ザイフトークン 買い方。 Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・仮想通貨の種類!銘柄一覧と買い方を解説

zaifザイフトークンのチャートから見る今後の価格予想と買い方

ザイフトークン 買い方

使い道や取引のできる場所も、他の仮想通貨などと比較すると狭いものになります。 しかし 私は 「買い」と判断しています。 その理由も含めて、ここからは詳しい説明に入ります。 ZAIFトークン ザイフトークン の概要・仕様 テックビューロ株式会社の発行するトークン 「ZAIFトークン」は、Zaif取引所を運営するテックビューロ株式会社の発行するトークンです。 ZAIFトークンの発行はCounterpartyプロトコル上で行われていますが、NEMプロトコルへの移行が予定されています。 当初はビットコインの取引高などに応じてテックビューロより発行されていましたが、 2016年7月からZaif取引所で売買できるようになりました。 トークンとは 「トークン」は、デジタルに価値を記録して、モノやサービスと交換される代用貨幣のようなものです。 仮想通貨とは何が違うのでしょうか? そもそも、 仮想通貨はブロックチェーン技術ありきの存在です。 例えばイーサリアム ETH。 イーサリアムはブロックチェーン上でスマートコントラクトなどの実装を可能にしたプラットフォームのことです。 そして このプラットフォームにおける基軸通貨がETH 「イーサ」もしくは「イーサリアム」と呼ばれる なのです。 つまり仮想通貨は新しいブロックチェーンを使った技術とその技術が作り出すプラットフォームと紐づく基軸通貨のこと。 一方で トークンは、既存のブロックチェーンを使って発行されるところに違いがあります。 厳密な定義づけは行われていないのですが、まとめると一般的には以下のように使い分けされています。 仮想通貨とトークンの違い ・ 仮想通貨 新規のブロックチェーン技術上で使われる 基軸通貨 ・ トークン 既存のブロックチェーン技術を利用して発行されるもの ZAIFトークン ザイフトークン 過去の相場・値動き ZAIFトークンの過去のチャート ZAIFトークン市場は2016年の7月に誕生しました。 直近の大きな値動きで言うと、2017年8月21日に約2. 5円まで上昇しました。 これはZAIFトークンへの期待感が高まり一気に過熱したことが要因であったため、今は価格は落ち着いていますね。 ZAIFトークン ザイフトークン の使い道 COMSAトークンセール 実ビジネスのブロックチェーン技術導入を支援するプラットフォーム「COMSA」。 COMSAプロジェクト第1弾として、独自のトークン「CMS」のセールが行われています。 セール期間は2017年10月2日14時~2017年11月6日14時 「CMS」は今後、COMSAを使ってICO 仮想通貨による資金調達 が行われる場合に利用することができます。 この CMSの購入には、主要な仮想通貨であるビットコイン BTC 、イーサリアム ETH 、ゼム XEM だけでなく、 ZAIFトークンも使うことができるんですね。 