炭治郎 bl。 『鬼滅の刃【短編集】』第3章「一夜の夢、永遠の契り【煉獄×炭治郎】※炭目線(オメガバース)」 35ページ

大喜利こんな鬼滅の刃は嫌すぎる!!どんな内容でしょうか?例炭治郎がBL...

炭治郎 bl

リンク先を参照。 概要 煉炭とは「」に登場する炎柱・と主人公・のBL。 二人の初対面は柱合会議のときであり、後に共に任務につく。 これ以下原作7巻以降のネタバレ注意 竈門炭治郎、、、の4人が炎柱である煉獄杏寿郎と共に挑んだ無限列車での任務は煉獄の圧倒的な強さと4人それぞれの活躍によって無事完遂された。 が、そこに新たなが襲来する。 負傷していて動けない炭治郎の前で、煉獄はと激闘を繰り広げるがあと一歩のところで敗北。 戦いによって致命傷を負い自身の余命を悟った煉獄は炭治郎に向かい、静かに語り出す。 「竈門少年、俺はを信じる」 「鬼殺隊の一員として認める」 「命をかけて鬼と戦い人を守る者は誰が何と言おうとの一員だ」 「胸を張って生きろ」 「己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと 心を燃やせ。 歯を食いしばって前を向け」 「俺がここで死ぬことは気にするな。 柱ならば後輩の盾となるのは当然だ」 「竈門少年、、。 もっともっと成長しろ」 「そして今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ」 「俺は信じる」 「君たちを信じる」 前後・一部省略 そう言い遺し煉獄は逝った。 その後、柱稽古での反復動作の際に家族の事を思い出した後 『心を燃やせ』という言葉で集中力を高めたり、猗窩座戦では「 杏寿郎は死んでよかった」という言葉に闇堕ちするかのような表情で激しい怒りを見せた等、終盤になっても炭治郎にとっての煉獄の存在感は非常に大きいと言える。 ここより単行本未収録のネタバレ注意 無惨の攻撃により右目を失い、毒により生死の境を彷徨った炭治郎が戦場に復帰し、無惨との一騎打ちとなった時、炭治郎は煉獄の鍔の付いた日輪刀を握りしめ 『心を燃やせ』と自らを鼓舞した。 このシーンで煉獄の鍔がアップされ、彼が炭治郎の心の拠り所であるとことを見せつけたシーンとも言える。 無惨との死闘が最終局面に入り、炭治郎は巨大な赤ん坊と化した肉塊に取り込まれてしまう。 太陽光から必死に逃げようとする無惨を鬼殺隊総力をもって食い止めるも万策が尽きた時、無惨の肉塊のに取り込まれた炭治郎は日輪刀を握りしめ、単独での赫刀を出現させた。 そのダメージは無惨への最期の致命打を与え、太陽光で灰塵となった。 炭治郎は最後の最後まで心を燃やせと鼓舞し煉獄と共に最後の力を出し切ったのだ。 闘いは終わり、朝を迎えた炭治郎は呼吸も心臓も止まていた。 膝をつき、折れた刀を握りしめこと切れた炭治郎の姿はまるで黎明の煉獄の姿そのものであり、こんなところまで彼を追わなくとも・・・と誰もが涙する。 しかし炭治郎は無惨の最期の血を注ぎ込まれ鬼と化す。 皆が必死に食い止め、人間化の薬を打ち込まれた炭治郎は無惨に取り込まれた精神世界の中で死んでいった仲間たちに後押しされ、元の世界へと戻ろうとしていた。 その時、後頭部を支え一番力強く炭治郎を支えたのが煉獄だった。

