愛知大学野球部。 小林秀一 (野球)

愛知学院大学硬式野球部 新監督就任のお知らせ

愛知大学野球部

私は6年前の愛高硬式野球部OBです。 一般で入部しました。 愛高野球部は伝統深く、設備、練習メニューも非常に充実しておりますし、決して弱いチームではないので、高校野球に憧れをもつ中学生にとっては理想の場だと思います。 監督も非常に指導熱心で、厳格な方が務められております。 私が同野球部に入部し得たものは、野球の知識や技術の他に、社会性…中でも大きかったのは先生方や先輩方、後輩達との間に築かれる上下関係でした。 挨拶はもちろん、言葉遣い、周囲への気配りなど、当時学んだことは現在でも役立っていると思います。 高校野球の上下関係は厳しいイメージがあると思いますが、同野球部では常識範囲を超えた上下関係は存在しませんので、ご安心ください。 練習メニューは決して楽とは言えませんでした。 休みも少なく、クラスの友人と遊ぶ機会も少なかったと思います。 しかし、その様な環境に耐え、3年間弱音を吐くことなく部活を続けることができるのなら、一野球選手として体力的にも精神的にも一歩上をゆく人間になれるはずです。 最終的には本人の希望を優先すべきと思いますが、是非とも愛知高校硬式野球部に入部し、同校を甲子園に導いてあげてください。

次の

東邦野球部監督が退任 高校と大学の「総監督」に

愛知大学野球部

来歴・人物 [ ] (現:)出身。 小学生の頃から野球を始め、として活躍。 大矢野中から、八代第一高等学校(現:)に進学。 親元を離れ、寮生活をしながら野球に取り組んだ。 1年時はであったが後にに転向する。 、3年生の時にはを勝ち抜き、に進出。 準決勝で前年の大分県代表だったの2年生エースに投げ勝ち、決勝に進む。 、野球の才能を買われてへ進学。 4年時にはエースとして活躍。 では、春季リーグで8勝を挙げ、チーム10季ぶりの優勝に貢献し、最優秀選手に選ばれた。 同年のでも決勝に進出、のと投げ合うが敗退、準優勝にとどまる。 同年のにも選出された。 リーグ通算43試合に登板し21勝6敗、防御率0. 大学同期にのがいた。 即戦力の右投げ投手として評価され、プロのスカウトからも注目されていた。 巨人の1位指名を拒否 [ ] で、から1位指名を受ける。 大学同期の迫丸も同じく4位で指名を受け後に入団。 迷っていたところ、入団交渉のため名古屋のホテルで会った同郷の監督と対面した際に「(入社が内定している)熊谷組は本業の仕事があり次に野球だが、うちは野球で君を欲しいと思っている」と言われたが、仕事として野球を選んだわけではないと考えていた小林はこの言葉で迷いが消え、断る決心がついたという。 2019年現在、巨人から1位指名されて拒否したのは小林のみ。 拒否した背景として、当時はプロ野球経験者が引退後アマチュア指導者に転進する場合、などの過去の経緯によるプロアマ規定によって制約が大きく、特に高校生以上の学生野球や社会人野球の指導者になるのが困難だった事も影響している。 また50代半ばに受けたインタビューで、プロアマ規定が緩和された今巨人に1位指名されたらどうするかとの問いには「入団していたと思う」と答えている。 小林の入団拒否当時、周囲では「同年3月に起こったが影響しているのではないか」という噂が飛び交っていたが、前述の小林の証言等からそれとの関連はないとされる。 奇しくも、巨人が小林に用意していた背番号は、前年までが着けていた「19」であり、にそれを着けたのは小林秀一と同姓の、同じアンダースロー投手である(前年は「40」)だった。 に進み 、1974年のでは新人ながら2回戦で先発。 に0-1で惜敗するが注目を集める。 その後もの、ので決勝進出に貢献するなど、熊谷組には8年間在籍して活躍。 母校愛知学院大野球部の監督へ就任。 同大学野球部の監督としてはにおいて15年で12度の優勝を遂げている。 では教え子の投手が巨人に指名されて入団している(引退後、スカウトを経て愛知学院大学野球部監督)。 にはで優勝。 大学院を修了。 脳梗塞で倒れ監督を退任した後は同大の准教授として教壇に立つ。 参考文献 [ ]• 澤宮優『ドラフト1位 九人の光と影』、2008年、 脚注 [ ].

次の

小林秀一 (野球)

愛知大学野球部

web. fc2. com 年間行事 月 主な行事 4月 愛知大学野球春季リーグ 5月 愛知大学野球春季リーグ 6月 新人戦、東海国立大学体育大会 7月 8月 伊良湖合宿(海水浴)、夏遠征(2泊3日) 9月 愛知大学野球秋季リーグ 10月 愛知大学野球秋季リーグ 11月 12月 冬季オフ期間(1か月) 1月 2月 スノーボード合宿 3月 春遠征(2泊3日) その他 団体からのコメント 現在愛知教育大学硬式野球部は、愛知大学野球連盟3部リーグに所属しています。 日々2部リーグ昇格に向けて、友清伸一主将の下、厳しい練習を行っています。 野球部の部員は日々明るく、楽しく、元気に練習に励んでいます。 見学,参加体験も,大学での練習,試合日ならばいつでもOKです。 硬式野球部に興味のある方は、ぜひグラウンドに来てください。 またマネージャー希望の方もぜひグラウンドに来てください。 参加体験をしたい方は、グローブ、ユニフォーム、スパイクの持参をお願いします。 日々2部リーグ昇格に向けて、友清伸一主将の下、厳しい練習を行っています。 野球部の部員は日々明るく、楽しく、元気に練習に励んでいます。 見学,参加体験も,大学での練習,試合日ならばいつでもOKです。 硬式野球部に興味のある方は、ぜひグラウンドに来てください。 またマネージャー希望の方もぜひグラウンドに来てください。 参加体験をしたい方は、グローブ、ユニフォーム、スパイクの持参をお願いします。

次の