あいのり桃掲示板。 あいのり『桃 』したらばで炎上!『女性に嫌われ、男にはもてもて』の理由とは?なぜ、ももは勝ち組になれたのか

「あいのり」元メンバーの桃 誹謗中傷には法的措置を取ることを発表

あいのり桃掲示板

桃Instagramより かつて『あいのり』(フジテレビ系)に出演し、現在はブロガーとして活動する桃が、誹謗中傷に対して法的措置をとることを報告した。 28日のブログで桃は、友人で作家のはあちゅうが誹謗中傷訴訟を行った結果、アンチのIPアドレスなどの開示請求が認められたと報告するブログ記事を引用。 「よかった…これで泣き寝入りしなくて済むんだ…本当に、誹謗中傷をした人たちに罰が下される世の中になったんだ…それを頑張って証明してくれたはあちゅう、ありがたすぎる…」とコメントした。 5月に『テラスハウス』(フジテレビ系・Netflix)に出演中だったプロレスラーの木村花さんがアンチからの誹謗中傷に悩み、自殺と思われる形で急死したことを受け「誹謗中傷はやめよう」と大きな声が上がった。 だが、それ以降も桃に対しては「この世から消えて」「今すぐいなくなってください」などと綴られたDMが送られてきていたという。 さらに桃は、有料会員向けのSNS「FOLLOW ME」で投稿した内容がアンチ向けの掲示板に貼り付けられたり、自身の写真に悪意のある加工を施されたりもしたと明かした。 バッシングに悩んでいた桃がはあちゅうに誹謗中傷訴訟の詳細を尋ねたところ「『死ね』とか、ハードな内容でしか対応してもらえないと思ってたけど、ばばあとか、顔でかいとかの割とライトな書き込みでも対象になりうる」ことがわかったそうだ。 そこで桃は、これまでの誹謗中傷コメントには目をつぶるとしつつも「今日からは誹謗中傷や、FOLLOW MEの内容をリークする人に対して、今後、はあちゅうの担当の優秀な弁護士さんにお願いしようと思っています」と宣言した。 桃は以前からSNSや掲示板などでアンチからの誹謗中傷を受けていると明かしていた。 6月には6歳年下の一般男性と再婚したが、ネットでは桃の再婚そのものに対する誹謗中傷や、夫についてのアンチコメントも多く書き込まれている。 今回、桃が誹謗中傷への法的措置を検討していると大々的に報告したことには、自分だけでなく家族にまで誹謗中傷が及ぶことを危惧したためであるかもしれない。 すでに誹謗中傷対策を始めたはあちゅうは、アンチから「子どもを虐待している」という疑いを持たれ、二度も児童相談所に通報されていた。 実生活にまで被害が及んでいる以上、法的措置を取らざるを得ない。 元AKB48の川崎希も誹謗中傷訴訟をし、今年3月にはアンチ2名が書類送検された。 彼女のアンチの中には、「留守は放火のチャンス」などと川崎宅への放火をほのめかすようなコメントをしていた者もいたという。 誹謗中傷訴訟をした理由について川崎希は「(誹謗中傷の中にも)無視できる範囲と、日常生活にまで危害を加えようというほどの悪質な書き込みがあった。 行き過ぎているものは無視できない」と説明していた。 アンチからの日常生活を脅かすような発言や、本人のみならず家族まで中傷するようなコメントは、もはや有名税で済ませることはできない。 今回の桃に限らず、YouTuberのラファエルやメンタリストのDaigoも誹謗中傷に対して法的措置をとると宣言していた。 今後はネットの悪質な誹謗中傷に法的措置をとることが常識となっていくだろう。

