三井住友デビュープラスカード。 エポスカードと三井住友カード デビュープラスを還元率やお得なキャンペーン情報で徹底比較!

三井住友カード デビュープラスの解説|王道の学生クレカが欲しいならデビュープラスカードが鉄板です。

三井住友デビュープラスカード

ポイント還元率とは? ポイント還元率とは、クレジットカードの利用に応じて貯まるポイントを商品などと交換した際に、ポイントが利用金額のいくら分になるかを表すパーセンテージです。 例えば、100円の利用につき1ポイントが貯まるクレジットカードの場合、100円=1ポイントなので還元率は1%という訳ではありません。 交換商品によって1ポイントの価値が1円を下回ってしまった場合、還元率は1. 0%に満たないからです。 100円の利用で付与された1ポイントを1円相当の商品に交換して、初めて「還元率1. 0%のクレジットカード」と呼ぶことができます。 三井住友カード デビュープラスの還元率は1. 0%です。 消費税を含む200円の利用につき「Vポイント」という三井住友カードのポイントが2ポイント付与され、ポイントは1ポイント1円の商品と交換できるので還元率は1. 0%になります。 三井住友カードの一般カードである「」のポイント還元率は0. 5%で、200円(税込)につき1ポイントが付与されます。 このように一般カードの還元率と比べると2倍に優遇されているのがデビュープラスカード最大の特徴です。 入会後3か月間は5倍の2. 5%にポイント還元率がアップ! デビュープラスカードのもうひとつのメリットが、 入会後3か月間はポイント還元率が一般カードの5倍となる点です。 一般カードで通常は200円の利用につき1ポイントのところ、5倍の5ポイントが付与され、ポイント還元率が2. 5%にアップします。 例えば、5万円の買い物をした場合は1,250円分のポイントが貯まるので、いつもの買い物もお得になるのがメリットです。 三井住友カード デビュープラスのポイントをお得に貯める方法 三井住友カード デビュープラスは、工夫次第でより多くのポイントを獲得できるチャンスがあるカードです。 ここでは三井住友カード デビュープラスのポイントのお得な貯め方を解説していきます。 ポイントUPモール経由のネットショッピングで最大20倍 三井住友カードの「」というカード会員専用のショッピングモールを経由して、三井住友カードで買い物をすると通常の2倍~最大20倍のポイントが獲得できます。 利用方法は簡単で、三井住友カードのインターネット会員の「Vpass」に登録後、VpassのIDとパスワードを入力して「ポイントUPモール」のサイトにログイン、好きなお店を探してショップサイトへと移り、商品を選んで支払い方法を三井住友カードにするだけです。 ポイント2倍の楽天市場のように常にポイント倍率がアップしているショップもあれば、Amazonファッションのように期間限定でポイント倍率がアップしているショップもあるので、こまめにチェックすると良いでしょう。 は、パソコン・スマホの両方で利用でき、買い物以外でもビンゴゲームやショップ訪問などでポイントが貯まるサービスもあります。 街のお店でお得になる「ココイコ!」 ポイントUPモールは主にネットショッピングに特化したサービスですが、それに対して「」は街の実店舗の利用がお得になるサービスです。 ココイコ!のサイトで事前にエントリーをしてから有効期限内に対象のお店で買い物をすると、最大8. 5%のキャッシュバックまたは最大18倍のポイントアップの特典が受けられます。 法人カードなど一部のカードを除く三井住友カードで利用でき、家族カードも対象となっているので家族で利用できるのもメリットです。 2019年3月までの毎週金曜日は「ココイコ!の日」として、プラス3倍のポイント・プラス1. 5%のキャッシュバックになるキャンペーンが実施されています。 は三井住友カードのスマホアプリにも対応していて、条件を満たすと「スペシャルオファー」といって、よりポイント倍率やキャッシュバック率がアップしたオファーが届くこともありお得です。 「マイ・ペイすリボ」登録でポイント2倍に 「マイ・ペイすリボ」を利用すると、ポイントが2倍(デビュープラスカードの場合は2. 0%)になるキャンペーンをご存知ですか?マイ・ペイすリボとは、月々の支払いを5,000円からという少額に抑えられるで、毎月の支払い額を自分で設定できるのが特徴です。 注意点としては、リボ払いは月々の支払い額を抑えられる一方で、実質年率15. 