厄年 早見 表 2020。 【2020厄年】厄年にやってはいけないこと。女性・男性・子供の厄年、数え年と計算法

【2020厄年】厄年にやってはいけないこと。女性・男性・子供の厄年、数え年と計算法

厄年 早見 表 2020

厄年とは 前厄は「厄入り」とも呼ばれ、厄年が始まる前兆。 本厄は厄年の中でもっとも災いが降りかかるとされている年。 後厄は「厄晴れ」とも呼ばれ、厄が引いていく年です。 厄年は「 満年齢」ではなく「 数え年」で計算するので、2020年に迎える数え年の年齢で確認してください。 数え年とは数え年は、普段の生活で使われている「 満年齢」とは計算方法が異なる年齢の数え方の一種です。 一般的な生まれた日を0歳、誕生日を迎えると1歳年を取るといった満年齢の数え方に対して、 数え年は、生まれた日を1歳とし、元日(1月1日)を迎えると歳を取るという数え方です。 つまり、12月31日に産まれた子供の年齢を数え年で数えると、12月31日に1歳、翌日の1月1日には2歳ということになります。 数え年の由来は諸説ありますが、数字を数える際、『1』から数え始めるからといわれています。 2020年 厄年の年齢早見表(令和2年の厄年)2020年(令和2年)の厄年一覧はこちらです。 【例】平成3年8月生まれの筆者は、2020年(令和2年)8月は満29歳を迎える年のため、この一覧では30歳にあたります。 厄年の計算、早生まれの場合の厄年は?厄年は新年になるごとに1歳年をとる数え年で数えるため、早生まれは特に関係ありません。 現在の年齢(満年齢)が数え年でいくつかは簡単な計算で出すことができます。 一般的には1月1日から2月3日の節分までに済ませのが良いとされていますが、厄除け・厄払いは神社やお寺で一年中受け付けています。 行けるタイミング、気になった時に厄除け・厄払いをしてもらえるそうです。 子供の厄年とは一覧には載っていませんが、子供にも厄年はあります。 数え年で13歳の年は、生まれて初めて干支が一周する年です。 13歳の子供の厄払いは「十三参り」「十三詣」とも呼ばれ、厄を払うと同時に大人になる儀式とも考えられ、関西地方を中心に行われています。 なお、関東地方を中心に行われる「七五三」、3歳の男児・女児、5歳男児、7歳女児が、11月に地域の氏神に詣でる風習も、厄年に由来するといわれています。 それでは次に、最も大切な「厄年にやってはいけないこと」は何なのか、ご説明していきましょう。 厄年にやってはいけないことさて2020年の厄年、前厄と本厄、後厄にあたる年齢になった場合、どうしたら良いのでしょうか。 厄年にやってはいけないこと、厄年の過ごし方について紹介します。 『厄年の出産』 男児は厄を落とす、女児には厄がうつる!?女性は30代に厄年が6年間あります。 厄年の出産は「厄を落とす」と考え、おめでたく縁起の良いことと言われますが、これにも諸説あります。 地域によっては、男児の場合は「厄を落とす」、女児の場合は「厄がうつる」という考えで、男児を産めば母親は厄落としになり厄が無くなるのですが、女児の場合、母親の厄が赤ちゃんに移ってしまうというのです。 そこで、女児が産まれた場合、母親が赤ちゃんを道端に置いて家に帰り、人に届けてもらうという「捨て子の儀式」を行い、厄を払うという風習もあるそうです。 『厄年の結婚・引っ越し・転職』 厄年を意識しすぎず行動する!厄年は結婚・引っ越し・転職など、人生の一大イベントを避けたほうがいいといわれています。 しかし、気にしすぎてやりたいことを遠慮すると、逆に災いを呼び寄せてしまうともいいます。 無理をしてやりたいことを我慢しすぎず、厄払いのつもりで思い切りやってみるのもいいのではないでしょうか。 『厄年の健康管理』厄年に嫌なことや不幸なことがあると、「今年は厄年だからな・・・」と気分が沈みがちになる方も多いのでは。 メンタルが弱まると、からだの状態に悪影響が出ることもあるため、規則正しい食事はもちろんのこと、好きなことで気持ちをリフレッシュするなど、心身ともに普段以上に気を配りましょう。 厄除け、厄払いへ行こう!やはり、前厄・本厄・後厄にあたる年は、厄除け、厄払いに行くと安心です。 では、厄除け・厄払いの違いとやり方、マナー、服装、金額についても紹介しています。 正しい知識で、きちんと厄除け、厄払いをすると、安心して過ごすことができそうです。