次の

『鬼滅の刃【短編集】』第3章「一夜の夢、永遠の契り【煉獄×炭治郎】※炭目線(オメガバース)」 34ページ

炭治郎 bl

「炭治郎さん、動かないで!メイクズレちゃいます!!」 「す、すいません」 メイド長さんに怒られてしまった。 しかし、とてもくすぐったい。 「はい!OK、衣装はちょうどいいかしら?」 「あ、はい。 ありがとうございます」 メイド長さんは俺の全身をまじまじ見ると満足そうに笑った。 「完璧ね!杏寿郎様がお待ちよ。 速く行きなさい」 「ありがとうございます!!」 ぺこりとお辞儀をして、部屋を出ようとすると この匂い…まさか 「うむ!似合っているではないか、炭治郎」 「杏寿郎様!?」 杏寿郎様も綺麗な衣装を来ていて普段より格好良く見えた。 嬉しそうな匂い… 「あ、ありがとうございます……」 「うむ!では、行こうか」 杏寿郎様は俺に手を差し出した。 「ひ、一人でも歩けますよ!」 すると、杏寿郎様はフッと笑った。 「今回は俺にエスコートさせてくれ」 ヒェ…恐るべし 「は、はい…」 恐る恐る手を杏寿郎様の手に載せた。 「それでは、行こう」.

次の

鬼滅の刃 (炭善)(善逸受け)

炭治郎 bl

リンク先を参照。 概要 煉炭とは「」に登場する炎柱・と主人公・のBL。 二人の初対面は柱合会議のときであり、後に共に任務につく。 これ以下原作7巻以降のネタバレ注意 竈門炭治郎、、、の4人が炎柱である煉獄杏寿郎と共に挑んだ無限列車での任務は煉獄の圧倒的な強さと4人それぞれの活躍によって無事完遂された。 が、そこに新たなが襲来する。 負傷していて動けない炭治郎の前で、煉獄はと激闘を繰り広げるがあと一歩のところで敗北。 戦いによって致命傷を負い自身の余命を悟った煉獄は炭治郎に向かい、静かに語り出す。 「竈門少年、俺はを信じる」 「鬼殺隊の一員として認める」 「命をかけて鬼と戦い人を守る者は誰が何と言おうとの一員だ」 「胸を張って生きろ」 「己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと 心を燃やせ。 歯を食いしばって前を向け」 「俺がここで死ぬことは気にするな。 柱ならば後輩の盾となるのは当然だ」 「竈門少年、、。 もっともっと成長しろ」 「そして今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ」 「俺は信じる」 「君たちを信じる」 前後・一部省略 そう言い遺し煉獄は逝った。 その後、柱稽古での反復動作の際に家族の事を思い出した後 『心を燃やせ』という言葉で集中力を高めたり、猗窩座戦では「 杏寿郎は死んでよかった」という言葉に闇堕ちするかのような表情で激しい怒りを見せた等、終盤になっても炭治郎にとっての煉獄の存在感は非常に大きいと言える。 ここより単行本未収録のネタバレ注意 無惨の攻撃により右目を失い、毒により生死の境を彷徨った炭治郎が戦場に復帰し、無惨との一騎打ちとなった時、炭治郎は煉獄の鍔の付いた日輪刀を握りしめ 『心を燃やせ』と自らを鼓舞した。 このシーンで煉獄の鍔がアップされ、彼が炭治郎の心の拠り所であるとことを見せつけたシーンとも言える。 無惨との死闘が最終局面に入り、炭治郎は巨大な赤ん坊と化した肉塊に取り込まれてしまう。 太陽光から必死に逃げようとする無惨を鬼殺隊総力をもって食い止めるも万策が尽きた時、無惨の肉塊のに取り込まれた炭治郎は日輪刀を握りしめ、単独での赫刀を出現させた。 そのダメージは無惨への最期の致命打を与え、太陽光で灰塵となった。 炭治郎は最後の最後まで心を燃やせと鼓舞し煉獄と共に最後の力を出し切ったのだ。 闘いは終わり、朝を迎えた炭治郎は呼吸も心臓も止まていた。 膝をつき、折れた刀を握りしめこと切れた炭治郎の姿はまるで黎明の煉獄の姿そのものであり、こんなところまで彼を追わなくとも・・・と誰もが涙する。 しかし炭治郎は無惨の最期の血を注ぎ込まれ鬼と化す。 皆が必死に食い止め、人間化の薬を打ち込まれた炭治郎は無惨に取り込まれた精神世界の中で死んでいった仲間たちに後押しされ、元の世界へと戻ろうとしていた。 その時、後頭部を支え一番力強く炭治郎を支えたのが煉獄だった。

次の