初音 ミク スイッチ。 Switch版『初音ミク プロジェクトDIVA』、ファミ通レビューで8888の32点。ジョイコン降り降りモードはいまいち、収録曲が少ないのもネックとの評価

【悲報】Switch『初音ミク DIVA mega39s』アレがモロ見えのバグ、アプデ修正が確定してしまう。

初音 ミク スイッチ

ねこみみスイッチとは、0にされた、のである。 概要 によるの9作にして、初めてを果たした楽曲。 、にて配信されている。 同Pにとってはしい以外のとなる。 そのせいで「永遠の」とが付けられていることもある。 、、、等の生作品もされており、では「」、「」にも収録されている。 の作品は、間プリSPにて、Dを受賞。 ""領域では、によるが有名。 g 例えば 非 的な ことも 信じてしまう どきには 君と 私で フラ フラ すかさず 片手 繋いだら ふたりの 相乗 効果で が 動転 してる 色の 間に 模様の 線 頭の 上で ピカ ピカ いちばんと の の 帳が おりる 頃に 君と 私で 見つけた めいた い ためしに 押した だけど 崩壊 だとか 起こる はず ないね だか ら安 心して おやすみ 君と 私で ヒュー ヒュー アツい 刻んだら つけて ふたりで ゴロ ゴロ しましょ ナツい アツだね フー フー の 浴びたら が 溶けて ポタ ポタ あらら ちょっぴり せつないね 関連動画 かねてより、「」氏の楽曲作品に対しては、優れた生作品が本に多数されてきた。 本楽曲『ねこみみスイッチ』にたいしても、優れた生作品群が集積されつつある。 優れた生作品がさらなる優れた生作品を生み出し続ける発展的連鎖につき、その数例を供覧する。 紙コラージュPV作品 本作品は、の作品である。 による卓越した作品。 「」等の包装を用いた、色の鮮やかな作品となっている。 本作品に舞踏的要素を加えた作品もされた。 Ver. 右作品は、による『ねこみみスイッチ』の振り付けにが踊った作品のモーションを、卓越した作品である。 本作品は、午前過ぎを達成した。 本作品は、間プリSPにて、Dを受賞した。 MikuMikuDance動画作品及び関連マイリスト の作品()、のモーション作品()、の作品()などがされている。 のものはモーションも開されており、それをを基盤にした作品が多数されている。 の作品でも、前者のモーションが使用されている。 はの開。 の作品は彼の舞踏作品をしたものである。 0には、者のにより、「」収録作品のモーション作品がされている。 には、の「」を化して使用した作品が、によりされた。 本作品では、のモーションが一部使用されている。 上記左の作品で使用されたは、「さん」として配布された。 本配布では、の楽曲作品「」に対する、の踊った作品を、がしたモーションが使用されている。 「踊ってみた」作品 の「」。 音ゲー 「」、「」にも収録された。 関連静画 関連商品 作者プロフィール&関連コミュニティ 関連項目• 関連リンク• まぁこんなな話ととが繋がってるとかとが繋がってるとかのだがな 21 ななしのよっしん.