次の

2020年【令和2年】今年の厄年早見表|男性・女性 | 厄年

厄年 早見 表 2020

2020年(令和2年)の八方塞がり はっぽうふさがり 【八方塞がり】 陰陽道 おんようどう で、どの方向に向かってもすべて不吉の結果を招くこと。 転じて、どの方法もふさがれてしまって、どうにもならないこと。 この記事を読み進めるとこんなことがわかります• 厄年は【前厄・本厄・後厄】がある 厄年は本厄の年齢の前後にそれぞれ前厄・後厄があります。 そのほかにも男女の厄年には年齢に合わせて呼び方が違いがあります。 神社によって厄年が違うことがありますが 下記のもので計算されています• 旧暦の1月1日に(旧暦の年始)に歳をとる• 立春に歳をとる• 新暦の1月1日に(新暦の年始)に歳をとる 厄年は数え年で数えます そこでこの数え年について説明していきたいと思います。 古くから日本では年齢の計算をこの数え年で行ってきました。 これは母親の体内にいる時から生きていたものとする計算法で、生まれた時点で1歳と計算します。 歳を加えるのはそれぞれの誕生日ではなく1月1日に全ての人が1つ歳を取るのが数え年です。 例えば12月31日生まれの赤ちゃんは生まれた当日は1歳ですが、翌1月1日には生まれて2日目にもかかわらず2歳になってしまうのです。 数え年の年の取り方には3つの種類がある この数え年も歳を取る日をいつにするかでいくつかの種類があります。 現在の日本で取られているグレゴリオ暦1月1日に一つ歳を取る方法のほかに旧暦の1月1日に歳を取る方法。 さらには立春(節分の翌日)に歳を取る方法です。 厄払いを行う神社やお寺の中には数え年の方法が違う 神奈川県川崎市にある川崎大師は厄除けで有名なお寺ですが、こちらでは満年齢で厄年を定めていますので、数え年で厄払いの祈祷を受けようとすると受付であなたは厄年ではありません、と言われることになってしまうのです。 お正月は現在では西暦に合わせた1月1日の頃を指します。 お正月の頃にすることや歴史がわかります。 厄払いを考えている人にとっては死活問題、ということでなぜ節分までに厄払いを行ったほうがいいのかというのには理由があります。 節分の日は立春の日に当たります。 旧暦の暦の上では現在の節分の日がお正月ということになり新年の始まりを意味します。 そのため厄払いは節分までに行ったほうが良いとされています。 新年を新たな気持ちで迎えるためにも「今年厄年だ」とおもったら、心を清め、新しい一年を迎える準備をする機関ととらえて、厄払いをしてもらうことでリフレッシュしてみましょう。 厄払いに関しては別のページで準備しています。 そちらでは 日本最強の厄払いの神社や厄払いをしてもらうときに役立つ情報をまとめています。 近年では様々なものが統計されており厄年というのも、科学的とまではいえませんが、健康を損なう年齢などから「新厄年」なる考え方も現れています。 統計学では人間の健康を害する7疾患などにかかる年齢などに着目しており男性、女性ともに63歳の頃を「大厄」という結果になっているようです。 厄明けはいつ? 厄開け祝いにお返しやお参りをしよう 厄年をすぎて最初の年は厄明けといって無事に過ごしたことへの感謝をこめて厄開け祝いや、お世話になった神社へのお参りや、贈り物を頂いた方へお返しをするというのがマナーになっています。 そこで、ここでは厄明けにすることについて紹介していきます。 厄明けはいつ? 厄明けはいつなのか?という答えはインタネット等で調べられても複数の答えが存在していますが、その多くは 厄明けは節分までという考えが多いように感じます。 ただ、地域によっては厄年の数え方に違いがあり、満年齢で数える場合と数え年で数える場合があります。 そのため、そもそもの後厄になる年齢をきちんと把握しておくことが大事かと思います。 厄明けにお宮参りをしよう 厄年のときに厄払いをしてもらった神社やお寺に厄年を明けたことや無事に明けることが出来たことの報告もかねてお参りをするというのがあります。 簡易的に神社に行ってお参りをするだけの所から、厳格にお祓いをして厄明けをするとこと賀ありますが、ほとんどの場合は簡単にお参りだけで住ませる方が多いようです。 地域や宗教によっては、その厄明けのときのしきたり等も違いがあることから、ご自身による確認が必要になってきます。 厄年の時にお世話になった人へのお返し 厄年の時に長いものを贈っていただいくなど、厄除けのために知人や家族などから贈り物をしてもらったら、そのお返しをしたいところです。 お返しはあくまでも無事に乗り切ることが出来たよというお知らせを込める意味でお菓子などをお返しにすることがあったり、食事会などをする方も多いようです。 厄年のことを心配してくれた方々へのお返しとして、その気持ちへのお返しをしたいところですね。 厄明けについてのまとめ ・厄明けは節分までが多い ・厄払いを受けた神社やお寺にはお参りに行く ・厄年に贈り物を頂いた方へはお返しをする 厄払いに関係する行事 現在ではひな祭りは生まれてきた女の子の健康や幸せを願う行事としてだれもが知っている行事ですが、もともとは病気や厄災などから守るために人形に代わりになってもらい、希望や願いをこめその人形を川や海に流すという中国から伝わったとされる行事でした。 雛人形として飾られるようになったのは江戸時代の頃からのようです。