0%の金利手数料が発生して支払いが長期化しやすいというデメリットがあります。 支払いが長引くとその分金利手数料もかさんでしまうため、リボ払いの利用は慎重に行いましょう。 リボ払いの毎月の支払い額を限度額と同じにすると実質的に一回払いと同じになるのでリボ払い手数料は発生しませんが、この場合はポイント2倍にはならず、手数料が発生した場合のみ2倍のポイントが付与されます。 少額でもリボ払いの手数料が発生した場合は全体の利用額に対して2倍のポイントが付与されるので、利用額の一部だけをリボ払いにしてポイントを獲得するという方法であればポイントで得をすることも可能です。 利用金額に応じてボーナスポイントプレゼント 前年度のショッピング利用額や、当年の累計ポイントに応じてボーナスポイントが付与される「ボーナスポイント ポイントサービス」は家族カードの利用分もまとめられるので、家族でクレジットカードを使っているなら家族カードを発行するとお得です。 利用金額に応じたボーナスポイントは以下のようになっています。 年間利用額 50万円~100万円 50万円達成で50ポイント 以降10万円ごとに10ポイント 100万円~300万円 50万円達成で75ポイント 以降10万円ごとに15ポイント 300万円以上 50万円達成で150ポイント 以降10万円ごとに30ポイント 「iD」の利用で自動販売機やタクシーでもポイント獲得 三井住友カードでは「iD」という電子マネーが使えます。 このiDを使えば、自動販売機やタクシー、コンビニなどの支払いでも無駄なくポイントが貯まるので利用してみましょう。 iDは年会費・発行手数料無料で利用でき、iD専用カード・クレジット一体型・携帯型・Apple Payの4通りの利用方法があります。 プレミアム加盟店ならポイントが最大10倍に 「Premium Point」というステッカーがあるプレミアムポイント加盟店で三井住友カードを利用すると、ステッカーに書かれている倍率のポイントが貯まりお得です。 Vpass会員限定通販サイト「V-collection」でポイント10倍 三井住友カードのVpass会員限定通販サイトである「V-collection」というオンラインショップでも同様に10倍のポイントが貯まるのでチェックしてみましょう。 V-collectionとは、ワインやブランド品などワンランク上のプレミアムな商品を扱うオンラインショップです。 お取り寄せグルメやファッション、雑貨まで幅広い商品が取り揃えられています。 入会キャンペーンでキャッシュバック特典も 入会キャンペーンの実施中にデビュープラスカードの申し込みを行うと、最大10,000円のキャッシュバックがもれなくもらえます。 最大10,000円のキャッシュバックを受けるには、下記の条件を満たす必要があるのでチェックしてみましょう。 新規入会&1か月後までに利用で1,000円キャッシュバック• 新規入会&2か月後までに利用で2,000円キャッシュバック• 「マイ・ペイすリボ」同時設定&利用で6,000円キャッシュバック• 電子マネー「iD」同時入会&利用で1,000円キャッシュバック このように、1~4の条件を全て満たした場合に10,000円のキャッシュバックとなり、1の「新規入会&1か月後までに利用で1,000円キャッシュバック」の場合は1か月後末までにクレジットカードもしくはiDで合計6万円以上の利用というように、金額についての条件もあります。 ポイントの確認方法 カード利用で貯まったポイントは、インターネット・スマホアプリ・電話の3つの方法で確認できます。 インターネットの場合は会員サービスの「Vpass」にログインをする必要があり、スマホアプリの場合もアプリをダウンロードしてから同様にVpassへログインを行い確認しましょう。 電話の場合はオペレーター対応のVポイントデスク(電話番号:0570-666-169)または、自動音声応答のスマートダイヤル24(0120-911-911)から確認できます。 Vポイントデスクに電話をする場合は、カードを手元に用意して本人が電話をかける必要があります。 自動音声応答のスマートダイヤル24の場合は、電話をかけてガイダンスに従って「21」のサービスコードを入力後、ポイント数照会の「10」を入力します。 あとは16桁の会員番号と、4桁の暗証番号を入力すればポイントが照会できます。 ポイントの交換先(使い道) 三井住友カードの利用で貯まったポイントは、主に6通りの使い道があります。 