なか卯 グラブル。 ルリア(声優:東山奈央)の店内放送も! 「なか卯」×『グラブル』コラボキャンペーン10月10日にスタート!!

【なか卯古戦場レポート】『グラブル』キャンペーン開催!クラリスのオリジナルメタリックカード目的でなか卯に行ってきた(1日目)

なか卯 グラブル

どうも、Fです。 騎空士たちが待ちに待った コラボ、始まりました! 私は晩御飯に、と普段あまり人の入りが少なさそうな店舗に行ってみたのですが結構店内に人がいました。 私含めて15人ほど? 見た目あまりやってなさそうな人が多かったので普通に食事に来ているだけの人だったのかもしれませんが...。 とりあえず初日は 「の親子重(並)」を食べてみようと券売機へ。 ゲーム内にてコラボのバナーが出ていたのでそこからクーポン確認。 親子重は「401」です。 クーポンナンバーの入力方法は公式でも簡潔に載せてあったので、そちらを参照した方がわかりやすいかもしれません。 ただ、初日は店舗によっては券売機でクーポンが使えないなど、一部不具合が発生しているようです。 公式の方でもその旨告知されており、 店員さんに申し出れば対応してもらえるとのこと。 グラパスチェックインのテーブルシールも発見! 今回は 350pt貰えました。 期間中1回のみのようです。 さて、の親子重が到着。 うんうん、ちゃんとカードも付いてきています。 正直ちゃんと商品とセットで来るのか不安でした((( 量もそんなにめちゃくちゃ多いというわけでもなく、小食な方でも普通に食べれそうな感じ。 美味しい。 カードの方は帰宅後開けてみました。 結果はこちら。 初日シークレット! 第一弾、第二弾のゴールドカードキャラが全員大集合しているみたいです。 これ、第二弾ももしかして同じ内容のシクレなのかな... ? コラボ始まる前に 「持ち帰りでもカードは付いてくるのか... ?」という疑問がありましたが、ちゃんと付いてくるようです。 ただ、見ていたら「家に帰ってから確認したらカード入ってなかった;;;;」などの報告もあったので、その場ですぐに確認した方が良いですね。 明日以降は私も持ち帰り挑戦してみようかと思います。 取り急ぎ、こんな感じでしょうか。 何か忘れていたらまた記事にするかもしれません。 それでは今回はこの辺で! fnewstysivs.

次の

なか卯・グラブルのコラボ対象商品・グッズ応募方法は?なか卯・グラブル期間はいつまで?

なか卯 グラブル

本キャンペーンにご応募された場合、本応募要項にご同意いただいたものとみなします。 万が一同意いただけない場合は応募を中止してください。 2回目以降の応募についても、ご応募をもって同意したとみなさせていただきます。 【応募資格】• お持ちでない方は事前にダウンロードの上、ご応募ください。 (注意:ご応募時から賞品送付まで継続して、公式アカウントと友だちである事が必要です。 フィーチャーフォン・タブレット等、一部機種・環境ではご応募いただけない場合がございます。 また、Eメール、ハガキ、お電話でのご応募は出来ません。 仮にご応募を頂いた場合もご応募は無効とさせていただきます。 【ご応募の取り消し等について】 ご応募されたもののうち、以下のいずれかに該当すると当社が判断した場合、当選の有無に関わらず何らか通知を要することなくご応募の取り消し・無効等の処理を行う場合がございます。 「なか卯」LINE公式アカウントの友だち登録を外されている場合。 【ご当選について】• やむを得ない事情により賞品の発送が遅れる場合がございますので、予めご了承ください。 貸与、譲渡、売買されたポイントはすべて無効となります。 【個人情報の取り扱いについて】• また、お客様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供致しません。 (法令等により開示を求められた場合を除きます)。 本キャンペーンに掲載されているコンテンツを、著作権者に無断で使用することはできません。 本キャンペーンサイトに表示されている商標(トレードマークやサービスマーク)に関する権利は、当社又は当社に使用を許諾した権利者に帰属します。 権利者に無断で使用することはお控えください。 【サービスの提供の一時中断、変更、廃止等】• 又は本キャンペーンに掲載されている内容を変更する場合がございます。 予めご了承ください。 当社は、これらの中断・中止・変更・終了等による応募者が被ったいかなる損害に対して、一切の責任を負いません。 【免責について】• 【本規約の変更又は中止について】• 当該変更は、変更後の応募要項が本サイト上に掲載された時点でその効果が発生するものとします。 【応募要項制定日】 2019年10月1日 制定• その場合は、屋外など電波状況の良いところでチェックインカメラを起動いただいてから店舗内でチェックインを行ってください。