次の

厄年2020年(令和2年)男性&女性の早見表!厄払いの仕方や厄年にやってはいけない事など完全紹介

厄年 早見 表 2020

八方ふさがり(除八方):七赤金星 自分の生まれ年の本命星が中央に位置し周囲が囲まれた状態をいいます。 周囲との協調や神仏の助けが必要な星回りといわれています。 除八方(八方除け)のお守りをお勧めします。 五黄殺(除方):五黄土星 五黄は、中央を定位置とする星です。 その五黄星の位置がずれる事で中央の気を受けるので五黄殺となります。 その中央の気を除ける為に除方(方位除け)のお守りをお勧めします。 暗剣殺は、凶方位の中でも最大凶方位ともいわれ、他動的に悪影響を受けるとされています。 この影響を徐けるために除方(方位除け)のお守りをお勧めします。 困難宮(星祭):三碧木星 前年の好運気から一気に悪運気になるので、健康面や仕事面に影響があるとされ、その名の通り困難に見まわれる年といわれています。 星祭のお守りをお勧めします。 その他(星祭) 自分の運気をあげるためのものです。 本命星を祭ることによって運気をあげる功徳を得るとされています。 星祭のお守りは皆様にお勧めします。 六白 金星 ろっぱく きんせい 大正2年 108歳 106 大正11年 99歳 97 昭和6年 90歳 88 昭和15年 81歳 79 昭和24年 72歳 70 昭和33年 63歳 61 昭和42年 54歳 52 昭和51年 45歳 43 昭和60年 36歳 34 平成6年 27歳 25 平成15年 18歳 16 厄 平成24年 9歳 7 五黄 土星 ごおう どせい 五黄殺 大正3年 107歳 105 大正12年 98歳 96 昭和7年 89歳 87 昭和16年 80歳 78 昭和25年 71歳 69 昭和34年 62歳 60 昭和43年 53歳 51 昭和52年 44歳 42 昭和61年 35歳 33 平成7年 26歳 24 厄 平成16年 17歳 15 平成25年 8歳 6 四緑 木星 しろく もくせい 裏鬼門 大正4年 106歳 104 大正13年 97歳 95 昭和8年 88歳 86 昭和17年 79歳 77 昭和26年 70歳 68 昭和35年 61歳 59 還暦 昭和44年 52歳 50 昭和53年 43歳 41 厄 昭和62年 34歳 32 厄 平成8年 25歳 23 本厄 平成17年 16歳 14 平成26年 7歳 5 三碧 木星 さんぺき もくせい 困難宮 大正5年 105歳 103 大正14年 96歳 94 昭和9年 87歳 85 昭和18年 78歳 76 昭和27年 69歳 67 昭和36年 60歳 58 昭和45年 51歳 49 昭和54年 42歳 40 本厄 昭和63年 33歳 31 本厄 平成9年 24歳 22 厄 平成18年 15歳 13 平成27年 6歳 4 二黒 土星 じこく どせい 大正6年 104歳 102 大正15年 95歳 93 昭和10年 86歳 84 昭和19年 77歳 75 昭和28年 68歳 66 昭和37年 59歳 57 昭和46年 50歳 48 昭和55年 41歳 39 厄 昭和64年 32歳 30 厄 平成10年 23歳 21 平成19年 14歳 12 平成28年 5歳 3 一白 水星 いっぱく すいせい 表鬼門 大正7年 103歳 101 昭和2年 94歳 92 昭和11年 85歳 83 昭和20年 76歳 74 昭和29年 67歳 65 昭和38年 58歳 56 昭和47年 49歳 47 昭和56年 40歳 38 昭和65年 31歳 29 平成11年 22歳 20 平成20年 13歳 11 平成29年 4歳 2 九紫 火星 きゅうし かせい 暗剣殺 大正8年 102歳 100 昭和3年 93歳 91 昭和12年 84歳 82 昭和21年 75歳 73 昭和30年 66歳 64 昭和39年 57歳 55 昭和48年 48歳 46 昭和57年 39歳 37 平成3年 30歳 28 平成12年 21歳 19 平成21年 12歳 10 平成30年 3歳 1 八白 土星 はっぱく どせい 大正9年 101歳 99 昭和4年 92歳 90 昭和13年 83歳 81 昭和22年 74歳 72 昭和31年 65歳 63 昭和40年 56歳 54 昭和49年 47歳 45 昭和58年 38歳 36 平成4年 29歳 27 平成13年 20歳 18 厄 平成22年 11歳 9 令和元年 2歳 月数 七赤 金星 しちせき きんせい 八方ふさがり 大正10年 100歳 98 昭和5年 91歳 89 昭和14年 82歳 80 昭和23年 73歳 71 昭和32年 64歳 62 昭和41年 55歳 53 昭和50年 46歳 44 昭和59年 37歳 35 平成5年 28歳 26 平成14年 19歳 17 本厄 平成23年 10歳 8 令和2年 1歳 月数.

次の