ZAIFトークン ザイフトークン の将来性 テックビューロとしては価値を上げて盛り上げたいはず 2017年11月現在、ZAIFトークンの使い道は上述のCOMSAのみです。 つまり、トークンセールが終了してしまうと使い道がなくなってしまうということになります。 ではZAIFトークンは価値を持たないのでしょうか? 私は、 ZAIFトークンは非常に将来性の高いトークンだと考えています。 その一番の理由は、 ZAIFトークンを盛り上げることはその発行会社であるテックビューロの利益になるからです。 仮想通貨市場が盛り上がりを見せ、取引所を運営する会社はアフィリエイト報酬を大幅にアップするなどシェア獲得に必死です。 各社、なんとしても新しいユーザーを取り込みたいところでしょう。 そこでカギになってくるのが差別化。 ZAIFトークンは、Zaif取引所でしか売買することができません。 例えば、「ZAIFトークンを新しく〇〇の支払いに使うことが出来るようになりました!」という状況を作れば大きく注目を浴び、ZAIFトークンを欲した人たちは必然的にZaif取引所を開設することになります。 そのため、 Zaif取引所は今後、ZAIFトークンの使い道を広げる方向に動くのではないかと考えています。 ロックアップとNEMプロトコルへの移行 また先日、こんなニュースがテックビューロより発表されました。 ZAIFトークンの発行をしているテックビューロが、ZAIFトークンのロックアップをする計画とのこと。 ロックアップとは ロックアップはざっくり言うと、企業が新規株式公開をする前に、発行企業や大株主などが株式発行から一定期間はその株式を売却しない約束をすること。 一般的には株価の上昇要因となります。 つまり、「テックビューロが持っているZAIFトークンの25%は2018年12月まで売らないよ」と約束することになります。 すると ZAIFトークンの市場での流通量は減少し、価値が上がりやすくなるのです。 このニュースそのものは、ZAIFトークンの価値を直接的に大きく上げるものではありません。 しかし、 このような施策を行うというのは「ZAIFトークンを盛り上げよう」というテックビューロの意思表示と受け取り、私はさらにZAIFトークンを「買い」と判断するに至りました。 ZAIFトークン ザイフトークン の買い方 という訳で、価格が下がるたびに私はZAIFトークンを買い増ししてポジションを増やしています 前述の通り、ZAIFトークンを売買できる取引所はZaif取引所のみとなっています。 Zaif Zaifは株式会社テックビューロが運営する取引所です。 ZAIFトークンはここでしか取引することができません。 取引手数料が安く、 仮想通貨投資をするなら絶対に開いておきたい取引所の1つですね。 Zaifは登録したあとに 取引ができるようになるまで時間がかかるので、気になる人はまず登録をしておきましょう。 4円程度です。 過去最高の約2. 5円と比較すると約6分の1. 将来性を考えるとかなり割安と言えるのではないでしょうか。 ちなみに私は 100万ZAIFほど保有しています。 下げるようであればさらに買い増しする予定です。

