に居たような様子が描かれてます。 アイリンを19歳とするなら、アイリンとして19年間が 3 世界であった様だ、という意味です。 (その中でアナキスとの交際などもあったのでしょう!) では、Bの人物である仗助はどうかというと、 設定上も 1 と同じだとするなら、 やはり、第8部世界杜王町に 仗助と同じ外見・名前をした人が居ることになってしまい、おかしいです。 (更にいうなら、康一から億泰まで第4部の人全員に同じことが言える。 ) よって、仗助は 3 において、 1 ・ 2 の記憶も無ければ、設定上も 1 とは違いますし、 違う人生が 3 において存在したことになるでしょう。 つまり、第8部において、外見上仗助と同じ人物が杜王町以外の場所に居るはずです。 しかし… こう考えたとしたならば、 Aの人物(承倫)とBの人物(仗助)は何も違いが無いことになります。 それならば、 1 における承倫の死は、本当に「死んだ」と言えるのでしょうか。 例えば、 1 の最後で承倫が実は死んでいなかったと仮定しましょう。 そして、エンポリオとは別行動でプッチから逃げ延びたとします。 その場合、承倫は生きているので 2 へ行きます。 ここでプッチがまずエンポリオを始末しようと考え、 原作と同じ道を歩み、エンポリオに殺されたとします。 その場合、承倫はBとなるはずなので、 やはり、承倫とは別の記憶・設定として 3 に登場するでしょう。 (恐らく、アイリンなのではないでしょうか。 ) つまり、承倫は 1 の最後で死んでも死ななくても 結果は変わらないのであり、 例えば、第2部のシーザーの死とは意味が全く違うのではないでしょうか。 (ここにおけるシーザーの死は、その人物のジョジョ世界における歴史の終焉といった感じ?) 第4部の最後でバイツァダストによって、 承太郎達は皆殺しにされますが、 その後運命が無かったことになり、結果死ななかったことになりました。 承倫や承太郎の 1 における死とはそれと同じではないかと考えてしまいます。 そうでなければ、逆にBである仗助達が死んでしまったことになります。 本当の所は作者さんの頭の中にしかないのでしょうが。 エンポリオとプッチの戦いの後、ありんこが宇宙を舞うような描写があります。 つまり、プッチ死亡後の世界というのは、一巡後の世界ではなく、二巡後の世界なのではないでしょうか。 一巡する時に、プッチの能力ですべての生きている生物は共に一巡し、死亡していた生物は新しい世界でそっくりさんに再生されています。 エンポリオ対プッチでプッチは時を加速させましたが、その時の加速に乗れたのは、エンポリオと数匹のアリ、つまりあの部屋とそのすぐ周りくらいにいた生物に限定され、世界中の他の生物は死亡してそっくりさんに生まれ変わっているのではないでしょうか。 生まれ変わっているから、精神は未来を体験してはおらず、覚悟のない状態であると考えます。 つまり、一巡後、正確には、もう一巡後の世界が、第7部と。 私の考えですが 時間が一巡(もしかしたらもっと)してしまったのですから、 ジョリーンが死んでいるのか生きているのかは、ストーリー上問題ではないと思います。 が、私は一巡前に、死んでいると思っています。 アイリンはアイリン、ジョリーンはジョリーンです。 FFが言ってたように似ていても別の人物です。 私は第6部フィナーレと第7部以降のジョジョワールドは 第1部~第6部終了直前までの世界と完全に別の世界だと解釈しています。 そして並行世界として類似した世界が多く存在しているようです。 大統領が、並行世界から入れ替わりを何度も行ったように、類似世界が存在します。 第7部終盤のDIO(大統領が基本世界と同じようにSBRレースを開催している別世界から呼び寄せたDIO)は行動理念や馬術は第7部のディエゴ=ブランドーとほぼ同じでしたが、能力は第3部のザ・ワールドでした。 ですが、足を切断したりの描写から、吸血鬼ではないようです。 このDIOを例に考えると、一人の人物の存在するパターンが非常に多い、無限の世界が存在するといえます。 そもそも、第7部SBRレースにはシュトロハイムやアブドゥルがいましたが、 基本はジョニィ・ジョースター(本名ジョンサン)&ツェペリ、DIOとの戦いである、と捉えた場合第一部の並行世界だと考えられます。 しかし、それも多くの並行世界の一例にすぎないわけです。 6部ラストのアイリンなどを7部と同じ世界と考えるならジョニィの子孫ということになるんでしょうね。 もしかしたら、第6部のラストでエンポリオがそれまで生きた世界の記憶を持って時を一巡したこと自体が、イレギュラーなことだと考えてみてはどうでしょう? このことにより、新世界にもともといたエンポリオは消滅したかもしれません。 ジョリーンは死んだと、私は思っていますが、死んでいない世界もきっとあると言えるでしょう。 そしてジョリーンの死は、『結果としては』時空の一巡を止めることができませんでしたが、 ジョナサンに希望を託し死んだツェペリのように ツェペリ魂をジョセフに残したシーザーのように 瀕死のエメラルド・スプラッシュでザ・ワールドの能力をジョセフと承太郎に伝えた花京院のように 吉良のボタンを丈助に届けた重ちーや幽霊となってもまだ町の危機を伝えようとした鈴美のように ジョルノにすべてを託し天に召されていったブチャラティのように 気高き覚悟と邪悪と戦おうとする正義の意思は決してシーザー達の死に劣るものではないと思います。