次の

初音ミク Project DIVA MEGA39's完全攻略

初音 ミク スイッチ

実は2016年に発売されたPS4版も当初ダウンロード版のみで発売され、初週3万本だったにも関わらず、口コミでジワ売れし続け最終的に16万本売り上げて、2017年にパッケージ版の発売が決定した。 今回のスイッチ版「MEGA39s」とPS4版「フューチャートーン」は、もともとはアーケード(ゲーセン)版「初音ミクアーケード」の移植作であり、その集大成となるソフトである。 これらの作品に登場する初音ミクは、PDAFT式と呼ばれ、主に海外で高い評価を得ている。 グーグルで「PDAFT MIKU」で検索すると、アーケード版のデータからぶっこ抜いたミクの3Dモデルが多数公開されている。 それらをPCでMOCUMOCU DANCEなどで動かせば、VRで、PS4版の初音ミクをMMDキャラクターとして動かす事が可能だ。 エッチもできる。 この記事を読んでる諸君は同じように、初音ミクのパンツが見たくて、あんなコトをしたくてたまらないはず。 パンツが見れる曲まとめはこの下 ・【スイッチ版のみ】 一時停止バグで見る(パッケージ版のみ。 アプデすると見れなくなる。 私は、PS4版をもう1年以上アプデしていない。 昔ニコニコ動画で3Dモデルを動かすのが流行った。 MMDはフリーソフトで提供されている。 PDAFT式ミクの3Dモデルは、海外サイトで手に入る。 VR環境がなくても、ふつうのノーパソでも動く。 MMDオリジナル版より、"はるかに"使いやすい。 VR環境があれば、VRで見れる。 これらのやり方をくわしく解説する。 ・ みくみくにしてあげる:イントロから見える。 おそらく一番ガードがゆるい曲 ・ Dear Cocoa Girl:序盤下からのぞき込むアングル、ミクが片足上げる。 その後、足を上下に大きく動かすダンス。 ミニスカ衣装だと、かなり見える。 曲のラストに股の下からのぞき込むアングルあり。 アップデートするとカメラワークなどが変更されて見れなくなる場合がある。 PS4版では、初期は見れた。 最新アップデートで見れるかは確認していない(アプデすると戻せないため)。 見たい人はアプデしないように! PV観賞中にスカートが上がる時に一時停止を繰り返しすとスカートがめくれるバグ見つけた。 それぞれポーズあり、無し並べてます。 かなりお手軽に見る事ができる。 スイッチ(パッケージ)版初音ミクはプレミアつきそうw PS4カメラ改造で見る PS4を改造して、カメラを神が作ったツールでいじって、パンツを見る方法がある。 成功すれば、高画質なPS4版「初音ミク」で自由にカメラを動かせるようになるので、最高の抜きツールと化すが、なにぶんPS4の改造難易度が高い。 幸いにも、PS4改造に成功した人たちがYOUTUBEにたくさん動画を投稿しているので、それを見よう。 検索ワードはYOUTUBEで「初音ミク 紳士視点」「初音ミク ローアングル」など。 動画削除された場合は、「lowangle」など英語で検索してみよう。 PDAFT式ミクは外人にも多くの固定ファンがいるので、ネット上から動画が消える事はない。 【2chのPS4改造スレ】 MOCUMOCU DANCE で見る (MOCUMOCUDANCEの公式サイト) MOCUMOCU DANCE は、MMDモデルをVRで見るためのソフトだが、 VR機器がなくても使える。 マウスや360コントローラーで操作可能。 そしてすごくソフト自体が使いやすい。 例えば、MMDオリジナルソフトの「MikuMikuDance」は10年以上前の古いソフトで、操作が難しい。 キャラクターを動かすのも一苦労だ。 しかし「MOCUMOCU DANCE」は、起動してすぐキャラクターを表示したり、動かしたり、他の人が作ったシーンをロードできる。 初心者でも直感的に使えるUIとなっている。 今からMMDやるなら「MOCUMOCU DANCE」しかありえない。 VRでもヌルヌル動く。 ARにも対応している。 神ソフト。 これで無料だというから驚く。 PDAFT式初音ミクが、MMDモデルデータとして海外サイトで配布されているので、それをダウンロードしてきて、フォルダに入れれば、初音ミクにPS4版の曲を踊らせたり、エッチさせたりを、カメラを自由に動かしながらできる。 VRだとさらにヤバいことになる。 ミク好きなら必須ソフト。 MOCUMOCU DANCEに色々なアニメやゲームのキャラの3Dモデルやごほうびシーンのデータを大量に詰め込んだ神ソフト。 これ1つあれば、イリュージョン(笑)とかゴミになる。 他のワード(単語)でも色々検索してみよう。 実機からのぶっこ抜きなので、作者の技術力によって、スカートがおかしかったり、ミクの顔が違ったり、PSP版の古いデータだったりする。 しかし当たり(PS4版のデータ)はちゃんとあるので、納得行くまで探そう。 私がアップするわけにはいかないので、自力で探すしかない。 ここまでいけば、あとは拾ってきたPDAFT式初音ミクの3Dモデルデータを、Wifu SEX Simulatorのmodelフォルダに入れれば、初音ミクを自由に動かせる。 Wifu Sex Simulatorの使い方は、グーグルで「MOCUMOCU DANCE 使い方」で検索。 中身はMOCUMOCU DANCEなので応用できる。 【おまけ】ミクを裸にする MMDモデルのキャラクターは、服を着せたり脱がす事ができる。 要は裸にできる。 PDAFT式初音ミクの場合、裸データありの初音ミクを探したけどあまり良いのがなかったので、5分で自作した。 やり方はかんたんで、PDAFT式初音ミクの頭の3Dモデルと、MMDのいやらしい体をした裸の3Dモデルを合体させるだけ。 専用ツールがある。 初心者でもかんたんにできる。 【かんたんな解説】 【ソフトがある場所。 3ページ目の「簡易Pmd/Pmxモデル頭部挿げ替えツール v0. 15b. zip」ってやつ。 説明書も入ってる。 】 MMDは自力で脱がす事もできるが、専門知識が必要になる。 頭すげ替えツールを使えば、かんたんに好きなキャラクターの頭と、エロいキャラクターの体(裸あり)を合体できる。 解説するとキリがないのでこのへんで。 【編集後記】 スマホで初音ミク・DIVAシリーズ(PDAFTモデル)の新作だしてほしいな。 ぶっちゃけ俺はリズムゲー苦手だ。 けど初音ミクは好きだ。 PS4版初音ミク・フューチャートーンのリズムゲーム部分を遊んだのはほんの1時間くらいで、あとはずーっと、初音ミクのミュージックビデオを見たり、パンツを見たりしている。 この間口の広さが、フューチャートーンが受けた理由だと思う。 c SEGA - -.