デビュープラスカードで貯まるポイントの有効期限は2年間なので、期限内に交換しましょう。 商品券や景品と交換• マイレージ移行• キャッシュバック・iDバリュー• 他社ポイント移行• オンラインギフトカード• ふるさと納税へ寄付 このうち、カードのポイント還元率を1. 0%にするには1ポイント1円相当となる使い道を選ぶ必要があります。 例えば、デパート、大手スーパー、ショッピングセンター、専門店、レストラン、ホテルなどで利用できる「VJAギフト券」なら5,000ポイントで5,000円分のギフト券と交換できます。 他社ポイントへの移行は、楽天スーパーポイントなら1ポイント=1円のレートで交換できますが、nanacoポイントに交換すると1円分以下となるなど、移行先によっては還元率が下がってしまう点には注意しましょう。 キャッシュバックも1円以下になってしまうので、それならiDの利用代金にキャッシュバックできるiDバリュー(1ポイント=1円)を選んだ方がお得です。 三井住友カード デビュープラスは、初年度年会費無料・翌年度以降もカードの利用があれば無料で持てる18歳~25歳の方限定のクレジットカードです。 通常ポイント還元率が一般カードの2倍の1. 0%となり、入会後3か月間は一般カードの5倍になっているのが特徴で、ポイントUPモールやココイコ!の利用など、使い方によっては更に還元率をアップさせることもできます。 ETCカードやiD・WAON・PiTaPa・家族カードにも対応していて、iPhoneで買い物ができるApple Payも利用可能。 最高100万円までのショッピング補償が付き、セキュリティ対策にも定評があるので万が一の際も安心です。 ステータス性の高い銀行系カードなので、社会人になっても長く使い続けることができるでしょう。 26歳以降の更新時にはプライムゴールドカードに自動更新となり、若いうちからゴールドカードが持てるのもメリットです。

次の

学生が三井住友VISAカードを持つと後悔する?噂の真相と卒業後に真価を発揮する秘密とは

三井住友デビュープラスカード

目 次• ではキャンペーンの詳細を見て行きましょう。 20%還元が受けられる条件• 新規入会後、Vpassアプリログイン• 入会月+2ヶ月後末までを対象期間(20%を乗じた金額を利用月の2ヶ月後末までに利用額から割り引かれる形でプレゼント) 20%還元は最大8,000円が上限です。 20%で上限が8,000円という事は、40,000円までが20%の対象という事ですね。 カード入会月から2ヶ月後末までがカード利用対象期間となります。 クレジットカード利用以外にもiDのお買い物もOKです。 Vpassアプリへのログインが必要なので、カードが届いたらすぐにログインをしておきましょう。 三井住友カードの通常の還元率は0. 「通常時は常に2倍キャンペーン」が適用されていると考えれば良いですね。 キャンペーンの重複はされません。 なお、このキャンペーンは対象条件やエントリーなどはありませんのでカードを作って利用するだけで誰でも5倍になります。 コンビニ・マクドナルドの利用はポイント5倍!キャンペーン 画像出典:三井住友カード公式サイト 2019年3月1日(金)よりコンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)、マクドナルドで三井住友カード支払いはポイント5倍(還元率2. 三井住友カードiDでの支払いも対象になりますので、ApplePayでも5倍になります。 三井住友カード デビュープラスの基本情報 三井住友カードのシリーズで、18歳~25歳限定で持てるカードの三井住友カードデビュープラスは、通常のクラシックカードの2倍ポイントが貯まるお得なカードとなっており、初めてカードを作る方にとっては、クレジットカードの印象が良くなる事間違いなしの素晴らしいカードです。 その他、還元率は一般的なカードと同等程度で普通です。 旅行保険やショッピング保険などは補償金額や付帯条件などが少々シビアな条件となっている印象です。 ポイント還元率を上げる方法 三井住友カードデビュープラスは普通カードの三井住友カードの倍の還元率がありますが、さらにポイント還元率をアップさせる方法がありますので紹介していきます。 マイペイすリボで還元率1. 5%! マイペイすリボを利用してリボ手数料が発生した月はポイントが2倍になります。 (通常還元率1000円で2ポイントのところが3ポイントになるという事です) ただ、本当に利用分のリボ手数料を支払っていたらポイントが3倍になったところでほとんど意味はありませんので、リボ手数料を最小に抑える必要があります。 先にもお話ししましたが、手数料を最小に抑える方法がありますので紹介します。 三井住友カードのマイペイすリボ手数料を最小にする方法はこちらの記事がおすすめです。 リボ手数料を最小(1円~10円程度)に抑えればポイントが3倍になる事の方がメリットが高くなるのでお得です。 年間利用額でポイントステージが変わる 三井住友カードデビュープラスは前年の利用額に応じてポイント付与率がアップする仕組みになっています。 前年50万円以上 V1ステージ 50万円利用で50ポイント獲得 50万円以降は10万円ごとに10ポイント獲得 ボーナスポイント還元率0. 100万円以上を達成すれば、1. リボボーナスポイントを加えれば1. ポイントアップモールを利用 三井住友カードのポイントアップモールを利用すれば、簡単にポイントが2倍に出来ます(還元率1%) 「ポイントアップモール」とは? 例えばAmazonで買い物をするとしたら、ポイントアップモールに張り付けてあるAmazonのボタン(バナー広告)を押してAmazonのサイトに飛んで買い物をすると、通常のポイントとは別にポイントが貰えます。 その名の通りポイントアップするんです。 どうせならポイントアップモールからネットショップサイトに入った方がお得ですよね。 三井住友VISAのポイントアップモールはAmazon、楽天、ヤフーショッピングなどの代表的なネットショップが名を連ねています。 しかし、ポイントアップモールを利用すれば確かにワールドプレゼントポイントの付与率をアップさせることが出来ますが、各ネットショップのアプリを利用してお買い物をするとポイント倍率がアップするキャンペーンなどもありますので、その場合はそちらの方が還元率は高くなるかと思います。 もしポイントアップサイトを利用するなら、お買い物ポイントがあまり貯まらないAmazonがおすすめです。 「ココイコ!」を利用 「ココイコ!」の対象のお店を利用する時に、事前にエントリーして三井住友カードデビュープラスでお買い物をするとでポイント倍増&キャッシュバックを受ける事が出来ます。 ポイントアップモールと同じようなイメージです。 対象店舗は東急、阪急、高島屋、三井アウトレット、フィットハウス、ユニバーサルシティウォーク大阪などなど、各ジャンルで揃っているので使えると思います。 ワールドプレゼントポイントのお得な使い方 ワールドプレゼントポイントの主な使い道は、基本的に他社のポイントや商品券と交換するか景品と交換するかになります。 ただ景品交換は効率が悪くなってしまいますので、他社ポイント・商品券がおすすめです。 6% Amazonギフト券 900Pから 900Pで3000円分 0. クレジットカードは還元率が1%あれば優秀だと言われていますので素晴らしい数字です。 iDで使えばそのまま利用分から割引きされる形になるので楽ですね。 VJA商品券が人気&おすすめ VJA商品券は百貨店などのお店で利用出来る商品券なので人気です。 理由は、VJA商品券には利用の有効期限が無いのでじっくりと何に利用するか考える事が出来ます。 また、沢山貯めて大きな買い物をする事も出来ます。 利用先は伊勢丹、高島屋、三越、阪急、イオン、東急ストア、阪急オアシス、三井アウトレットパーク、ららぽーとなどなど、使える場所は多いので便利です。 三井住友カードデビュープラスのおすすめポイント 三井住友カードデビュープラスは本当に素晴らしい機能を持ったカードです。 ポイント還元率 まずは、何度もしつこいようですがポイント還元率です。 通常カードの三井住友VISAクラシックカードの還元率0. しかもマイペイすリボを上手に利用する事でさらに0. プライムゴールドカードに自動でランクアップ 26歳以降の最初のカード更新でプライムゴールドへの自動昇格になります。 年会費1500円(税別)で持てる若年層向けのゴールドカードです。 ぴライムゴールドカードは国内の空港ラウンジが利用出来るようになったり、海外旅行保険が最高5000万円付帯するようになったり、24時間医師に相談が出来るドクターコールサービスが使えるようになったりと、ワンランク上のサービスが付帯しています 保険・補償 三井住友カードデビュープラスはどうしてもポイント還元率の高さにばかり目が行ってしまいますが、それだけのカードではなく三井住友カードの得意としているセキュリティや補償も充実しているんです。 