次の

なか卯のコラボ・店舗・古戦場が話題

なか卯 グラブル

グランブルーファンタジーとは 『グランブルーファンタジー』は、2014年3月10日より配信開始された国内有数の大人気ソーシャルゲームです。 公式略称は「グラブル」。 Cygames社が開発運営し、現在mobage、Google play、App Store、DMM. com等のプラットフォームで配信されています。 2017年4月~6月にはテレビアニメも放送され、漫画や小説等のメディアミックスも活発です。 プレイヤーは騎空士となって空を旅し、伝説の島イスタルシアを目指して冒険に出ます。 ゲームシステム APを消費しクエストでバトルに勝利するとルピや経験値、武器や各種アイテム等報酬が獲得できます。 マルチバトルと共闘クエストは、複数プレイヤーが参加し協力して行うバトルで、マルチバトルでは救援依頼ができ、BPを消費することで救援としてマルチバトルに参加することが可能です。 サブメンバー2人はメインメンバーが戦闘不能になると代わりに戦闘に参加します。 主人公には取得済みのジョブが設定でき、ジョブ固有のアビリティを3つまで習得可能で、EXアビリティを1つ自由に設定できます。 武器編成は、主人公のジョブによって装備できる種類が限られるメイン武器1つとその他9つを設定します。 主人公の属性はメイン武器の属性になります。 召喚石はメイン1つとサブ4つが設定でき、メインに設定された召喚石の加護が適用されます。 複数敵の場合はチャージターンの少ないものから倒していくのが基本方針です。 ボス等の一部の敵にはモードゲージがあり、こちらが攻撃すると溜まっていき、最大になるとオーバードライブモード OD になります。 OD時は通常より強力な特殊技を使用することがあるので、OD状態になったら奥義やチェインバーストでゲージを削り、ブレイクモードに持っていきます。 ブレイクモードでは通常攻撃のみでチャージターンも溜まらないので、この隙きに通常攻撃を連打してアビリティのターン稼ぎをします。 初心者向け序盤の攻略手順 無課金を想定した場合、初心者が効率よくゲームを進めていくには、まずはシナリオを進めていき、武器や召喚石を入手して装備を整えつつジョブを解放し、マグナ武器を集めてマグナ編成を揃えていくことが目標になってきます。 シナリオを進める まずは行けるところまでシナリオクエストをどんどん進めていきましょう。 章を重ねていくことで、ゲームの基本システムであるカジノが解放されたり、無課金や序盤では重要となるSRのメインキャラクターが獲得できます。 とりあえず最初の目標となるのは、各島HARDマルチが全解禁される24章までのクリアです。 シナリオを進めていくとランクも自動的に上がり、各種マルチバトルに参加できるようになります。 ジョブはダークフェンサーの解放を目標に 敵の弱体化や特殊技の妨害ができるジョブで、主人公のメインジョブとして当面使うことになるダークフェンサー クラス3 の解放を目指します。 武器を集めよう グラブルにおいて最も重要で強さに直結する要素が武器編成。 計算機を叩いて理想編成を目指すのはハードルが高いので、まずは基礎的なことを理解して徐々に集めるようにしましょう。 火力に直結するのがスキル「攻刃」が付いた武器。 これらを属性毎に集めていくことになります。 4属性があるセラフィックウェポンはメインクエストを進めると容易に作成可能であるため、早めに作って編成に入れておきます。 各島のマルチバトルで入手できるスキル「方陣攻刃」が付いたマグナ武器を集め、「通常攻刃」武器と組み合わせていきます。 特定種族のステータスを大きく強化できる「バハムートウェポン」の獲得も進めます。 マグナの確定流しを目指す SSRマグナ武器が入手可能なマルチバトルでMVPを獲得するいわゆる確定流しが出来るようになるのが当面の目標。 SSRマグナ武器は武勲の輝きでも入手可能なので、マルチバトルの自発・参加で毎週コツコツ輝きを稼いでいきましょう。 イベントに参加しよう 各イベントは初心者でも参加できるように難易度設定されているので積極的に参加し、武器や召喚石、各種アイテムを入手しましょう。 カジノは日課に カジノはメインクエスト第8章をクリアすることで開放されます。 2CARDポーカーを利用してメダルを稼ぎ、SSR召喚石アナトの獲得を目指します。 エリクシールハーフやソウルシード、各種マグナアニマといった消耗品は毎日交換するようにしましょう。 パネルミッション パネルミッションはチュートリアル的なもので、全てこなすとSSRキャラ武器確定ガチャチケットが貰えるので確実に攻略しましょう。 1stパネルのミッションコンプ景品カーバンクル・ペリドットは貴重な召喚石なので売ったりしないように注意。 はじブルもチェック! 