次の

「あいのり」元メンバーの桃 誹謗中傷には法的措置を取ることを発表

あいのり桃掲示板

桃Instagramより かつて『あいのり』(フジテレビ系)に出演し、現在はブロガーとして活動する桃が、誹謗中傷に対して法的措置をとることを報告した。 28日のブログで桃は、友人で作家のはあちゅうが誹謗中傷訴訟を行った結果、アンチのIPアドレスなどの開示請求が認められたと報告するブログ記事を引用。 「よかった…これで泣き寝入りしなくて済むんだ…本当に、誹謗中傷をした人たちに罰が下される世の中になったんだ…それを頑張って証明してくれたはあちゅう、ありがたすぎる…」とコメントした。 5月に『テラスハウス』(フジテレビ系・Netflix)に出演中だったプロレスラーの木村花さんがアンチからの誹謗中傷に悩み、自殺と思われる形で急死したことを受け「誹謗中傷はやめよう」と大きな声が上がった。 だが、それ以降も桃に対しては「この世から消えて」「今すぐいなくなってください」などと綴られたDMが送られてきていたという。 さらに桃は、有料会員向けのSNS「FOLLOW ME」で投稿した内容がアンチ向けの掲示板に貼り付けられたり、自身の写真に悪意のある加工を施されたりもしたと明かした。 バッシングに悩んでいた桃がはあちゅうに誹謗中傷訴訟の詳細を尋ねたところ「『死ね』とか、ハードな内容でしか対応してもらえないと思ってたけど、ばばあとか、顔でかいとかの割とライトな書き込みでも対象になりうる」ことがわかったそうだ。 そこで桃は、これまでの誹謗中傷コメントには目をつぶるとしつつも「今日からは誹謗中傷や、FOLLOW MEの内容をリークする人に対して、今後、はあちゅうの担当の優秀な弁護士さんにお願いしようと思っています」と宣言した。 桃は以前からSNSや掲示板などでアンチからの誹謗中傷を受けていると明かしていた。 6月には6歳年下の一般男性と再婚したが、ネットでは桃の再婚そのものに対する誹謗中傷や、夫についてのアンチコメントも多く書き込まれている。 今回、桃が誹謗中傷への法的措置を検討していると大々的に報告したことには、自分だけでなく家族にまで誹謗中傷が及ぶことを危惧したためであるかもしれない。 すでに誹謗中傷対策を始めたはあちゅうは、アンチから「子どもを虐待している」という疑いを持たれ、二度も児童相談所に通報されていた。 実生活にまで被害が及んでいる以上、法的措置を取らざるを得ない。 元AKB48の川崎希も誹謗中傷訴訟をし、今年3月にはアンチ2名が書類送検された。 彼女のアンチの中には、「留守は放火のチャンス」などと川崎宅への放火をほのめかすようなコメントをしていた者もいたという。 誹謗中傷訴訟をした理由について川崎希は「(誹謗中傷の中にも)無視できる範囲と、日常生活にまで危害を加えようというほどの悪質な書き込みがあった。 行き過ぎているものは無視できない」と説明していた。 アンチからの日常生活を脅かすような発言や、本人のみならず家族まで中傷するようなコメントは、もはや有名税で済ませることはできない。 今回の桃に限らず、YouTuberのラファエルやメンタリストのDaigoも誹謗中傷に対して法的措置をとると宣言していた。 今後はネットの悪質な誹謗中傷に法的措置をとることが常識となっていくだろう。

次の

あいのり『桃 』したらばで炎上!『女性に嫌われ、男にはもてもて』の理由とは?なぜ、ももは勝ち組になれたのか

あいのり桃掲示板

好感度の低さが如実に表れてしまう結果になってしまった!? 恋愛バラエティー番組「あいのり」(フジテレビ系)に参加していたブロガーでタレントの桃が自身のブログを更新したのは6月28日。 自身に寄せられる誹謗中傷について弁護士に相談のうえ、今後は法的措置を取ることを発表した。 昨年9月から交際していた6歳下の一般男性と20日に再婚したばかりで、幸せいっぱいの桃だが、アンチからの誹謗中傷には相変わらず悩まされていた。 しかし、友人である人気ブロガーで作家のはあちゅう氏が匿名掲示板での誹謗中傷の書き込みに対する開示請求が認められたことを27日に報告したことを受け、今回のブログでは「本当に、誹謗中傷をした人たちに罰が下される世の中になったんだ…それを頑張って証明してくれたはあちゅう、ありがたすぎる…」と感謝のコメントを綴っている。 また、はあちゅう氏にどんな内容が誹謗中傷として認められるかについても確認済みとのことで、「私は『死ね』とか、ハードな内容でしか対応してもらえないと思ってたけど、ばばあとか、顔でかいとかの割とライトな書き込みでも対象になりうることがわかって、すごく、すごく嬉しいです」として「私のアンチ掲示板の内容なんて、ほとんどの書き込みが、『酷い誹謗中傷等の明白な権利侵害がある』と認めてもらうことが出来るはずです」と続けている。 そのうえで「今までのことは目を瞑ります。 ただ、今日からは誹謗中傷や、FOLLOW MEの内容をリークする人に対して、今後、はあちゅうの担当の優秀な弁護士さんにお願いしようと思っています」と自身も誹謗中傷を厳しく取り締まっていく意向を示した。 しかし、この報告を複数のメディアが報じ、それが大衆の目に触れるYahoo!ニュースにピックアップされるも、そのコメント欄を見ると「アンチではないけど…あなたの投稿にも問題があると思うけどな」「アナタにも節度ある投稿を希望します」「誰もが共感してくれるSNSなんてないよ。 あなたの場合は特段、アンチが多いだけでは?」「これだけアンチが多いのに旦那さんの写真を公開したりする心理が分からない」など、擁護の声がほとんどといっていいほど見受けられない。 「木村花さんの件もあり、ネット上での誹謗中傷に対しては減少傾向にもありますし、どんな経緯があろうと誹謗中傷が悪であることは間違いありません。 実際、はあちゅうが情報開示請求の進捗状況を報告していることを取り上げた記事がYahoo!ニュースにピックアップされても、公平な立場の人が多いこともあって、コメント欄のほとんどが、はあちゅう氏を擁護するコメントです。 しかし、桃の場合は連日ノロケ報告をしたりと、アンチとまではいかないものの、あまりいい感じを抱いていない人も多いと言えるのは事実です」(エンタメ誌ライター) 桃の認識としては自身のアンチ掲示板が荒れているという感覚なのだろうが、自身の好感度が低いことが嫌なのであれば、投稿内容を改善していく努力も必要なのでは? (田中康).

次の