ショッピング保険 万が一の紛失、盗難による不正利用を補償! 年間最高100万円のお買い物安心保険も付帯しています。 ICカードは解析や偽造が極めて困難なためにデータを抜き出したりコピーをする事が出来なくなっています。 不正利用も補償 お届け日から60日さかのぼり、それ以降の不正利用分について補償してもらえます。 VISAからも称賛されている カードセキュリティの安全さをVISAインターナショナルから表彰されるほどです。 ちなみにアジアでは三井住友カードのみが表彰されたとの事です。 まとめ 入会キャンペーン特典の獲得手順をおさらいしておきます。 新規入会特典は利用金額の20%(最大8,000円)キャッシュバックキャンペーン 40,000円利用で20%(8,000円)がキャッシュバックされます。 「入会後3ヵ月ポイント5倍キャンペーン」 これはカードを作って利用すれば無条件で対象になります。 三井住友カードデビュープラスは18歳~25歳までが持てるヤングカードで、還元率は最強クラスと言っても良いほどのスペックです。 また、三井住友カードという事で日本国内での知名度、信頼度、ステータスは抜群です。 304•

次の

【三井住友カード デビュープラス】更新時自動ランクアップが魅力

三井住友デビュープラスカード

タップできる目次• 三井住友デビュープラスは18歳から25歳まで限定のカード 三井住友デビュープラスカードは初年度年会費無料、次年度以降は前年度に一度でも利用があれば年会費無料なので ほとんどずっと無料。 なのにポイント還元率は常に 2倍、入会後3ヶ月は 5倍ととってもオトクなカードです。 その分、つくれるのは18歳から25歳までと入会条件は若い人に限定されているカードなのが特徴です。 筆者も18歳のときに最初の一枚として三井住友デビュープラスを選びましたが、実はこのクレジットカードはつくった後も25歳までしか持つことができないのです。 今回は三井住友デビュープラスカードをつくってから満25歳になった後にどのようになるのか、紹介していきます。 満26歳になった最初の更新時に三井住友VISAプライムゴールドカードに 三井住友VISAデビュープラスは26歳になってから、 最初のカード更新時に三井住友VISAプライムゴールドカードに自動更新となります。 つまり26歳になったからと言ってすぐにプライムゴールドカードになるわけではありません。 手元のデビュープラスの有効期限を確認してみて、そのときに26歳を超えているようであれば、 次回の更新時にプライムゴールドカードになります。 ただし、 次回更新時が25歳以前である場合には、もう一度デビュープラスとなるので注意が必要です。 もっとも遅い場合だと25歳にデビュープラスが更新になってしまいそこから28歳までデビュープラスカードで、ようやく次の更新でプライムゴールドになるケースです。 条件をクリアしていれば、更新時期に自宅へプライムゴールドカードへの切り替え申し込み書が届くので、郵送で送り返せば新しいカードが到着します。 プライムゴールドカードと通常のゴールドカードの違い プライムゴールドカードは通常のゴールドカードよりもお得なゴールドカードとなっています。 最大の特徴は 20代専用のゴールドカードということです。 20代専用のゴールドカードということもあり、サービス内容はゴールドカードさながらでありながら年会費などはぐっと抑えられているお得なカードとなっています。 簡単に比較するとそのお得さがわかるかと思います。 名前 デザイン 初年度年会費 無料 無料 次年度年会費 5,000円 10,000円 限度額 50〜200万円 50〜200万円 備考 30歳になった最初の更新でゴールドカード なし デザインもほとんど変わらなくサービス内容も同様で 年会費だけが半額なので、20代のうちにゴールドカードを持ちたい人にはお得でしかないカードとなっています。 また、プライムゴールドカードは次年度以降の年会費5,000円となっていますが条件をクリアすることで年会費を引き下げることが可能になります。 コース別年会費 プライムゴールドカード年会費 WEB明細書+マイ・ペイすリボコース 税抜1,500円+税 マイ・ペイすリボコース 税抜2,500円+税 WEB明細書コース 税抜4,000円+税 いずれもご指定なし 税抜5,000円+税 マイ・ペイすリボはリボ払いの扱いに慣れていない場合、少々使いづらいところもあるので、筆者のおすすめは WEB明細書コースです。 