キャベツ 作り置き。 キャベツの作り置きレシピ22選!お弁当に合うおかずや常備菜を簡単に!

料理上手さん伝授!白米と一緒に食べたい絶品キャベツ×作り置きレシピ♡

キャベツ 作り置き

キャベツは乾燥に弱いので外葉が付いていれば外葉で包み、ビニール袋か新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室に保存します。 キャベツは畑の状態と同じになるよう芯を下にして立てて保存します。 芯には切込みを入れておくと余計に成長するのを防ぐことが出来ます。 芯をくりぬいて代わりに水分を含ませた脱脂綿かキッチンペーパーをつめておけばみずみずしさが長持ちします。 この場合も新聞紙かビニール袋に入れて保存します。 葉は一枚ずつはがして使うほうが長持ちします。 カットした場合はラップに包んで保存しましょう。 千切りかざく切りにして水にさっとつけ、水を切ってそのまま冷凍保存することも出来ます。 ざく切りにして塩もみ、水けを出してから絞ったものを冷凍保存することもできます。 1枚1枚熱湯に通したものを冷凍保存することも可能です。 他にも塩漬けにして冷蔵保存することもできます。

次の

春キャベツでおいしく腸活!「酢キャベツ」作り置きレシピ

キャベツ 作り置き

仕事や行事で忙しい時、おかずをあと一品追加したい時…。 ひとつ常備菜が冷蔵庫にあるだけで違いますよね。 今回は編集部おすすめの『キャベツ』を使った常備菜をご紹介します。 週に1度の作り置きで、平日がグッと楽になるはずですよ。 栄養がぎゅっと詰まった常備菜『芽キャベツとマッシュルームの塩麹炒め』 コロコロと丸い形が可愛い芽キャベツとマッシュルームを簡単でおいしい常備菜にしてみませんか。 材料とレシピは 作り置き常備菜シリーズ『春キャベツとベーコンの蒸し煮』とアレンジレシピ 生で食べるのもおすすめだけど、少し火を通して塩気と一緒にいただくと、その甘みがさらに増しておいしい!なるべくシンプルに、旬の恵みを味わってみませんか? 材料とレシピは 保存食のある暮らし~旬の春キャベツで腸を活性化『自家製シュークルート』 旬の春キャベツをたっぷり使って保存食を作りませんか。 材料とレシピは カレーの香りがじめっとした気持ちを吹き飛ばす!『夏野菜のカレー漬け』 酸味のきいたさっぱりとした浅漬けもいいですが、たまにはカレー風味で楽しんでみませんか?食欲そそるカレーの香りで、もりもり野菜が食べられちゃいそう。 材料とレシピは さわやかな三つ葉の香りに箸がススム『春キャベツと三つ葉の漬物』 春から初夏に季節が移り変わる時期にピッタリの一品です。 箸休めと思ったのにグングン箸が進んでしまいますよ。 材料とレシピは 鮮やかな色味が食卓に彩りを『紫キャベツの甘酢漬け』 自然な色味とは思えないほど鮮やかな紫キャベツ。 食卓に加わるだけで一気に華やかになりおしゃれになりますよね。 甘酢漬けにすることでその色がさらに美しくなります。 お弁当の色味としてもあると便利なこちらのレシピは、多めに作って常備菜にしてしまいましょ。 材料とレシピは ワインに合わせたいおばんざい『ザワークラウト』 塩麹で塩もみしたら、白ワインとスパイス入りの調味料で味を染み込ませて。 ワインにぴったりなおつまみ&箸休めに。 蒸し煮をするので消化も良くて食べやすいので、あと一品にもお弁当にもおすすめです。 たっぷりつくって冷蔵庫で常備したい一皿ですよ。 材料とレシピは いつものキャベツにインドの風味を『さっぱりクミンキャベツ』 キャベツのコールスローに飽きたら、クミン風味とさっぱり味のキャベツを楽しみましょう。 材料とレシピは 4月のお献立、その2。 今が旬『春キャベツのコールスロー』 年間を通していつでも手に入るキャベツですが、春キャベツは葉が柔らかくてみずみずしく巻きがゆるやかなのが特徴。 サラダなどの生食にぴったりですね。 材料とレシピは ざくざく食感『キャベツ入りのポテトサラダ』 キャベツをざくざく切ったらそのまま和えてしまいましょう。 食感が楽しいポテトサラダのできあがり。 ウインナーも大きめに切って、大胆で飾らない一皿です。 材料とレシピは 柔らかくて甘い旬の春キャベツをたくさん食べよう!『春キャベツのペペロンチーノ』 相性のいいアンチョビとにんにくと一緒に火を通した春キャベツは、甘みが増して生とはまた違ったおいしさです。 ポイントは、火の通し方。 みずみずしさを失わないようあくまでさっとですよ。 白ワインのおともに、ぜひお試しあれ。 材料とレシピは 昆布水でつくる『トロトロキャベツと焼き葱の鶏団子スープ』 お鍋料理のような、スープのような、とろっとろに煮込んだキャベツの甘みと、焼いた葱の甘みがおいしいスープのご紹介。 ふぅ〜っふぅ〜っと冷ましながらあつあつのスープ、いただきましょ。 材料とレシピは 電子レンジで出来る!1枚肉を包んだ『鶏もものロールキャベツ』 ロールキャベツというと、コネコネしたお肉を巻がほどけないように1つ1つ包むので大変ですよね。 でも、これなら簡単に巻けますよ。 材料とレシピは いくらでも食べられそう やわらかな甘み『春キャベツと桜海老のお浸し』 毎日食べても食べ飽きないこちらのレシピ。 ピンク色の桜えびでちょっぴりおめかしして、春の恵みをたっぷりいただきましょう。 材料とレシピは きのこの旨みたっぷり!『絶品きのこ豆乳ディップとグリル野菜』 年中手に入るきのこだけど、実は秋が旬の食材。 そんなきのこをたっぷり使って、自家製のきのこソースをつくりましょう。 グリルした野菜に付けるソースだけでなく、バケットのディップとして、ローストビーフや魚のソースとしてもおすすめ 材料とレシピは ドレッシングなんて必要ない!家にある材料でお店の『コールスローサラダ』 たまに食べたくなる「コールスローサラダ」。 シンプルだからこそ腕の見せ所でもありますね。 フライの付け合わせに、またサラダだけをたっぷり挟んだサンドイッチもいま人気です。 お野菜嫌いなお子様でもこれなら食べてくれる、ということも。 一手間加えるだけで、食感も食味もアップしますよ。 材料とレシピは 記事/ケノコト編集部 その他のおすすめ記事.