次の

全101曲を収録! Switch「初音ミク Project DIVA MEGA39’s」本日発売

初音 ミク スイッチ

ニンテンドー3DSでは『』シリーズがおなじみだが、『初音ミク Project DIVA』シリーズとはゲーム性も初音ミクさんのキャラクターモデリングも大きく異なる。 そのため、『』の登場に注目している人も多いのではないだろうか。 そこで本稿では、『初音ミク Project DIVA MEGA39's』のファーストインプレッションをお届け。 一足先に本作に触れる機会を得たシリーズファンでもあるライターが、所感を交えつつ見どころを解説していきたいと思う。 少しでも興味があればぜひチェックを! 2種類のリズムゲームは驚異の満足度 『MEGA39's』は、プレイステーション4で発売・配信されている『』、『』の流れを汲むタイトルだ。 この『』という作品は、初音ミクさんがこれまでの12年間で歌い上げてきた楽曲の歴史を、たった1本で体感できてしまうという超傑作と呼ぶに相応しいゲーム(と筆者は思っている)。 そんなすばらしい作品の後継作がNintendo Switchでも遊べ、どこへでも気軽に持ち運びできるというのだから、皆さんにもぜひ注目していただきたい。 本作のふたつのモードも、それとまったく同様に異なるゲーム体験ができてしまうため、かなりの満足感が得られる。 ひとつ目のアーケードモードは、画面上に表示されているターゲットアイコンと飛来するメロディアイコン(ノーツ)が、ピッタリと重なるタイミングで対応するボタンを押すというシンプルなもの。 大部分のノーツがボーカル部分に合わせて流れてくるため、まるで初音ミクさんが歌っているかのようなプレイフィールが味わえるのが大きな特徴だ。 ミスをすると歌が途切れる(設定でオフにもできる)こともあり、自分が歌わせているという感覚も強い。 Joy-Conを傾けてカーソルを動かし、上から流れてくる横長のメロディアイコンと重なったタイミングでZL(L)、ZR(R)ボタンを押すというルールになっている。 アーケードモードよりさらにシンプルなので簡単そうに感じるかもしれないが、左右ふたつのJoy-Conを同時に操作するのは、慣れるまでは案外難しい。 しかし慣れてくるとカーソルを左、右、左、右と左右に振るのが徐々に気持ちよくなっていくからおもしろい。 最終的には誰しも自然と体も動かしてノリノリになってしまうんじゃないだろうか。 サポートオプション機能をオンにすればZL、ZRボタンは押しっぱなしでも受け付けてもらえるようになる(ただし基本はFINE扱い)ため、慣れるまでは利用するのがよさげ。 いっしょに遊んでくれる友だちがいるというユーザーであれば、ふたりでJoy-Conを片方ずつ操作するという、嬉し恥ずかしなプレイ方法も実践できる。 ぜひ試してみてほしい。 全曲プレイ済みというわけではなく新規の曲ばかりで遊んだ感想で恐縮だが、ミックスモードで個人的に気に入った曲は『』だろうか。 もともと好きな楽曲だったというのもあるが、間断なくノーツが連続で流れてくるパートと長押しのパートが程よいバランスになっていて、指に心地いい。 ハードの譜面ゆえに、もっぱらサポートオプション有りの押しっぱなしプレイだったが、いずれは機能オフで遊べるようになりたいと思う。 このモードではノーツスピードも自分で自由に変えられるので、お好みの速度にすればさらに遊びやすくすることも可能だ。 ミスをしまくっても最後まで演奏できる完奏モード、ワンボタンで瞬時に設定した場所からリスタート可能な練習モードのプラクティスといったお役立ちのモードもあるので、必要に応じて使いこなしていきたい。 地味にすごいと思ったのが操作設定。 これが本当にありがたい。 筆者のようにプレイステーション4でやり込んでいるプレイヤーは、アーケードモードのプレイ時にボタン表示で戸惑いがち。 もちろん、Nintendo SwitchのXYBAや矢印、それらの混在パターンだって選択できる。 キーの配置も自在に変更できるし、ボタンひとつで同時押しの設定もできるからスゴいのひと言。 もう何と言うか、ありがとうセガ。 さらにかわいく調整された全101曲の必見PV 『MEGA39's』では、シリーズ初収録となる9曲と既存の91曲に加え、本作のために kz livetune 氏が書き下ろしたテーマソング『』を含めた全101曲が収録されている。 