クレジットカードの利用明細を紙の明細からWEB明細に切り替えるだけで 年会費を1,000円引き下げることができます。 プライムゴールドカードをつくってから次年度になる前にコース切り替えをすれば良いので、忘れないようにしておきましょう。 ちょっとイメージとは違うかもしれませんが、プライムゴールドカードから国際ブランドを VISAとMasterCardから選ぶことができます。 もし既に他のカードでVISAを持っている場合には、このタイミングでMasterCardへの切り替えも検討してみてください。 プライムゴールドは初年度の年会費無料なので、負担をかけないですぐにでも手に入れることができます。 気になるなという方は以下の公式サイトからどうぞ。 今なら年会費はずっと無料 プライムゴールドの最大の魅力は優待内容の充実さにあり プライムゴールドはゴールドカードということだけあって、デビュープラスよりも優れた優待を数多く揃えています。 いくつか抜粋してもこれだけ挙げられます。 年会費格安でゴールドカードを所有することができる• サポートサービスが充実している• 空港専用ラウンジが使える• ボーナスポイントが通常の2倍貯まる ここからはプライムゴールドカードの魅力を一つずつ解説していきます。 年会費格安でゴールドカードを所有することができる 先程も紹介しましたが、プライムゴールドは初年度の年会費は無料、次年度以降は通常でも5,000円、コースによっては1,500円まで引き下げることが可能です。 コース別年会費 プライムゴールドカード年会費 WEB明細書+マイ・ペイすリボコース 税抜1,500円+税 マイ・ペイすリボコース 税抜2,500円+税 WEB明細書コース 税抜4,000円+税 いずれもご指定なし 税抜5,000円+税 これは他のクレジットカードよりも断然にお得な年会費となっていて、5,000円未満でつくれるゴールドカードは他にありません。 いくつか特徴的なゴールドカードと比較してみると一目瞭然です。 名前 プライムゴールド ゴールドカード 楽天プレミア 券面 初年度 年会費 無料 無料 無料 次年度 年会費 1,500円〜5,000円 10,000円 10,000円 他のゴールドカードは年会費10,000円が通常のところ、プライムゴールドなら1,500円〜5,000円と半分以下に抑えられています。 年会費は安いほど嬉しいのでプライムゴールドをもつ大きなメリットとなるでしょう。 サポートサービスが充実している プライムゴールドはゴールドカードの部類になるため、クレジットカードとしてのサービスも充実しています。 もしカードを紛失してしまったり盗難にあっても「 ゴールドデスク」というゴールドカード専用のデスクに電話すれば国内・国外問わずに24時間対応してくれます。 また、他のゴールドカードにはない特徴として「 ドクターコール24」というものがあります。 これは24時間いつでも、電話一本で医師や看護師といった人があなたの相談を聞いてくれます。 万が一のときに頼れる存在となるのでとても嬉しいサービスです。 デスクもドクターコールも使わないよ…。 という方はちょっと考えてみてください。 もしこの先の何年かで大きな病気や事故にあうことがないとは言い切れないでしょう。 ゴールドカードはその年会費で 将来の安心を買うことができます。 ご自身だけでなく、大事な人が体調が急変したときにも「ドクターコール24」は使えます。 信頼と安心のVISAカードらしい、誠実なサービスとなっています。 空港専用ラウンジが使える デビュープラスと違ってプライムゴールドは 空港ラウンジを無料で利用することができます。 貴重な旅行のフライト前に空港で体力を消耗したくないですよね。 もしプライムゴールドを持っていればゆっくりとした専用空間でフライトまでの時間をフリードリンクなどを飲みながらゆっくりと過ごすことができます。 以下がプライムゴールドで入ることのできる代表的な空港です。 スーパーラウンジ(新千歳空港)• ビジネスラウンジ A Spring(函館空港)• ビジネスラウンジ EAST SIDE(仙台国際空港)• プレミアムラウンジ セントレア(中部国際空港)• Iラウンジ(成田国際空港)• エアポートラウンジ(羽田空港)• ラウンジオーサカ(伊丹空港)• カードメンバーズラウンジ 六甲(関西国際空港)• ビジネスラウンジ もみじ(広島空港)• くつろぎのラウンジ TIME(福岡空港)• ラウンジ 華〜hana〜(那覇空港) これだけの空港で無料ラウンジが用意されているので、旅行の際にはプライムゴールドで無料ラウンジをぜひ満喫しましょう。 