次の

キャベツの保存方法と保存期間、長持ちのコツ

キャベツ 作り置き

キャベツを1枚ずつはがし、よく洗う。 1枚ずつくるくる巻き、巻いた方向と平行に千切りにする。 切ったキャベツをポリ袋に入れて、塩小さじ1を加える。 ポリ袋に空気を含ませた状態で袋の口を閉じて持ち、シャカシャカと振る。 空気を抜いて口を閉じ、そのまま15分ほど置いておく。 袋ごとぎゅっと水気をしぼって完成。 お肉と一緒に野菜もモリモリ!キャベツの豚バラ巻き 水分が抜けてぎゅっと小さくなったキャベツを豚バラ肉で巻き、甘辛の照り焼きにします。 豚バラ肉を2枚重ねて塩・コショウを振り、塩もみキャベツを20gほど取りぎゅっと手で小さくなるようにおさえ、豚バラ肉の端にのせる。 豚バラ肉をくるくると巻き、薄力粉を薄く全面にはたいておく。 フライパンに油を熱し、(2)の巻き終わりを下にして全面に焼き色がつくまで中火で焼く。 弱火にし、フライパンの油を軽く拭き取り、Aの合わせ調味料を流し入れる。 汁気がなくなるまで照り焼きにしたら皿に取り、斜め半分にカットする。 簡単キャベツスープ ベーコンとキャベツを使った簡単なスープです。 塩もみキャベツをストックしておくことで、切る手間と炒めてしんなりさせる時間を短縮できます。 【 材料 】(2人分) 塩もみキャベツ 50g ベーコン 1枚 水 300ml 固形コンソメ 1個(4. 5g) 【 作り方 】 1. ベーコンを短冊切りにする。 鍋にベーコンを入れて中火で軽く焼き、キャベツも加えて2分ほど炒める。 水とコンソメを加えて沸騰させ、コンソメが溶けたら完成。 和えるだけコールスローサラダ あらかじめキャベツを切って水分を抜いておくことで、和えてもベチャッとしにくいコールスローになります。 【 材料 】(2人分) 塩もみキャベツ 50g コーン 缶 10g マヨネーズ 大さじ2 塩・コショウ 少々 【 作り方 】 1. 材料を全て混ぜて完成。 他にも、塩昆布と和えたり、ツナやトマトと一緒にサラダにしたり、お好み焼きの材料にしても良いですよ! 買ってきたら新鮮なうちに塩もみして夕食の準備をラクに! 時短のために役立つポイントが2つあります。 ・しんなりすることで料理にすぐ使える 調理の度に野菜を切っていると思いのほか時間がかかるので、あらかじめ切っておくと便利です。 かと言って、野菜を切ってから日にちが経つと変色してしまうこともあります。 今回ご紹介した野菜を切ってから塩もみすることで水分が抜け、生だとかさばる野菜もしんなりして密閉もしやすくなります。 空気と触れにくいので変色防止にもつながります。 また、水分が抜けてしんなりすると扱いやすくなり、サラダやスープなどをつくるのに時間がかかりません。 ・新鮮なうちに野菜を切って塩もみをしよう 野菜などの生鮮食料品は時間が経つごとに傷んでいってしまいます。 食材を購入したらなるべく早めに下処理をしてしまいましょう! また、水分が抜けることで傷みにくく、殺菌効果のある塩を加えておくので保存も利きます。 食材のもちが良くなるので買い物に何度も行く時間の短縮にもなります。 消費に困る時や野菜不足解消にもオススメ キャベツや大根など半分にカットしてあるものも販売されていますが、カットしてあるとやや鮮度が落ちやすく、値段も割高であることが多いです。 なるべく丸のままの野菜を買う方がオススメです。 しかし、キャベツ1玉を買ってもどう使おうかと悩んでしまうことはありませんか? 冷蔵庫内の収納スペースにも限りがありますよね。 そんな時は塩もみしておくとかさも減らせます。 キャベツを1玉買ったら、半分はあらかじめ塩もみしておくととても便利です。 塩もみキャベツは生のキャベツよりもかさが減っていることでたくさんの量を食べやすいこともメリットです。 野菜不足が気になる方にもおすすめですよ。 時短、保存性、野菜不足解消などたくさんのメリットがある塩もみキャベツ。 冷蔵庫にストックしてあると安心なのでぜひ作っていろいろとアレンジしてみてはいかがでしょうか?.

次の