次の

ザイフ取引所での仮想通貨やトークンの簡単な買い方・売り方とは?

ザイフトークン 買い方

目次でササッとチェック• ザイフトークンがガンガン上昇中!チャートから見る今後の価格 ザイフトークンは、ザイフ取引所を運営しているテックビューロ社が発行しているトークンです。 単位はZAIFで発行上限はないと表示されていますが、カウンターパーティのサイトなどを見ると8,999,999,999でロックされているので90億枚ほどだと考えられます。 主に日本円・ビットコイン建てなどで取引されています。 トークンとは、既存の仮想通貨のブロックチェーンをベースに開発された物です。 ザイフトークンは、誰でもオリジナルの通貨を作ることができるカウンターパーティを利用して発行されています。 2016年7月にはザイフ取引所に上場し、アカウントを持っていれば誰でも簡単に売買できるようになりました。 現在はカウンターパーティをベースに運用されていますが、将来的にはNEMへ移行する予定だそうです。 そうしたら発行上限は変わるのでしょうか、追加発表に注目したいですね。 上場直後の2017年6月には1ZAIF=1円のレートからスタートし、同日の最高値は5. 2円でした。 一瞬とは言え一日で5倍になるなんて、すごいことです。 しかし、その後しばらくザイフトークンは低迷期に入ってしまいます。 2018年年があけてからは1. 5円くらいが平均となります。 というのも、当時は使い道が特になく取引所のチャットサービスで投げ銭に使われるくらいだったのです。 そんな環境を受け、 1zaif=1円以下で推移することが多くなっていきました。 もっともひくい時には0. 01円ほどの時もありました。 しかし2017年に入ってテックビューロ社がICOを開催すること、ザイフトークンで参加できることなどが発表されると、再び投資家が集まり値段も上がっていったのです。 ICO開催直前には2. 5円にまで高騰し、順調に利用者を獲得することに成功しました。 その後テックビューロ社のICOは大成功に終わり、トークンセール後には緩やかにザイフトークンも値を下げていきました。 しかし12月に入ってから再び値を上げ、2017年12月17日現在では1ZAIF=約3. 5円で取引されています。 ザイフトークン、1円以下でわしと共に仕込んだ者。 おめでとう。 これでプラ転した。 もうわしは疲労の色が強すぎるわ。 ザイフ教団での長きにわたる戦い。 本当にご苦労やった。 ザイフ教団は永久に不滅や。 — Zaftman 教祖 zaftman 例えば、ザイフトークンに関して言えば、Zaifでしか取引出来ないのに、3円超えるとか、その時点で異常。 — パスタ ブログ書いて旅したい mrspa555 時価総額はどれくらい? ザイフトークンは、発展途上でまだまだ取引の規模が小さいためマーケットにより時価総額が大きく上下します。 時価総額の算出方法は1ZAIFの価格を発行量に掛ければ分かります。 しかしベースのブロックチェーンを変更するなどの要因で発行枚数が変われば時価総額も変わるので、だいたいの目安として考えておいて下さい。 取引量の少ない銘柄は個人投資家の売買でも影響を受けるので、今後もっと大きなニュースが入ったりしたら変化します。 ちなみに仮想通貨全体の時価総額は約50兆円ほどで、 ビットコイン単体だと30兆円を突破しています。 時価総額だけで比較すると世界的な大企業と並ぶもので、シティグループやVISAを超えてます。 また、この金額はフィンランドやギリシャなどの国家予算よりも高いもので、仮想通貨は新興の枠を超えて金融取引の一大ジャンルにまで成長したことが分かります。 ビットコイン以外のアルトコインやトークンも全体的に値を上げており、このまま行けばより巨大なマーケットに変化すると予想されています。 実際に経済規模として比較するには保有している資産や将来性、リスクなどが考慮に含まれます。 ロックアップって現在されているの? 先ほどザイフのトークンの発行上限は90億枚であると説明しました。 ビットコインは2100万、イーサリアムは今後2億に上限を設ける予定で、これらの通貨と比べても桁違いに多い発行量です。 しかし、今後予定されているベースのブロックチェーンの変更などでさらに増える可能性も大きいです。 ICOが終わった現在の状況で需要を大きく上回る量のザイフトークンが流通したら…、自分の持っているトークンは値を下げてしまいますよね。 取引所によっては、市場を不正に操作して自社が利益を得るようなこともあり、このようなニュースが報じことも珍しくありません。 こういった市場のバランスを考えると参入しにくいな、と考える投資家が多くザイフトークンが高騰しにくい理由の1つでした。 