ボーナスポイントが通常の2倍貯まる プライムゴールドは通常のゴールドカードや三井住友VISAカードよりも ボーナスポイントが2倍貯まりやすい仕組みとなっています。 具体的には前年の利用金額によって、ステージが決定するのですがまとめると以下のようになっています。 前年度の利用金額 ステージ 利用金額に応じたボーナスポイント プラチナカード会員 ゴールドカード会員 その他の会員 300万円以上 V3 50万円で300ポイント 以降10万円ごとに60ポイント 50万円で150ポイント 以降10万円ごとに30ポイント 100万円以上 300万円未満 V2 50万円で150ポイント 以降10万円ごとに30ポイント 50万円で75ポイント 以降10万円ごとに15ポイント 50万円以上 100万円未満 V1 50万円で100ポイント 以降10万円ごとに20ポイント 50万円で50ポイント 以降10万円ごとに10ポイント 前年度の利用額に応じてどんどんポイントが貯まりやすくなるのですが、それがなくても ポイントが2倍貯まりやすいのがプライムゴールドと覚えておきましょう。 満30歳になった最初の更新時にはさらにゴールドカードに デビュープラスカードは満26歳のタイミングでプライムゴールドカードになりますが、それだけで終わりではありません。 満30歳になったタイミングでさらにゴールドカードへの切り替えとなります。 つまりデビュープラスカードから持ち続けていれば、 3枚目のクレジットカードへのレベルアップとなるわけです。 もし18歳からデビュープラスを所有していた場合には、ここまでで12年間の人生におけるライフステージにあわせてクレジットカードも一緒に成長していることになります。 三井住友ゴールドカードはクレジットカードとしてのステータス性も高いので、このカードを最初から申し込みせずにゆくゆくはこのカードを手に入れることも目標としてデビュープラスカードをつくる人も多いようです。 プライムゴールドに変えてもポイントの貯まりやすさは変わらない(減らない)• 空港ラウンジサービスや万が一の安心サービスが付いてくる• 20代からゴールドカードを持てる• 上記3つのメリットが年会費初年度無料、次年度以降もたったの1,500円で持てる あまり多くを語っても伝わりきれないと思うのでかなり限定しましたが、20代の内にたったの1,500円でゴールドカードのステータスをGETできるってカッコいいですよね。 筆者が自信をもっておすすめしたいカードがプライムゴールドになります。 デビュープラスの更新タイミングを待ちきれない…という人はぜひ、今の段階でプライムゴールドを検討されてみることをおすすめします。 三井住友カードデビュープラス• 大手カード会社ならではのセキュリティと安全性• オンライン入会なら無条件で年会費初年度無料!• ポイント還元率は「0. 最短翌日発行!オンライン申込なら最短5分でカード番号発行可能• 三井住友カードは日本で初めて カード番号を裏面記載とすることで、番号の漏洩の防止に貢献しています。 また、万が一紛失・盗難や不正利用に遭ってしまった場合でも、スマホアプリ「Vpass」から 簡単にカードの無効化ができるようになっています。 不正利用や紛失・盗難に気付いた場合は 届け出から60日さかのぼって全額補償をしてくれるので、すぐに届け出るようにしましょう。 2年目以降も WEB明細やマイ・ペイすリボの登録で年会費が割引になります。 自分の利用スタイルに合わせて割引されるサービスを選びましょう。 還元率を上げる技もあり! 三井住友カードの基本還元率は 「0. しかし、多くのお店や通販で還元率を上げることができます。 例えば、「 Amazon、楽天」などの通販で 2倍。 「 セブン・ファミマ・ローソン・マクドナルド」で 5倍など身近なお店も対象になっています。 さらに、頻繁に利用するスーパーでも 2倍になっているお店が 39社あり、ほとんどの地域の方が有効活用できるでしょう。 ポイント還元率が2倍以上になるお店の一例• セブンイレブン• ローソン• ファミリーマート• マクドナルド• デイリーヤマザキ• スターバックス(オンラインチャージ)• すき屋• ドトールコーヒー• モスバーガー• Amazon• Yahoo! ショッピング• ライフ• ヤオコー• 相鉄ローゼン• クリエイト• マツモトキヨシ•

次の