公式攻略動画「」では初心者向けの基礎情報が紹介されているのでチェックしておきましょう。 十天衆とは 十天衆とは、10種類の武器の全空一の使い手が集まった全空最強の伝説の騎空団であり、各武器種に対応したキャラ10人は、古戦場武器を強化していくことで仲間にすることができます。 構成メンバーはウーノ 槍 、ソーン 弓 、サラーサ 斧 、カトル 短剣 、フュンフ 杖 、シス 格闘 、シエテ 剣 、オクトー 刀 、ニオ 楽器 、エッセル 銃。 取得は大変ですが、時間をかければ無課金プレイヤーでも入手できる強力なキャラクター達です。 最終上限解放も実装されており、ガチャ産SSRキャラ以上の破格の性能を備えているので、コツコツ素材を集めて是非獲得を目指しましょう。 決戦!星の古戦場 古戦場とは、敵を倒して稼いだ貢献度によって騎空団同士が争うイベントで「団イベ」とも呼ばれます。 ランキングで特定順位以上を目指す「予選」がまず開催され、その後2つの団で1日の獲得貢献度を競う「本戦」が開催されます。 古戦場では十天衆の加入に必要な古戦場武器が入手できたり、各種アイテムと交換可能な「勲章」が獲得できます。 勲章で交換できる目玉アイテムの「金剛晶」は、好きな召喚石の上限解放ができるアイテムで、基本的には古戦場でしか入手できない貴重なものです。 他には十天衆の加入や最終上限解放に必要となる「ヒヒイロカネ」なども勲章の交換対象になっています。 四象降臨 四象降臨とは、4属性のボスと戦闘を行い「四象の輝き」や「討伐章」を集めて各種報酬と交換できるイベントです。 集めるとヒヒイロカネと交換ができるクロム鋼やSSR四象武器などの報酬が交換対象となっています。 印符を集めることで「黄龍」「黒麒麟」に挑戦できる「四象金印」も入手できます。 輝きが多く手に入るボーナスタイムに戦うようにすると効率的です。 グラブル初心者の方は、初めから3凸されているSSR武器「朱雀光剣 火刀 」「玄武甲槌 水斧 」「白虎咆拳 土拳 」「青竜牙矛 風槍 」が序盤から役立つので優先的に交換するのがおすすめです。 討滅戦 討滅戦とは、特定のボス敵と戦闘して得たドロップ素材と召喚石や武器を交換できる常設コンテンツです。 イフリート 火 、コキュートス 水 、ウォフマナフ 土 、サジタリウス 風 、コロゥ 光 、ディアボロス 闇 の6属性の討滅戦が用意されており、出現するクエストは基本的には72時間毎のローテーション制です。 また期間限定でケルベロス 闇 とフェンリル 水 の討滅戦がイベントとして開催されることもあります。 常設の討滅戦で入手できるSSR召喚石は最大まで解放すればそこそこの性能となるので、無課金や初心者の方であれば序盤の各属性の戦力を強化できます。 1日1回ツイッター回復 「スマホRPGは今これをやってるよ。 今のジョブはこれ!」といったつぶやきをツイッターで見かけたことはないでしょうか。 グラブルではツイッターアカウントと連携する機能があり、ゲーム内からツイートを投稿することで1日に1回だけAPとBPを全回復することができます。 毎朝5時に1日1回の制限がリセットされるので、それまでに回復するのを忘れないようにしましょう。 共闘クエスト 共闘クエストとは、ロビーに集まった1~4人のプレイヤーが協力して1つのクエストに挑戦するマルチバトルです。 通常のマルチバトルとの相違点は、クエストを受注したプレイヤーだけがAPを消費することです。 日替わりで設定されるデイリーミッションが存在し、クリアした際に入手するMPを各報酬と交換することが可能です。 全ミッションを達成すると「碧空の結晶」という貴重なトレジャーがコンプリート報酬として手に入ります。 また、JMP ジョブマスターピース というジョブ専用武器の入手及び強化に必要となるアイテムも入手できるため、重要なコンテンツの一つとして位置づけられます。 公式推奨ブラウザ SkyLeap SkyLeapとは、モバゲーを運営するDeNA社が提供するスマホ向けブラウザで、グラブルPも当ブラウザに搭載されている機能を使用してプレイしても問題ないとアナウンスしています。 「ジェスチャー」と「クイックアクセス」の機能を活用し周回速度を上げ効率化する等、通常のアプリよりも快適に遊ぶことができるのでぜひ試してみよう。 アーカルムの転世 『アーカルムの転世』は、イベントではない一人プレイ用の常設コンテンツで、毎日コツコツ進めていくことで召喚石「アーカルムシリーズ」を入手でき、それらの召喚石をSSR5凸まで強化することで解放されるフェイトエピソードをクリアすると、対応する十賢者を仲間にすることができます。 メインクエスト第44章クリア後にフリークエスト『胎動する世界』をクリアすることで本コンテンツをプレイすることができるようになります。

次の