5億ZAIFをロックアップすることを発表しました。 これを受けある程度の市場が安定すると見込んだ投資家がザイフトークンに投資して、価格が上場したのです。 同じように発行量が多いリップルでも長期間のロックアップが発表されてからチャートが大幅に上がったこともあります。 ザイフトークンは何故値段があがる?これからも値段があがる事はありうる? ザイフトークンを運営しているテックビューロ社は、顧客対応がマメなのが大きなポイントです。 SNSを通じて、常に最新の情報を発信しており利用者も安心して取引ができる環境づくりがされています。 海外の取引所の中にはサポート体制が整っておらず、問い合わせにも答えてくれないなんてところもあります。 取引所が誠実な対応をしてくれるのは、それだけで大きなアピールポイントになり得るのです。 もともと、テックビューロ社は開業から数年は会社の利益より業界のインフラを整備することを優先していると明らかにしています。 そのため他者に先駆けて自社トークンを発行したり、ICOを開催したり常に新しいサービスを提供しているのですね。 チャートを正確に予想することは誰にもできませんが、ザイフトークンはこれから上昇する要素がたくさんあると思います。 日本だけでなく国際的にも仮想通貨市場は大きな需要があるので、将来海外の取引所に上場したら今よりももっと価格が伸びることが予想されます。 しかし、ザイフトークンはそれ以外にも価格上昇し得る要因がいくつかあるのです。 ザイフトークンの値段が上がる材料 ザイフトークンが今後上昇すると考えられる要素は下記の通りです。 ・ICOで使える 過去、Zaifが大きく値を上げた理由のひとつにICOで使えるようになったことが大きいです。 テックビューロ社のICO第1号として行われたCOMSAは、結果として109億円を集め当時の記録で歴代7位につけるほどの成功を収めました。 テックビューロ社はそのICOへの支払い手段にザイフトークンを使えるようにしたり、CMSトークンと交換できるようにしました。 日本のICOは今後活発になると予測されており、それに伴ってザイフトークンの人気が高まる可能性もあります。 ・ボーナスがもらえる トークンセールでザイフトークンを決済手段として使うと、5パーセントのボーナスが貰えます。 ザイフ取引所はもともと取引手数料がマイナスだったりして、利用者に優しかったですが、5パーセントも還元されるならICOへ参加する層も広げられそうですね。 ・チップとして使える ザイフ取引所には情報交換のためのチャットサービスが搭載されています。 そのチャットでザイフトークンが投げ銭としてプレゼントできる機能があるんです。 この機能がモナコインのようにsnsでも使えるようになれば、トークン利用者の間でコミュニティが生まれて経済圏ができそうですよね。 ・他の計画やイベントで使えるかも ザイフでは定期的に、利用者が楽しめるようなイベントが開催されています。 ザイフトークンももちろんそのイベントで使えるようになっており、実生活で実用化したときのシミュレーションができるんですよ。 さらにテックビューロ社の代表の朝山氏は、NEMとも関わりの深い人物でブロックチェーンを使うためのビジネスへ積極的に参加しています。 ザイフトークンも今後mijinなどと提携すると噂されているので、実現すればビジネスシーンで活躍するかもしれません。 ザイフの今後の懸念材料にはどんなものがある? ザイフトークンにはたくさんの利点がある一方で、懸念すべき点もありす。 それ下記のような要素です。 ・規模が小さい ザイフトークンはまだ使用できる場が少なく、明確な仕様意図もないので市場予測が困難です。 取引所が発行するトークンのテストとして誕生した印象が強いので、いまいち投資家を取り込めていないのが現状です。 今後の仕様変更などによって方針をクリアにしていけば、この状況を打開できるかもしれません。 ・サーバーが不安定 これは取引所の問題なのですが、とにかくザイフはサーバーが落ちやすいです。 たとえばビットコインのニュースを受けて、少しアクセスが集中するとすぐサーバーダウンしたりエラーが起こってしまいます。 ICOが開催されたときもサーバー増強が間に合わず、売買注文が通りづらかったと感じるユーザーがたくさんいたようです。 取引のための環境を整えるのも大切な仕事なので、早急な改善が求められています。 海外で取り扱われる可能性もありますが取引所発行のトークンのため、国内では他では取り扱われないかもしれませんね。 取引画面で任意の数量を希望して注文を確定すれば、他の通貨と同じように売買できます。 現在の状況を鑑みると、ザイフトークンはまだ価格が安いので余剰資産で持っていてもいいかもしれませんね。