リズムアクションゲームとしてかなりの楽曲数だと思われるが、プレイステーション4版『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』の全238曲というモンスター級の前例があるせいで、いまいちインパクトに欠けるような気がしてしまう。 しかし、実際にプレイしてみると楽曲数はやっぱり多いなと考えを改めることになると思うので安心してよい。 筆者のように飛ばさずに1曲ずつクリアーしていくタイプであれば、全曲制覇までにめちゃくちゃ時間が掛かるため、次第にどうでもよくなるというのが正しい答えかもしれない。 それに、前述の通り本作にはアーケードモードに加えて、ミックスモードが存在していることも忘れてはいけない。 楽曲が同じなのは仕方ないものの、譜面としてはまったく新しいもので遊べるので、ボリューム面に関しては本当に心配ご無用。 ついでに言うとDLCのテーマソングパックというものが初回特典として付いていて(後日無料配信予定)、『』、『』、『』、『』といった楽曲を追加できる。 これら101の楽曲はPVとして鑑賞する楽しみもある。 プレイ中は正直まったく観ている余裕はないため、PV鑑賞モードの存在が非常にうれしい。 最初から全楽曲がオープンになっているのでどれでも好きな楽曲のPVから楽しめるし、プレイリストを編集して連続で観ていくことも可能だ。 作業用BGMみたいなノリで流しっ放しにするのもアリかもしれない。 なお、鑑賞中にAボタンを押すとPVを一時停止させられるので、キレイにスクリーンショットを保存できる。 筆者はPS4版でさんざんトライ済みなので本作ではやっていないが、ベストショットを求めてスクショしまくるのも、なかなかの熱中度だ。 ちなみに今回、キャラクターモデルのグラフィック表現がすべてアニメ調に変更されているが、これがじつにいい感じだ。 『』でも、いくつかの楽曲で採用されていたという技術を使い、さらに進化させているそうで、もともと自分好みの絵柄だったせいもあって非常に気に入った。 統一感があるし、既存曲のプレイも新鮮に感じる。 そう言えば風の便りに聞いたのだが、既存曲といっても単純に「モデルを変えてはい終わり」というわけにもいかず、すべての曲、すべてのカットで光源の調整など、ミクさんたちがよりかわいく見えるように手が加えられているらしい。 PS4版からのプレイヤーは、そのへんも細かくチェックしてみるのもいいかもしれない。 Tシャツエディットでカスタマイズが激アツに ミクさんたちのモジュール(コスチューム)を着せ替えして、さまざまなコーディネートで歌って踊ってもらうのも『』シリーズの楽しみのひとつ。 基本は楽曲をイメージしたモジュールになっているが、投稿サイトpiaproとのコラボレーションデザインのものなどもあり、控え目に言って300着以上は用意されているらしい。 かわいい衣装がたくさんあって目移りしてしまうが、今回のテーマソング『Catch the Wave』の新モジュールはとくにすばらしい仕上がりになっている。 まだ見ていなければ、ぜひ見てみてほしい。 本作も超傑作に相応しいデキ 『MEGA39's』は非常によくできたリズムゲームに仕上がっていると思う。 楽曲は選りすぐられた101曲なうえ、2種類のリズムゲームで遊べるのでボリューム的にも大満足。 多種多様な難易度とモードで、初めてのプレイヤーからシリーズの上級者まで、幅広い層をフォローしてあるのも好印象なポイント。 気配りが行き届いたキーコンフィグは本当にすばらしい。 一新されたアニメ調のミクさんたちを存分に愛でてもいいし、純粋にリズムアクションとしてネットランキングのスコアアタックに打ち込むのもアリ。 もっとやり込むと違う面も見えてくるかもしれないが、現状本作は自分の中で『』と並ぶ傑作と言える。 Nintendo Switchということで、気軽に持ち出せるのもプレイ環境によっては重宝するんじゃなかろうか。 そんなわけで『Project DIVA』シリーズの未経験者はもちろん、しばらくシリーズで遊んでいなかったという人には『MEGA39's』を絶対に遊んでみてほしい。 とくに後者のユーザーにはけっこうな驚きがあるんじゃないかな。

次の