次の

ジョジョ第5部はパクリ?『アニメ ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風』 感想、レビュー、意見

ジョジョ の 奇妙 な 冒険 ストーン オーシャン

ジョジョの奇妙な冒険第6部ストーンオーシャンの紹介 主人公は3部 空条承太郎の娘、 空条徐倫(ジョリーン)です。 今作で初めて 歴代ジョジョの中で唯一の女性主人公となります。 徐倫はアメリカ人の母親、イギリス・イタリア・日本人という空条家の血を引いている混血児です。 両親は離婚をしており徐倫は母親に育てられていますが、父親の承太郎とは疎遠関係で6部開始まで、親子関係は非常に最悪でした。 しかし徐倫は承太郎の血を濃く受け継いでおり、冷静な状況判断力、精神のタフさは歴代ジョジョに引けを取りません。 今作の副題ストーンオーシャンというのは簡単に言うと石の海、すなわち 刑務所のことを現します。 舞台は2011年のアメリカ、徐倫は無実の罪によって刑務所に収監されてしまうのです。 st刑務所に収監されてしまいます。 父親である承太郎によってスタンド能力を引き出す矢の破片を差し入れられた際、 『ストーンフリー』という自分自身を糸状とする能力を手に入れました。 しかし承太郎と疎遠状態になっていた徐倫は差し入れの意図が分からず、矢の破片によって手に傷をつけてしまい怒って捨ててしまいます。 その後承太郎と面会をすることになった徐倫は、承太郎から徐倫が逮捕されてしまった件は3部で倒したDIOの関係者によって仕組まれた罠だったこと、更に刑務所から脱獄するように告げるのです。 疎遠状態だった上、無関係だったのに巻き込まれた徐倫は承太郎に対して怒鳴りつけますが、DIOの関係者のスタンド『ホワイトスネイク』によって承太郎は記憶・スタンド能力を奪われ昏睡状態に陥ってしまいます。 徐倫は承太郎の記憶・スタンド能力を取り返すため、刑務所で知り合った囚人たちと共闘することになるのでした…。 5部主人公ジョルノ・ジョヴァーナとは異母兄弟に当たりますが、4人とも全員同じ母親ではありません。 ウンガロ、リキエル、ヴェルサスという3人のDIOの息子たちですが、 彼らは全員ジョルノ同様ロクな幼少期を送っておらず歪んだまま成長していった人間です。 ジョルノのみ名前が分からないギャングに助けられ、ブチャラティや仲間たちと出会いパッショーネのボスとして君臨することができました。 残念ながら彼らはジョルノのような黄金の精神を持つ人間ではなく、DIOの関係者によって利用されていたにすぎません。 ジョジョ三大兄貴とは? ジョジョの奇妙な冒険の4~6部に ジョジョ三大兄貴と呼ばれる兄貴度が各段に高い人物が存在します。 まずは4部から紹介していきましょう。 (笑) 主人公徐倫の頼りになる仲間となり、初期の頃からのメンバーです。 エルメェス兄貴も囚人ではありますが悪人ではありません。 元々刑務所に入った理由は自身の姉を殺した男性に復讐するためという、怨恨によるものでした。 目的は無事果たせたものの、本来なら徐倫と一緒にいる必要はありませんでしたが、エルメェス兄貴は義理堅い性格だったので最後まで徐倫たちと行動を共にします。 余談ですが外見的にはスタイルの良い女性ではあるものの、ドレッドヘアで長身であること、ガラが悪いためどうしても兄貴っぽく見えるということから兄貴として扱われてしまっているようです。 6部では明かされることがなかった部分がどのような形で登場しているかを大きく取り上げているため、ジョジョファンからも評価が高いゲームです。 6部を見てからでないと話が分かりにくいかもしれませんので、興味があるという方は是非ともYouTubeなどで視聴してみてください。 まとめ 6部は他の部と異なり、評価はあまり高くないようです。 大体の人が3、4、5、6部を好きという人の方が多いせいかもしれません。 ただ6部は 7部に次ぐ重要なことが記載されており、いつかは分かりませんがアニメ化も行われる予定です! 3部主人公承太郎の娘がどんなのであるかという興味を持つ人におすすめの作品かもしれません。