次の

Zaifトークンとは?仮想通貨ザフトの今後の将来性や買い方・購入方法

ザイフトークン 買い方

XCP カウンターパーティーのトークン• BCY ビットクリスタルズ• SJCX ストレージコインエックス• FSCC フィスココイン• PEPECASH ペペキャッシュ• CICC カイカコイン• NCXC ネクスコイン• JPYZ ゼン ザイフトークンのことやメリットなど 基本情報です。 まず テックビューロ社が運営する ザイフが発行をしています。 アプリゲームなどで、トークンという言葉じたいは目にされた方もいるかもしれませんね。 トークンを使えば、ゲームに使うアイテムを手に入れることができたりします。 一方、 ザイフトークンはブロックチェーンをもとに発行されるので、仮想通貨の世界と関係します。 簡単にいえば、テックビューロ社が作ったコインみたいなものです。 また、ゲームの中で使われるトークンと同じで、お金やビットコインのように物を買うことはできません。 では、どんなことに使えるのかですが、今のところ目立った使い道はありません。 にもかかわらず、現在取引がされていて、価格が上がったり下がったりしているのはゲームで使われるトークンとの違いでもありますし、 投資の対象にもなることも意味しています。 一般には、トークンの価格変動も、モノの価値が上がるのと同じ仕組みです。 たとえば、欲しい人が殺到すると価格が上がるようにですね。 現実にどれくらい上下しているのかというと、 2017年12月に入り、0. 5円から3. 5円まで上がっています。 約2週間で約7倍も価格が上がったんですね。 その後現在まで2分の1以下に下がっています。 スマホからのザイフトークン購入方法 ザイフにはアプリも用意されており、私もダウンロードしていますが、今回はサイトから買っています。 これからお見せする画像は、すべてスマホのスクショです。 まず、ログインして つづいて、メニューの中から取引をタップ。 すると各通貨が並んでいます、ここでトークンをタップ。 ザイフトークン ZAIF を日本円 JPY で購入するということです。 今度は、ザイフトークンのその時の価格や、今までの値動きがみれるチャートの画面が出てきました。 下にスクロールすると、指値注文か成行注文を選択したり、買いか売りかを選択したりする画面がでます。 最初から 買うが設定されていましたのでそのまま確認だけしました。 指値も同様です。 今回は 指値注文を出します。 指値とは、1ZAIFの 価格と 数量を自分で決めて注文を出す方法です。 ほかに 成行を選択した場合は、希望する条件として数量のみを入力します。 項目が小さいので拡大してみます。 青い数字ですが、1番で 希望する価格を、2番で 希望する量を入力できます。 2番の右横の 約定代金には、注文が通って取引が成立したらいくら日本円が必要になるのか表示されます。 自分の希望通りの条件を入力したら、 買い注文のボタンをタップして、完了です。 このあとは、実際に売り手の人と条件が合致すれば、注文が通る=約定となります。 売り手,買い手の人がリアルタイムでどんな条件を出しているのかは、上の画面から下にスクロールしていくとわかります。 取引板と呼ばれます。 左上に売買注文とありますね。 そこから下の緑色の枠で囲った部分が、売り注文をした人が提示してきた条件、その下の部分が買い注文をした人の条件です。 真ん中の列に上下に並ぶ数字が、1ZAIFの価格、その横の棒グラフ付きの数字は量を表します。 ここで、注文の際、価格などを参考にできますね。 さしあたり、指値注文をした場合は makerと呼ばれ、手数料が現在のところ0円になると覚えてください。 成行注文の場合は、0. 1%の手数料が発生します。 成行の場合は、板に出ている一番安い価格のZAIFトークンを買い上げていきますが、 takerと呼ばれます。 日本円またはビットコインで ザイフトークン ZAIF を売り買いした場合の手数料は以下の通り。 maker taker 0% 0. 1% 簡単にいうと、 taker 注文条件をチョイスする人 は板に表示されている条件と同じ条件で注文をした人。 maker 注文条件を新たに作成した人 は板と関係なく新たな条件を提示した人です。 さて、注文を出してからすぐに取引成立 約定 をしたため、 メニューの取引履歴から、念のため確認をしてみました。 今回、6000枚のザイフトークンを購入。 手数料はかからなかったです。 万が一、誤った注文をした場合には、約定していない場合に限ってですが、注文履歴から注文を取り消すこともできます。 その際にキャンセル料は発生しません。 あとは取引の状況にも気を配っておく必要があります。 たとえば、価格が急激に上がっていく場面では、自分の出した条件がなかなか通ってくれない=売り手が見つからない事態も考えられます。 何度か取引をして慣れてきたら、良い条件で購入ができるようになるでしょう。 また、ザイフ取引所の混み具合によっては、たとえば買い注文を確定させようとしたときにフリーズ状態になる場合もありますので注意は必要です。 まとめ.

次の