次の

ジョジョの奇妙な冒険

ジョジョ の 奇妙 な 冒険 ストーン オーシャン

2018年10月8日に放送開始された『 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風』もとうとうボスとのラストバトルですね! 放送開始前からずーと楽しみにしていて、つい最近始まったばかりのように感じますが、さすがは人気の第5部。 『ジョジョの奇妙な冒険』は今のところ全8部までありますが、その中でも「 第5部が1番すき!」なんて人も多いです。 そんな中で待望のアニメ化。 作画も素晴らしい出来で、私の友達はこのアニメをきっかけにジョジョのほかの部も見始めました。 5部は今までのジョジョの奇妙な冒険 1部~4部との繋がりが最初の数話しかなく、かなり読み始めやすい部かなと思います。 スタンドバトルも極まっていて初めててジョジョを読み始める人には『ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風』はオススメです。 しかしそんな『ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風』には、黒い噂が、、、、 ジョジョ 第5部は…ある小説のパクリ…? それは「ジョジョ 第5部は ゴッドファーザー 小説 のパクリだ」というものです 『ジョジョの奇妙な冒険第5部 黄金の風』は、 イタリアを舞台とした物語です。 裏社会の中でも自分の正義と義理を貫くギャングに憧れた主人公 ジョルノ・ジョバァーナ が、組織の禁じ手である麻薬に手を出している今のボスに代わって、仲間たちとギャングのボスを目指していくというお話です。 この『ジョジョの奇妙な冒険第5部 黄金の風』自体ゴッドファーザーのお話にかなり似ている部分があります。 しかし特に似ているのが ナランチャの過去と『ゴッドファーザー』のトム・ヘイゲンの過去。 この二人の過去はどちらか読めばだいたい一緒なので説明するのを省きます笑 「パクリ」と聞くと印象が悪く、先に結論を言ってしまえばこれは オマージュの一種なので私は全然否定はしませんし、 ジョジョ第5部は本当に素晴らしい作品です。 では何が言いたいかと言うと結局どっちも面白いということです。 そもそもジョジョはオマージュだらけ ジョジョの奇妙な冒険はオマージュやモジリが多くあります。 それは今アニメが放送中の『ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風』に限った事ではなく、ジョジョの奇妙な冒険1部から8部まで。 多くのオマージュが散りばめられています。 例えばスタンド名なんかは、荒木飛呂彦先生の好きな洋楽バンドの歌名やアルバムなんかから取られているものが多くあります。 スタンドのデザインや、敵のセリフなんかは、荒木飛呂彦先生の好きな映画から取られてきたものもあります。 ジョジョの奇妙な冒険第4部「ダイヤモンドは砕けない」吉良吉影のスタンド名「キラークイーン」なんかは、あの有名なバンドである 「QUEEN」の「キラークイーン」からきています。 ジョジョの奇妙な冒険第3部「スターダストクルセイダース」のアレッシーがポルナレフを追い詰めるシーンは 映画「シャイニング」が元ネタになっています。 ジョジョの奇妙な冒険第6部「ストーンオーシャン」に出てくる看守「ミュウミュウ」のスタンド名「ジェイルロックハウス」は 「監獄ROCK」という映画に出てくる歌「ジェイルハウスロック」からきています。 また、ジョジョの奇妙な冒険第1部「ファントムブラッド」に出てくるツェペリ男爵は イギリスの伝説的ロックバンド「 レッド・ツェッペリン」が元ネタになっています。 しかしこれらはパクリでは無いのです。 そもそも『パクリ』というのはその元ネタが知られたら困るものです。 しかし荒木飛呂彦先生の場合はむしろ 元ネタを知って欲しいと言うまでに、読んでいてリスペクトや愛を感じます。 著作権は、その作品を創った人達のものです。 周りが騒いでも、どうしようもありません。 だからといって「訴えられなければいいの?」と聞かれたら違います。 今まで買ってきたフィギュアは3000体以上で、映画は年間100作品以上観ていて、漫画も10000冊を超えました。 保育園の頃に観た『ウルトラセブン』の影響で『特撮』『アニメ』『映画』『SF作品』にどんどんハマっていきました。 皆さんは映画やアニメを観た後、誰かと語りたい!と思ったことはありませんか? 「あのシーンにはどんな意味があるんだろう?」「この作品はどこが面白いんだろう?」そう思ったことはありませんか? 同じ映画やアニメに興味を持った人が、すこしでも納得出来る回答を見つけて欲しいと思ってブログを立ち上げました。 考察、解説系のブログ以外にもレビュー系の記事も上げています。 面白い映画や漫画、アニメを見るとフィギュアが欲しくなりますよね。 しかし値段もそこそこする、そんな時このブログを見てちょっとでも判断材料にしてもらえればと思います。

次の